「十二獣クックル」「ペンデュラムーチョ」「LL-インディペンデント・ナイチンゲール」判明!【マキシマム・クライシス】

《十二獣クックル》星4 地属性 獣戦士族  ATK/800 DEF/1200①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。②:このカードを素材として持っている、元々の種族が…

《十二獣クックル》
星4 地属性 獣戦士族  ATK/800 DEF/1200
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。
(12月29日判明)

《ペンデュラムーチョ》
星1 地属性 鳥獣族・ペンデュラム  ATK/0 DEF/0
【P効果 青0/赤0】
①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、自分の墓地のPモンスター及び除外されている自分のPモンスターの中から、「ペンデュラムーチョ」以外のPモンスター1体を対象として発動できる。そのPモンスターを自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のエク
ストラデッキから、「ペンデュラムーチョ」以外の表側表示のレベル1のPモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合にゲームから除外される。
(12月29日判明)

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》
星1 風属性 鳥獣族・融合  ATK/1000 DEF/0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
①:元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
②:このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。
(12月29日判明)




11
第9期 第12弾
MAXIMUM CRISIS
2017年1月14日発売
1パック5枚入り 143円(税抜)
【公式サイト】
全80種
ウルトラレアカード 6種
スーパーレアカード 10種
レアカード      18種
ノーマルカード    46種
・アニメ「遊戯王アーク・ファイブ」に登場する最新カードを多数収録
・初心者・アニメファン向けのカードと既存プレイヤー向けのカードをそれぞれをバランスよく収録
・ペンデュラムモンスター群をはじめ、様々な召喚に対応したモンスターを収録したバラエティに富んだ内容
・引き続き、スーパー・ウルトラレア仕様のパラレルとして、シークレットレア仕様も収録
ポスター画像

MACR-JP001

《EMスカイ・マジシャン》
星7 風属性 魔法使い族 ATK/2500 DEF/2000
「EMスカイ・マジシャン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分が魔法カードを発動した場合に発動する。このカードの攻撃力は300アップする。
②:自分フィールドの永続魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。その後、手札から「魔術師」永続魔法カード1枚を発動できる。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
ウルトラレア(11月30日判明)

MACR-JP002

《EMスカイ・ピューピル》
星3 光属性 魔法使い族 ATK/800 DEF/800
「EMスカイ・ピューピル」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのレベル5以上の「EM」モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップ終了時までそのモンスターの効果は無効化される。
③:自分フィールドに他の「EM」モンスターが存在する場合、このカードが相手モンスターに攻撃するダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
レア(11月30日判明)

MACR-JP003

《EMレビュー・ダンサー》
星3 光属性 魔法使い族 ATK/800 DEF/1000
①:相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:「EM」モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
(11月30日判明)

MACR-JP004

10
《EMユーゴーレム》
星4 闇属性 悪魔族・ペンデュラム  ATK/1600 DEF/1000
【P効果 青1/赤1】
①:1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。融合モンスターカードによって決められたこのカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。
(12月25日判明)

MACR-JP005

04
《EM小判竜》(ドラゴ・リモーラ)
星4 水属性 ドラゴン族・ペンデュラム ATK/1700 DEF/1000
【P効果 青5/赤5】
①:1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行った場合、その相手モンスターはダメージ計算後に除外される。
【モンスター効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドのドラゴン族モンスターは攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。
(12月21日判明)

MACR-JP008

29
《SR56プレーン》
星5 風属性 機械族 ATK/1800 DEF/0
「SR56プレーン」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで600ダウンする。
(12月17日判明)

MACR-JP009

54
《捕食植物オフリス・スコーピオ》
星3 闇属性 植物族 ATK/1200 DEF/800
「捕食植物オフリス・スコーピオ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。デッキから「捕食植物オフリス・スコーピオ」以外の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。
レア(11月19日判明)

MACR-JP010

58
《捕食植物ダーリング・コブラ》
星3 闇属性 植物族 ATK/1000 DEF/1500
「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードが「捕食植物」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。
(11月19日判明)

MACR-JP011

02
《捕食植物コーディセップス》
星1 闇属性 植物族 ATK/0 DEF/0
①:自分スタンバイフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル4以下の「捕食植物」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は通常召喚できず、融合モンスターしか特殊召喚できない。
(11月19日判明)

MACR-JP012

02
《LL-コバルト・スパロー》
星1 風属性 鳥獣族 ATK/0 DEF/100
「LL-コバルト・スパロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。
(11月19日判明)

MACR-JP013

07
《LL-サファイア・スワロー》
星1 風属性 鳥獣族 ATK/100 DEF/0
「LL-サファイア・スワロー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。このカードと鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(11月19日判明)

MACR-JP014

13
《LL-ターコイズ・ワーブラー》
星1 風属性 鳥獣族 ATK/100 DEF/100
「LL-ターコイズ・ワーブラー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(11月19日判明)

MACR-JP015

《DDゴースト》
星2 闇属性 悪魔族・チューナー ATK/600 DEF/300
①:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対象として発動できる。その同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
②:このカードが除外された場合、除外されている自分のカードの中から、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地に戻す。
(11月30日判明)

MACR-JP016

23
《ダブル・リゾネーター》
星1 炎属性 悪魔族・チューナー ATK/0 DEF/0
「ダブル・リゾネーター」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない・
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱う。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その悪魔族モンスターをチューナーとして扱う。
(12月18日判明)

MACR-JP017

57
《覇王門零》
星7 闇属性 悪魔族・ペンデュラム ATK/0 DEF/0
【P効果 青0/赤0】
①:自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、自分が受ける全てのダメージは0になる。
②:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「覇王門無限」が存在する場合に発動できる。自分のPゾーンのカード2枚を破壊し、デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族の融合モンスターまたはドラゴン族のSモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。
レア(12月14日判明)

MACR-JP018

07
《覇王門無限》
星7 闇属性 悪魔族 ペンデュラム ATK/0 DEF/0
【Pスケール:青13/赤13】
①:自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はP召喚できない。この効果は無効化されない。
②:1ターンに1度、自分フィールドに「覇王竜ズァーク」が存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族の~モンスターまたはドラゴン族のPモンスターの1体をエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。
②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。


MACR-JP019

36
《覇王眷竜ダークヴルム》
星4/ 闇属性/ ドラゴン族/ 攻1800/ 守1200
【Pスケール:青5/赤5】
①:1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキから「覇王門」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかP召喚できない。
【モンスター効果】
「覇王眷竜ダークヴルム」の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「覇王門」Pモンスター1体を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。


MACR-JP020

41
《真竜導士マジェスティM》(メイデン)
星5 風属性 幻竜族 ATK/2300 DEF/1500
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。デッキから「真竜」モンスター1体を手札に加える。
(11月19日判明)

MACR-JP021

47
《真竜戦士イグニスH》(ヒート)
星5 炎属性 幻竜族 ATK/2400 DEF/1000
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。デッキから「真竜」永続魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。
(11月19日判明)

MACR-JP022

30
《真竜機士ダイナマイトK》(ナックル)
星6 水属性 幻竜族 ATK/2500 DEF/1200
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。デッキから「真竜」永続罠カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。
(11月19日判明)

MACR-JP023

《真竜騎将ドライアスIII世》
星6 地属性 幻竜族 ATK/2100 DEF/2800
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:アドバンス召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「真竜」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの「真竜」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(12月17日判明)

MACR-JP024

《真竜凰マリアムネ》
星9 風属性 幻竜族 ATK/2700 DEF/2100
「真竜凰マリアムネ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合、相手のデッキの上からカードを4枚除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから風属性以外の幻竜族モンスター1体を手札に加える。
(11月19日判明)

MACR-JP025

36
《真竜機兵ダースメタトロン》
星9 光属性 幻竜族 ATK/3000 DEF/3000
このカードを通常召喚する場合、モンスター3体をリリースして召喚しなければならず、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
②:アドバンス召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。地・水・炎・風属性のいずれかの融合・S・Xモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
ウルトラレア(11月19日判明)

MACR-JP028

26
《幻煌龍スパイラル》
星8 水属性 幻竜族 ATK/2900 DEF/2900
(通常モンスター)
(12月14日判明)

MACR-JP029

19
《電子光虫-LEDバグ》
星3 光属性 昆虫族 ATK/500 DEF/0
このカードをX召喚の素材とする場合、昆虫族モンスターのX召喚にしか使用できない。
①:1ターンに1度、表側攻撃表示のこのカードが守備表示になった時に発動できる。デッキから昆虫族・レベル3モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に自分はデッキから1枚ドローする。
(11月17日判明)

MACR-JP031

25
《影霊衣の巫女 エリアル》
星4 水属性 サイキック族 ATK/1000 DEF/1800
「影霊衣の巫女 エリアル」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、手札の「影霊衣」カードを任意の数だけ相手に見せて発動できる。ターン終了時まで、見せたカードの数だけこのカードのレベルを上げる、または下げる。
②:このカードが効果でリリースされた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター以外の「影霊衣」モンスター1体を手札に加える。
(12月21日判明)

MACR-JP039

41
《覇王龍ズァーク》
ペンデュラム・融合 星12 闇属性 ドラゴン族 
ATK 4000/DEF 4000
ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。デッキ・エクストラデッキから「覇王黒竜」モンスター1体を特殊召喚する。
(4):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。


MACR-JP040

32
《EMガトリングール》
星8 闇属性 悪魔族・融合 ATK/2900 DEF/900
「EM」モンスター+レベル5以上の闇属性モンスター
「EMガトリングール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。このカードがPモンスターを素材として融合召喚していた場合、さらに相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(12月11日判明)

MACR-JP042

59
《幻影騎士団カースド・ジャベリン》
星2 闇属性 戦士族  ATK/1600 DEF/0
レベル2モンスター×2
「幻影騎士団カースドジャベリン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動出来る。ターン終了時までそのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。このカードが「幻影騎士団」カードをX素材にしている場合この効果は相手ターンでも発動出来る。
スーパーレア(12月25日判明)

MACR-JP043

57
《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》
星1 風属性 鳥獣族・エクシーズ ATK/0 DEF/0
レベル1モンスター×2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
②:このカードは直接攻撃でき、X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
③:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。この効果は相手ターンでも発動できる。
レア(11月19日判明)

MACR-JP044

33
《RR-エトランゼ・ファルコン》
星5 闇属性 鳥獣族・エクシーズ ATK/2000 DEF/2000
レベル5モンスターx2
①:このカードがXモンスターをX素材としている場合、以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、「RR-エトランゼ・ファルコン」以外の自分の墓地の「RR」 Xモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードをそのカードの下に重ねて X素材とする。
(12月18日判明)

MACR-JP045

《DDD磐石王ダリウス》
星3 地属性 悪魔族・エクシーズ ATK/1900 DEF/1000
悪魔族レベル3モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードはその戦闘では破壊されず、ダメージ計算後にその相手モンスターを破壊し、相手に500ダメージを与える。
スーパーレア(11月30日判明)

MACR-JP046

06
《真竜皇V.F.D.》(ザ・ビースト)
星9 闇属性 幻竜族・エクシーズ ATK/3000 DEF/3000
レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。
ウルトラレア(11月19日判明)

MACR-JP049

《魔術師の右手》
永続魔法
①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した魔法カードの効果を無効にし破壊する。
(11月30日判明)

MACR-JP050

《魔術師の左手》
永続魔法
①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動した罠カードの効果を無効にし破壊する。
(11月30日判明)

MACR-JP051

《魔術師の再演》
永続魔法
①:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、自分の墓地のレベル3以下の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「魔術師の再演」以外の「魔術師」永続魔法カード1枚を手札に加える。
レア(11月30日判明)

MACR-JP052

08
《超越融合》
通常魔法
このカードの発動に対してカードの効果は発動できない。①:2000LPを払って発動できる。融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。②:墓地のこのカードを除外し、このカードの効果で融合召喚したモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。
ウルトラレア(11月19日判明)

MACR-JP053

19
《ドラゴニックD》(ダイアグラム)
フィールド魔法
①:フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。
(11月19日判明)

MACR-JP054

24
《真竜の継承》
永続魔法
「真竜の継承」の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。このターンにフィールドから墓地へ送られた「真竜」カードの種類(モンスター・魔法・罠)の数だけ、自分はデッキからドローする。②:自分メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。③:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(11月19日判明)

MACR-JP056

14
《幻煌の都 パシフィス》
フィールド魔法
このカードのカード名はルール上「海」として扱う。このカードの効果を発動するターン、自分は効果モンスターを召喚・特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、自分が通常モンスター1体の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。デッキから「幻煌龍」カード1枚を手札に加える。
②:自分フィールドにトークンが存在せず、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。自分フィールドに「幻煌龍トークン」(幻竜族・水・星8・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
レア(12月14日判明)

MACR-JP058

26
《幻煌龍の螺旋絞》(スパイラル・ホールド)
装備魔法
通常モンスターにのみ装備可能。「幻煌龍の螺旋絞」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの攻撃力は500アップする。
②:装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍スパイラル」1体を選んで特殊召喚し、このカードをそのモンスターに装備する。その後、相手に1000ダメージを与える。
(12月14日判明)

MACR-JP061

26
《セフィラの神意》
通常魔法
「セフィラの神意」は1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「セフィラの神意」以外の「セフィラ」カード1枚を手札に加える。②:自分フィールドの「セフィラ」カードが破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。
レア(11月17日判明)

MACR-JP062

54
《巨大要塞ゼロス》
フィールド魔法
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ボスラッシュ」1枚を手札に加える事ができる。
②:自分フィールドの「巨大戦艦」モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札から「巨大戦艦」モンスター1体を特殊召喚する。
④:自分フィールドに「巨大戦艦」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。そのモンスターに、自身の効果で使用するカウンターを1つ置く。
(12月25日判明)

MACR-JP063

《デュエリスト・アドベント》
通常魔法
「デュエリスト・アドベント」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分または相手のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。デッキから「ペンデュラム」Pモンスター1体または「ペンデュラム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(12月17日判明)

MACR-JP065

51
《決別》
通常罠
①:相手バトルフェイズに手札から魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。そのバトルフェイズを終了する。フィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで効果が無効化される。
(12月18日判明)

MACR-JP067

10
《幻影騎士団ウロング・マグネリング》
通常罠
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その攻撃を無効にする。その後、このカードは以下の効果を持つ効果モンスター(戦士族・闇・星2攻/守0)となりモンスターゾーンに攻撃表示で特殊召喚される(罠カードとしては扱わない)。
●このカード及び自分フィールドの表側表示の「幻影騎士団」モンスター1体または「ファントム」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(12月17日判明)

MACR-JP069

16
《真竜皇の復活》
永続罠
「真竜皇の復活」の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、①②の効果は同一チェーン上では発動できない。①:自分の墓地の「真竜」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。②:相手メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。③:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
レア(11月19日判明)

MACR-JP072

45
《幻煌龍の戦渦》
通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターが装備可能な自分フィールドの全ての「幻煌龍」装備魔法カードをその通常モンスターに装備する。
レア(12月14日判明)

MACR-JP073

53
《幻煌龍の浸渦》
通常罠
フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000ダウンし、効果は無効化される。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・墓地から「幻煌龍」装備魔法カード1枚を選んでその通常モンスターに装備する。
(12月14日判明)

MACR-JP075

33
《破壊剣士の揺籃》
通常罠
「破壊剣士の揺籃」は1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「破壊剣士の揺籃」以外の「破壊剣」カード1枚と「バスター・ブレイダー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分のエクストラデッキ・墓地から「破壊蛮竜-バスター・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。このターン、自分フィールドの「破壊剣」カードは戦闘・効果では破壊されない。
(11月17日判明)

MACR-JP076

43
《ダイナミスト・ハウリング》
永続罠
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のPゾーンに置くことができる。置いた場合、次のターン終了時まで自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。
②:このカードが魔法罠ゾーンに表側表示で存在する場合、1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスターを1体リリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを相手の手札に戻す。
(12月25日判明)

MACR-JP077

27
《セフィラの星戦》
通常罠
「セフィラの星戦」は1ターンに1度しか発動できない。自分のPゾーンに「セフィラ」カードが2枚存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドの「セフィラ」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(12月25日判明)

MACR-JP078

《幽麗なる幻滝》
通常罠
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。
(12月17日判明)

コード オブ デュエリスト

CODE OF DUELIST2017年4月15日発売1パック5枚入り 143円(税抜)全80種
ウルトラレアカード 6種
スーパーレアカード 10種
レアカード      18種
ノーマルカード    46種
第10期 第1弾・2017年3月発売の「STARTER DECK 2017」と連動した内容
・初心者・アニメファン…

2012y04m03d_195845551CODE OF DUELIST
2017年4月15日発売
1パック5枚入り 143円(税抜)
全80種
ウルトラレアカード 6種
スーパーレアカード 10種
レアカード      18種
ノーマルカード    46種
第10期 第1弾
・2017年3月発売の「STARTER DECK 2017」と連動した内容
・初心者・アニメファン向けのカードと既存プレイヤー向けのカードをそれぞれをバランスよく収録
・引き続き、スーパー・ウルトラレア仕様のパラレルとして、シークレットレア仕様も収録


COTD-JP001

《サイバース・ウィザード》
星4 光属性 サイバース族 ATK/1800 DEF/800
①:1ターンに1度、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。この効果で守備表示にしたターン、自分のモンスターは対象のモンスターしか攻撃できず、自分のサイバース族モンスターが対象の守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
スーパーレア(2月18日判明)

COTD-JP017

《DDヴァイス・テュポーン》
星7 闇属性 悪魔族 ATK/2300 DEF/2800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースして発動できる。デッキからレベル7の「DDD」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズに発動できる。レベル7以上の「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2月18日判明)

COTD-JP024

《トワイライトロード・ジェネラル ジェイン》
星4 闇属性 戦士族 ATK/1800 DEF/1200
①:1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、除外したモンスターのレベル×300ダウンする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
(2月18日判明)

COTD-JP028

《戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)》
星8 闇属性 ドラゴン族・特殊召喚 ATK/3000 DEF/2600
このカードは通常召喚できない。除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。「ライトロード」モンスター以外の、お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
ウルトラレア(2月18日判明)

COTD-JP029

《レスキューフェレット》
星4 地属性 獣族 ATK/300 DEF/100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。レベルの合計が6になるようにデッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。
レア(2月18日判明)

COTD-JP040

《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
星10 風属性 悪魔族・シンクロ ATK/3000 DEF/2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドに「DDD」モンスターが3体以上存在する場合、このカードの攻撃力は3000アップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
レア(2月18日判明)

COTD-JP042

《DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー》
星6 水属性 悪魔族・エクシーズ ATK/2800 DEF/1800
悪魔族レベル6モンスター×2
①:モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を選び、そのモンスターとこのカードの攻撃力をターン終了時まで1000アップできる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。
スーパーレア(2月18日判明)

COTD-JP051

《電影の騎士ガイアセイバー》
地属性 機械族/リンク ATK/2600
モンスター2体以上
【LINK-3:左/右/下】
(2月18日判明)

COTD-JP052

《ミセス・レディエント》
地属性 獣族/リンク ATK/1400 
地属性モンスター×2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
【LINK-2:左下/右下】
レア(2月18日判明)

COTD-JP065

《キャッスル・リンク》
フィールド魔法
①:1ターンに1度、自分メインフェイズにフィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの位置を、そのモンスターのリンク先のメインモンスターゾーンに移動する(そのモンスターから見て相手のフィールドには移動できない)。②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体または相手のメインモンスターゾーンのリンクモンスター2体を選び、その位置を入れ替える。
スーパーレア(2月18日判明)

COTD-JP075

《絶縁の落とし穴》
通常罠
①:リンクモンスターがリンク召喚に成功した時に発動できる。フィールドのリンク状態ではないモンスターを全て破壊する。
スーパーレア(2月18日判明)


【遊戯王】「マキシマム・クライシス」収録カード《十二獣クックル》《ペンデュラムーチョ》が判明!!

MACR-JP0「十二獣クックル」星4 地 獣戦士族 800/1200①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発



MACR-JP0「十二獣クックル」星4 地 獣戦士族 800/1200
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。
(正確なテキストは判明次第修正)





MACR-JP0「ペンデュラムーチョ」星1 地 鳥獣族/ペンデュラム 0/0 レア
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のエクストラデッキから、「ペンデュラムーチョ」以外の表側表示のレベル1のPモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
【P効果 青0/赤0】
①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、自分の墓地のPモンスター及び除外されている自分のPモンスターの中から、「ペンデュラムーチョ」以外のPモンスター1体を対象として発動できる。そのPモンスターを自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
(正確なテキストは判明次第修正)

【遊戯王】届いた日に頭が落下して壊れたよ…

無念 Name としあき 16/12/22(木)18:24:40 No.453764579 としあきこれ買う?いるかいらないかでいったらいらないけどまた弟子のグッズ展開にも繋がるかもしれないからとりあえず買うぞ俺 無念 Name としあき 16/12/22(木)18:32:26 No.453766063 >としあきこれ買う?六芒星…


無念 Name としあき 16/12/22(木)18:24:40 No.453764579

としあきこれ買う?
いるかいらないかでいったらいらないけどまた弟子のグッズ展開にも繋がるかもしれないからとりあえず買うぞ俺

 1482398680348


無念 Name としあき 16/12/22(木)18:32:26 No.453766063

>としあきこれ買う?
六芒星ならなーと思って値段見たら諭吉ウォリアーのリリースが必要でダメだった


無念 Name としあき 16/12/22(木)18:35:36 No.453766652

>としあきこれ買う?
千年アイテムなら買ってた


無念 Name としあき 16/12/22(木)18:39:15 No.453767303

>としあきこれ買う?
一瞬オレイカルコスかと思った

続きを読む

【盗賊王に俺はなるッ!(闇バクラ)】《ディアバウンド・カーネル》効果考察 地味だし安いけど面白くて良いカードだよ!

ちょっと今更感漂いまくる話題ではあるのですが、『20thアニバーサリーパック1stWAVE』に収録された《ディアバウンド・カーネル》に本日は注目です。 稀有で面白い効果を持ってはいるものの…如何せん地味でなぁ~(涙) 安 […]

ちょっと今更感漂いまくる話題ではあるのですが、『20thアニバーサリーパック1stWAVE』に収録された《ディアバウンド・カーネル》に本日は注目です。

稀有で面白い効果を持ってはいるものの…如何せん地味でなぁ~(涙)

安くてお財布に優しい精霊
「キミに決めたッ!」

《ディアバウンド・カーネル》

効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1800/守1200
「ディアバウンド・カーネル」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃宣言時に発動する。 このカードの攻撃力は600アップする。
②:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードの攻撃力分ダウンする。 その後、このカードを次のターンのスタンバイフェイズまで除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【20thアニバーサリーパック1stWAVE】

攻撃宣言すると永続的に攻撃力を600アップできる効果を持ってはいますが、その効果込み(1回)でも攻撃力2400止まりなので心細いのが現実。

しかし、このモンスターの真価は、相手のモンスターの攻撃力をダウンさせつつ、自分はフェードアウトする回避能力にあるッ!

自分を逃がしつつ相手モンスターの攻撃力を1800~ダウンさせるモンスター効果ってだけでもかなりレアな存在な上に、相手ターンでも発動できるってんだから…

強いッ!つ、強い…!?弱くはないッ!…だけど、う~ん(´・ω・`)

ダメージステップに発動すれば巻き戻しも発生しないので回避能力は凄まじい

こんな感じの煮え切らない評価を下さざるを得ないカーネル君ですが、他のモンスターでは中々真似できない芸当が可能だったりします…。

②の効果はステータス変動効果なので、「ダメージステップ」にも発動可能。って事は、相手モンスターの攻撃に対して「ダメージステップ」で発動すれば、「バトルステップの巻き戻し」が発生しない完全回避能力になるっ!(何だか不発になる感じが原作っぽいw)

現代の遊戯王が、破壊効果じゃなくてコンバットトリックで攻防するゲームだったら超強いモンスターだっただろうなぁ~(リンクスだったらめちゃ強間違いなしッ)

《ヘルウェイ・パトロール》対応なのが救い

唯一の救いと言えば、闇属性・悪魔族というサポート多めの属性と種族である事でしょう。

上級モンスターである点も《ヘルウェイ・パトロール》さんの力を借りればクリアできるので、展開手段で困るって事はないとは思いますが、やっぱり悩ましい性能よね…。

※ステータスや効果を考慮すると下級モンスターにする訳にもいかないですしね…
考察してると開発者の苦悩を垣間見れるカードだなぁ~《ディアバウンド・カーネル》。

バージョン違いの《ディアバウンド》が出てくる可能性アリッ!?

しかし、まだまだ諦めるのは早いぜッ!

《ラーの翼神竜》という前例がある限り、《ディアバウンド》のバージョン違いが登場する可能性は捨てきれません。何てったて、あいつは倒した相手の能力を奪う効果を持っていましたからね~(オシリスやブルーアイズの力を得た《ディアバウンド》が登場する可能性は0じゃないッ!)

っと自分に言い聞かせてみるテスト
《ディアバウンド・カーネル》
結構楽しいよ…