魔導書大好きピケステさんによるジュノンビート【遊戯王デッキレシピ】

昨日7/23で、当ブログを開設してからちょうど半年が過ぎました。日頃から当ブログをご利用いただいている方、当ブログを応援してくださっている方へ、この機会に改めて感謝の言葉を述べさせていただきます。皆さん、本当にありがとうございます!とりあえずは1周年に向けて、…




card100006185_1




昨日7/23で、当ブログを開設してからちょうど半年が過ぎました。


日頃から当ブログをご利用いただいている方、当ブログを応援してくださっている方へ、この機会に改めて感謝の言葉を述べさせていただきます。

皆さん、本当にありがとうございます!


とりあえずは1周年に向けて、これからもますます頑張ってまいりますので、

今後ともよろしくお願いします!


の記事で頂いたコメントに関しては、今後のブログ記事作成の参考にさせていただきます。



と、いうわけで、


今回はちょうど半年を記念して、


ピケステさんが大好きな魔導デッキを紹介します!


内容はジュノンビート型になってます。


※期待するほど面白味のある構築ではないと思います(汗)




メインデッキ40枚



モンスター13枚

魔導法士ジュノン 3
魔導書士バテル 3
魔導教士システィ 2
Emトリック・クラウン 3
エフェクト・ヴェーラー 2


魔法25枚

グリモの魔導書 3
ヒュグロの魔導書 2
セフェルの魔導書 2
ゲーテの魔導書 2
アルマの魔導書 2
魔導書廊エトワール 2
トーラの魔導書
ネクロの魔導書
魔導書庫クレッセン
魔導書院ラメイソン 2
ワンショット・ワンド 3
ディメンション・マジック 2
死者蘇生
ハーピィの羽根帚


罠2枚

神の宣告
神の通告


エクストラ

えん魔竜レッド・デーモン
PSYフレームロード・Ω
アーカナイト・マジシャン
幻層の守護者アルマデス
魔導法皇ハイロン
No.11ビッグ・アイ
SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
SNo.39希望皇ホープONE
No.39希望皇ホープ
Emトラピーズ・マジシャン
鳥銃士カステル
ガガガガンマン
ダウナード・マジシャン
神騎セイントレア
ゴーストリック・サキュバス




魔導書の動きについて、かなりざっくりですけど解説します。


グリモとバテルで魔導書をサーチできます。
グリモでバテルを、バテルでグリモをサーチすることもできます。


グリモでセフェルをサーチし、セフェルでグリモの効果をコピーしてさらに他の魔導書をサーチすることで2枚ぶんの魔導書を墓地に送ることができます。デッキ圧縮のほかゲーテの除外コストやラメイソンでデッキに戻すためのカードを増やすことができます。


手札増強はラメイソンが担います。

ゲーテは対象をとらない除外という強力な除去効果があります。また、月の書効果をバテルに使用することで再び魔導書サーチ効果を(リバース時に)発動できます。


アルマは、ゲーテで除外した魔導書を手札に戻せます。
アルマの発動を視野に入れて、ゲーテでわざと有用な魔導書を除外する戦術もあります。


システィは、魔導書魔法を発動した自分ターンのエンド時に自身を除外することでジュノンと魔導書魔法1枚をサーチできます。
召喚権を使う上に自身を除外するため場がガラ空きになりやすいのが欠点ですが、サーチ効果自体はかなり優秀です。


ジュノンは手札の魔導書魔法を3枚見せることで手札から特殊召喚できます。
この効果の発動のためにも、ラメイソンなどで手札に魔導書を溜めたいですね。
魔導デッキではゲーテとともに貴重な除去効果持ちなので、そちらの効果も役に立つ機会はかなり多いです。


ヒュグロとエトワールで打点強化できるので、エクストラに頼らずに堅実にビートダウンできます。

エトワールのカウンターの数によっては、システィやトリクラはおろかバテルまでアタッカーとして活躍させることもできます。



魔導関連以外のカードについて


トリクラは、使いやすく場持ちが良い下級魔法使い族ということで採用しました。
ゲーテやセフェルは発動条件として場に魔法使い族が必要なので、場持ちが良いのはありがたいです。


ヴェーラーは、ラメイソン破壊時の特殊召喚やエトワール破壊時のサーチの際に、狙えるレベルが少ない場合でもサーチor特殊召喚できます。
そのほかの魔法使い族サポートも共有でき、手札誘発効果も優秀であり、チューナーなのでシンクロ召喚を狙うこともできます。


ワンショット・ワンドは、魔法使い族の打点強化に加えて1ドローの効果もあります。


ジュノンは特殊召喚効果を持ってるとはいえその効果を使えない場面もあるので、その場合の保険としてディメマを採用しました。



エクストラについて


基本的にはメインデッキのモンスター(+魔法でのサポート)で戦うので、エクストラのカードを使う機会はあまりありません。


シンクロはヴェーラー+採用している非チューナーで出せるレベルを、エクシーズもメインデッキのモンスターで出せるランクのモンスターから好みに合ったものを選ぶと良いと思います。


アーカナイトはエトワールに乗っているカウンターを使用して除去効果を発動できます。
☆6のモンスターは採用してませんが、ネクロの効果でレベルを調節することでシンクロ召喚できます。





神判がぶっ壊れなのは重々承知なんですけど、

神判が禁止になってからのジュノンビートは今一つ物足りない感が否めないんですよね...。

これはこれで1つのファン~中堅レベルのデッキっていう認識で良いとは思うんですけどね。


試しに1度神判を制限復帰させてみようぜ。(暴論)




興味があればぜひ組んでみてくださいね。


先攻ワンキル特化の図書館青眼エクゾ【遊戯王デッキレシピ】

今回は、特殊勝利カードといえば?【結果発表】で見事第1位に輝いたエクゾディアのデッキを紹介します。図書館やトレインなどのドロー加速(デッキ圧縮)手段を用いて初手1ターンでエクゾディア完成を狙う構築になってます。メインデッキ40枚モンスター15枚封印されしエクゾデ…




card100002480_1




今回は、で見事第1位に輝いたエクゾディアのデッキを紹介します。


図書館やトレインなどのドロー加速(デッキ圧縮)手段を用いて初手1ターンでエクゾディア完成を狙う構築になってます。




メインデッキ40枚



モンスター15枚

封印されしエクゾディア
封印されし者の右腕
封印されし者の左腕
封印されし者の右足
封印されし者の左足
王立魔法図書館 3
青眼の白龍 2
伝説の白石 3
太古の白石
ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン


魔法25枚

チキンレース 3
テラ・フォーミング 2
成金ゴブリン 3
無の煉獄 3
一時休戦
トレード・イン 3
調和の宝札 3
手札断殺 2
強欲で謙虚な壺
トゥーンのもくじ 3
二重召喚


エクストラ(基本的には全く使わない)

氷結界の龍トリシューラ
TGハイパー・ライブラリアン
幻層の守護者アルマデス
A・O・Jカタストル
HSRチャンバライダー
SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
SNo.39希望皇ホープONE
No.39希望皇ホープ
No.85クレイジー・ボックス
闇遷士カンゴルゴーム
No.106巨岩掌ジャイアント・ハンド
鳥銃士カステル
励輝士ヴェルズビュート
ダイガスタ・エメラル
No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク




サーチ、手札交換、ドローといった方法で、とにかくデッキを減らしドローしまくることでエクゾディア5枚を手札に呼び込みます。



図書館はこのデッキで最も重要なカードになります。
魔法を発動するたびに魔力カウンターが1つ貯まり(最大3つまで)、カウンターを3つ取り除くことで1ドローできます。
早く図書館を召喚できればそれだけ貯まるカウンター(つまりドローできる回数)も増えるので、
図書館をどれだけ早くに召喚できるかどうかがエクゾディアを完成できるかどうかにほぼ直結するといっても過言ではありません。



チキンレース、成金、無の煉獄、一時休戦はそれぞれ異なる効果を持っているものの、
結果としてそれ1枚から新しい手札1枚をドローする効果があります。

他のカードを使用せずに使えるので使い勝手がかなり良いです。
手札の枚数は変わらず、さらに図書館のカウンターを貯めることもできます。

さらにテラフォでチキンレースをサーチすれば、そのぶん図書館にカウンターを貯めつつデッキ圧縮もできます。


調和の宝札は白石2種類から1枚を、トレインはブルーアイズ(トゥーンも可)1枚を捨てて2ドローできます。
特定の手札コストが必要なかわりに新しい手札を2枚得ることができます。
こちらも手札の枚数は変わらず、さらに図書館のカウンターが貯まります。



トゥーンのもくじは同名サーチを繰り返すことで、図書館に最大3つのカウンターを貯めつつデッキ圧縮もできます。
3枚目のもくじのサーチ先として、トレインの手札コストに使えるトゥーン青眼を採用してます。



図書館と白石2種類は、このデッキにおいて手札の枚数を増やすカードとしてかなり重要になります。

図書館については上で記したとおりです。

伝説の白石は、調和(or断殺)で墓地に送ることで青眼の白龍をサーチする効果できます。
サーチした青眼の白龍はトレインのコストになります。

太古の白石は、自身を墓地から除外することで墓地からブルーアイズ(トゥーンでも可)1枚を手札に戻せます。
もちろん手札に戻したブルーアイズはトレイン(or断殺)のコストになります。
太古の白石のこの効果は同名ターン1なので、太古の白石は1枚のみ採用しました。



手札断殺は、お互いに手札を2枚墓地に送って2ドローする効果があります。
墓地に送るカードに指定はないので、サーチ先がなくなったテラフォやもくじを利用することもできます。
ただし2枚墓地に送って2ドローなので、断殺1枚ぶんは手札を消費することになります。
もちろん図書館のカウンターは貯まります。



二重召喚は、通常の召喚に加えてさらに図書館を1枚召喚できます。
このカード単体では1枚ぶんの手札消費にしかならないものの、そこから先の図書館でのドロー枚数が2倍になるのはかなり強力です。
ちなみに二重召喚の発動だけでも、すでに場にある図書館にカウンターを貯めることができます。



強謙は、手札にあってもなるべく温存しておくと良いと思います。
白石やブルーアイズが手札に溜まっていて調和orトレインが欲しい場合や、手札のドロー手段に余裕があり早めに二重召喚(or2枚目の図書館)が欲しい場合など特定のカードがあれば動きやすさがグンと上がる状況、
もしくは他に手札を入れ替える手段がない場合や図書館がなかなか手札に来ない場合にのみ使用すると良いですね。
そういった使用機会がなければ無理に発動せず、デッキが残り3枚になったときに最後の1枚のエクゾパーツを確実に手札に加えるために使用すればよいと思います。
ちなみに強謙は同名を1ターンに1枚しか発動できないので1枚のみ採用しました。



エクストラについて


基本的にエクストラのカードを使用することはないです。

一応、二重召喚を使用したうえで図書館2枚からランク4もしくは図書館+白石で☆5シンクロを出せます。

ダイガスタ・エメラルは、やむを得ず断殺で墓地に送ったエクゾパーツをデッキに戻したりドローしたりできるので採用しておくと良いかと思います。
する必要があるかは別として墓地の青眼の白龍を蘇生させることもできます。


エクストラのカードを使用する場合は強謙が使えなくなる点には注意が必要です。





先攻でかつ相手の妨害(手札誘発)がない場合の成功確率は4割ぐらいですね。

後攻なら初手の枚数こそ増えますけど、妨害の危険を考えると成功確率はかなり下がると思います。


一応言っておきますけど、相手のデッキを無視した初手ワンキル(決まらなかったらほぼ負け確定)のデッキなので基本的にフリー対戦での使用はオススメできません。

勝敗がしっかりと意味を成す大会などでの使用、もしくはエンタメの一環として身内で披露するためだけに使用するのが良いかと思います。



興味があればぜひ組んでみてくださいね。


【遊戯王】コメント返し:ドラグニティデッキレシピ、まわし方

こんにちは、フルハです。 今回は、先日の『【遊戯王】公認参加結果:セイクリッド』で頂いたコメント返しです。 コメントをくださった方々ありがとうございました。 その中で1つで、1回戦で対戦したドラグニティの動きを知りたいと…

こんにちは、フルハです。

今回は、先日の『【遊戯王】公認参加結果:セイクリッド』で頂いたコメント返しです。

コメントをくださった方々ありがとうございました。

その中で1つで、1回戦で対戦したドラグニティの動きを知りたいという質問を頂いたので、こちらので他の方との共有も兼ねてコメントを返させて頂きます。

大会優勝おめでとうです!

1回戦のドラグニティどんな動きだったか覚えてる範囲で教えていただけませんか?
最近復帰しようと以前から組みたかったセイクリッドを調べてたのですが
前はドラグニティを使っており、渓谷制限した中ですごく興味があります。

使用者の「ほしお」(@SeisyunDuel)さんと連絡が取れて、デッキレシピとまわし方を教えて頂きました。

こちらです。

デッキレシピ:ドラグニティ(先攻ワンキル)

メインデッキ(40枚)

ドラグニティデッキ(メイン)

エクストラ
ドラグニティ(エクストラ)

サイドデッキ

ドラグニティ(サイド)

まわし方:ドラグニティ

パターン1

【手札:ドゥクス、ミスティル 墓地:ファランクス】

【最終盤面】:クリスタルウィング、レダメ、ドラギュラス
※最後の幼怪鳥とガジャルグをシクロすることで2体目のクリスタルも出せます。

ドゥクスnsefファランクス装備ssファランクス墓地送り
ミスティルssefファランクス装備ssファランクスとドゥクスでガジャルグssefゼピュロス墓地送り

アトゥムスssガジャルグコストでefレダメssefガジャルグssガジャルグef幼怪鳥落としてss

ガジャルグと幼怪鳥でクリスタルウィングss

レダメを戻してゼピュロスss、アトゥムス除外でレダメssef、ガジャルグssef幼怪鳥音してss、ゼピュロスと幼怪鳥でスターダストチャージssef1ドロー、スターダストチャージとガジャでドラギュラスss

パターン2

【手札:ドゥクス、ソウル・チャージ 墓地:ファランクス】

【最終盤面】:Ω、クリスタル・ウィング×2,スターダスト・ドラゴン、レダメ

ドゥクスとファランクスでガジャルグss、ガジャルグ効果で幼怪鳥ss、幼怪鳥とガジャルグでΩハンデス

ソウル・チャージでガジャルグとドゥクス、ファランクス、幼怪鳥を蘇生、ガジャルグでゼピュロス落とす、ドゥクスとファランクスでヴァジュランダssファランクス装備解除、ヴァジュランダとガジャルグでアトゥムスss効果でガジャルグをコストにレダメss

レダメ効果でガジャルグ蘇生、ゼピュロス効果でレダメ戻してss、ゼピュロスとファランクスでヴァジュランダ→クリスタル・ウィングss、アトゥムス除外でレダメss、効果でガジャルグ蘇生、ガジャルグ効果で幼怪鳥ss、ガジャルグと幼怪鳥でスターダスト・ドラゴンss

パターン3

【手札:ドゥクス、ソウル・チャージ、ミスティル 墓地:ファランクス】

【最終盤面:相手の敗北】

ドゥクスnsefファランクス装備ss、ファランクス墓地送りミスティルnsefファランクス装備ssファランクスとドゥクスでガジャルグnsefゼピュロス落としてアトゥムスss

ガジャルグコストでレダメssefガジャルグssef幼怪鳥落としてssレダメ戻してゼピュロスss、ゼピュロスと幼怪鳥でスターダストチャージnsef1ドロー(左腕の代償のコスト確保)

スターダストチャージとガジャルグでドラギュラスss、重ねてガイアドラグーンss、ガイアドラグーン除外でレダメssefガジャルグssef幼怪鳥落としてss、幼怪鳥とガジャルグでスターライトss、スカーライトefレダメとアトゥムス破壊1000バーン

ソウル・チャージ発動、ガジャルグ、ミスティル、レダメ、ファランクス蘇生、ファランクスとスカーライトでトライデント・ドラギオンss、ガジャルグ効果で幼怪鳥落としてss、ガジャルグとミスティルでアトランタルssef墓地のドラギュラス装備、相手のライフ半分で3500に、レダメefスカーライトss、レダメとトライデント・ドラギオンでグスタフマックスssef2000バーン、スカーライトef1500バーン。

合計8000ダメージ

あとがき

こうして動きを見てると、恐ろしいデッキを相手にしていた事がよくわかりました(@@;

1セット目はパターン2の盤面を作られて、2セット目はパターン1を作られ後攻ワンキル。
3セット目が「ほしお」さんの先攻でしたので、ここでパターン3が来ていたら為す術もなくライフ0になっていた可能性もありますね^^;

4年以上ドラグニティを使い続けているということだったので、ドラグニティの型を変え、手段を変え、数々の環境デッキを相手にしてきたことでしょう。

幾年にも及ぶ研鑽の後が詰まっているデッキですね。歴史を感じます。

これだから、長年同じデッキを使い続けている方と対戦するのは面白い。

偶然出た大会ですが、Twitterでお互いがデッキを公開していて、コメントをくれた方のお陰で知り合うことが出来ました。こういう出会いも良いですよねb

時折、こうして大会などに出没しています。
セイクリッドとブラック・ローズ・ドラゴンのサプライを使っていたら僕かもしれません(笑)

どこかの大会で会うことがありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは、最後まで呼んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

魚族+魔法使い族のバハシャデッキ【遊戯王デッキレシピ】

今回は、バハシャデッキを紹介します。バハシャと餅カエルとアシゴ(転移)を採用し、あとはとにかく水属性☆4を並べることに特化した構築になってます。メインデッキ40枚モンスター26枚ダブルフィン・シャーク 2舌魚 3アクア・マドール 3ジゴバイト 3リチュア・エリア…




card100019616_1




今回は、バハシャデッキを紹介します。


バハシャと餅カエルとアシゴ(転移)を採用し、あとはとにかく水属性☆4を並べることに特化した構築になってます。




メインデッキ40枚



モンスター26枚

ダブルフィン・シャーク 2
舌魚 3
アクア・マドール 3
ジゴバイト 3
リチュア・エリアル 3
リチュア・ビースト
ブリキンギョ 3
サイレント・アングラー 3
水の精霊アクエリア 2
レスキューラビット 3


魔法14枚

強制転移 3
死のマジック・ボックス 2
簡易融合 3
サルベージ 2
死者蘇生
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター 2


エクストラ

レア・フィッシュ 2
バハムート・シャーク 3
No.37希望織竜スパイダー・シャーク
No.101S・H・Ark Knight
FA‐ブラック・レイ・ランサー
鳥銃士カステル
深淵に潜む者
No.30破滅のアシッド・ゴーレム
トライエッジ・リヴァイア
餅カエル 3




基本的な動きについて下の2つの記事での解説と被る点がいくつかあるので、そちらについては今回は解説を省略します。

比較するという目的も兼ねて下の2つの記事も参考にしていただけると嬉しいです。








上記の2つの記事のレシピとの大きな違いはダブルフィン・シャークを採用した点ですね。

ダブルフィン・シャークは、召喚時に墓地の☆3or4の水属性魚族1枚を効果を無効にして表守備で蘇生できる効果があります。この効果を発動するターンは自分は水属性以外を特殊召喚できなくなります。
蘇生する魚族さえあればこのカード1枚の召喚からランク4エクシーズを狙えます。
このデッキでは同名、舌魚、サイレント・アングラー、レア・フィッシュを蘇生できます。



レスキューラビットで舌魚2枚もしくはアクア・マドール2枚をデッキから特殊召喚できます。

アクア・マドールは水属性でかつ魔法使い族なのでジゴバイトを手札から特殊召喚できるようになります。

舌魚に関しては、☆4水属性魚族という条件ならより攻撃力の高いレインボー・フィッシュがありますけど、サルベージに対応している(ついでに奈落にひっかからない)攻撃力の☆4水属性魚族では最高打点なので採用しました。
ちなみに同じ条件で攻撃力は若干下がりますけど、海原の女戦士や魚ギョ戦士で代用することもできます。



あとは上の2つの記事とほぼ同じですね。

リチュア・ビーストでエリアルを蘇生できたり、
アクア・マドールとエリアルが魔法使い族なのでジゴバイトを出せたり。


サルベージに対応しているモンスターは、このデッキではダブルフィン・シャーク、舌魚、アクア・マドール、ジゴバイト、ブリキンギョ、サイレント・アングラー、エリアル、ビースト、(その他エクストラにも数種類あり)とかなり多いです。

特にビーストとダブルフィンに関しては、それら1枚からランク4のエクシーズ召喚を狙えるのでそれらを再利用できるのはかなりありがたいです。




上の2つの記事のレシピと比較すると、

チョコ採用型が最も初手でバハシャを出しやすく、

チョコ採用型に比べて魔法使い族多め型は初動がやや遅いかわりに持続力が向上し、

今回の構築は、さらに初動が遅くなりがちなかわりに持続力はさらに向上してます。

ダブルフィンを採用したりサルベージの枚数を増やしたりしているので手札消費はかなり抑えられます。


まぁ、どの型も長所・短所があるので、おのおのの好みに合った型を選ぶと良いと思います。




興味があればぜひ組んでみてくださいね。


チョコがアシスタントの手品ショー!Emデッキ【遊戯王デッキレシピ】

今回は、Emデッキを紹介します。ランク4のエクシーズ召喚がおもな戦術になります。墓地送り&ドロー加速のためにチョコを採用してます。メインデッキ40枚モンスター28枚Emトリック・クラウン 3Emハットトリッカー 3Emフレイム・イーター 3Emスティルツ・シューター 2…




card100022862_1




今回は、Emデッキを紹介します。



ランク4のエクシーズ召喚がおもな戦術になります。

墓地送り&ドロー加速のためにチョコを採用してます。




メインデッキ40枚



モンスター28枚

Emトリック・クラウン 3
Emハットトリッカー 3
Emフレイム・イーター 3
Emスティルツ・シューター 2
Emミラー・コンダクター 2
チョコ・マジシャン・ガール 3
召喚僧サモンプリースト
ジゴバイト 3
デーモン・イーター 2
H・C強襲のハルベルト 3
H・Cサウザンド・ブレード 2
ガード・ペンギン


魔法8枚

燃えさかる大地 2
火炎地獄 2
おろかな埋葬
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター 2


罠4枚

停戦協定
破壊輪
神の通告 2


エクストラ

Emトラピーズ・マジシャン 2
SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
No.39希望皇ホープ
バハムート・シャーク
餅カエル
キングレムリン
No.50ブラック・コーン号
No.106巨岩掌ジャイアント・ハンド
No.82ハートランドラコ
鳥銃士カステル
ライトロード・セイントミネルバ
励輝士ヴェルズビュート
ダイガスタ・エメラル
No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク




ハットトリッカー、ジゴバイト、デーモン・イーターあたりを活用し、ランク4のエクシーズ召喚を狙います。


チョコの手札交換効果で上記3枚を手札に用意しやすくするほか、手札コストとしてトリクラやスティルツ・シューターを捨てることでそれぞれの効果の発動を狙えます。


トリクラを筆頭に自分のライフにダメージを与えるカードを多く採用しているので、サウブレ(+ハルベルト)を採用しました。
ハルベルトも自己特殊召喚効果があるのでアタッカーやランク4の素材として優秀です。

ガード・ペンギンは、カード効果で自分がダメージを受けたときに発動でき、自身を手札から特殊召喚し受けたダメージの数値ぶん自分のライフを回復する効果があります。

サウブレもガード・ペンギンも、~時~できるというタイミングを逃す任意効果である点は注意が必要です。



フレイム・イーターは、自分がダメージを受ける効果が発動したときに発動でき、自身を手札から特殊召喚してその効果で自分が受けるダメージを0にする効果(この効果で特殊召喚した自身は場を離れると除外され、この効果を使用したターンは自分はEm以外を特殊召喚できない)、自身が召喚・特殊召喚した場合にお互いに500ダメージを受ける効果があります。
ガード・ペンギンと似たような効果を持っていますが、こちらは効果を使ったターンはトラピーズしかエクシーズ召喚できなくなってしまうので注意です。
またガード・ペンギンは一度ダメージを受けたあとに発動するのに対し、こちらはダメージを受ける前に発動しダメージを0にできます。なので、ライフが1000以下の状態でトリクラの効果を発動しフレイム・イーターでそのダメージを0にすることもできます。(ただしダメージステップにはフレイム・イーターの効果は発動できないので注意です。)
1つ目の効果を使用せずに召喚・特殊召喚すれば、召喚時の効果からサウブレやガード・ペンギンを出せます。
1つ目の効果を使用してもしなくても、召喚時効果から2枚目のフレイム・イーターを(1つ目の効果で)特殊召喚することができます。


スティルツ・シューター(☆6)は、場にモンスターが存在しない場合に自身を手札から特殊召喚できる効果(この効果を使用したターンは通常召喚できない)、墓地にほかのEmが存在し相手にダメージを与える効果が発動したときに自身を墓地から除外して相手に2000ダメージを与える同名ターン1の効果があります。
1つ目の効果は自分だけでなく相手の場にもモンスターがいない場合しか使えず、通常召喚できなくなるためランク4も狙いにくくなってしまうのであまり使用する機会はないです。
2つ目の効果がメインになります。
☆6でありフィールドを経由して墓地に送るのは不便なので、チョコやツイツイで手札から墓地に、もしくはおろ埋でデッキから墓地に送ることになります。


ミラー・コンダクター(☆4ペンデュラム)は、ターン1で特殊召喚された表側モンスター1枚の攻守をエンド時まで低いほうの数値に統一するP効果、ターン1で場の表側モンスター1枚の攻守をエンド時まで入れ替え、自分は500ダメージを受けるフリーチェーンのモンスター効果があります。
モンスター効果に関しては、相手ターンおよびダメージステップでも発動できます。
戦闘サポートの魔法感覚で使用するも良し、モンスターとして使用するも良しです。
ちなみに(ヒグルミ禁止で)相方不在なのでP召喚はできません。(適当なPモンスターを採用しても良いですけどP召喚以外でいくらでも特殊召喚できるデッキなのでP召喚は必要ないかなと思います。)



火炎地獄は、相手ライフに1000ダメージを与え自分は500ダメージを受ける効果があります。
バーンダメージを与えつつサウブレなどの効果を発動できます。


燃えさかる大地(永続魔法)は、自身の発動時に場のフィールド魔法を全て破壊する効果、お互いのスタンバイフェイズにターンプレイヤーに500ダメージを与える効果があります。
相手がフィールド魔法を使用するデッキなら1つ目の効果も活躍しますけど、基本的には2つ目の効果がメインになります。
永続魔法なので除去される危険はありますが、除去されない限り毎ターン自分のスタンバイフェイズにサウブレの蘇生効果を発動できます。


破壊輪は自分がダメージを受けた後に相手にダメージを与えるので、サウブレやガード・ペンギンの効果はタイミングを逃すため発動できません。
フレイム・イーターなら発動できますが、こちらは自分へのダメージを0にするため破壊輪で相手に与えるダメージも0になってしまいます。
なので、単純にバーン効果付きのモンスター除去として使用することになります。


停戦協定は、場の裏守備モンスターをすべて表守備にして(このときリバースモンスターの効果は発動しない)、場の効果モンスターの数×500のダメージを相手に与える効果があります。
場に効果モンスターもしくは裏守備モンスターのどちらかがいれば発動できます。
場のモンスターの数が多いときに発動できれば、2000以上の大ダメージも期待できます。



エクストラについて


当然ながらランク4から選ぶことになります。

フレイム・イーターの存在もあり、Emであるトラピーズはほぼ必須です。

トラピーズが場にある限り、自分はトラピーズの攻撃力以下の戦闘・効果ダメージを受けなくなります。
これにより燃えさかる大地や火炎地獄などの効果ダメージを相手にのみ与えることができます。
ただしサウブレなどの効果を発動しにくくなってしまう点や、破壊輪でトラピーズの攻撃力以下のダメージを相手に与えられなくなってしまう点は注意です。


ジゴバイトをサーチできるキングレムリンも優先順位が高いカードです。


あとは汎用ランク4から自由に選んで良いですけど、バーン効果持ちや直接攻撃効果持ちなど相手にダメージを与えやすいカードを優先して採用すると良いかもです。


チョコとジゴバイトが水属性なのでバハシャ餅カエルセットも採用できます。




この前のアニメでデニスかっこいいなぁって思ったので久しぶりにEmデッキをいじってみました。

やっぱ魔法使い族っていいですねぇ。(超主観)


あと、最近ピケステさんのなかでチョコ+ジゴバイト+バハシャ餅カエルが魔法使い族ランク4デッキの出張要因(?)として定着しつつあります。

やはりというかチョコは有能でしたねぇ。


チョコは服装も手品ショーのアシスタントにいそうな恰好なので、イラストでもEmとマッチしてて良いですね。


興味があればぜひ組んでみてくださいね。



話は変わりまして、

明日はいよいよ、の結果発表になります!

投票してくださった皆さん、ありがとうございます!

なお、本日7/20(水)の正午12時までは投票を受け付けてます。

ではでは皆さん、投票結果をお楽しみに!


上級アドバンス召喚軸の氷結界デッキ【遊戯王デッキレシピ】

暑くてしょうがないので氷結界デッキを紹介します。(笑)上級軸にして、アドバンス召喚サポートを取り入れた構築になってます。メインデッキ40枚モンスター21枚氷結界の虎将ガンターラ 2氷結界の虎将グルナード氷結界の交霊師 3氷結界の虎将ライホウ 2氷結界の大僧正 …




card73708890_1





暑くてしょうがないので氷結界デッキを紹介します。(笑)


上級軸にして、アドバンス召喚サポートを取り入れた構築になってます。




メインデッキ40枚



モンスター21枚

氷結界の虎将ガンターラ 2
氷結界の虎将グルナード
氷結界の交霊師 3
氷結界の虎将ライホウ 2
氷結界の大僧正 2
氷結界の伝道師 3
氷結界の軍師 3
氷結界の舞姫
氷結界の封魔団
氷結界の守護陣
氷結界の術者
氷結界の御庭番


魔法16枚

氷結界の紋章 3
帝王の烈旋 3
クロス・ソウル 2
埋葬されし生け贄 2
サルベージ
ソウル・チャージ
死者蘇生
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター 2


罠3枚

デモンズ・チェーン
リビングデッドの呼び声 2


エクストラ

氷結界の龍トリシューラ
グレイドル・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
氷結界の龍グングニール
月華竜ブラック・ローズ
アーカナイト・マジシャン
瑚之龍
氷結界の虎王ドゥローレン
幻層の守護者アルマデス
HSRチャンバライダー
No.11ビッグ・アイ
鳥銃士カステル
バハムート・シャーク
餅カエル




のレシピと

のレシピの

ちょうど真ん中に当てはまるような構築になってます。


なので、その2つの記事の解説をご覧いただければ今回の構築での動きもなんとなくわかるかと思います。



烈旋、クロス・ソウル、埋葬されし生け贄で上級を出すって感じですね。

帝王系を入れてしまうとうまくデッキが回らないことからの改善と、
三方陣も強力なんですけど使用機会をつくるのがやや難しいという点を考慮した結果が今回のレシピになります。




エクストラについて


レベルがバラバラでありエクシーズ召喚はしづらいので、シンクロを中心に採用しました。

術者(☆2水族チューナー)と☆6でグレイドル・ドラゴンを出せます。

舞姫と軍師は魔法使い族なので、守護陣(☆3チューナー)とあわせてアーカナイトを出せます。


エクシーズについては、ランク7とランク4は出せる機会があります。

素材が水属性縛りであるバハシャを出せるので、餅カエルを採用してみても良いかもしれません。(☆2水族×2で餅カエルを出すこともできます。)


まぁエクストラ自体あまり使わないんですけどね。(笑)





暑い夏に氷結界を

熱中症対策に氷結界を

ひんやり冷たい氷結界を

皆さんも氷結界を使って快適なサマーライフを満喫してみてはいかがでしょうか。(笑)


どうでもいいですけど氷結おいしいです。ピケステさんはレモン派です。(マジでどうでもいい)
※お酒は二十歳になってから(重要)



興味があればぜひ組んでみてくださいね。



また、現在、の記事で投票企画を開催中です。

すでに投票してくださった皆さん、ありがとうございます!

7/20(水)の正午12時まで投票を受け付けてますので、

皆さん、ぜひ投票よろしくお願いします!



チョコシラユキEm(+魔導書)の☆4魔法使い族デッキ【遊戯王デッキレシピ】

今回は、☆4魔法使い族デッキを紹介します。魔法使い族サポートで打点上げて攻撃したりランク4出したりします。メインデッキ40枚モンスター26枚チョコ・マジシャン・ガール 3妖精伝姫‐シラユキ 2マジカル・コンダクター 2霊滅術師カイクウ 2Emトリック・クラウン …




card1002026_1




今回は、☆4魔法使い族デッキを紹介します。


魔法使い族サポートで打点上げて攻撃したりランク4出したりします。




メインデッキ40枚



モンスター26枚

チョコ・マジシャン・ガール 3
妖精伝姫‐シラユキ 2
マジカル・コンダクター 2
霊滅術師カイクウ 2
Emトリック・クラウン 3
Emハットトリッカー 3
Emミラー・コンダクター 2
召喚僧サモンプリースト
アステル・ドローン
Vサラマンダー


魔法12枚

グリモの魔導書 3
ヒュグロの魔導書 3
ゲーテの魔導書
ワンショット・ワンド 2
死者蘇生
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター


罠2枚

神の宣告
神の通告


エクストラ

SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
SNo.39希望皇ホープONE
No.39希望皇ホープ
バハムート・シャーク
餅カエル
Emトラピーズ・マジシャン
キングレムリン
No.101S・H・Ark Knight
ダウナード・マジシャン
No.106巨岩掌ジャイアント・ハンド
鳥銃士カステル
ライトロード・セイントミネルバ
励輝士ヴェルズビュート
深淵に潜む者
No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク




採用しているカードは当ブログで以前にも扱ったことのあるものばかりなので、各カードについての詳しい解説は今回は省略します。

各カードについて詳しく知りたい方は、
そのカードを採用してそうな記事をタグから探すか記事検索にそのカード名を入力して検索すれば、そのカードについての解説が載っている記事を見つけられると思います。



ヒュグロやワンショット・ワンドによる打点アップでビートするのとランク4を出すのがおもな動きになります。


チョコやカイクウは、エクシーズ素材にするよりもなるべくそのまま使いたいですね。


ハットトリッカー、ジゴバイト、デーモン・イーターは自身を手札から特殊召喚できる効果があるのでランク4につなげやすいですね。


トリクラと他の☆4が場にある場合はそれらでキングレムリンをエクシーズ召喚すれば、
素材であるトリクラを墓地に送りジゴバイトをサーチし、墓地に送られたトリクラを蘇生しジゴバイトを特殊召喚することでさらに別のランク4を出せます。



シラユキとトリクラも自身を特殊召喚(蘇生)する効果があるのでランク4の素材として優秀です。



チョコでの手札交換、グリモとヒュグロの相互サーチ、セイントミネルバでの墓地肥やしをすることでシラユキの除外コストを多く用意することができます。


マジカル・コンダクターは、グリモでヒュグロをサーチしヒュグロを発動することで魔力カウンターが4つ貯まり、手札・墓地から☆4魔法使い族を特殊召喚できるようになります。




エクストラについて


当然ながらランク4を採用することになります。

中でもキングレムリンとセイントミネルバはほぼ必須ですね。

ヒュグロやワンショット・ワンドに対応している魔法使い族のトラピーズやダウナードも採用したいですね。

汎用ランク4の時点で採用圏内ですが、希望皇ホープモンスターはVサラマンダーで蘇生できます。(もちろんVサラマンダーは魔法使い族です。)

チョコとジゴバイトが水属性なので、出せる機会は少ないものの一応バハシャを採用できます。




☆4魔法使い族をテーマに組んでみようと思ったものの、

どうにも「これ魔法使い族にこだわらずにランク4の素材として優秀なカード採用しまくったほうが良いのでは?」感が拭えなくてですね...。

魔導書ないほうがエクシーズしまくりやすいけど、魔導書がないと魔法使い族を採用する意義がかなり薄くなってしまうという葛藤を乗り越え、

やっとなんとなく形にすることができました。


そんなに強いデッキってわけじゃないですけど、魔法使い族好きのピケステさんとしてはかなりお気に入りのデッキです。


興味があればぜひ組んでみてくださいね。



また、現在、の記事で投票企画を開催中です。

すでに投票してくださった皆さん、ありがとうございます!

7/20(水)の正午12時まで投票を受け付けてますので、

皆さん、ぜひ投票よろしくお願いします!


神々しい光で敵の動きを封じる同胞天使パーミッション【遊戯王デッキレシピ】

今回は、同胞の絆を採用したアルテミスデッキを紹介します。カウンター罠で相手の動きを封じる戦術に加えて、閃光の結界像による特殊召喚封じも狙うといった内容になってます。メインデッキ40枚モンスター14枚豊穣のアルテミス 3解放のアリアドネ 3閃光の結界像 3オネ…




card73714331_1




今回は、同胞の絆を採用したアルテミスデッキを紹介します。


カウンター罠で相手の動きを封じる戦術に加えて、閃光の結界像による特殊召喚封じも狙うといった内容になってます。




メインデッキ40枚



モンスター14枚

豊穣のアルテミス 3
解放のアリアドネ 3
閃光の結界像 3
オネスト 2
エキセントリック・デーモン 2
魔装戦士ドラゴノックス


魔法6枚

同胞の絆 3
命削りの宝札 3


罠20枚

神の宣告
神の警告
神の通告 3
神の忠告 2
魔宮の賄賂 3
マジック・ジャマ―
攻撃の無力化 2
強烈なはたき落とし 2
ヒーローズルール2
強制脱出装置 2
波紋のバリア‐ウェーブ・フォース‐
業炎のバリア‐ファイヤー・フォース‐


エクストラ

SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング
SNo.39希望皇ホープONE
No.39希望皇ホープ
星輝士デルタテロス
闇遷士カンゴルゴーム
No.50ブラック・コーン号
No.101S・H・Ark Knight
鳥銃士カステル
恐牙狼ダイヤウルフ
輝光子パラディオス
励輝士ヴェルズビュート
武神帝‐ツクヨミ
深淵に潜む者
ガガガガンマン
No.80狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク





同じ光属性天使族であるアルテミス、アリアドネ、閃光の結界像、オネストのいずれか1枚を場に出して同胞の絆を発動すれば、出したモンスターと同名以外の2種類をデッキから特殊召喚できます。
おもにアルテミス、閃光の結界像、オネストを揃えると良いですね。その後オネストは効果で手札に戻せます。


アルテミスは、カウンター罠が発動される度に1ドローする効果があります。


解放のアリアドネは、自分がカウンター罠を発動する際の手札コストもしくはライフコストが必要なくなるP効果、自身が破壊された場合に発動し、デッキからカウンター罠を3枚選んで相手に見せて相手が選んだ1枚を手札に加えて残りはデッキに戻すモンスター効果があります。


閃光の結界像が場にある限り、お互いに光属性以外を特殊召喚できなくなります。



モンスターより魔法罠のほうが多いので命削りを採用できます。
またPモンスターは命削りでドローしてもスケールにセットすることで墓地送りを回避できるということもあり、アリアドネのほかにエキデとドラゴノックスを採用しました。



カウンター罠について


アリアドネによりライフコストをなくすことができるので、
宣告、警告、通告はもちろん、ライフコストが大きく発動機会に気を付ける必要があるものの幅広い行動に対処できる忠告も採用しました。


ライフコストはアリアドネがなくてもライフを払えばいいので使用機会に困りませんが、手札コストはアリアドネも手札もない場合は発動できなくなってしまうので、(特に命削り使用後は手札がなくなるので)
手札コストを要求するカードはマジック・ジャマ―1枚のみにしました。

魔法罠に対しては賄賂(もしくは宣告)で対処することになります。


攻撃の無力化は、相手モンスターの攻撃を無効にしバトルフェイズを終了させる効果があります。
相手のモンスターを除去できないので結果として一時しのぎにしかなりませんが、自分のモンスターを守りつつアルテミスがいればドローもできます。


強烈なはたき落としは、相手がデッキからカードを手札に加えたときに発動でき、手札に加えたカード1枚(複数枚ある場合は相手が1枚選ぶ)を墓地に捨てる効果があります。
通常のドローや効果によるサーチ・ドローに対して発動できます。
普通に使用すれば1:1交換ですが、アルテミスがいれば1ドローできます。
通常のドローに対しても使えるため発動機会に困らないので、アルテミスの効果を使用するためのカードとして優秀です。


ヒーローズルール2は、墓地のカードを対象とするモンスター効果・魔法罠の発動を無効にし破壊する効果があります。



カウンター罠だけではすでに場に出ているモンスターを除去する手段が乏しいので、通常罠から強脱とウェーブ・フォース、ファイヤー・フォースを採用しました。



エクストラについて


☆4を多く採用しているのでランク4を採用できます。

エクストラに必須カードはなくエクシーズ召喚を狙う機会も多くはないので、なるべく多くの状況に対応できるように汎用ランク4から選んで採用することになります。

また閃光の結界像が場にある場合は光属性しかエクシーズ召喚できないので、光属性のランク4を多少優先すると良いかもです。

素材が光属性縛りであるパラディオスやツクヨミも採用できます。




初動で同胞の絆を発動できないと、ただカウンター罠を消費するだけで終わってしまうことが多いです。

成金やチキンレースなどを採用するにしても、そのぶんカウンター罠を減らす必要があったり、
そもそもじっくりじわじわ攻める長期戦タイプのデッキで相手のライフを増やしたり自分のライフを減らしたりするのはあまり好ましくはないですね。

強謙あたりならうまく枠を調整できれば採用しても良いかなとは思います。


光属性は他の属性と比べても使用率が高く強力なモンスターも多いため、閃光の結界像が他の結界像に比べて制圧力が弱いのも惜しい点ですね。


まぁでも、うまく回れば相手の動きをことごとく封じることができるので、

構築とプレイングの両方をしっかり練ればそれなりに戦えると思います。


興味があればぜひ組んでみてくださいね。



また、現在、の記事で投票企画を開催中です。

すでに投票してくださった皆さん、ありがとうございます!

7/20(水)の正午12時まで投票を受け付けてますので、

皆さん、ぜひ投票よろしくお願いします!



【デッキ解説】スクラップ(オノマト連携型)

オノマト連携を採用したスクラップを紹介します。個人的なブームが来ているので、飽きないうちに語ろうと思います。0.凡例NS 通常召喚SS 特殊召喚1.コンセプトオノマト連携 および ドドドドローの高いデッキ圧縮性、手札交換性に着目しました。アドバンテージの損失…

LVAL-JP067



オノマト連携を採用したスクラップを紹介します。
個人的なブームが来ているので、飽きないうちに語ろうと思います。



0.凡例

NS 通常召喚
SS 特殊召喚



1.コンセプト

オノマト連携 および ドドドドローの高いデッキ圧縮性、手札交換性に着目しました。
アドバンテージの損失を抑えながら手札と墓地を揃えていき、
スクラップキマイラ、スクラップゴーレムのカードパワーを爆発させることをゴールとしています。

実際大会で使ってみましたが、想像以上に戦えたので、スクラップにとって無理のない構築なんだと思います。
何よりたっぷりサーチ&ドロー、手札誘発での奇襲性、相手のバックがなければ割とワンキルするなど、かなり楽しく使える構築になっています。
最近の混ぜ物スクラップの中ではなかなかのお気に入りです。



2.サンプルレシピ

計41枚

モンスター 16枚

地霊神グランソイル
巌征竜レドックス
スクラップゴーレム
スクラップキマイラ 2枚
スクラップビースト 2枚
スクラップオルトロス
スクラップゴブリン
ドドドバスター  3枚
ガガガガードナー 2枚
カードカーD  2枚

魔法 21枚

スクラップエリア 2枚
スクラップスコール 3枚
スクラップファクトリー 2枚
オノマト連携  3枚
ドドドドロー  3枚
死者蘇生
ソウルチャージ
簡易融合
ハーピィの羽箒
サイクロン  3枚
月の書

罠 4枚

スキルプリズナー
虚無空間
デモンズチェーン 2枚



3.採用カードについて

説明が必要そうなところを説明します。


スクラップキマイラ

好きです。時代遅れのデメリットモンスターですがビーストさえ落ちていれば強いです。
今回の構築はビーストを墓地へ落とす手段が多いため3枚でもいいのですが、
気に入られているのか2枚でも十分初手に来るのでとりあえず2枚にしておきました。
気に入られなくなった場合には3枚にしてあげましょう。


スクラップゴーレム

状況により神にも紙にもなる、非常にじゃじゃ馬なカードです。
とはいえファクトリー採用の唯一の理由となるカードであるため、上手く使えば壊れカードに化けます。
一度手札に来るとファクトリーのうまみが激減するため、2枚でもいいと思います。
グランソイルを採用して枠が足りないことと、事故の懸念から1枚にしました。


スクラップファクトリー

それほどこのカードに依存していないことと、複数重なるとかなり弱いカードであるため、2枚にしています。
ゴーレムが1枚ならこちらは多くて2枚です。ドローできる機会が多いため1枚でも十分かもしれません。
また、2014/1~はクリフォート対策のラグナゼロの的となるため(まあくらっても1:1交換ですが)、
ゴーレムを出した後は速やかにスクドラで破壊する場合も少なくありません。


スクラップオルトロス

事故の怖いカードですが、ファクトリー発動のために1枚入れておきたいところです。
スコール3枚に加えてオルトロスとエリアの計6枚で、初手からのファクトリー発動の機会を増やせます。
2枚は無いと思います。


ドドドバスター

サイドラ効果持ちのレベル6・19打点です。
サイドラ効果でSSするとレベル4になります。
ハルベルトほどの派手さはないものの、一度使ってみるとかなり使いやすいカードであることに気付けます。
本来ならば必須カードであるハルベルトの枠をこいつに割き、ビーストとのシンクロ、ドドドドローのコスト、と柔軟に使用していきます。

事故の怖さがあるため、ドロー以外にハルベルトにはない利点を活かしたいところです。
・バスターAをSS、リリースしてバスターBをアドバンス召喚、6エクシーズでトレミスなど
・リリーサーやミドラーシュ、ダークロウなど制圧モンスターに対する帝王の烈旋
・ライオウへの回答


ガガガガードナー

オノマト連携のお相手として一番汎用性の高いカードを採用しました。
ビーストやゴブリンをディスカードしながら、防御と展開を同時にこなします。
守備力2000のため、下級の攻撃に対してはバトルフェーダーと同じような運用が可能です。
あるいは、捨てたいカードがある場合には敢えて攻撃表示で出すなど、駆け引きを楽しめるカードでもあります。

単にスクラップチューナーを捨てるだけの使い方では少々物足りないのですが、
カードカーDやグランソイルと組み合わせると手札・墓地の質向上にかなり貢献します。

先行でオノマト連携→カードカーDでエンド
攻撃に対しSS、倒される場合には効果発動して手札6枚のうちからディスカード
次ターンキマイラNSからレベル4を3体並べたり、ゴーレムを引いてしまった場合にはリリースしたり、
動けない場合には次も壁にしたり、あえてカステルを使わせる・・・など


カードカーD

一般的には、テンポ・ライフアドバンテージの代わりに1枚を獲得するカードですが、ガガガガードナーの防御によりこのデッキでは強欲な壺になります。
・・とは少し言い過ぎですが、最近はやや遅の環境ということもあり、遅さは全く気になりませんでした。
3枚だと少し重たいので、2枚でなんとか初手に持ってきたい感じです。まあ3でもいいと思いますが。枠だけ。


地霊神グランソイル

採用モンスターがすべて地属性であり、オノマト連携、ガードナー、カーD、スコールにより墓地速度も速いため、引ければ出す機会は多いです。
出ればほとんどの場合ワンショットキルとなります。
安定感を求めるなら抜くのもいいかもしれませんが、工場入れている時点で安定感なんて捨てましょう。
シャドールやクリフォートに対する一撃必殺の1枚となるため、2枚にしてもいいくらいだと思っています。


オノマト連携

ドドドドローがある以上、一番優先するテーマはドドドだと思っています。
ゴゴゴはジャイアントがキマイラと同じ吊上げ持ちなのですが、さすがに召喚権が足りなそうです。
ガガガはシスターからのリベンジ、ボルトなど幅を持たせることもできそうですが、やはり召喚権が足りなそうなのでガードナーにしました。
新規カードに期待。


月の書

リリーサー、ダークロウ、ミドラーシュ、影依融合のケアカードです。主に影依融合のために入れました。
先日先行ダークロウされて詰みかけたのですが、これとバスターがあったおかげでなんとかなりました。
世間的な評価はブラックホールより月の書でしょうが、スクラップ的にはファクトリーのトリガーになるためブラホも悪くないと思います。
破壊輪なんかも出てきたので、この辺は入替用のスロットでしょう。


スキルプリズナー

スクラップにおける必須カードです。
高打点に叩かれるのはあきらめるとして、スクドラの対処札であるカステル、アークナイト、アーカイブを潰します。
特にランク4デッキに対してはスクドラ墓地ゴーレムの盤面にこれを組み合わせると、突破できなくなります。

地味ながら汎用性が高く、ヴェーラーやシャドールドラゴンのバック破壊にも有効です。
ネクロスには効きません。


デモンズチェーン

メイン罠4枚という構築で、安定性を求めるとこのカードに軍配があがります。
スクドラとの相性の良さは言うまでもないですが、ネクロス、クリフォート、シャドール等どの環境デッキに対しても最低限は仕事します。


虚無空間

非常に使いづらいです。破壊しまくるスクラップとはあまり相性が良くないと思っています。
採用の理由は閃光竜を他より出しやすく、うまく回せば相手に詰みパターンを渡せることがあるからです。
また、影依融合と儀式のどちらもケアできるカードがこれしかないため、そのための使い捨て気分で使うといい感じです。



4.エクストラ、サイドデッキ

サイドは友人に教えてもらったカードが多いこともあり当分伏せておきたいので、ご了承ください。

エクストラは必須枠だけ。
ツインドラ、スクドラ2、トレミス、ノーデンは必須です。

あとは適当にランク4を突っ込めばいいと思います。ランク6は2枚に増やしてもいいかもしれません。



5.戦術

意図的ではないのですが、「序盤からそこそこ戦えるラヴァル」という例えが似合う戦術のデッキになっていました。
ラヴァルで言う爆発が、このデッキで言うところのファクトリー、レドックス、グランソイル、蘇生、簡易融合にあたります。
ガードナーとゴブリンのおかげで、罠の薄さの割に防御力が高いため、その間にキーカードを揃えて勝つパターンが多い気がしています。

基本的にはハルベルト型スクラップと大きく変わりません。
バスターSSビーストNSシンクロスクドラ、
次ターンにキマイラNSからスクドラで相手のリソースを削りつつ回答にカステルを要求する戦い方がオーソドックスです。

ソイルを引けた場合には、チェインを作り、ファクトリーなんて捨ててさっさとゴーレムを墓地に落とします。
キマイラNSビーストSSスクドラ、バックを破壊し、グランソイルSSゴーレムSSゴブリンサンドバックで7900ダメージです。
100足りないのが笑えますがさすがに5体墓地に落ちてる頃にはワンパン位は通っています。
相手が8000の場合には素直にもう1体スクドラかツインドラを出し、相手をどけてやれば8400以上になります。

また、ハルベルト型でも同じですが、バスターSSキマイラNSビーストSSスクドラ、キマイラ破壊してファクトリー発動ゴーレムSS、
ゴーレムでビーストSSツインドラ、レドックス効果ゴーレムSSで8100です。


見ていただいた通り、ソイヤさえいれば相手の強モンスターをすり抜けながら8000近くのダメージを叩き出せるため、多少の事故と引き換えに
ソイヤ2枚投入は悪くないと思います。2枚あれば、初手のソイヤを気兼ねなくオノマト連携のコストにすることもできますしね。
このあたりはもう少しソイヤと相談して練ってみようと思います。


6.大会の展望

なかなかおさまりよく構築することができました。スクラップに慣れているプレイヤーであれば、フリーでそこそこ勝てるはずです。
では大会でどこまで戦えるか。環境デッキへの立ち振る舞いを書いていきます。


・ネクロス

かなり厳しいです。リリーサーで詰む上に、何を出してもトリシューラであっさり壊滅します。あまり勝った記憶がありません。
手札を0にすることは構築上かなり難しいので、サイチェンで有効罠を増やすしかありません。
ご存じの方もいるかと思いますが、前環境は私はスクラップを捨ててアーティファクトを使っていました。
つまりそういうことです(おい


・クリフォート

スキルドレインが辛いですが、そのためのメインサイク3枚なので、引ければ十分戦えます。
クリフォートの耐性があまり気にならないのがスクラップの利点であり、正規召喚のやつもツールもスクドラで破壊できます。
エイリアスだけはどうしても無理なので、速攻でラグナゼロを立てて何もさせないのが正解です。
サイドにラグナをもう1枚入れてもいいかと思っています。
スキドレがどうしても割れないときにはオルトロスの自壊効果を踏み倒してレベル8にしたり、バスターSSゴブリンNSでツインドラを出して頑張ります。


・シャドール

スクドラを唯一倒せるネフィリムと、詰みとなるミドラーシュが制限なので、かなり戦えるようになりました。
かなりプレイングでのカバーが必要になりますが、こちらと変わらないくらい相手もしんどそうです。

まず死デッキが採用されている場合は、それ1枚で壊滅します。(今はあまりないか?)
オノマト連携に合わせられるとまずいので、使うタイミングは気をつけないといけません。
通常のスクラップだと詰まされるミドラーシュには、ガードナーを出して耐えてから次ターンでシンクロして叩けばOKです。
影依融合は絶対に撃たせてはいけないので、スクドラはさっさと自壊させてガードナーで耐える、次ターン殴ってまた自壊させる・・
という悲しいプレイングで進めることになります。
反転させる前にスクドラで破壊しまくれば結構なんとかなったりします。
とにかく早くネフィリムを使わせましょう。シェキナーガは全くキツくありません。


・ヒーロー

ダークロウをいかに速攻で倒すか、正直初手の運ゲー感が強いです。
幸いドドドバスターSSに加えガードナーNSで、除外されても痛くない2体でエクシーズを出すことはできます。
先にスクドラを立てた場合には、カステル、アークナイト、アブゼロ等の除去が飛んできます。
アブゼロはそれほど辛くないので、カステルアークナイトをメインの罠で防御できるかどうかです。
デッキパワーは敵いませんが、ヒーローはスタミナがあまりないのでスクドラゴブリンの展開でかなり頑張れます。

基本的に後攻を取りたいデッキですが、ヒーロー相手なら先行のほうが良さげです。ドロー・サーチカード11枚入ってますから。


・ダークマター竜

ガードナーでワンキルは防止できます。そこから返しビュートでなんとかなることも・・?
罠が薄いためあまり勝てないと思いますが、ジャンドとかと同じく初手で勝つか負けるかの勝負なので、
あまりこのデッキのためにサイドボードを食うのもどうかなと思っています。
専用メタカードはもう少しシェアを占めてからでいいかと。

とにかく、圧倒的にネクロスが無理です。相手がよほど事故るかスクラップをなめてくれないと勝てないです。
店舗代表などネクロスのシェアが多そうな舞台では鉄壁を採用するのもいいかもしれませんね。



7.質問など

質問等あればコメント欄にいただければここに追記していきます。
また、スクラップと相性のよさそうなカードの紹介も大歓迎です。
ともに強いスクラップを作りましょう。


ところでオノマト連携イラストめっちゃいいですね。スーレア魔法好きです。


白黒シャドール まとめ(随時更新)

8/17日時点での構築、プレイングについて個人的に思っていることをまとめてみようかなと。
もう今期はCSにも出られないし何書いても良いや
レシピはtwitterに画像を載せているものを前提として話を進めます

◎サイドチェンジ
基本的に先攻後攻で変えることはしません。…

8/17日時点での構築、プレイングについて個人的に思っていることをまとめてみようかなと。
もう今期はCSにも出られないし何書いても良いや
レシピはtwitterに画像を載せているものを前提として話を進めます

◎サイドチェンジ
基本的に先攻後攻で変えることはしません。
以下二戦目のみの変更点、三戦目ではETやEDを意識してブラホや超電磁を入れることもあります

・白黒ミラー
out G2 ヴェー1 堕ち影1 激流2
in 超電磁 脱出2 異次元2 奈落2から6枚

・セプスロシャドール
out 堕ち影1 原核1
in G1 超融合1

メインはかなりセプスロに寄せているので本来不純物である手札誘発は白黒ミラーではサイドチェンジで抜きます。
ヴェーは残しても良いかも。正直気分で抜くカード変えたりするんだけど、絶対に抜けるのは手札誘発+堕ち影までは確定で絶対に入れるカードは超電磁と脱出。
三戦目なんかは間違いなく異次元は抜けてます

・融合HERO
out 堕ち影1 G2 ヴェー1 貪欲1 原核1 エメラル1
in ブラホ1 超融合1 激流1 サイク3 アドレイション1

・セプスロHERO
out ドラゴン1 堕ち影1 原核1 貪欲1 ビースト1 エメラル1
in G1 ブラホ 超融合1 サイク2 アドレイション1
エメラルや貪欲を撃たなきゃいけない場面までに死んでるか殺してるのがほとんどなのでアドレイションとアブソの2枚体制に。
変な永続にぶっ殺される可能性もあるのでそのケアも考えなければならない。

・クリフォ
out G2 ヴェー1 激流2 原核1
in 超電磁1 サイク3 奈落2
超融合増やしても良いかも。その場合抜けるのはビーストかな
後ろ薄いとバウンスから8000飛ばされるのがしょっぱいので超電磁を早めに落とせると数少ない負け筋を減らせて良いと思います
負け筋は上記に加えて永続のみなので、サイクはツールに当てるベキ場面を考えて温存も心がける。

・その他
適当にやってれば勝てるんじゃないかな(投げやり)

◎白黒ミラー
場面ごとにプレイングを考えていきます
・どうしようもない場面
守り札がゼロの状態、こちらの白黒ギミックも回り始めていない状態などでダムドなどに蹂躙される(または前のターンの段階でその気配を感じた)場合
→死にたくない(延命できれば勝機がある)場合には、写し身ミドラで融合無いことにワンチャン賭けてみるのも良いと思います
融合が無ければ少しのディスアドとライフアド、融合があっても0もしくは600ポイント(+2200or2800~)のライフアドと3枚程度のディスアドで耐えることに意味があれば写し身ミドラをします
耐えることに意味が無い場合はそもそも写し身を置かないのも一つです
万が一返しのターンが得られた場合、写し身があればトップ白やネフィ作ったビーストドローで白を決めた時にワンチャンがある場合があります。

・相手墓地に超電磁がある場合
向こうがハンドにダムドやネフィを決められる札があるかどうかなどでプランが変わってきます
ダムドなどを決められそうな場合は、こちらからダムドなどを決めると返されてライフもボードも覆るのでまず勝てません。
上記のどうしようもない場合と同様に耐え忍ぶのが主になります。
ダムドなどがなさそうな場合、またはこちらにバックがある場合には一度8000飛ばせる布陣を作って無理やり超電磁を使わせて2キルを目指しても良いと思ってます。

・試合展開
融合からビーストセットはなかなかしません。というか切らしていることが多いのでできません(
ビーストセットが一番強い場面というのは、相手ターンにファルコン効果でセットできた場合もしくは相手が殴ってこずに残った場合です。
この状況はなかなか自ターンセットの返しに起こり得るものではないので、やむを得ない場面以外ではビーストセットはしたくないと思っています。
なので、基本的には決めに行く場面、ネフィが罠を踏んでくれる場面以外では融合を能動的には撃たないのがミラーの中盤あたりでの立ち回りとして丸いと思います。

・自ターンにおける相手のダムド開闢ネフィなどの処理
一番手軽な処理方法はネフィで殴ることです。が宣言時脱出で簡単に負けられるので安易に狙いに行くのには注意が必要です。
ネフィ以外の最上級は写し身で逃がすということも考えられにくいので、ダムド単騎に対してはマスフェリスもかなり有効だと思います。
ネフィはなかなか確実に綺麗に処理するのが難しいです。開闢で処理しに行ったら写し身や超融合で透かされて泣くこともしばしば。
なので、融合やダムドは常にハンドに1枚以上持っておきたいです。

・自ターンにおけるミドラの処理
正直、超面倒くさいです。デッキ融合を決めてアド差で勝てても奈落や脱出を踏んでテンポ負けすることが少なくなく、また中盤以降はデッキ融合の旨みも少なくなります。
ネフィが罠を踏んだ時に被害が少なくて済む立ち回りは、デッキ融合時にファルコンを落とすことです。
そうすれば、返しのターンにミドラの22ダイレクトを食らってテンポ負けする可能性は低くなり、場合によっては墓地からネフィやナーガを釣ることで情況の打開に繋がることもあります。

・中盤以降の融合体の処理
前述の通りビーストセットは悪手になることの方が多いと思ってます。なので、棒立ちエンドもして良いと思ってます。
場に残す融合体として強い順番は、後ろとの兼ね合いもありますがミドラ>ナーガ>ネフィだと思ってます。
ただ相手のデッキが進んでいない場合に残してしまうと融合コラプダムドからぶっ殺されやすいので、絶対に残してはいけません。
また、超融合でこちらの場2体で融合されても負けに直結してしまうのでなるべく棒立ちのみや棒立ち+裏で返したいです。
こちらの融合体+相手のモンで融合される分にはアド差も大してつきませんし、相手がモン召喚から入ってくれると返しにデッキ融合できることもあるので問題ありません。


とりあえずここまで