アニメ 遊戯王VRAINS 第37話 感想

TURN 37 「我が母なる樹」まずは今回の新カードから。スペクター《聖天樹の大母神》(サンアバロン・ドリュアトランティエ)相手の効果では破壊不可&攻撃対象にならない(他にいなければ直接攻撃に)。1ターンに1度、リンク先の植物族リンク1体をリリースし、そのマーカー数まで相手の表側魔法・罠を破壊可(発動するターン、自分のMMZのモンスターは攻撃不可)。《聖天樹の開花》(サンアバロン・ブルーミング)相手の全モン

TURN 37 「我が母なる樹」

まずは今回の新カードから。

スペクター
《聖天樹の大母神》(サンアバロン・ドリュアトランティエ)
相手の効果では破壊不可&攻撃対象にならない(他にいなければ直接攻撃に)。
1ターンに1度、リンク先の植物族リンク1体をリリースし、
そのマーカー数まで相手の表側魔法・罠を破壊可
(発動するターン、自分のMMZのモンスターは攻撃不可)。
《聖天樹の開花》(サンアバロン・ブルーミング)
相手の全モンスターの効果を無効にし、
自EXMZのリンク4以上の植物族1体を対象に発動可(それが場を離れたら自壊)。
対象のATKはダメージ計算時のみ、リンク先のATKの合計になる。
《聖天樹の呪精》(サンアバロン・カースド・リボーン)
自分の「聖天樹」リンク1体を蘇生
(ATKはマーカー×1000&効果無効。このターン、リンク素材にできず、攻撃不可)。
このカードと対象は、互いに場を離れたら、もう片方を破壊。
自分がダメージを受けたら、場のこのカードを墓地へ送って、同値バーン可。

《聖種の地霊》のフレイバー・テキスト(効果モン主体のアニメオリカでは珍しい)が判明。
種がレアで成長にも時間がかかる、なんかスゴイ精霊だったんですね。
守備力は600でしたか。

遊作
《オーバーロード・アンカー》
自場にリンク1体のみの場合、相手の攻撃宣言時に発動可。
戦闘破壊を防ぎ、自分へのダメージ半減。その後、BP終了。
↑の効果を適用したターン、自場のこのカードを除外して発動可。
次の相手SPまで、相手のリンクモンスターのATKを半分にする。
《リンク・プロセッシング・フェイルアー》
発動後2回目の自SPに自壊。
自場のリンク1体を対象に発動可(それが場を離れたら自壊)。
リンク以外と対象のマーカー数以下のリンクは攻撃不可。
《リンク・サージ・カウンター》
自分のリンクがよりマーカーの多いリンクと戦闘を行う場合、
自場・墓地の魔法・罠2枚を除外し、ダメージ計算時のみATKを同じにできる。
《ROMクラウディア》
OCG版との違い:Wiki参照。
《トークバック・ランサー》
自場のサイバース族1体をリリースし、リンク先に「コード・トーカー」1体を蘇生可。
《リンク・アトロシティ》
自場のリンク1体をリリースし、自場のリンク1体を対象に発動可。
ターン終了時までATKを加算。
対象がリンクに攻撃する場合、その相手のATKはダメージステップ終了時まで、
自分・相手の墓地のリンク×400ダウン。

いや、ホント、リンクモンスターがいっぱい出ましたね(解読班ー!)。
20180131_01.png

スペクターさん、この2連戦で今作でも特に強い印象を残して逝きましたね。
お母さん伐られて焼かれて終わりでは後味悪いですが、
20180131_02.png
ビターエンドなのか、後々救済があるのか・・・
個人的には、事件被害者の掘り下げは次章以降にでも改めてやってほしいところ。
遊作君とはそのへんの語り合いが足りなかったように思います。

そして、晃お兄さまも消えちゃいましたか・・・
遊作君の復讐の見届け人になるかとも思ったのですが。
鬼塚さんも次の相手が・・・ですし、
結局、部外者はみんな消えて、深い事情は知られない展開なのでしょうか?
まだカエルとハトがいますけど。
うーん、気になります。

というところで、
VRAINS、また総集編情報整理回だってよ。
20180131_03.png
リボルバー視点なら新情報には期待できる?
でも、主人公も知るべきな内容の場合、まだ焦らされる可能性が高い・・・?


【関連項目】
Playmakerの使用カード
スペクターの使用カード