【転移コントロール型】表示形式変更編②

デッキ調整ばかりしていてブログが疎かになってしまいました。あんにん堂です。今回は【転移コントロール型】表示形式変更編②をお送りしていきます。以下前置き★★★★★★★【転移コントロール型】において最初に相手の場に出す方法を《ギブ&テイク》で考えているからで…

デッキ調整ばかりしていてブログが疎かになってしまいました。
あんにん堂です。

今回は【転移コントロール型】表示形式変更編②を
お送りしていきます。
以下前置き

★★★★★★★
【転移コントロール型】において
最初に相手の場に出す方法を《ギブ&テイク》で考えているからです。

①自分の場に《大神官デ・ザード》を召喚し、その後にコントロールを変更。
②さらに条件を満たした後にもう一度奪い返す。
この工程は結構面倒な気がするんですな。
だから先に墓地に落としてから《ギブ&テイク》で相手の場に出す。
そして条件を満たし、奪い返す。
こっちで考えています。

《ギブ&テイク》
通常罠
自分の墓地に存在するモンスター1体を相手フィールド上に守備表示で特殊召喚し、そのレベルの数だけ自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体のレベルをエンドフェイズ時まで上げる。

自分の場のモンスターのレベルを上げる必要があるので
エクシーズモンスター以外のモンスターが自分の場に1体以上存在させておく必要があることに注意です。
★★★★★★★

今回は②ということで前回入りきらなかった
・相手のモンスターを
・自分のターンに
・攻撃表示にする
魔法罠をまとめていきます。

《『守備』封じ》
通常魔法
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を選択して表側攻撃表示にする。

《カード・フリッパー》
通常魔法
手札を1枚墓地へ送って発動する。
相手フィールド上に存在する全てのモンスターの表示形式を変更する。

《太陽の書》
通常魔法
フィールド上に裏側表示で存在するモンスター1体を選択し、表側攻撃表示にする。

《エネミーコントローラー》
速攻魔法
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、表示形式を変更する。
●自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。

《剣闘調教》
速攻魔法
つを選択して発動できる。
●相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、表示形式を変更する。
●相手フィールド上の「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。

《ゲーテの魔導書》
速攻魔法
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カードを3枚までゲームから除外して発動できる。
このカードを発動するために除外した魔法カードの数によって以下の効果を適用する。
「ゲーテの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。
●1枚:フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
●2枚:フィールド上のモンスター1体を選んで裏側守備表示または表側攻撃表示にする。
●3枚:相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。

《スパークガン》
装備魔法
「E・HERO スパークマン」にのみ装備可能。
自分のターンのメインフェイズ時に表側表示モンスター1体の表示形式を変更する事ができる。
この効果を3回使用した後、このカードを破壊する。

《アタック・フェロモン》
永続魔法
自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、そのモンスターをダメージステップ終了時に表側攻撃表示にする。

《竜星の気脈》
永続魔法
(1):自分の墓地の「竜星」モンスターの属性の種類の数によって以下の効果を得る。
●2種類以上:自分フィールドの「竜星」モンスターの攻撃力は500アップする。
●3種類以上:自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
●4種類以上:相手はモンスターをセットできず、相手フィールドの表側表示モンスターは全て攻撃表示になる。
●5種類以上:このカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。

《古の森》
フィールド魔法
このカードの発動時に、フィールド上に守備表示モンスターが存在する場合、そのモンスターを全て表側攻撃表示にする。
この時、リバース効果モンスターの効果は発動しない。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、攻撃を行ったモンスターをバトルフェイズ終了時に破壊する。

《風雲カラクリ城》
フィールド魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「カラクリ」と名のついたモンスターが、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを攻撃対象に選択した時、その相手モンスター1体の表示形式を変更する事ができる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地に存在するレベル4以上の「カラクリ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。


《イタクァの暴風》
通常罠
相手フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの表示形式を変更する。

《カオス・インフィニティ》
通常罠
フィールド上に守備表示で存在するモンスターを全て表側攻撃表示にする。
さらに、自分のデッキまたは墓地から「機皇」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

《重力解除》
通常罠
自分と相手フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの表示形式を変更する。

《召喚制限-猪突するモンスター》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する場合にモンスターが特殊召喚に成功した時、そのモンスターを表側攻撃表示にする。
そのターンそのモンスターが攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

以上15枚ですかね。
以前から注目していたカードとしては
《古の森》と《カオス・インフィニティ》が挙げられます。

《M.X-セイバー インヴォーカー》ss、ef、《レスキュー・ウォリアー》ss。
《ギブ&テイク》発動、《大神官デ・ザード》ss。
このとき、インヴォーカーもギブ&テイクも守備でのss固定です。
 ●パターンA
《古の森》発動。表示形式が変わり、インヴォーカー ⇒ レスキュー・ウォリアーの順で自爆することで、2回の戦闘破壊という条件を満たしたデ・ザードが手元に。
 ●パターンB
《カオス・インフィニティ》発動。表示形式を変えつつ、機皇モンスターss。以下パターンAとほぼ同じ。こちらだとインヴォーカーを残すことができる。

こんな感じで考えたコンボはありました。
まだ上手く形になっていないのですが……。

また今回のピックアップでは《竜星の気脈》にちょっと注目でした。
あまり竜星を触ってないので感覚が掴めていないのですが、なんとなく4種類っていうのはいけそうな気がします。そこで発動してしまえば弾は揃ってる訳ですから、あとは取り返すだけですね。
必要枚数は多くなりそうですが、《アンデットワールド》状況下では名称指定が生きてきそうですし、なにより蘇生して役に立ちそうなテーマな気がします。

ひとまず今回はここまで。
次回はなんとなく頭に浮かんだけど、形にできていない残骸たちを残します。

あんにん堂
(2014.11.6)