【考察】DT世界のストーリー【星と屍】

ちょっと困った展開です。あんにん堂です。まとめている最中の発見で話をひっくり返すことになってしまいました。なのでちょっと短めですか今回も参ります。↓他のストーリー考察↓ストーリー考察【世界観】皆さんは「デュエリストセット Ver.ライトニングスター」「デュエ…

ちょっと困った展開です。
あんにん堂です。

まとめている最中の発見で
話をひっくり返すことになってしまいました。
なのでちょっと短めですか今回も参ります。


↓他のストーリー考察↓
ストーリー考察【世界観】



皆さんは
「デュエリストセット Ver.ライトニングスター」
「デュエリストセット Ver.ダークリターナー」
こちらを購入した際に入っている
ストックケースに書かれた碑文を覚えていますか?

碑文  Ver.ライトニングスター

「時は星座石の螺旋のように」
sophiaより生まれし者、sophiaへ還るべし。
されど、箍の外にあるものは然にあらず。
天命に抗い、希望の光は正しき資質とならん。

ターミナルガイドによると
《セイクリッド・ソンブレス》と《ヴェルズ・ケルキオン》の誕生を示唆する碑文だそうです。

続いて碑文 Ver.ダークリターナー

「世界の合言葉はモリ」
屍者と星者交わりて、星を滅っせんとす。
輪廻の輪は絶たれ、そは新たなる星の種となるべし。
而して宵闇は、正しき資質となりたもう。

「創星神」撃退後のストーリー。
屍者=《ヴェルズ・ケルキオン》と星者=《セイクリッド・ソンブレス》が
共闘して星=《創星神 sophia》を倒し
《創星神 sophia》の輪廻の輪を破壊した後は
この星の新たな生命の種となることを表している。

ということだそうです。
ケルキオンは宵闇の戦士と紹介されていますから
宵闇=ケルキオン、希望の光=ソンブレスでしょうな。
そして2人は新たな生命の種になった訳です。
ソンブレスが竜星、ケルキオンがシャドールのそれぞれの種になったと考えられます。

竜星についてはVジャンプの解説で

この星に宿る元素と、空に輝く星の力が、神と同等の力を持つ希望の光により具象化した存在

と書かれています。

竜星の具象化

具象化しているのはこちらのカードですね。
《セイクリッド・ソンブレス》が水から《水竜星-ビシキ》を生み出し
土からは《地竜星-ヘイカン》を生み出しています。

そしてケルキオンはこちら

影牢の呪縛

何者かが《星因士 ウヌク》を影の中に引きずり込もうとしているシーン。
イラスト左にはケルキオンの元の姿、《セイクリッド・ハワー》の杖が見えています。
またこの杖に巻きついている金色の蛇は他のカードにも見られます。

そして

イェシャドール・セフィラナーガ

こちらの《イェシャドール-セフィラナーガ》は非常にケルキオンに似た風貌をしています。
ステータスは《セイクリッド・ハワー》と同じです。
その手に杖はなく、彼自身に羽のついた2匹の蛇がまきついていることから
ヘルメスの持つ杖であるカドケウスそのものになったのではないでしょうか。

ヘルメスは神々の伝令であり、他にも死者、特に英雄の魂を冥界に導くことと
冥界から死者の魂を地上に呼び戻す役割も担っていました。

またWIKIには「イェシャドール」のネーミングは

「イェシャドール」とは、ヘブライ語で「神の救い」を表すイェシュア(yeshuah)+シャドールだろうか。

とだけ書かれています。
イェシュアはイエス・キリストを指す言葉でもありますので
この世界の救世主になりうる存在なのかもしれません。


最後にもう一度
ダークリターナーの碑文を掲載します。

「世界の合言葉はモリ」
屍者と星者交わりて、星を滅っせんとす。
輪廻の輪は絶たれ、そは新たなる星の種となるべし。
而して宵闇は、正しき資質となりたもう。

こちらの文章はもともと英語で書いてありました。
「世界の合言葉はモリ」の部分だけ原文に戻してみます。

ーThe Word for World Is TSEROFー

“ TSEROF ” は反対にすると “ FOREST ” 森になります。
《ナチュルの神星樹》は《ナチュルの森》にありましたし
モリがカタカナであったことから、死を意味するモリとも掛けてあると思います。
そしてDTで逆さまに読むものと言えばヴェルズ語。
森が逆さまになっていたことから
神星樹のセフィロトを逆さまにした存在、邪悪の樹も指すのかもしれません。


世界の合言葉は神の宿る”ナチュルの神星樹(あるいはインフェルノイド)”と”死=ヴェルズ” 


あんにん堂
(2015.2.24)