『LINK VRAINS PACK デュエリスト交流会』に参加してきました!

ななず「先日、滋賀県で開催された『LINK VRAINS PACK デュエリスト交流会』に参加してきました」アルケミ「へー」ことの初めは1週間前イザナ「『LINK VRAINS PACK デュエリスト交流会』ってイベントが滋賀であるんやけど一緒にいかへん?たまちゃん先輩といく予定なんやけど」ななず「その日曜はちょうど休みになったから行けるよ!たまちゃん先輩と会うの久しぶりだなー」ななず「って話があって、行ってくるんよ。ひきだしも行

LVP交流会

ななず「先日、滋賀県で開催された『LINK VRAINS PACK デュエリスト交流会』に参加してきました」
アルケミ「へー」

ことの初めは1週間前
イザナ「『LINK VRAINS PACK デュエリスト交流会』ってイベントが滋賀であるんやけど一緒にいかへん?たまちゃん先輩といく予定なんやけど」
ななず「その日曜はちょうど休みになったから行けるよ!たまちゃん先輩と会うの久しぶりだなー」

ななず「って話があって、行ってくるんよ。ひきだしも行かない?」
ひきだし「いや、仕事あるから…。てかこのイベント全国30箇所位でしか開かれないんか。販促イベントなのに大丈夫かこれ…」
ARIA「まじで。岡山とかやってないん!?」
ひきだしARIA先輩の家から近そうなのは、奈良ですね」
PIN「遠っ!」
ARIA「無理だよ!」
ななず「参加すると《沼地のドロゴン》とか入ってるプロモーションパックがもらえるみたいよ。…そういやドロゴンなんであんなに高いの」
PIN「知らんけど、未来融合の範囲広げたとかじゃね」
ななず「なるほど」

交流会004

当日26日12:00
イザナ「え、会場ここであってるはずで12時受付だったはずなんだけど誰もいないな」
ななず「会場って……デュエルスペース50席位しかないよ…」
たまちゃん「定員200名だったはず…」
イザナ「店員さんに聞いてきたけど、『KONAMIのスタッフが到着してから聞いてみてください』って言われた」
ななず「大丈夫かこのイベント」
イザナ「ちなみに11時に来た時も違う店員さんに同じ事を言われた」
たまちゃん「大丈夫なんこのイベント…」
ななず「店側が会場貸だけで概要を詳しく知らない可能性あるかも…。とりあえず、飯食いにいかね。腹減ったー」

12:40
ななず「あ、いるいる。20人くらい」
イザナ「良かった」

そしてKONAMIスタッフからルール説明。

・デュエル1回ごとにスタンプ1個(勝敗は関係無し)
・スタンプ3つごとにプロモーションパック1個もらえる。
・インストラクター(KONAMIスタッフ)とのデュエル中に『LINK VRAINS PACK』で登場したリンクモンスターのリンク召喚に成功すると、その場でプロモーションパックが1パックもらえる。
・デュエル終了したら手をあげてスタンプをもらい、その後じゃんけんをして負けたら席を立ち、スタッフに従って空いている席へ座り、正面の人とデュエル(これを繰り返し)。

交流会003

アルケミななずは何デッキを使ったの?」
ななず「メインで使ってたのは、召喚獣とマハード、エクゾディアが入った【魔導書】で、たぶんデュエルした人には《沈黙の魔術師ーサイレント・マジシャン》のイメージが強いと思う」
アルケミ「後でデッキレシピでもあげきましょうね」
ななず「対戦していただきました13名の皆様、本当にありがとうございました。楽しいデュエルばかりで良い1日を過ごさせていただきました!!」
アルケミ「あれ?スタンプ14個なのに13人なの?」
ななず「2回目と…確か5回目は同じ人と当たったんよ。印象深かったうちの一人だね!1度目は【聖騎士】2度目は【彼岸】を使ってたよ!」
PIN「大会ってあの独特の雰囲気苦手だわ」
ななず「あー、あの淡々と進めるみたいなテンション?」
ロクク「わかるわ」
ななず「今回やった人とは、ほぼ全員と闇のデュエルみたいなハイテンションでできたよ!」
ひきだし「これだから社交性ある人間は!!!」
アルケミ「他にはどんな人がいたの?」
ななず「えーと、ざっくりとデュエル展開も振り返りながら覚えてるのを箇条書きにしてみるよ」

・1回戦は【サブテラー】。京都によくいるって人で、俺のことをどこかで見たことあるって言ってた。俺はあんまり大会とか出てないから、たぶんショップですれ違ってるんだと思う。

・2回戦、後にまた当たる【聖騎士】の使い手。装備魔法4枚付きSランスロットとサイマジが攻撃力を上から被せ合う、「いつの時代だよ」っていう戦闘を繰り返しました。最後はライフ100に追い詰められた所でマハードをシャイニングドローし、奇跡の逆転。聖騎士の効果を全然覚えてない俺に丁寧に解説してくれた優しい方でした。
ななず「攻撃!サイレント・マジシャンの攻撃力は3500!ドン☆!」
相手「だがしかし、《天命の聖剣》によってターン中1度だけ戦闘では破壊されない!(これをこのデュエル中、戦闘の度に言ってくれるノリの良さ)」
ななず「だがしかし!戦闘ダメー………」
相手「だが、切れ味は受ける!ぐああ!」

・ここからは何戦目かは覚えてないんだけど【真紅眼】を使う2人とあたりました。どちらの方も鮮やかにデッキを回し、俺は瞬殺!

・「1年ぶりに再開したんですよ」とおっしゃった、おそらく遊星を意識した【シンクロン】の使い手。
相手「リンク召喚!《ヴァレルロード・ドラゴン》!」
ななず「なん………だと…………!?」
その後はヴァレルロードで広がったリンクを使って《ニトロ・ウォリアー》などが登場し、熱いデュエルを繰り広げました。

・【インフェルノイド】を使う小学生の男の子。勿体なくもこちらが事故ってしまい、後攻ワンキルを食らいました。
ななず「バテル召喚!…これ以上動けそうにないな」
相手「え!もう終わり?」
男の子の隣で【月光】を使ってた方「バテルやばいよ!攻撃力めっちゃあがるからね~」
相手「本当!?1000ポイントくらい?」
ななず「1000倍くらい上がるぜ!」

アルケミ「何言ってんのよアンタは…」
ななず「ちなみに隣の【月光】の方は【HERO】と戦ってた」
アルケミ「融合次元ね・・・ってどうでもいいからそれは」

交流会005

ななず「ターンエンド!」
相手&隣の方「伏せ無し!!!!?」
相手「じゃ、芝刈りで!」
ななず「あっ、はい。……………………ククク、自らデッキをそんなに減らしていったい何をしようと言うんだ。そんなことをしても自分の敗けが近づくだけだぞ?」
相手「それはどうかな!」
ななず「何!?(煽りにノッて来てくれて嬉しい)」
相手「ゴードン発動!10枚除外して2枚ドロー」
ななず「また自分のデッキを…。だがこちらには攻撃力500のバテル、そう易々と突破はできま…」
相手「デカトロン召喚!」
ななず「そんな攻撃力じゃ俺のバテルと相討ちが関の山だぜ」
相手「それはどうかな!」
ななず「何!?(楽しくなってきている)」
相手「ベルゼブルの効果をコピーしてバテルをバウンス!」
ななず「しかしデカトロンごときじゃ俺を倒せないぜ!」
相手「それはどうかな!」
ななず「何!?(『それはどうかな』って言わせたい)」
相手「ベルゼブルを蘇生して《ドリトル・キメラ》をリンク召喚!」
ななず「おいおい、そんな猫ちゃん怖くないぜ!」
相手「それはどうかな!(この辺りからスゲー楽しそうに言ってくれる)」
ななず「何!?(完全に楽しい)」
相手「リンク先にヴァエルとネヘモス!バトルフェイズ!」
ななず「おいおい、よく見るんだその3体の攻撃力の合計は俺のライフには届かないぜ!」
相手「それはどうかな!」
ななず「何!?」
相手「《ドリトル・キメラ》の効果で炎属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップしている!!」
ななず「何い!?お、俺の敗けだあああ!」

アルケミ「何やってんのよアンタは」
ななず「楽しかった」
アルケミ「ただ、貴方、あれよね。褒めるわけでも貶すわけでもないけど、子供と遊ぶの得意よね」
ななず「学童保育のボランティアをよくやってたからね!子供と遊ぶときのテンションは掴んでるよ!」
アルケミ「ふーん」

・で、【彼岸】デッキ、つまり【聖騎士】の人と再戦!この時は俺は《フォトン・ワイバーン》を主軸にしたデッキを使ってたから裏守備にするカードが多く入ってて、彼岸的には厄介なデッキだったんだけど、《闇の護封剣》や砂塵のバリアなんかで固定してたのを儀式の生け贄にされて完敗。ワイバーン出す暇すらなかった。
相手「黒ダンテをエクシーズ!効果を発動してエンド!」
ななず「俺のターン、ドロー!《妖精伝姫カグヤ》召喚!効果でカグヤをサーチ!」
相手「効果を発動する?俺がダンテ2枚目を入れてるかも知れないよ!」
ななず「いや、最近エクストラはリンクの誕生で圧迫されている。2枚は、ないはず!」
相手「いや、制限なんだけどね」
ななず「はっ!そういえば!そうだった!」
相手「いやしかし俺が制限を守ってない可能性もある!」
ななず「………確かに!!!!…これは、ヤバい」

PIN「守れよ!wそして守ってないことを考慮するなよ!w」
ななず「いやー、面白い人だった」

・【ドラグニティ】の人とは手札誘発の話で盛り上がったね。ドラグニティがいかに手札誘発に弱いかで!
アルケミ「全部引っ掛かるものね」
ななず「うらら、うさぎ、ドロバ」
アルケミ「クロウ、G、ヴェーラー…切ないわね」
ななず「ちなみに!ドラグニティのソリティアは私よりも何枚も上手でした。もちろん完敗!《BF-隠れ蓑のスチーム》を使ってたのが印象的だったね」

・海馬のスリーブで【メタルフォーゼ】を使う方。スリーブの話で盛り上がりました。
相手「毎回聞かれるので先に答えますが、海馬デッキじゃないです!ちなみに、遊戯のスリーブですが、遊戯デッキですか?」
ななず「比較的、そうです!」
相手「じゃんけんぽん。どうぞ」
ななず「じゃあ先行で!俺のターン………………………………アレイスターを召喚します」
相手「」
ななず「なんかすみません」

・で、【シンクロン】デッキのヴァレルロード使いの方。
アルケミ「字面が矛盾を抱えてるわね」
ななず「ニトロウォリアーが強かった…………!」


ななず「今、記事書きながら思い出せるのはこんな感じかな」
アルケミ「楽しそうな1日だったわね。で、どうだったの?」
ななず「何が?」
アルケミ「プロモーションパック。ドロゴンは?」
ななず「忘れてた!!!開封します」

交流会001

交流会002

ななず「やったー!!!ドロゴンでたー!…………」
アルケミ「何よ」
ななず「で、こいつって何に使えてこんなに強いわけ?未来融合?」
アルケミ「いや、未来融合もだけど…………《超融合》よ」
ななず「なるほど!!!!!!!」