いよいよ来日【BurningAbyss】‼︎………ところでどんなデッキなの?(◎_◎;)?

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。

さて皆様、いよいよ9月にエクストラパック(海外先行販売カードを収録したパック)が来ますね( ̄▽ ̄)b

中でも目玉はやはり【BurningAbyss】バーニングアビス(仮)でしょう。
めちゃくちゃ強いらしいですか…

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。


さて皆様、いよいよ9月にエクストラパック(海外先行販売カードを収録したパック)が来ますね( ̄▽ ̄)b

中でも目玉はやはり【BurningAbyss】バーニングアビス(仮)でしょう。
めちゃくちゃ強いらしいですからねぇ〜、私も組む予定です!


…ところでどんなデッキかって、ご存知ですか?
海外版のカードを見てない方は、案外知らないってこともあるんじゃないでしょうか?
そこで今回は、そんなめちゃくちゃ強いらしいデッキがいきなりやってくる9月に向けて、今のうちからBurningAbyss(以下:BA)について知っておきたい基本情報をお伝えしたいと思います(^O^)/


9月になったらいきなり…
「なんかよく分からんギャ◯リングみたいなデッキにボコボコにされた(T . T)もう遊戯王は辞める‼︎」
なんてことにならないために、予習をしておきましょう(笑)

すでにBAをご存知の方々には退屈な記事かとおもいます。知らない方も多いと思いますのでご理解くださいm(_ _)m




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



吾輩はBurningAbyssである、日本名はまだない…

image



元ネタはイタリアの叙事詩、ダンテの『神曲』です。
簡単なあらすじは、ダンテという男が地獄や煉獄を旅し、最終的に天国へたどり着くといった内容です(ー ー
詳しく知りたい方はググって下さい👍

主人公のダンテは遊戯王カードになっても主人公らしく欠かせない存在です。エクシーズモンスターなのですが、BAを動かす上で、非常に便利な効果を持っています。↓↓↓
image


BAでは3枚投入が基本な上、海外版のこのカードは新品のゲームソフト1本分くらいの価格なため、海外のカードを買って組むのは、かなりの出費になってしまいます(-。-; …9月まで待とうね👍
…ちなみにもしBAを全て海外版で買い揃えるとなると、ゲーム機本体とソフト3本(ダンテ3枚)が買えます(笑)

メインデッキのモンスターは詩の中に登場する、『マレブランケ』という12人の悪魔達です。その中のリーダー的存在であるマラコーダは儀式モンスターなのですが、あとの11人は下級モンスターで、全てレベル3・闇属性・悪魔族で統一されていて、共通の効果を持っています。


下級BAの効果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)自分の場にBA以外のモンスターが存在する場合破壊される永続効果。
(2)自分の場に魔法・罠が無ければ手札から特殊召喚できる起動効果。
(3)墓地に送られた場合発動できる、それぞれ固有の誘発効果。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2)を見て…Σ(゚д゚lll)ん⁉︎…ってなった方も多いんじゃないでしょうか(笑)
そうです、自分の場に魔法・罠が無ければ、手札のBAは好きなだけ特殊召喚できます‼︎(同名は不可)

ただし、(2)と(3)の効果は1ターンにいずれか1つだけ使用可能ですので、手札から特殊召喚したBAの(3)の効果はターン中には発動しません(・_・;ホッ…


…にしても、実質全てのモンスターが無制限に特殊召喚できるのが弱いわけもなく、BAの強さを物語っている効果です。

なお、先ほど紹介した主人公ダンテは、ランク3のエクシーズモンスターなんですよ…出しやすっ!
ちなみに詳細は以下の通り↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/戦士族/攻1000/守2500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のこのカード以外の「Burning Abyss」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《カードガンナー》のような効果ですが、《カードガンナー》の弱い部分を補いつつ、エクストラデッキから出したい時に出せるのが非常に便利ですね。

(1)の効果はランダムとはいえ、墓地に送ってナンボのBAを、ドカドカ落とせます。
さらに、攻撃力は実質2500となり十分戦闘要員となりえますね。
さらに(2)の効果により、《カードガンナー》のように相手ターンで低攻撃力をさらすこともなく、逆に高い守備力で壁となります。
極め付けは(3)の効果で、1枚分のリカバリーが出来ます。自身は回収できずとも、別のダンテは回収できるため、基本的にダンテを使い切ることはありません。(除外とかされればサヨナラ〜)

下級モンスターが、全て特殊召喚可能ですので、BAではこのダンテを何度も出し、墓地肥やしとそのアドバンテージで相手を圧倒するのが基本戦術です。


ちなみに下級モンスターは全11種類ですが、全てを紹介できないので、特にアドバンテージを稼げる3体を紹介します。




image

《Graff, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、デッキから同名以外のBA1体特殊召喚。

はい、これ頭おかしいです(°_°)
墓地に送るだけで好きなやつを呼べます。
デスガイドでリクルートし、ダンテを作ってコストでgraffを落とせば、ダンテの効果ついでに1体モンスターが増えるんですよ(ー ー;)




image

《Cir, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、墓地の同名以外のBA1体特殊召喚。

……さっきと、ほぼ同じですね(o_o)
終盤、デッキに残ったBAが少なくなった場面では、graffより有効に働きます。

graffとcirはBAの中でも特殊召喚を担う最重要モンスターだと言えると思います(・ω・)ノ



image

《Scarm, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、エンドフェイズに同名以外の闇属性・悪魔族・レベル3を1体デッキからサーチ。

サーチにタイムラグがありますが、なによりこいつはBAだけじゃなくデスガイドをサーチできるところがえげつないですよ(゚O゚)


以上の3体は、どれも非常に強力な効果を持っていますが、この他にも様々な便利効果を持ったBAがあと8体もいるんです。
名前と効果だけザザッと紹介しまーす(^O^)/


名前:墓地に送られた場合の効果

Alich:場のモンスター1体、ターン中効果無効
Barbar:墓地のBAカード3枚まで除外、カード×300ダメージ
Cagna:BA魔法・罠1枚デッキから墓地へ送る
Calcab:場のセット魔法・罠1枚バウンス
Draghig:デッキからBAカード1枚デッキトップへ
Farfa:場のモンスター1体、エンドフェイズまで除外
Libic:手札から闇・悪魔・レベル3モンスター1体特殊召喚(効果無効)
Rubic:チューナー(BAシンクロのみ)


…とまぁ色々います( ̄▽ ̄)
イラストの雰囲気がよく似ていますので、対戦する場合はしっかりと見分けられるようにしましょう!


さて、上記の下級モンスターの一番下にチューナーがいましたね?
そうです、BAはシンクロもします!
それだけではなく、先ほどサラッと言いましたが、儀式モンスターもおり、さらに先日融合モンスターも登場しました(^_^;)
悪魔族で様々な召喚方法を操りデッキが高額とは、まさに【DDD】のようですね!

基本的にはエクシーズとシンクロを軸に構築するタイプが一番安定するようで、融合・儀式も搭載するとなると少々かさばりすぎて事故りやすくなるようです。




image

シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2500/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「Virgil, Rock Star of the Burning Abyss」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「Virgil, Rock Star of the Burning Abyss」は
自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、手札から「Burning Abyss」カード1枚を捨て、相手のフィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらがシンクロモンスターです。
1:1のデッキバウンス除去という、最高の除去効果を持っていまーす( ̄Д ̄)ノわーこわーい

1:1と言いましたが、コストにするBAの効果でアドバンテージをとれれば、実質ノーコストじゃないですか(笑)ダメだねこりゃぁ…




さぁ、ここまでBurningAbyssの強さを語らせていただきましたが、簡単にまとめると…

【BurningAbyss】はコストにしても効果が発動するシャドールのような下級モンスターと、セルフで大量に墓地肥やしができるエクシーズモンスター、万能除去を持ったシンクロモンスターを中心にしたデッキです。
共通効果により、他にはない安定性を誇り、少々の除去を受けたりコストを払っても、アドバンテージを失わない(むしろ得る)という強みがあります。

一応、サンプルレシピを載せておきます。
もちろん全部入れたお楽しみデッキです(^-^)↓↓↓
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=218059

一応対策としては、墓地封じでしょうね(ー ー;)
ダークロウやマクロコスモスを張れば、かなり動き辛くなりそうではあります…
ですが実質、それくらいしか対策が打てないということでもあります。
だから海外で結果を残せているんでしょうね-_-b


日本でも結果を出せるかどうか楽しみですね。


私は、フリーデュエルで避けられないか不安です…(影霊衣の二の舞)



ではまた(^O^)/