なにあの【PSYフレーム】とかいう本気パーミッションデッキ( ̄O ̄;)

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m

さてさて、世間的にはハイスピードライダーズに注目が集まっていますね〜
私は全く触れておりませんが、周りの仲間が3種類のデッキを作成したようなので対戦してみました!

今回ハイスピードライダー…

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m


さてさて、世間的にはハイスピードライダーズに注目が集まっていますね〜
私は全く触れておりませんが、周りの仲間が3種類のデッキを作成したようなので対戦してみました!


今回ハイスピードライダーズで登場・強化されたデッキは…

・アニメARC-Vのユーゴが使う【SR(スピードロイド)】
・同じくARC-Vで登場し強化されたジャックアトラスの【リゾネーター】
・そして遊戯王OCGオリジナルテーマの【PSYフレーム】
image

以上の3種類なのですが…



驚くべきことが起きました!



なんと、前評判の【SR】と【リゾネーター】を置き去りにする勢いで、異彩を放っていたのが【PSYフレーム】でした…( ̄O ̄;)

まぁジャック・ユーゴは、そこそこではありましたが…


image



PSYフレームの第一印象は、

シンクロ版【アーティファクト】

といった所でしょうか、まだ慣れてないのもありますが、こちらのしたいことを次々邪魔されて、非常に不愉快でした(笑)
今までのデッキとは、根本的に戦い方が変わっていました、自分のターンはほとんど動きませんし…


ここで、まだよくご存じない方のために、軽く動きを説明しますと、

PSYフレームにはPSYフレームギア・◯◯という名のチューナーが複数存在し、それらは通常召喚できないかわりに、自分の場にモンスターが存在しない場合に、それぞれが対応する相手の行動に反応して、手札から特殊召喚されます。

PSYフレームギアには、召喚・特殊召喚に反応するものを始め、魔法・罠・モンスター効果・攻撃と、相手の行動のほぼ全てに対応できるよう揃っています。
image

※画像は召喚・特殊召喚に反応する”α”

反応して特殊召喚されるだけならまだしも、α以外のPSYフレームギアは反応した効果を無効にし破壊してきます…(ー ー;)

つまりPSYフレームは、破壊もでき、それぞれが魔法・罠・攻撃にも対応し、さらには場にまで出てくる《エフェクト・ヴェーラー》で、デッキ構築をされているようなものです…


さらにさらに、PSYフレームギアは自身を特殊召喚するついでに、除外ゾーン以外のあらゆる場所から《PSYフレーム・ドライバー》を一緒に特殊召喚します!
image


このカード自体は通常モンスターなのですが、PSYフレームギアがチューナーですので、これだけでシンクロ召喚の準備ができてしまうわけです( ̄◇ ̄;)


…ここまでの話だけでも、十分性能の高さはお伝えできたと思いますが、PSYフレームにはまだ便利機能が備わっています……

専用のフィールド魔法が貼ってあれば、その効果により、PSYフレームが特殊召喚された瞬間に、場のPSYフレームを素材にシンクロ召喚できてしまうのです。

相手ターンにブラックローズとか言えちゃいますT_T


そして、PSYフレームの専用シンクロモンスターこそが、私を絶望の淵に陥れた、とんでもない効果を持つモンスターだったのです!(◎_◎;)




……ここから先は、皆様の目でご確認下さい……



とにかく【PSYフレーム】は、並のデッキでは手も足も出ないかなりの強者だということがわかりました。
まだ構築も固まっていませんし、今後さらに強くなる可能性も秘めています…

ですが今後、対策なども色々見つかるかと思いますので、しばらくはPSYフレームをどうやって倒すかを考えていこうとおもいます(笑)


ではまた(・Д・)ノ