【クロシープは可能性の獣】リンク+α構成のデッキ全てにワンチャンある性能!簡易融合が旧神ノーデン化するの凄い!

『イグニッション・アサルト』に収録された有能リンク2モンスター《クロシープ》に注目。 素材・マーカー共に扱いやすいリンク2モンスターでありながら、参照するモンスターの種類によって効果が変化する面白強い効果を内蔵している隙 […]

『イグニッション・アサルト』に収録された有能リンク2モンスター《クロシープ》に注目。

素材・マーカー共に扱いやすいリンク2モンスターでありながら、参照するモンスターの種類によって効果が変化する面白強い効果を内蔵している隙の無い一枚。

儀式・融合・シンクロ・エクシーズ…異なる4つの効果を巧みに操っちゃおう(提案)。

クロシープ

《クロシープ》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻 700
【リンクマーカー:左下/右下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

収録:【イグニッション・アサルト】

マーカー優秀・素材指定緩め・効果良し、全てが高水準のリンク2の新たな選択肢。

リンク先に特殊召喚されたモンスターの種類によって誘発する効果は個性的で、何となくそれぞれの召喚方法に適した効果が割り振られているのが特徴的です。

以下、それぞれの効果について解説していきます。

トリガーは該当モンスターに限らない・複数参照する事も出来る


▲特殊召喚のトリガー自体は何でもOK

リンク先のモンスターの種類を参照する効果ではありますが、誘発させる為の特殊召喚に対しては、モンスターの種類を問われてはいません。

例:リンクマーカー先にあらかじめ融合モンスターが存在する状況で、リンクマーカー先にリンクモンスターを特殊召喚したとしても、リンクモンスターでトリガーを引いて、融合モンスターを参照する事が出来ます。

更にこのワンクッション戦法を応用する事で、同時に複数の効果を適用する事も可能になります。

例:リンクマーカー先にあらかじめシンクロモンスターが存在する状況で、リンクマーカー先にエクシーズモンスターを特殊召喚した場合。シンクロ参照で自分全体攻撃力700UP・エクシーズ参照で相手全体攻撃力700ダウンの両方を適用する事が出来ます。

効果自体は名称ターン1ですが、同時に適用する効果に制限はない為、最大2種類の効果を同時適用する事が出来る訳ですね。

儀式モンスターの場合

2ドローからの2枚捨て効果は、常に手札事故が課題になる儀式デッキと相性抜群!

儀式魔法を捨てて《儀式の準備》で回収したり、墓地効果を持つカードを捨てて活用したり、デッキの構成次第で純粋な手札交換に止まらないのも魅力的ですね。

特定の儀式デッキだと、《竜妃神サフィラ》を使ったデッキで光属性を能動的に墓地に落とす手段として使えそうかな?と思ったり思わなかったり(ヴェーラーだけだと自ターンが難しいので)。

リンクマーカーへの依存性が薄い分、他の3つよりも効果が強く設定されている印象です。

融合モンスターの場合

アドバンテージを稼いでる時点で間違いなく強い!

融合モンスター自体は《簡易融合》で簡単に参照する事が出来ますし、これは相当相性が良いと思います。

融合している時点で必然的に墓地にモンスターは落ちていますし、対象不在で腐るって事も考え辛いですよね。

この効果が通った時点でリンク2~4確定ですし、エクシーズやシンクロとの相性もいいですよね…。

《簡易融合》《テセウスの魔棲物》を出したら6~9シンクロが視野に入ります。

シンクロモンスターの場合


▲レベル2以下を並べてコンボも狙える

儀式・融合と比較すると少し地味に見えるかもしれませんが、700の全体強化は侮れない上に効果は永続です。

シンクロモンスター以外も強化する効果なので、シンクロを起点にしてワンキル力を高める装置として運用するのも恐らくありです。

ただし《クロシープ》自身の攻撃力は貧弱なので、返しターンでのサポートは必須でしょうね。

シンクロ+横に並べるギミックで破壊力を最大化していきたい所です。

エクシーズモンスターの場合

エクシーズはシンクロの逆。効果の強弱自体は状況依存ですが、こちらも結構侮れない性能です。

シンクロとの最大の違いは、分かり易くシナジーするモンスターの有無ではないでしょうか?

とりあえず《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》なら自分・相手のターンの往復で2体破壊しながら2枚ドローできるっていう…素晴らしさ!

エクシーズって結構ステータスを参照する効果が多い気がするので、そういった部分を意識して設計された効果なのかもしれませんね…。

とりあえず選択肢に上がってくる有能さだと思います

個人的に滅茶苦茶有能なカードだと思ってるんですけど、皆さんの評価は如何でしょうか?

特に、《簡易融合》を採用しているデッキとの相性は、効果の強さ・手軽さのどちらをとっても相当なものだと思うんですよね…。

素材指定もトークンを使用できる緩さですし、本当にノーマルなのか疑わしいレベルの逸材な気がします。

結果的に抜けていくカードかも知れませんが、色んなデッキでお試ししたい一枚ではないでしょうか?