【星杯ストーリー考察・解説】創星改帰からの星鍵誕生!第八の星遺物の出現【星遺物を巡る戦いの歴史-第十幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星遺物』を取り巻く様々なカードに散りばめられたヒントを元に、管理人なりの【星杯ストーリー考察】を語り、まとめ、綴っていく為の記事となります。 あくまで「管理人 […]


「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。

本記事は、『星杯』『星遺物』を取り巻く様々なカードに散りばめられたヒントを元に、管理人なりの【星杯ストーリー考察】を語り、まとめ、綴っていく為の記事となります。

あくまで「管理人なり」という部分を念頭に置き、肩の力を抜いてお楽しみいただけると幸いです。

第一幕「星杯」 第二幕「星鎧」 第三幕「星盾」 第四幕「星槍」
第五幕「星冠」 第六幕「星杖」 第七幕「星櫃」 第八幕「星神器」
第九幕「a-vida」 第十幕「星鍵」 外伝「イヴ」

《創星改帰》による「星鍵」の誕生

星遺物「星鍵」
 
  • a-vidaが星遺物となった形
  • アストラムの意志や人々の想いが創星神の打ち勝った結果なのかも?
  • 8つ目の星遺物というイレギュラーな存在
《アストラム》 《創星神A-Vida》
  • 星遺物の選託によってアストラムが選択した形
  • 第三の創星神の意志は未だ見えない

a-vida(アヴィダ)覚醒から続く物語

《創星神a-vida》覚醒から続く物語。この星の物語の終幕は近い。

ep38.《創星改帰》

遊戯王 創星改帰 ( レア ) カオス・インパクト ( CHIM ) | 星遺物 通常罠 レア

  • a-vidaが星鍵に生まれ変わるシーン?
    本来存在しないはずの8つ目の「星遺物」の誕生。「a-vida」となったアストラムが大いなる力に打ち勝った結果とでもいうべきなのでしょうか?大きな力の流れを感じるイラストですが、どことなく優しさに満ちているような雰囲気を感じます。

ep39.《星遺物の導く光》

遊戯王 CHIM-JP061 星遺物の導く先 (日本語版 ノーマル) カオス・インパクト

  • イヴの下へと注がれる優しい光
    イヴとイムドゥークの下へと注がれる優しき光。自らの命を賭して「星遺物」となった青年は、かつての仲間の下へと帰る。バットエンドと捉えるかどうかは人それぞれですが、どことなく未来を感じるシーンではあります。
    余談ではありますが、劇ナデのラストを思い出しました。「大切な人だから…」「帰ってきますよ…」「帰ってこなければ追いかけるまでです…」。

これで終幕なのか否か?

終幕っぽいイラストと効果ですが、第8の「星遺物」を新たな始まりと捉える事も出来ます。

いなくなった人たちを取り戻す…そんな展開もあるかもしれない…。

第一幕「星杯」 第二幕「星鎧」 第三幕「星盾」 第四幕「星槍」
第五幕「星冠」 第六幕「星杖」 第七幕「星櫃」 第八幕「星神器」
第九幕「a-vida」 第十幕「星鍵」 外伝「イヴ」