【ドラゴンリンクの影響で注目度上昇・価格高騰傾向にあるカード】カーボネドン,終焉龍 カオス・エンペラー等

【ドラゴンリンク】の影響で注目度が上がっているカードをまとめてみました。 需要が上がった理由・用途・高騰理由まで、多角的に注目カードをご紹介していきます。 ドラゴンリンクの影響で注目度上昇中のカード カーボネドン 《カー […]

【ドラゴンリンク】の影響で注目度が上がっているカードをまとめてみました。

需要が上がった理由・用途・高騰理由まで、多角的に注目カードをご紹介していきます。

ドラゴンリンクの影響で注目度上昇中のカード

カーボネドン

《カーボネドン/Carboneddon》 

効果モンスター
星3/地属性/恐竜族/攻 800/守 600
「カーボネドン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが炎属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ1000アップする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

《魂喰らいオヴィラプター》で墓地へ

《星杯の神子イヴ》へのアクセスルートとして使用されている一枚。

《魂喰らいオヴィラプター》で墓地に送り、《カーボネドン》の効果でレベル1チューナー(ガフレ等)をリクルするとレベル5シンクロが成立します。

元々強力なカードが環境デッキの影響で跳ねた感じです。

終焉龍 カオス・エンペラー

《終焉龍 カオス・エンペラー》

特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1000LPを払い、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを破壊し、そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。「終焉龍 カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを選んで墓地へ送る。
その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える。(2):特殊召喚した表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合にデッキの一番下に戻る。

 

《エクリプスワイバーン》のサーチ先、その①

《エクリプス・ワイバーン》でサーチ⇒《カオス・エンペラー》P効果で《エクリプス・ワイバーン》回収という強力ムーブを生み出す一枚。

EXデッキに送られても自力で展開できる所が強力です。

ピン採用のカードではありますが、入手方法が応募者全員サービスパックオンリーなので中々に貴重です。

ガード・オブ・フレムベル

《ガード・オブ・フレムベル/Flamvell Guard》 

チューナー・通常モンスター
星1/炎属性/ドラゴン族/攻 100/守2000
炎を自在に操る事ができる、フレムベルの護衛戦士。灼熱のバリアを作り出して敵の攻撃を跳ね返す。

 

《カーボネドン》からリクルートする用

《カーボネドン》から特殊召喚する用の一枚。

《ドラゴネット》展開だとレベル2チューナーですが、《オヴィラプター》展開だとレベル1チューナーが重要になるって事ですな。

ドラグニティナイト-ロムルス

《ドラグニティナイト-ロムルス》 

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。
手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

 

《竜の渓谷》をサーチ出来る!

《竜の渓谷》をサーチ出来るだけでシンプルに強い!

ドラゴン族or鳥獣族SS効果も噛み合うと凄く便利です。

えん魔竜レッド・デーモン・アビス

《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス/Hot Red Dragon Archfiend Abyss》 

シンクロ・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・アビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

《アガーペイン》から出て来る制圧装置

アビスが簡単に出て来るんだからそらアカンわ…(今更)。

フィールド外で発動するモンスター効果には意外と無力だったりします。

星杯の神子イヴ

《星杯の神子イヴ/Ib the World Chalice Justiciar》 

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

《星遺物の守護竜》をサーチする装置

《オヴィラプター》から展開して《星遺物の守護竜》をサーチするまでの定番ルート。

《ドラコネット》⇒《ユスティア》ルートでもOK。

アドを稼ぐ・シンクロチューナー等々、あらゆる点が危険水準な一枚です。

星遺物の守護竜

《星遺物の守護竜/World Legacy Guardragon》 

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

 

「星遺物」カードに展開力を持たせるとこうなる

汎用シンクロでサーチ出来るカードに展開力を持たせたらこうなるの図。

蘇生&位置ズラし内蔵って冷静に考えてやり過ぎです。

《星杯の神子イヴ》でサーチしましょう。

応戦するG

《応戦するG/Retaliating “C”》 

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

 

「ドラゴンリンク」メタとして注目を集める

特殊召喚する効果を含む魔法カードだらけなのでうち所がとにかく多い!

③効果で《増殖するG》にアクセスできる点も強力。

セイファートが来たらどうなってしまうのか…

現時点でも相当強いのに…ここに「セイファート」が追加されたらどうなるんだろう…(白目)。

先手ハンデス完遂ムーブはまだ受けた事がありませんが、あれを安定してやられるなら相当神経を使う事になりそうですね。

……怖い怖い(;^ω^)