【逢魔ノ妖刀-不知火 効果考察】除外された《馬頭鬼》を特殊召喚できるじゃないですか!

遊戯王OCG公式ツイッターにて、10月13日発売『サベージ・ストライク』収録の新カード情報が公開されました。 待望の「妖刀-不知火」モンスター《逢魔ノ妖刀-不知火》の公開に湧き上がるアンデ界隈。 …管理人は出かけていたの […]

遊戯王OCG公式ツイッターにて、10月13日発売『サベージ・ストライク』収録の新カード情報が公開されました。

待望の「妖刀-不知火」モンスター《逢魔ノ妖刀-不知火》の公開に湧き上がるアンデ界隈。

…管理人は出かけていたので出遅れました…(なんたる不覚…)

逢魔ノ妖刀-不知火

《逢魔ノ妖刀-不知火》
チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 800/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、「逢魔ノ妖刀-不知火」以外の除外されている自分のモンスターの中から「不知火」モンスターを含むアンデット族モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

注目ポイント
  • 《不知火の武部》《不知火の隠者》でリクルート可能
  • 除外されたモンスターを2体(必ず2体)特殊召喚する効果
  • 内1体は「不知火」モンスターでなくてはならない(もう一体はアンデット族なら何でもOK)
  • 発動後はアンデット族しか特殊召喚不可能になる

《不知火の武部(もののべ)》でリクルート可能!

《不知火の武部》
効果モンスター
星4/炎属性/アンデット族/攻1500/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキから「妖刀-不知火」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。

 

「妖刀-不知火」モンスターなので《不知火の武部》でリクルート可能です。しかし、この効果でリクルートした場合、その後の展開全てにアンデット族縛りの制約が課せられます。

《逢魔の妖刀-不知火》も同じく発動後制約なのを考えると、ここでその制約を切ってしまうのは多少勿体なくも感じますね。

まぁ、《武部》を展開に絡めようと付いて回る制約ですし、ここはうまく付き合って行くしかありません。

※勿論《不知火の隠者》で《逢魔の妖刀》をリクルートする事も出来ます。

「不知火」モンスターを含むアンデット族2体なので《馬頭鬼》等も特殊召喚可能!

遊戯王OCG 馬頭鬼 パラレル仕様 20AP-JP041-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]

「除外されている自分のモンスターの中から「不知火」モンスターを含むアンデット族モンスター2体を対象として発動できる。」

要するに内一体は《馬頭鬼》や《シノビネクロ》でもOKって事です。二体特殊召喚しながら《馬頭鬼》を帰還できるって素晴らし過ぎます。

テーマ内(不知火)で考えるなら、効果自体は強いけど流れに組み込むことが難しかった《鍛師》とチューナーを特殊召喚して「不知火」カードサーチに繋げるなんて動きも素敵だと思います。

《妖刀-不知火》の効果を強く意識した効果!

遊戯王OCG 妖刀-不知火 シークレットレア BOSH-JP031-SE 遊戯王アーク・ファイブ [ブレイカーズ・オブ・シャドウ]

《妖刀-不知火》の効果を使うと、必然的に《逢魔ノ妖刀-不知火》の発動条件が整うの素晴らしいッ!

《妖刀-不知火》は《陰者》を除外して疑似シンクロする事が多いモンスターですが、《陰者》以外でも《逢魔の妖刀-不知火》で二の太刀を準備出来るのは良いですね。

勿論、《陰者》を絡めた動きを取りつつ更に上を目指す事も可能なので、墓地・除外状況を見ながらルート模索する事が大事になりそうです。

《封印の黄金櫃》が規制された理由はここにもあった!

遊戯王カード MB01-JP023 封印の黄金櫃 ミレニアムレア 遊戯王アーク・ファイブ [MILLENNIUM BOX GOLD EDITION]

【サンダードラゴン】や【征竜】を意識して規制されたと言われていた《封印の黄金櫃》ですが、このカード(逢魔ノ妖刀)を見ると【不知火】にも理由の一端がある気がしますね。

仮に《封印の黄金櫃》が無制限だった場合、《逢魔ノ妖刀-不知火》を構造化するのはかなり簡単だったはずなので…。

ヴェンデットとの相性がとても良さそう

遊戯王カード リヴェンデット・ボーン エクストラパック 2018(EP18) | ヴェンデット 儀式魔法 ノーマル

墓地のアンデット族をゴリゴリ除外出来る【ヴェンデット】との相性は凄く良さそうです。

まぁでも…わざわざデッキスロット割いて構造化する価値があるかどうかは要検討って所でしょうか?

芝刈り型とかだったら絡めて宇宙開拓できそうな気はするけど…(うーん)。

管理人の脳内シミュレーション

《封印の黄金櫃》を絡めれば初手の構造にも組み込めない事は無いでしょうけど、あいにくあちらは制限カード。それを除いた初動構造を少しばかり考えて行きます。

なお、ここに書いている事は仮定の話。現在存在しないカードを含んでいるのでサラッと読み流してくれて結構です。

除外された「不知火」モンスターを含むアンデット族モンスター2体という条件を満たしつつ、フィールドに《逢魔ノ妖刀-不知火》を展開するという事で、召喚権は《不知火の武部》、除外装置として《伝承の陣》を搦めるプランで行きます。

  • 《伝承の陣》発動
  • 《武部》召喚⇒効果発動⇒《逢魔ノ妖刀-不知火》特殊召喚
  • 《伝承の陣》で《武部》を除外してデッキから《シノビネクロ》を落とす
  • 《武部》効果でルーター効果(墓地に馬頭鬼を落とせれば宇宙)
  • ここから先がまだ見えない※

 

※ここからは仮定の話なんですが、前回雷族シナジーを意識した形で《光の精霊ディアーナ》がOCG化されましたが、この流れで「闇の精霊」がアンデット族でOCG化されるって妄想をしてみます。もしそうなら、上の流れに組み込むことで《シノビネクロ》を除外して先に繋げる事が可能です。

今回はとりあえず《武部》を初動に考えてみましたが、《武部》の制約を考えると《不知火の隠者》で《逢魔ノ妖刀》に繋ぎたい(これを展開の最後に持ってきて制約を無視する)のが本音です。

それを可能にするには、手札に《馬頭鬼》《死者蘇生》《ソウルチャージ》の類が都合よく存在してようやくって所だと思います。やっぱり1枚で2枚特殊召喚可能なカードだけあって厳密な調整を感じますね。

具体的なプランはこれ以上ありませんが、墓地肥やしの為にフィールドのアンデット族モンスターを除外する必要があった《不知火流-伝承の陣》が多少使いやすくなったような…?

切り返し札としては最高の一枚!

初動に組み込むとEX側に誓約が発生しますし、無理に初動に絡める必要もないかな?

やはり今まで通り《不知火の隠者》からの動きをメインに据えた方が初動としては強そうですね…。

《逢魔ノ妖刀-不知火》は《妖刀-不知火》効果からの流れを更に補強するカードという側面が強そうです。また、《不知火流 燕の太刀》をガンガン使う構築なら除外から戻す「不知火」モンスターも自由にコントロールできますし、幅広い「不知火ライフ」をおくれそう予感がしますね!

…ちょっと嬉しさと期待がライジングし過ぎてうまくまとまりませんでした…(;^ω^)申し訳ない

コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ SAVAGE STRIKE BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-10-13)
売り上げランキング: 16