【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第56話感想】トリックスター・サラマングレイト共に融合!他召喚プッシュ続く!

風のイグニス(ウィンディ)の助力を得る交換条件として、ブルーガール撃退の任に付くソウルーバーナー。先行後攻を決める為の勝負を仕掛けるも、アクシデントによって惜しくも後攻。進化したブルーガールとトリックスターデッキを前にイ […]

風のイグニス(ウィンディ)の助力を得る交換条件として、ブルーガール撃退の任に付くソウルーバーナー。先行後攻を決める為の勝負を仕掛けるも、アクシデントによって惜しくも後攻。進化したブルーガールとトリックスターデッキを前にイマイチなスタートダッシュをきるソウルバーナーだが…!?

遊戯王ヴレインズ第56話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

敗北から自らを見つめ直したブルーガールの初陣

スペクター戦での敗北を重く受け止め、自らの長所短所を再認識。それを再構成する事で更なる進化を模索するブルーガール。

自ら(トリックスター)の弱点は、打点の低さと押しきれなかった際の脆さと判断し、新規カード《トリックスター・ディーヴァリディス》&《トリックスター・バードヘルム》による耐性&バーン効果で相手のライフをゴリゴリ削り、打点は《トリックスター・キャロベイン》によるコンバットトリックでガッチリセーブ。

《トリックスター・ディーヴァリディス》(バードヘルム装備)が出て来たシーンでは、「流石に硬いけど攻撃で抜かれるな。でもOCGなら《キャロベイン》構えられるなぁ…」とか考えていたら、アニメでも普通に《キャロベイン》投げてて笑いました。…これは視聴者も納得の進化具合です。

トリックスター・フュージョンでバーン戦術を更に強化

途中、ソウルバーナーが発動した《ゲート・オブ・ファイア》の効果で300以下の効果ダメージを防がれるシーンがありましたが、そこは新たな力、《トリックスター・フュージョン》、そして、融合「トリックスター」モンスター《トリックスターバンド・ギター・スイート》の効果で突破します。

《トリックスターバンド・ギター・スイート》の効果は、「トリックスター」モンスターの効果ダメージを倍にするというものですが、これは現実でも結構厄介な感じがしますね。

対するソウルバーナーも《フュージョン・オブ・ファイア》融合召喚を決める!

手札を引いてもバーン(これはゲート・オブ・ファイアで突破)、展開してもバーンと、かなり動きにくい状況を強いられ続けるソウルバーナー。この状況を突破するには”とあるカード”を引くしかないと、ドローに運命を託しますが、残念ながらヒットならず…。

運命の女神が微笑まないのであれば、自らの魂を賭して強引に引くしかないッ!

スキル「バーニングドロー」は、削ったライフポイント1000に付き一枚ドローできるという強力なスキルですが、バーン戦術を得意とする相手には自殺行為でしかありません。しかし、彼は命を燃やす。何故なら、この状況は引く事でしか突破できないのだから。

命を懸けたドローで引き当てたカードは《フュージョン・オブ・ファイア》

…融合召喚を可能とする魔法カードですが、実はこのカード相手フィールドも素材に出来る。

《転生炎獣-ヴァイオレット・キマイラ》強いですね

《フュージョン・オブ・ファイア》の効果で《トリックスター・ディーヴァリディス》を除去しつつ《転生炎獣-ヴァイオレット・キマイラ》を融合召喚。

一枚のカードで素材の確保、コンボの断絶、モンスターの排除、エースの召喚をやってのけるというスーパームーブにゴーストガールも驚愕です。

そこからは安心安全の脳禁パワー展開。相手の《キャロベイン》の効果も逆手にとって、攻撃力9700の《ヴァイオレット・キマイラ》の攻撃でデュエルエンド!実に爽快な逆転劇。

来週はプレイメーカーvsボーマンですぞ

またしても負けてしまったブルーガールですが、通常魔法とは言え「超融合」的な効果でフィールド突破されるのは流石に同情してしまいました。ポッと出するカードにしては強過ぎますね。

お次はプレイメーカーvsゴーストガールかと思いきや、ゴーストガール側はやり合う気が元々なかった様でそのままログアウトしちゃいました。

…って事で、来週はプレイメーカーvsボーマン第二戦。

ボーマンさん、変なスターコスチュームになってる…(笑)。