【フォトン・ハンド効果考察】永続的なコントロール奪取が超強力・ワンキル力が更にUP!《狩らせてもらおうか…貴様の魂ごと》

「狩らせてもらおうか…貴様の魂ごと」や「知らん、そんなことは俺の管轄外だ」等のセリフでお馴染みのカイトさんの「フォトン・ハンド」がついにOCG化を果たします。 《フォトン・チェンジ》だけでも十分自己主張していたのに、《フ […]

「狩らせてもらおうか…貴様の魂ごと」や「知らん、そんなことは俺の管轄外だ」等のセリフでお馴染みのカイトさんの「フォトン・ハンド」がついにOCG化を果たします。

《フォトン・チェンジ》だけでも十分自己主張していたのに、《フォトン・ハンド》まで…(;^ω^)

攻3000守2500のドラゴンを操るライバルポジのキャラクターは出たがりな人が多いんでしょうか…?

フォトン・ハンド

《フォトン・ハンド》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合、1000LPを払い、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。発動時に自分フィールドに「銀河眼の光子竜」が存在しない場合には、Xモンスターしか対象にできない。

注目ポイント
  • 「フォトン」「ギャラクシー」モンスターを参照する発動条件。
  • LP1000という状況次第では安くないライフコスト。
  • 「銀河眼の光子竜」がいないと極端に狭まる効果対象範囲。
  • 永続的なコントロール奪取効果は間違いなく強力。
  • 《銀河眼の光子卿》でサーチ可能な「フォトン」カード。
  • 奪ったらそのままワンキルという流れがほとんどでしょうけど、仕損じた際に戻らないという点で永続奪取はとても大事。

《銀河眼の光子竜》がいないと腐るけど…。

遊戯王カード DBLE-JP040 銀河眼の光子竜 パラレル 遊☆戯☆王ARC-V [DIMENSION BOX -LIMITED EDITION-]

LP1000のライフコストはとりあえず置いておくとして、

「フォトン」「ギャラクシー」モンスターがフィールドにいないと発動不可・なおかつ「銀河眼の光子竜」がいないと効果範囲がエクシーズに限定されるという条件が気になっている人もいらっしゃると思いますが、正直、【銀河フォトンデッキ】で《銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)》が場に展開出来ていないのであれば、その時点で結構ヤバイ状況であると考えるのが自然です。

勿論、エクシーズなどでフィールドに《銀河眼の光子竜》がいなくなるという事はありますが、その過程で必ず一度はフィールドに《銀河眼の光子竜》は出ている!

実際問題、【銀河デッキ】を使っていて《銀河眼の光子竜》が展開出来ない時は何もできてない状況である事がほとんどです。なのでこの条件は全く問題にならない…それが管理人の見解です。

《No.90 銀河眼の光子卿》のサーチ先として超強力な一枚!

No.90 銀河眼の光子卿 ウルトラレア 遊戯王 コレクターズパック2018 cp18-jp033

《フォトン・ハンド》の影響を受けるカードと言えば、「フォトン」カードをサーチできる《No.90 銀河眼の光子卿》が筆頭として挙げられるでしょう。

《No.90 銀河眼の光子卿》の③効果は相手ターンにのみ発動できる効果ですが、状況に応じて素材化orサーチの選択肢として切り返し能力の高い《フォトン・ハンド》はかなり理想的なカードと言えるのではないでしょうか?

【銀河デッキ】は元々ワンキル力の高いデッキですが、相手の場をササッと退かして拝借する《フォトン・ハンド》の登場はその強みを伸ばすには十分過ぎる一枚と言えますね。

《No.90 銀河眼の光子卿》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/戦士族/攻2500/守3000
レベル8モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「フォトン」カードをX素材としているこのカードは効果では破壊されない。
(2):相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その効果を無効にする。取り除いたX素材が「ギャラクシー」カードだった場合、さらにそのカードを破壊する。
(3):相手ターンに発動できる。デッキから「フォトン」カードまたは「ギャラクシー」カード1枚を選び、手札に加えるか、このカードの下に重ねてX素材とする。

《銀河眼の光波竜》とはまた一味違った奪取効果で差別化は十分

遊戯王OCG 銀河眼の光波竜 コレクターズレア CPF1-JP029-CR 遊戯王アーク・ファイブ [閃光の決闘者編]

【銀河デッキ】のコントロール奪取役と言えば《銀河眼の光波竜》ですが、あちらにはあちらなりの、こちらにはこちらなりの強みがあるので、差別化は十分に図れていると思います。

具体的に言えば、ワンクッション必要だけど永続奪取から全力パンチ出来る《フォトン・ハンド》と、汎用ランク8という扱いやすさから放たれる期間限定奪取&直接攻撃誓約付きの《銀河眼の光波竜》(エクシーズなら重ねるシナジー視野)と言ったとこでしょうか?

「フォトン」カードをデッキに多く混ぜたくない・「光波(サイファー)」も積極的に使って行きたいという人も勿論いると思うので、ここら辺は好みの問題でしょうね。

ちなみに管理人はがっつり新規を入れた構築にチャレンジしてみようと思ってます。

新しいカードが使いたいってのもありますけど、何よりも《No.90 銀河眼の光子卿》を今以上に巧く使いたいという気持ちが強いので…。

今回のデュエリストパック凄く良いです

「BF」は超絶強化だし、「青眼」は強靭!無敵!最強!だし、「サイバー」は推せ推せだし、「カイト」は自己主張激しいしで、今回のデュエリストパックの内容…凄く良いですね!!

これは未だ見ぬ最後のライバル枠にも期待できそうです…。

「今回の強化枠に選ばれるかどうかは結構重要ですよ!黒咲さん…(願い)。」

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編3- BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-06-09)
売り上げランキング: 50

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment