【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第54話感想】サイバース融合《サイバネット・フュージョン》登場!《サイバース・クロック・ドラゴン》イイ!

ブラッドシェパードの徹底したリンクメタ&スキル封じに苦しめられるプレイメーカー。 【ドローンデッキ】のダイレクトアタック&バーン戦術になす術無しかと思いきや、絶体絶命のストームアクセスを起点にし、まさかの”サイバース融合 […]

ブラッドシェパードの徹底したリンクメタ&スキル封じに苦しめられるプレイメーカー。

【ドローンデッキ】のダイレクトアタック&バーン戦術になす術無しかと思いきや、絶体絶命のストームアクセスを起点にし、まさかの”サイバース融合”を発現させる。

遊戯王Vrains54話「戦慄のバトルドローン」の感想記事にイントゥザブレイン!

ダイレクトアタック&バーン 恐怖のドローンデッキ

シェパードさんのエース《バトルドローン・ジェネラル》の効果がついに判明しました。

攻撃力1000以下のドローンモンスター全てにダイレクトアタック付与、

【ドローンデッキ】はテーマ色がかなり強いですが、トークン生成能力も高く、強力なサポートが揃っていてOCG化が楽しみですね。

でもOCG準拠だとLP8000が削りきれなさそうなので、 OCG化の際はダイレクトアタック付与範囲やドローンモンスターのバーンダメージが上方修正されそうな予感がします。《バトルドローン・ジェネラル》自身もダイレクトアタック可能とかになるならかなり強そうですね。

あと、《メディックドローン・ドック》でプレイメーカーのLPを1000回復してストームアクセスを封じる動き…好きです。

またもや重い。道順健碁の過去

「運転手のいないタクシーだけど大丈夫?」って健碁ママの発言がフラグ過ぎて辛い…。

母は脊椎損傷で意識不明の重体。自らは右腕を失うという最悪の事故。

女手一つで自分を立派に育ててくれた大切な母親が、『これから』というタイミングで植物状態になってしまうとか重すぎます。

事故の仕方もAIがバグって事故車両に突っ込むとか生々しいものでした。

そりゃ健碁さん…AI恨むわ…。

確かに自動運転って現実でも少しずつ出てきていますけど、完全オートってぶっちゃけ怖いですよね。管理人は他人の運転も結構怖い方なのでAIで完全オートは正直無理だな…(;^ω^)

ヴレインズは敵味方問わずバックボーンが重いキャラがやたら多いなぁ…。

《サイバネット・フュージョン》からの《サイバース・クロック・ドラゴン》爆誕!

何と言っても今週の目玉は、《サイバネット・フュージョン》を使ったサイバース融合ですが、

そこまでの間をつないだ《サイバース・マジシャン》のオプティックブラスト(サイバース・アーキテクト)もかなりグッジョブでした。

《サイバネット・リチューアル》で繋ぎ、そのリソースを使って斬り返す動きやっぱり好きだなぁ…。

融合素材としたリンクモンスターのマーカーの合計値分のデッキトップを墓地に送ってパンプ(1枚につき1000攻撃力UP)する《サイバース・クロック・ドラゴン》さん本気(マジ)エース!

素材モンスターのリンクマーカーの合計値が5だったことで、《サイバース・クロック・ドラゴン》の攻撃力は7500まで上昇。超火力による必殺の一撃でブラッドシェパードを一閃!

やっぱり攻撃力パンプは何時見ても心が高鳴りますね。

《サイバネット・フュージョン》にアクセスする手段である《クイック・スパルトイ》もかなり良い性能でしたし、合わせてOCG化が期待されます。

儀式⇒融合と来た訳ですが、この流れだとシンクロ、エクシーズ、ペンデュラムももしかしたら使うのでしょうか?でもこの3つはレベル参照が占めるファクターが大きいし結構混ぜるの難しそう…。

来週は進入禁止エリア「風の谷」へ突入です

プレイメーカー、ソウルバーナーが足止めをくらっている間に、ガールコンビ(ブルー&ゴースト)は一足先に進入禁止エリアへと到着。

そこは何やら「風の谷」と呼ばれる場所らしいです。…(*´з`)ナウシカ~♪

 

…とりあえず、ブラッドシェパードは管理人の推しキャラ筆頭になりそうな気がします。

遊戯王ヴレインズ第54話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment