【終焉龍カオス・エンペラー:効果考察】P効果と召喚条件だけで十分強い!《モンスター効果はオマケ感覚でもOKでしょう》

Vジャンプ7月特大号付録&応募者全員サービスカードの効果考察記事第5弾は、P効果が超強い終焉の龍、《終焉龍カオス・エンペラー》。 自分フィールドから墓地に送った数までしか相手の場を掃除できないという点がネックになって過小 […]

Vジャンプ7月特大号付録&応募者全員サービスカードの効果考察記事第5弾は、P効果が超強い終焉の龍、《終焉龍カオス・エンペラー》。

自分フィールドから墓地に送った数までしか相手の場を掃除できないという点がネックになって過小評価されている印象ですが、正直な話、このカードはP効果で除外を回収出来て、自身の召喚ルール効果で手札・EXデッキから特殊召喚できだけで十分に強い(確信)。

Vジャンプ付録・応募者全員サービスカード全判明

Vジャンプ公式チャンネルにて、Vジャンプ7月特大号付録&誌上企画の応募者全員サービスのカードの効果が一挙公開されました。

それぞれの効果の詳細は動画または関連記事でご確認ください。今回は《終焉龍カオス・エンペラー》のターンなのでそちらの考察行ってみましょう!

終焉龍カオス・エンペラー


画像は動画・ソース元でご確認ください

《終焉龍カオス・エンペラー》 
特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):1000LPを支払い、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを破壊し、そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。「終焉龍 カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを墓地へ送る。その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える。
(2):特殊召喚した表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合にデッキの一番下に戻る。

注目ポイント 
  • 使いやすいスケール1
  • EXデッキからでも特殊召喚可能な召喚条件
  • 多少使いにくいものの大事なところは死守したリセット効果
  • 悪用防止のためのデッキボトムぴゅーん

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》でサーチ可能なスケール1

遊戯王 / 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン(ウルトラレア) / YS02-JP001 / 最強デュエリスト遊矢!! 2巻 付属カード

元々サーチが容易なカードではありますが、《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》でサーチが利くというのは大きな強み。《終焉龍カオス・エンペラー》を使うなら恐らく併用する事になるので持っていないのであれば今のうちにをおさえておくべきカードです。

《終焉龍カオス・エンペラー》に限らず、《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》って墓地の融合・S・Xモンスターを特殊召喚するP効果もあるんですよね。一緒に使えって事!?

イメージしやすい展開ルート(除外ドラゴンを回収)

遊戯王/封印の黄金櫃(ノーマル)/サイバース・リンク

管理人が最大の強みだと感じているのが、除外されているドラゴン族を回収するP効果。

除外からの回収なので動的に除外されるルートを確保する必要はありますが、破壊した自身はその後自身の召喚条件によってEXデッキから特殊召喚できる事を考えるとかなり無駄のないムーブです。

この流れだと《カオス・エンペラー》はEXモンスターゾーンに特殊召喚される事になり、自身の効果(モンスター効果①)を発動しても墓地に送られず場に残るのもポイントです。

モンスター効果①は確かに使い辛いシーンもあるので、それはシーンに合わせてエクシーズしたり、リンクしたり、場合によってはシンクロ・融合してやり過ごせば良いと思います。まぁそれはいつも通りの遊戯王ですね。

自分が墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを墓地送り

遊戯王OCG アストログラフ・マジシャン ウルトラレア SD31-JP001-UR 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK -ペンデュラム・エボリューション-]

かなり評価が低い墓地送り効果に関しても実際はそこまで弱くはないでしょう。

オリジナル(エラッタ前を含む)の《混沌帝龍》の効果のインパクトが強すぎて比較するとややインパクトに欠けるのは事実ですが、状況次第で1:1条件で墓地送りとバーンが行えるって悪い効果ではありません。

メインフェイズ2でも使えるので、バーン効果による最後のダメ押し目的で使うってのもありですね。正直、P効果と召喚条件だけで十分に強いので、おまけ位の感覚でも問題ないと思います。

《終焉龍カオス・エンペラー》との相性の良いカード

相性の良いカード
  • エクリプス・ワイバーン
    《終焉龍カオス・エンペラー》の召喚条件で除外すると効果が誘発するので好相性。除外された後は《終焉龍カオス・エンペラー》のP効果で回収しても良い。《混沌帝龍》時代から相性が良いのでこのタッグは当然。
  • 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン
    サーチして良し、スケールを結んで良しの好相性。ドラゴンしかP召喚できない制約も問題になり難いが、《終焉龍カオス・エンペラー》はP召喚できないので要注意。
  • ドラゴン・目覚めの旋律
    攻撃力3000以上、守備力2500以下モンスターの強み。コストを《エクリプス・ワイバーン》辺りで支払えばその後の動きはかなり想定しやすいです。ドラゴン大量デッキってだけで滾りますね!

正直滅茶苦茶強いと考えてます

オリジナルのインパクトに負けてやや過小評価されている印象ですが、個人的には滅茶苦茶強い一枚だと思ってます。

モンスター効果はある意味飾り、P効果と召喚条件のみで完結しているモンスター、それが《終焉龍カオス・エンペラー》です。ここまでヨイショするのは結構レアだと思いますが、まぁ、それ位評価してるって事だと考えてくれて結構です。

構成的にコストが多くなるはずなので、全然3枚積めるカードです。使うつもりがあるなら3枚確保しておきましょう。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment