魔術師!

 ぷはー。【魔術師】カードのテキストなどはここで⇒「遊戯王カードWiki 魔術師」【紹介】遊矢「魔術師を紹介しまーす」貴竜:レベル3・スケール5(チューナー)時読:レベル3・スケール8(スケール4)慧眼:レベル4・スケール5相生:レベル4・スケール8(スケー…

IMG_2818 














ぷはー。

【魔術師】

カードのテキストなどはここで⇒「遊戯王カードWiki 魔術師

【紹介】

遊矢「魔術師を紹介しまーす」

貴竜:レベル3・スケール5(チューナー)
時読:レベル3・スケール8(スケール4)
慧眼:レベル4・スケール5
相生:レベル4・スケール8(スケール4)
竜脈:レベル4・スケール1(通常)

星読:レベル5・スケール1(スケール4)
賤竜:レベル6・スケール2
法眼:レベル7・スケール2
相克:レベル7・スケール3
竜穴:レベル7・スケール8(通常)

遊矢「重要な魔術師がわかりましたね。レベル7を出すためには竜穴が必要不可欠!サーチ手段に「召喚師のスキル」もあるので簡単に手札に来ます!!」


【竜穴と貴竜】

遊矢「竜穴のペンデュラム効果はこのとおりー!!」

【Pスケール:青8/赤8】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合、
手札のPモンスター1体を捨て、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

セレナ「P召喚にはPゾーンにカードが2枚必要だ。そこはわかる。しかしさらに手札を捨てなければならないとは、いくらなんでも発動条件が厳しいのではないか」

遊矢「ふっふー、そこはこの貴竜の出番!」

【モンスター効果】
このカードをS素材とする場合、
ドラゴン族モンスターのS召喚にしか使用できず、
他のS素材に「オッドアイズ」モンスター以外のモンスターを使用した場合、
このカードを持ち主のデッキの一番下に戻す。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル7以上の「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを3つ下げ、このカードを特殊召喚する。

セレナ「墓地からモンスター!?」

遊矢「死者蘇生」

セレナ「禁止カードではなかったのか!?」

遊矢「最近解除された」

セレナ「アカデミアでは禁止だ」

遊矢「(セレナってGX世代なのかな)」


【シンクロ召喚】

遊矢「気を取り直していきまーす!!貴竜を使用することで実質コストをなかったことにできます。流石魔術師!!」

昇「ついに遊矢もチューナーを手に入れたのか!!」

遊矢「そうだ!そしてレベル4となったオッドアイズにレベル3の貴竜をチューニング!現れろ!オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン!」

メテバ「くぎゅぅぅぅー!!!」

セレナ「待て、オッドアイズはどこから来た?」

遊矢「ペンデュラム召喚をしていたのさ!」

セレナ「そうか。わかった」

遊矢「(単純で助かる)」


【毎ターンシンクロ召喚】

子供1「なぁ、確かペンデュラムモンスターってシンクロ召喚するとGraveyard is Extra Deck instead.」

子供2「つまりノーコストでOnce per Turnシンクロ召喚 !? それってズルじゃん!」


【エクシーズ召喚】

遊矢「さらにペンデュラム召喚をしていた時にもう1体レベル7モンスターがいればエクシーズ召喚することができまーす!」

アストラル「レベル7が2体来るぞ! セレナ!」

セレナ「(誰だ・・・?)」

遊矢「俺はレベル7のオッドアイズ・メテオバースト・ドラゴンとダイヤモンド・ドラゴンでオーバーレイネットワークを構築―」

海馬「俺は三十六枚持っているよ」

セレナ「(一体誰だ・・・?)」

遊矢「エクシーズ召喚!現れろ!」

2015020406255156e


























(素材元様:http://yugiohoriginalcards.blog.fc2.com/

セレナ「(今のは何もかもが間違っていたぞ・・・)」

遊矢「幻獣機ドラゴサック!!」

昇「遊矢!」

遊矢「なんだ権現坂?」

昇「オッドアイズじゃないのか?」

遊矢「細かいことは気にしないでくれ!」

昇「仕方ない。この男権現坂、友が口をはさむなと言った以上、最後まで見届けよう」


【前破壊】

セレナ「遊矢」

遊矢「なんだ?」

セレナ「さっきの竜穴は魔法・罠を破壊できるんだったな」

遊矢「そうだ」

セレナ「もしかしてモンスターを破壊する魔術師もいるのか」

遊矢「みなさんお待ちかね! この竜脈がそのモンスターでーす!」

【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合、
手札のPモンスター1体を捨て、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

セレナ「両方いたのか」

遊矢「魔術師に不可能なことはありません!」

セレナ「(テンションの上がり下がりが激しい奴だ)・・・このモンスターも竜穴と同じ通常モンスターではなかったか」

遊矢「良くお気づきで! そう!両方共にスキルでサーチできる上にスケールは1と8! スケールを揃えやすいのも魔術師の良いところです!」


【エクストラからの回収】

遊矢「竜穴と竜脈でスケールを揃えて、モンスターか魔法・罠を破壊しつつレベルまたはランク7を立てる! 魔術師の基本です!」

昇「だが、遊矢。エクストラデッキに行ってしまった貴竜はもう手札コストにはできんのではないか?」

遊矢「ここで登場するのが、賤竜!」

【Pスケール:青2/赤2】
「賤竜の魔術師」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合に発動できる。
自分のエクストラデッキの表側表示の、
「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター
または「オッドアイズ」Pモンスター1体を選んで手札に加える。


【墓地からの回収】

準「便利なモンスターだ。しかしエクシーズ素材としてしまったモンスターは例えペンデュラムモンスターだろうとエクストラデッキに行くことはない。墓地に行くだけだ」

遊矢「ここで登場するのが、やっぱり賤竜!」

【モンスター効果】
「賤竜の魔術師」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の、「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター
または「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。


【賤竜を手札に加える】

セレナ「この賤竜はどうやって手札に加えるのだ? 召喚師のスキルとかいうカードは使えないではないか」

遊矢「魔術師の必殺カード!「ペンデュラム・コール」を使います!」

通常魔法
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、
「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
カード名の異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで
自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

セレナ「・・・(もうなんでもありだな)」

(沢渡)「(ずっとサイクロンで、~そのペンデュラム効果は無効だ!~ と叫ぶタイミングを待っていたのに失ってしまったぁ~)」
(取巻)「(沢渡さん! ハリケーンっすよ!)」


【破壊されない】

沢渡「ペンデュラム・コールだと・・・。ふざけやがって。こっちはサーチ手段だったサクリフォートが制限だっつーのに」

沢渡「俺もパパに頼んで、魔術師を手に入れてやる!」

沢渡「・・・確かこの間買ったVジャンプに魔術師カードがついていたような。慧眼の魔術師・・・?」

【Pスケール:青5/赤5】
①:もう片方の自分のPゾーンに
「魔術師」カードまたは「EM」カードが存在する場合に発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「慧眼の魔術師」以外の
「魔術師」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。

沢渡「ペンデュラム・コールを使ったターンは破壊されないっつーの!」

沢渡「テーマ内で噛みあわないのは俺のレジェンドコンボ主義に反する! やっぱりクリフォートだ!」


【クリフォート】

月影「沢渡殿 これを」

沢渡「これは次の制限改定じゃねーか! よくやったぜ!」

・・・
禁止カード
・スキルドレイン
・・・

沢渡「・・・」

月影「沢渡殿 過去にはスキルドレインがないクリフォートもCSで入賞をしている。諦めるにはまだ早い」

沢渡「おっ そうだな」


【EMドクロバット・ジョーカー】

昇「遊矢」

遊矢「ん?」

昇「遊矢が使っていたEMと、今回の魔術師は何も関係がないのか」

遊矢「このカードがある」

・EMドクロバット・ジョーカー

星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、
「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、
「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内いずれか1枚を手札に加える。

セレナ「遊矢」

遊矢「なんだよ」

セレナ「このカードは身も蓋もない効果を持っている気がするぞ」
昇「この漢、権現坂。何も言わん」
準「・・・」

遊矢「(無言のゴーグル)」


終劇!