現環境対応 リゾネーターデッキ紹介

皆さんこんばんはm(_ _)m今回は、現環境(主に十二獣)に対抗する為のリゾネーターデッキを紹介しようと思います。長文なので時間のある時に読むことをオススメします。●デッキレシピ●概要十二獣は発売直後から各所の大会で上位に入賞し、環境トップとまで言われたABCをいとも簡単に叩き落としました。インフレとかいうレベルを超えた異常事態と言えるでしょう。手札1枚の消費で最大6枚のアドバンテージを獲得するデッキが弱い筈も無く、相手の初手にベイゴマが無い事を祈る日々…。また出張性能も高く、様々なデッキと混ぜ合わせてその猛威を振るっており、大会などでの遭遇率も高いです。しかしそんな十二獣にも弱点があり、・十…

皆さんこんばんはm(_ _)m


今回は、現環境(主に十二獣)に対抗する為のリゾネーターデッキを紹介しようと思います。


長文なので時間のある時に読むことをオススメします。


●デッキレシピ

f:id:egoneforall1:20161030205922j:plain

f:id:egoneforall1:20161030210513j:plain


●概要

十二獣は発売直後から各所の大会で上位に入賞し、環境トップとまで言われたABCをいとも簡単に叩き落としました。インフレとかいうレベルを超えた異常事態と言えるでしょう。

手札1枚の消費で最大6枚のアドバンテージを獲得するデッキが弱い筈も無く、相手の初手にベイゴマが無い事を祈る日々…。

また出張性能も高く、様々なデッキと混ぜ合わせてその猛威を振るっており、大会などでの遭遇率も高いです。

しかしそんな十二獣にも弱点があり、

・十二獣エクシーズの打点が極端に低い

・効果耐性が無い

・エクストラの消費が激しい

・増Gがキツい

といった事が挙げられます。

そんな十二獣を仮想敵としてデッキを組む訳ですが、他のデッキが弱くなった訳ではありません。普通に強すぎるくらいです。

その為、メインの段階から十二獣を対策しつつ、サイドでその他のデッキに合わせる方針で構築を練りました。


●基本戦略

ハイスピードライダーズとレッドライジングドラゴンの発売によって、リゾネーターはかなり強化されました。レッドデーモンズも昔に比べれば遥かに出しやすくなっています。

しかし1枚で展開出来るようなパワーカードと呼べるような物はテーマ内に存在せず、非チューナーを安定して供給出来ず、肝心のレッドデーモンズを守る手段は全くOCG化されず、と肝心な所ばかり中途半端です。

しかし、そんなリゾネーターでもきちんと考えれば勝ち目はあります。


ソリティアなどの連続展開には全く縁がない為、基本的には

・レッドリゾネーター(コール)+星4(急襲orウルフ)

の組み合わせからライジング経由でスカーライトを召喚し、高い打点と解決能力で速攻を仕掛けます

また、目指す盤面としては

1.アビス、ブレーダーによる制圧

2.月華竜、クリスタル、ビュートによる盤面解決

が挙げられます。


●採用カード

リゾネーターに限った話ではありませんが、俗に「ファンデッキ」と言われるデッキは自分でアドバンテージを増やす事が出来ず、かつアドバンテージが無くなりがちです。

その為、1度の攻めで手札や場のカードを使いすぎてしまうとすぐにジリ貧になり負けてしまいます。

その為採用モンスターは戦術に噛み合ったものを選びました。


モンスター

・シンクローン・リゾネーター

特殊召喚の条件が緩く、回収効果まである便利屋です。アビスやクリスタルへの繋ぎ、ベリアルのリリース要員など用途も様々。事故軽減の為に2枚にしています。

・レッド・リゾネーター

召喚時に手札から星4以下を特殊召喚する効果と、特殊召喚時に場のモンスター1体の攻撃力分ライフを回復する効果、どちらも強力です。スプリンターやライジングのおかげで回復効果を起動しやすい為、エキストラターンでの勝率は結構高いです。3積み必須。

・増殖するG

十二獣をはじめとした先行展開に対する抑止力として。相手が展開を続ければこちらにアドバンテージが、展開を止めればヘルドッグの餌です。3枚に増やしたいですが、メタルフォーゼの数も多いため今回はサイドとなりました。

・クリエイト・リゾネーター

自分の場に8シンクロがいる時に特殊召喚可能なリゾネーター。ライジングから蘇生してアビスへの繋ぎになったりと痒いところに手が届く良カード。枚数は1枚で充分です。複数枚入れると事故の元になります。

・幽鬼うさぎ

相手の効果に反応してカードを破壊する手札誘発。この手のカードには珍しく場から発動出来るため、アビスやベリアルで積極的に出していきます。

・BF-精鋭のゼピュロス

任意のタイミングで自己蘇生出来るモンスターが欲しかったので採用。コストが必要ですが、非常に便利です。しかし、おろかな埋葬すら採用していないので使用頻度も低いです。抜き候補

・フレムベル・ヘルドッグ

相手モンスターを戦闘破壊したらデッキからレッドリゾネーターをリクルート、急襲・爆発に対応した1900打点の星4モンスターというパワーカードです。こいつのおかげで安定性が大きく上がりました。3積み推奨。

・レッドスプリンター

召喚、特殊召喚時に手札か墓地から星3以下の悪魔チューナーを特殊召喚出来ます。墓地からも特殊召喚出来る為にツインツイスターのコストを帳消しにしたり、初動や返しもこなします。ですが他にモンスターがいると効果を発動出来ないという超要らないデメリットがある為、急襲との兼ね合いで2枚に抑えました。

・レッド・ウルフ

デッキ内で唯一ライジングを経由せずに8シンクロに繋がるカード。とても9期に登場したとは思えないスペックですが、便利なのに間違いはありません。

・粘糸壊獣クモグス

相手の盤面解決の為に採用。手札でダブっても自身の効果で特殊召喚が可能なので事故になりにくいです。そして、数ある壊獣の中で何故クモグスなのかと言うと、壊獣が相手の場に特殊召喚する特性上、そのモンスターが一時的に脅威となります。これを処理出来なければ一気に不利になる為、出来るだけ打点の低い壊獣を採用したかった事。そして星7の為、シンクロ素材に出来る点でクモグスを選びました。


魔法

・強欲で貪欲な壺

デッキの上から10枚のカードを除外して2枚ドローする最強のドローカード。アドバンテージを得る手段が乏しいデッキでは10枚を犠牲にしてでも手札を増やさなければ動き出せない事があるため、非常に重要です。

・コール・リゾネーター

リゾネーターのサーチカード。基本的には手札に無いリゾネーターを加えます。レッドリゾネーターが動きの起点になる為3枚必須です。

・真炎の爆発

対象となるモンスターはレッドリゾネーターとヘルドッグのみですが、どちらもデッキから持ってくる手段がある為腐る事はほとんどありません。

・ブラック・ホール

相手の先行展開に対する最強の返しです。

・死者蘇生

自分のモンスターを蘇生する事もありますが、相手のモンスターを奪う事も同じくらい多いです。スカーライトで破壊したモンスターを蘇生する事で、消費を抑えつつ序盤からでもモンスターを並べられます。

・ソウル・チャージ

最強の蘇生カードですが、攻撃出来ないデメリットがある為攻めには使いにくいです。使いどころはしっかり見極める必要があります。

・ハーピィの羽根箒

罠による妨害を受けると致命的な為、その可能性を排除するのに必須です。

・ツインツイスター

魔法罠を2枚破壊出来ますが、手札コストを懸念して1枚のみの採用です。

・サイクロン

2枚目のツインツイスターの枠でしたが、手札コストを懸念した結果小回りのきくサイクロンに差し替えました。

・炎王の急襲

デッキからヘルドッグを特殊召喚します。効果は無効になりターン終了時に破壊されますが、主にシンクロ素材にする為あまり関係ありません。実質召喚権を増やしている為、動きの起点を増やすことが出来る良いカードです。

・禁じられた聖杯

対十二獣のキーカード。ドランシアの効果にチェーンして無効にする事で、ドランシアの攻撃力は僅か400になり、素材の十二獣の効果も消せます。自分のターンでは手札から使っていける為対応力が高く、他の類似カードにも有効です。


・次元障壁

最強の妨害カード。エクシーズを宣言すれば、十二獣はほとんど動けません。場の該当モンスターの効果も無効になる為、応用が利きます。

・スキル・プリズナ

自分の場のカードを1枚指定し、そのターン中は指定したカードを対象にしたモンスター効果を全て無効にします。墓地から除外する事でも同じ効果を発揮する為、カステルやマジェスペクターユニコーンの効果をかわすのに有効です。

・虚無空間

アビスの後ろにこれを張ればほぼ負けません。使いどころを見極めて相手の展開に致命的なダメージを与えます。

・神の通告

登場以降、採用されていないデッキの方が珍しいくらいの無効カード。ペンデュラム系統のデッキが相手の時は非常に頼りになります。

・神の警告

モンスターを特殊召喚する効果に対して強い点で通告に勝ります。融合や儀式魔法を止めにいけますし、最近は発動制限があったりするので有効に働きます。



エクストラ

エクストラの構築は非常に難しいです。リゾネーターに限った事ではありませんが、カードプールの増加によって似たような役割のカードが増えていくにつれ、1枚破壊か1枚バウンスかの違い程度で裏目が起こります。

その為、環境に合わせて最適なカードを選ぶ必要があります。


・レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

このデッキの主役、キングのデュエルの象徴です。最強レベルの除去能力と高い打点で一気に優位に立ちます。アビス、ベリアルの素材となって墓地にいく事が多い為、2枚目は必須だと思います。

・レッド・ライジング・ドラゴン

シンクロ召喚時にリゾネーターを蘇生出来ますが、この効果を使ったターンは闇ドラゴンシンクロしかエクストラから出せなくなる要らないデメリットがあります。序盤から素早くスカーライトに繋ぎ、流れを掴みます。

・クリムゾン・ブレーダー

使用頻度は低いですが、同じシンクロ系統のデッキに対して有効です。メタルフォーゼ相手の時にミスリエルを戦闘破壊出来れば、次のターン相手は壁を並べるくらいしか出来ません。

・スターダスト・チャージ・ウォリアー

シンクロ召喚時に1枚ドローする効果が主ですが、特殊召喚されたモンスター全てに攻撃出来る隠された効果を持っています。たまに役立つので覚えておくと便利です。

・月華竜 ブラック・ローズ

このカードの特殊召喚時と星5以上のモンスターが特殊召喚された時に、強制効果で特殊召喚されたモンスターをバウンスします。対象が「特殊召喚されたモンスター」というのがミソで、相手が特殊召喚した星5モンスター以外の該当モンスターをバウンス出来るのは覚えておきましょう。

・クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

クリスタルウィングの進化前という印象が強いですが、2種類の無効効果を持っている点で勝ります。アビスの横に立てるだけで安心感が違います。

・PSYフレームロード・Ω

相手のスタンバイに除外されたカードを墓地に戻す効果、お互いのメインフェイズに自身を除外して相手の手札を一枚除外出来る効果、墓地のこのカードと他のカードをデッキに戻す効果を持つ強力なシンクロモンスターです。スキルプリズナーを墓地に戻したり、手札を除外して妨害、一度使った魔法・罠を回収など便利な効果ばかり。採用しない理由はありません。

・クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

モンスター効果を1度無効にする効果と星5以上とバトルする時に相手の攻撃力分自身の攻撃力を上げる効果を持ち、非常に解決能力が高いです。素の打点も高い為、力負けする事はほとんどありません。

・炎魔竜 レッド・デーモン・アビス

レッド・デーモンの中で最も制圧能力が高い為、積極的に召喚を狙います。召喚した時点で優位に立てますが、無効にする効果の使いどころは慎重に見極めましょう。

・炎魔竜 レッド・デーモン・ベリアル

レッド・デーモンを蘇生する効果で3000越えの打点を軽く並べることが出来ます。効果耐性は無いので、なるべく出したターンに勝負を決めに行きましょう。

・炎魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ

レッド・デーモンの進化体の中で元々の攻撃力が1番高く、攻撃表示のモンスターを殴れば4000ダメージが確定します。さらにシンクロ召喚したターンは相手の行動をほぼ封殺してしまうため勝負を決めやすいです。召喚を無効にされても蘇生効果で立て直せるので隙はありません。

・励輝士 ヴェルズビュート

星4が並ぶ事が度々あり、何か解決能力のあるモンスターが欲しかった為採用しました。しかしまだ1度も使っておらず、欲しい場面も来なかったので抜いてもいいと思います。


解説は以上になります。長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の構築はかなり気に入ってるので、大会で使うのが楽しみです。



では今回はここまで(・ω・)ノ

また次回m(_ _)m



ブログランキング参加しています。宜しければクリックお願い致します↓

http://blog.with2.net/link.php?1852612

10/30 公認レポ(デュエルマスターズ)

先日に行われたデュエ祭りに参加してきました。今回は使用したデッキはハンデスではなく、青白サザンです。ヘルボロフが環境トップの時代に白単で組んでそのままになっていたんですけど、最近クロックとシャッフが手に入ったのでようやく組み直すことができたんですよね。ハ…

先日に行われたデュエ祭りに参加してきました。

今回は使用したデッキはハンデスではなく、青白サザンです。
ヘルボロフが環境トップの時代に白単で組んでそのままに
なっていたんですけど、最近クロックとシャッフが手に入ったので
ようやく組み直すことができたんですよね。
ハンデスの構築があまり固まっていなかった事もあり、
この日はこちらのデッキを大会で使用する事にしました。


10/31 DM公認大会 参加者20人くらい

使用デッキ:青白サザンルネッサンス
023929


















1回戦 赤緑バスター

1ターン目ブレイズクロー召喚→革命チェンジでエビカツ→
バスターと動かれるも、トリガークロックx2で耐えて
シャッフを召喚して8を宣言してバスターを封じる。
その後はオリオティスやサザンで守りを固めてビートして勝ち。

盾からクロックのおかげで、バスター出された後に
2ターン耐えれたのが大きかったですw


2回戦 ドロマー天門(アルファリオン入り)

初手3コスしかなくてキツイなーって思ってたら、後攻ドローで
ラプソディ引く。ラプソ→シドに革命チェンジしてビートするも
3パン目でヘブンズゲート踏んでしまい、ヘブンズとエメラルーダが出てくる。
暫くターンが経過した後、相手の盤面ルーダロリエスヘブンズで
エメラルーダで埋められた盾のみの状況。
シャッフのアタック宣言を何にするか悩むも、トリガー割り切って
5宣言して場のブロッカー無効にして殴ると、トリガー無しで勝ち。


3回戦 黒単皇帝ループ

オリオティス→シドと動いて、シドでひたすらビート。
途中皇帝x2の盤面を作られて、負けたと思うもループまでは入られず耐える。
シャッフ召喚5宣言でターンを稼ぎ、盤面並べてシャッフ攻撃時に4宣言で
相手のホネンビー止めて殴って勝ち。



決勝 赤黒デッドゾーン

お互い初動無しのゆっくりとした動き。オリオティス出てる状況で、
相手ブラックVサイコサイコデッゾでお互い手札と盤面消し飛ぶ。
仕方なく場に残ってるシドで1パンずつ入れていくも、途中でエリア
引かれて禁断解放からペース持って行かれ負け。

シドでビートしていた時に追加で何か出せるクリーチャー引けてたら
勝ってたんですけど、2連続でサザン引いて腐ったんですよね。
悲しい.....



というわけで2位でした。久々に純粋なビートダウンのデッキを使ったんですけど、
ある程度勝つことができたので良かったです。でもやっぱ2ターン目から
殴りに行くデッキは苦手ですね....()じゃんけん勝てないですし、チキンなので
殴らずに済むデッキを使いたくなります(笑)
次回は今回使用したサザンの構築について解説したいと思います。
それでは~

【遊戯王 カード考察】芝刈りノイド対策にはこれだ!!「除外?」「いえ、バーンです。」

※途中計算を間違えていたので修正しました。 ご指摘ありがとうございますm(_ _)m 芝刈りノイドがちらほらと結果を出していますね。 おかげで、対策カードとして「異次元グランド」も値段が上がっているようです。 除外を出来…

※途中計算を間違えていたので修正しました。
ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

芝刈りノイドがちらほらと結果を出していますね。
おかげで、対策カードとして「異次元グランド」も値段が上がっているようです。
除外を出来なくする「王宮の鉄壁」もありますが、他にもこんな対策カードがありました。

「死霊の誘い」です。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 墓地に送られる度にダメージ!!「死霊の誘い」

死霊の誘い

永続罠
カードが墓地へ送られる度に、そのカードの持ち主は1枚につき300ポイントダメージを受ける。

墓地にカードが一枚落ちる度に300のダメージを与える永続罠です。
チェーンブロックを組まず、即座にダメージを与えます。
そのため、「死霊の誘い」の効果適用内であれば、コストでカードが墓地に送られた時点でダメージが発生します。

そして、そのダメージを稼ぐカードが最近のノイドに入れられている「隣の芝刈り」です。

隣の芝刈り

通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。 デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

デッキ枚数差分カードを墓地に落とす芝刈りの効果を利用して、バーンダメージによりワンショットを狙います。

 相手ターンにワンショットも!?

「死霊の誘い」のバーンダメージで相手のライフを削りきるには
8000÷300=26.6666…
つまり、27枚カードを墓地に落とすと成立します。 

60枚の芝刈りノイドの場合(自デッキ40枚)

先行自分ターン:デッキ枚数35枚、手札5枚。

後攻相手ターン:デッキ枚数54枚、手札6枚。

54−35=19

ここで、あと8枚デッキを掘れると残りデッキ枚数差が27枚になり、ワンショットキルの条件が整います。

「死霊の誘い」を持っているとして、相手が芝刈りを使う時に残りデッキ枚数から27枚の差があるとワンキルです。

サーチ系の多い最近のデッキなら8枚掘ることは出来そうですが、強欲で貪欲な壺を使うことで確実に枚数差を稼げます。

強欲で貪欲な壺

通常魔法
「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

強欲で貪欲な壺:10枚(除外分)+2枚(ドロー分)=12枚(枚数差)

35(自デッキ枚数)−12枚(強欲で貪欲な壺分)=23枚(自デッキ残り枚数)

54(相手残りデッキ枚数)−23(自デッキ残り枚数)=31枚(デッキ枚数差)

31×300=9300(ダメージ)

「死霊の誘い」は永続罠なので、割られてしまうこともありますが、決まると強力なカードです。

 まとめ

「強欲で貪欲な壺」「死霊の誘い」を所持していて、相手が「隣の芝刈り」を使用する前提のもとに成立するコンボです。

一番新しいパックで、BEGINNER’S EDITION 1に収録されている昔のカードですが、今なら3枚セットでも異次元グランド1枚よりも安く手に入ります。

相手に依存する組み合わせですが、60枚芝刈りノイドが更に台頭してくると、メインに強欲で貪欲な壺を入れられるデッキならサイドに入れても良さそうです。

こういった昔のカードが、カードプールが増えることで日の目をみるのは面白いですね。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

【遊戯王シングルカード】 《ビギナーズ・エディション1》 死霊の誘い ノーマル be1-jp175 【遊戯王シングルカード】 《ビギナーズ・エディション1》 死霊の誘い ノーマル be1-jp175 遊戯王カード RATE-JP066 隣の芝刈り(シークレットレア)遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト] 遊戯王カード RATE-JP066 隣の芝刈り(シークレットレア)遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト] 遊戯王 / 強欲で貪欲な壺(スーパーレア) / ザ・ダーク・イリュージョン / TDIL-JP066 遊戯王 / 強欲で貪欲な壺(スーパーレア) / ザ・ダーク・イリュージョン / TDIL-JP066

【花札衛】デッキ紹介&解説-これがエンジョイデュエルなんよおおおお

有言実行の鬼 YPGG管理人の”Reion”です。香港に来てからほとんど遊戯王をプレイしておらず、そろそろ脳内のカードプール更新しておく必要があるので昨日5時間ほどADSを回しました。その時に使っていた【花札衛】が個人的に良い感じに仕上がったので紹介&解説します。今回は時間の関係上で各カードの詳しい解説は省きますのでご了承を。

 

【花札衛-カーディアン】

 

■どんなデッキなの??

簡単にまとめるとモンスターを大量展開して大型モンスターのシンクロ召喚を狙うデッキです。シンクロモンスターである『五光』『雨四光』『猪鹿蝶』はそれぞれ5・4・3体の素材を要求する召喚条件の厳しいモンスターですが制圧力の高い効果を誇っており、『花札衛』及びサポートカードの効果を駆使してシンクロ召喚を狙います。

 

■どうやってシンクロ素材を確保するの??

『花札衛』シンクロモンスターを召喚するためには2つのステップを踏む必要があります。1つ目はモンスターを並べること。2つ目はレベルを調整。『花札衛』は基本的にレベルがバラバラであり、シンクロ召喚のためには全てのモンスターレベルを2に揃える必要があります。

 

・グループA

『桐』『竹』『芒』『柳』はそれぞれ上位札と下位札の2種類が存在。下位札は自身よりレベルの低い『花札衛』が居る時に手札から特殊召喚できる。上位札は下位札をリリースして手札から特殊召喚することができる。

 

・グループB

『猪』『鹿』『蝶』は自分フィールドの『花札衛』をリリースして手札から特殊召喚できる。

 

・グループC

『桜に幕』はデッキトップを確認してそれが『花札衛』なら特殊召喚できる。

 

殆どの『花札衛』は召喚/特殊召喚成功時にデッキの上からカードをドローして、それが『花札衛』であればキープ、そうでなければ墓地へ送る効果持ち。つまりデッキトップに『花札衛』が来れば来るほど連続展開が可能。特に『桜に幕』は単体での展開性能が高い。デッキトップは『花積み』や『札再生』で調整可能。

 

展開サポートとしては『花合わせ』でグループAの下位札を4体を簡単に展開可能。手札に『牡丹に蝶』か『柳に小野道風』を握っていれば即座に『雨四光』のシンクロが可能。『超こいこい』は運要素が強いものの少ないリスクで展開可能。『花積み』と組み合わせて確実に展開を狙うこともできるが、『竹』『桜に幕』などで連続展開を狙うほうが現実的。

 

チューナーは『柳に小野道風』と『牡丹に蝶』の2種類のみ。『小野道風』は『柳』を経由して出す必要があるため、リリースコストが緩い『牡丹に蝶』の方が使いやすい。どちらもシンクロ時に自身を含めた素材をレベル2にできる効果持ち。

 

■構築について

・『花合わせ』は優秀な展開手段だけど発動できない事故が結構多い。『芒』と『柳』である程度は回避できるもののフィールドにモンスターが2体いればその段階でアウトだし腐るリスクが結構高いと感じたため2枚のみ採用。3枚にしたい場合は『超こいこい』を1枚減らそう。

 

・モンスターの枚数は今のところこれがベストだと思ってる。『芒に月』は『桐と鳳凰』に変えても良いし、いっそのこと抜いても良い。『鹿』は採用してないし『猪』も1枚だけなので交換しても構わない。召喚条件もかぶってるからね。ただし打点は1000なので注意。

 

・最初の頃は『強欲で貪欲な壺』を採用することもあったけど、正直『花合わせ』事故の確率があがるし、使えるなら『花合わせ』は絶対に狙いたいから採用はありえないと思ってる。グループAの下位札を全て3枚積みなのは『花合わせ』を確実に使えるようにするため。

 

・『迷い風』はかなり好相性。その分だけ『花札衛』を増やしても構わないけど、行動阻害系カードが皆無なのは構築上大きな欠陥なので『迷い風』や『ブレイクスルースキル』など墓地でも発動できる系のカードが欲しい。

 

記事を読んでいただきありがとうございました

 

Twitterボタン

有言実行の鬼 YPGG管理人の”Reion”です。香港に来てからほとんど遊戯王をプレイしておらず、そろそろ脳内のカードプール更新しておく必要があるので昨日5時間ほどADSを回しました。その時に使っていた【花札衛】が個人的に良い感じに仕上がったので紹介&解説します。今回は時間の関係上で各カードの詳しい解説は省きますのでご了承を。

 

【花札衛-カーディアン】

 

■どんなデッキなの??

簡単にまとめるとモンスターを大量展開して大型モンスターのシンクロ召喚を狙うデッキです。シンクロモンスターである『五光』『雨四光』『猪鹿蝶』はそれぞれ5・4・3体の素材を要求する召喚条件の厳しいモンスターですが制圧力の高い効果を誇っており、『花札衛』及びサポートカードの効果を駆使してシンクロ召喚を狙います。

 

■どうやってシンクロ素材を確保するの??

『花札衛』シンクロモンスターを召喚するためには2つのステップを踏む必要があります。1つ目はモンスターを並べること。2つ目はレベルを調整。『花札衛』は基本的にレベルがバラバラであり、シンクロ召喚のためには全てのモンスターレベルを2に揃える必要があります。

 

・グループA

『桐』『竹』『芒』『柳』はそれぞれ上位札と下位札の2種類が存在。下位札は自身よりレベルの低い『花札衛』が居る時に手札から特殊召喚できる。上位札は下位札をリリースして手札から特殊召喚することができる。

 

・グループB

『猪』『鹿』『蝶』は自分フィールドの『花札衛』をリリースして手札から特殊召喚できる。

 

・グループC

『桜に幕』はデッキトップを確認してそれが『花札衛』なら特殊召喚できる。

 

殆どの『花札衛』は召喚/特殊召喚成功時にデッキの上からカードをドローして、それが『花札衛』であればキープ、そうでなければ墓地へ送る効果持ち。つまりデッキトップに『花札衛』が来れば来るほど連続展開が可能。特に『桜に幕』は単体での展開性能が高い。デッキトップは『花積み』や『札再生』で調整可能。

 

展開サポートとしては『花合わせ』でグループAの下位札を4体を簡単に展開可能。手札に『牡丹に蝶』か『柳に小野道風』を握っていれば即座に『雨四光』のシンクロが可能。『超こいこい』は運要素が強いものの少ないリスクで展開可能。『花積み』と組み合わせて確実に展開を狙うこともできるが、『竹』『桜に幕』などで連続展開を狙うほうが現実的。

 

チューナーは『柳に小野道風』と『牡丹に蝶』の2種類のみ。『小野道風』は『柳』を経由して出す必要があるため、リリースコストが緩い『牡丹に蝶』の方が使いやすい。どちらもシンクロ時に自身を含めた素材をレベル2にできる効果持ち。

 

■構築について

・『花合わせ』は優秀な展開手段だけど発動できない事故が結構多い。『芒』と『柳』である程度は回避できるもののフィールドにモンスターが2体いればその段階でアウトだし腐るリスクが結構高いと感じたため2枚のみ採用。3枚にしたい場合は『超こいこい』を1枚減らそう。

 

・モンスターの枚数は今のところこれがベストだと思ってる。『芒に月』は『桐と鳳凰』に変えても良いし、いっそのこと抜いても良い。『鹿』は採用してないし『猪』も1枚だけなので交換しても構わない。召喚条件もかぶってるからね。ただし打点は1000なので注意。

 

・最初の頃は『強欲で貪欲な壺』を採用することもあったけど、正直『花合わせ』事故の確率があがるし、使えるなら『花合わせ』は絶対に狙いたいから採用はありえないと思ってる。グループAの下位札を全て3枚積みなのは『花合わせ』を確実に使えるようにするため。

 

・『迷い風』はかなり好相性。その分だけ『花札衛』を増やしても構わないけど、行動阻害系カードが皆無なのは構築上大きな欠陥なので『迷い風』や『ブレイクスルースキル』など墓地でも発動できる系のカードが欲しい。

 

記事を読んでいただきありがとうございました

 

Twitterボタン

やっと『RATE』開封結果!

ななず「『レイジング・テンペスト』買ってきたー!」アルケミ「おー、やっとね。2箱?」ななず「2箱と6パック!」アルケミ「だからなんであんたたちはその中途半端なことを…」ななず「開封結果!」『レイジング・テンペスト』2箱と6パック1箱目ウルトラ《ブレイブアイス・ペンデュラム・ドラゴン》(レリーフ)《水晶機巧-グリオンガンド》《超銀河眼の光波龍》《十二獣ドランシア》スーパー《真竜皇リトスアジムD》(シーク

ななず「『レイジング・テンペスト』買ってきたー!」
アルケミ「おー、やっとね。2箱?」
ななず「2箱と6パック!」
アルケミ「だからなんであんたたちはその中途半端なことを…」
ななず「開封結果!」

『レイジング・テンペスト』
2箱と6パック

1箱目
ウルトラ
《ブレイブアイス・ペンデュラム・ドラゴン》(レリーフ)
《水晶機巧-グリオンガンド》
《超銀河眼の光波龍》
《十二獣ドランシア》
スーパー
《真竜皇リトスアジムD》(シークレット)
《創星神 tierra》
《超重忍者シノビ-A・C》
《花札衛ー五光ー》
《重装甲列車アイアン・ヴォルフ》
《おろかな副葬》
《隣の芝刈り》
ノーレア
《肥大化》

2箱目
ウルトラ
《古代の機械混沌巨人》
《水晶機巧-グリオンガンド》
《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》
《超銀河眼の光波龍》(レリーフ)
スーパー
《創星神 tierra》
《超重忍者シノビ-A・C》(シークレット)
《花札衛ー五光ー》
《重装甲列車アイアン・ヴォルフ》
《十二獣ブルホーン》
《隣の芝刈り》
《影のデッキ破壊ウィルス》
ノーレア
《端末世界NEXT》
《肥大化》

6パック
ウルトラ
《十二獣ドランシア》
スーパー
《十二獣ブルホーン》
ノーレア
《端末世界NEXT》

合計
ウルトラ
《ブレイブアイス・ペンデュラム・ドラゴン》(レリーフ)
《古代の機械混沌巨人》
《水晶機巧-グリオンガンド》×2
《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》
《超銀河眼の光波龍》
《超銀河眼の光波龍》(レリーフ)
《十二獣ドランシア》×2
スーパー
《真竜皇リトスアジムD》(シークレット)
《創星神 tierra》×2
《超重忍者シノビ-A・C》
《超重忍者シノビ-A・C》(シークレット)
《花札衛ー五光ー》×2
《重装甲列車アイアン・ヴォルフ》×2
《十二獣ブルホーン》×2
《おろかな副葬》
《隣の芝刈り》×2
《影のデッキ破壊ウィルス》
ノーレア
《端末世界NEXT》×2
《肥大化》×2


アルケミ「感想は?」
ななず「完璧!ブルホーンもドランシアも2枚でいいからね!サラブレードは仕方がないから買ってくるとするよ」
アルケミ「2枚ずつ当たったカードが多いわね」
ななず「ブルホーン、ドランシア、グリオンガンド、芝刈り…は良いとしても他は使う予定ないからなぁ…」

アルケミ「『WW』は組むの?」
ななず「とりあえず、仮組は終わった感じかな。後は調整しながら11月26日の『DIMENSION BOX』、もとい《WWグラス・ベル》を待つ感じ」
アルケミ「グラスは意味わからない強さよね」
ななず「手札、アイスベル1枚から召喚権使わずにクリスタルウィング出るのは頭おかしいと思う」
アルケミ「やって良いことと悪いことがあるわよななず!」
ななず「いや、俺が考えた訳じゃ………」
アルケミ「『霊魂』は組むの?」
ななず「ちょっと保留かなー」
アルケミ「『十二獣』はどうするの?」
ななず「【月光】に組み込む型をひとつ作ろうと考えてるんだけど、【SR十二獣】が環境取ってるらしくて気になってる。どんな回りかたするのかは知っておきたいなー」
アルケミ「今回のパックはかなり楽しめそうね」
ななず「そうだね!デッキ構築欲が湧き出てるからね!組もう!」

アルケミ「行っちゃった………もう!」
イザナ「こんにちは」


次回に続く!!

【遊戯王】ストレージ漁り(10/30)

遊戯王ストレージ記事です。

 

ストレージ成果を簡単にまとめます。

 

いつものショップで。値段は1枚10円でした。

 

 

「ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-」のカードがストレージにあったので、目ぼしいカードを購入しました。

「ギアギアアングラー」は持っていなかったカードなので、特に嬉しい収穫でした。

【古代の機械】はパックでの強化もあったので、組みたいデッキですね。

 

他には【kozmo】カードやスターターのカードなども購入しました。

 

今回もなかなかの収穫でした。

 

宜しければコメント&ブログランキングにクリックお願い致します。

遊戯王 ブログランキングへ

 

以上、遊戯王記事でした。

遊戯王ストレージ記事です。

 

ストレージ成果を簡単にまとめます。

 

いつものショップで。値段は1枚10円でした。

 

 

「ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-」のカードがストレージにあったので、目ぼしいカードを購入しました。

「ギアギアアングラー」は持っていなかったカードなので、特に嬉しい収穫でした。

【古代の機械】はパックでの強化もあったので、組みたいデッキですね。

 

他には【kozmo】カードやスターターのカードなども購入しました。

 

今回もなかなかの収穫でした。

 

宜しければコメント&ブログランキングにクリックお願い致します。

遊戯王 ブログランキングへ

 

以上、遊戯王記事でした。

暑いのか寒いのか(以下略)水舞台ガエルペンギンデッキ【遊戯王デッキレシピ】

今回は、ガエルペンギンデッキを紹介します。内容は…まぁ、餅ですよね。(笑)バハシャ餅も正規素材餅もできるカテゴリーとして、氷結界のほかにペンギンもいるのをすっかり忘れてました。(ごペンなさい)メインデッキ46枚モンスター29枚大皇帝ペンギン 2ペンギン・ナイトメ…




card100004770_1




今回は、ガエルペンギンデッキを紹介します。


内容は...まぁ、餅ですよね。(笑)


バハシャ餅も正規素材餅もできるカテゴリーとして、氷結界のほかにペンギンもいるのをすっかり忘れてました。(ごペンなさい)




メインデッキ46枚



モンスター29枚

大皇帝ペンギン 2
ペンギン・ナイトメア 3
トビペンギン 2
否定ペンギン 3
ペンギン・ソルジャー 3
小型ペンギン
鬼ガエル 3
裏ガエル 2
魔知ガエル 3
粋カエル 3
黄泉ガエル
アクアアクトレス・テトラ 3


魔法14枚

水舞台 3
水舞台装置 2
サルベージ
トランスターン 3
ワン・フォー・ワン
死者蘇生
ハーピィの羽根帚
ギャラクシー・サイクロン 2


罠3枚

神の宣告
神の通告 2


エクストラ

バハムート・シャーク 2
No.101S・H・Ark Knight
深淵に潜む者
FA‐ブラック・レイ・ランサー
No.47ナイトメア・シャーク
超量機獣グランパルス
トライエッジ・リヴァイア
餅カエル 3
キャット・シャーク
アーマー・カッパー
No.45滅亡の予言者クランブル・ロゴス
神騎セイントレア





大皇帝ペンギンの効果でデッキからペンソル×2を出せば餅を出せます。
もしくはトビペンギンorナイトメア(ようするに☆4)×2を出してランク4を、特にバハシャを出せばそこから餅を出すこともできます。



大皇帝ペンギン自身を場に出す手段としては、
・鬼カエルや粋カエルを特殊召喚してリリース確保
・☆4ペンギンにトランスターンを使う
・アクアリウムを(墓地のギャラサイで)破壊して蘇生
といった方法があります。



トランスターンは上記のほかに、効果使用後のテトラをリリースして☆2ガエル(特に鬼ガエル)をデッキから特殊召喚するなんてこともできます。


後は餅カエルを魔知ガエルや水舞台で戦闘から守ったり、ナイトメアや水舞台装置、深淵に潜む者で打点強化したりして戦います。


ペンソル、ナイトメア、裏ガエルとバウンス効果持ちが多いのもこのデッキの特徴の一つですね。
魔知ガエルで戦闘させないことで自分のターンに効果を使うこともできますし、水舞台で戦闘破壊を免れることでその後もエクシーズ素材にしたりナイトメアなら打点強化効果を適用したりもできます。


アクアリウムと餅はかなり相性が良く、
アクアリウムに対する除去を餅で無効にし、その後さらにアクアリウムを除去されても今度は餅を蘇生させることができます。
それを考慮して2回目のアクアリウム除去をされなかった場合でも、餅の効果で鬼ガエルを回収していれば次の自分のターンには再度餅カエルのエクシーズ召喚を狙えます。




エクストラについて


まぁ、ご覧の通りですね。

餅は3枚必須で、あとはバハシャ関係とかランク2,4から選ぶって感じです。

ランク4は特に、アクアリウムの存在から水属性や水族を優先すると良いですね。


まぁ、正規餅の出番ばっかりでバハシャですらあんまし出番ないんですけどね。(笑)




まさかペンギンがガエルとこんなにも相性が良いとは。

ペンギンのお供でトラタンが入るので、アクアリウムサーチ役のテトラもより活かせますし。


いやぁ、我ながら結構な自信作に仕上がってる気がします。



興味があればぜひ組んでみてくださいね。