【オリパ開封】1パック300円

毎度おなじみのオリパ開封のコーナーです!1回300円のガチャガチャオリパで1パック5枚入りですでは早速開封していきましょう!封印の黄金櫃が出ましたオリパのガチャガチャに掲載されていたので小当たりなようですが、かなりの枚数余ってますし再録も沢山されているの…

毎度おなじみのオリパ開封のコーナーです!

1回300円のガチャガチャオリパで1パック5枚入りです




DSC_0776





では早速開封していきましょう!



DSC_1122



封印の黄金櫃が出ました

オリパのガチャガチャに掲載されていたので

小当たりなようですが、かなりの枚数余ってますし

再録も沢山されているのであまり嬉しくないですね(´・ω・`)

昔ならかなり良いカードでしたが如何せん再録されすぎていて

希少性が薄れちゃいましたね

それに加えて環境も高速化しているので

このカードでは遅すぎるのも大きですね

しかしながら、征竜が復帰すればいきなり枯渇しそうなので

まあ良しとしますかね!

むしろ、征竜復帰したらこのカードも少し値上がるかも知れませんね!

今回は久々に出た当たりオリパでしたー 

【遊戯王】エクシーズ枠埋まったか【RATE】

無念 Name としあき 16/09/30(金)17:30:00 No.436320808 エクシーズ枠埋まったか 無念 Name としあき 16/09/30(金)17:33:18 No.436321236 50が列車ということは12はダブル・リゾネーター?無念 Name としあき 16/09/30(金)17:35:52 No.436321539 >エクシーズ枠埋まったか…


無念 Name としあき 16/09/30(金)17:30:00 No.436320808

エクシーズ枠埋まったか

 重装甲列車アイアン・ヴォルフ


無念 Name としあき 16/09/30(金)17:33:18 No.436321236

50が列車ということは12はダブル・リゾネーター?


無念 Name としあき 16/09/30(金)17:35:52 No.436321539

>エクシーズ枠埋まったか
アニメ効果に(1)の効果対象になった奴しか攻撃できない&相手によって破壊されたらレベル4機械族1体サーチが付いた程度なのは問題ない
問題はスーレアだって事


無念 Name としあき 16/09/30(金)17:37:08 No.436321703

最高じゃん
相手フィールドに憎きワイアームがいても超重武者でダメージぶち込める…

続きを読む

【十二獣(じゅうにしし)デッキ・効果考察】重ねてエクシーズ召喚の極地!会局強えぇ~

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう! 関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカ […]

12

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう!

関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカードまとめ

十二獣(じゅうにしし)モンスター

十二獣モルモラット

morura

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻0/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

収録:【レイジング・テンペスト】

「十二獣」の専属墓地肥やしちゃん。ラビーナやラムなど墓地をいじるカードは少なくないので、墓地肥やし効果は極めて重要。

素材となった場合のリクルート効果は発同名1ターンの制約が無いので、最大「十二獣」モンスターが3体並びます。(何だこいつは…)

怒涛の展開力で未来皇やホープカイザーを出す事も可能ですが、カイザーはエクストラデッキの関係で現実的ではなさそうです。

十二獣ラビーナ

rabi

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻800/守800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1枚取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

《十二獣の会局》でぶっ壊せばリクルートと墓地回収が同時にできる兎ちゃん。

素材となった場合に得られる魔法無効は、自身を対象とする相手の魔法カードのみに対応できる効果なので、結構限定的なので要注意!

十二獣ヴァイパー

vaipa

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守400
①:自分フィールドの獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

収録:【レイジング・テンペスト】

X素材補充を誘発即時で行えるトリックスターポジションの蛇。攻撃力1200アップ&ダメステ後に除外するのバットリとして運用すると相手の計算はほぼほぼ狂うはずです。

①効果は獣戦士族なら「十二獣」モンスターでなくても対象にとれるので 《魁炎星王-ソウコ》にドッキリビックリ素材補充してもOK!

十二獣サラブレード

sarabure

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

収録:【レイジング・テンペスト】

打点の要でありシンプルだが他のカードとの噛合いが素晴らしい手札交換効果を持つ馬くん。

守備貫通を活かせる場面は限定的かもしれませんが、無いよりは有るに越した事はありません。やはり、1600という打点の高さがテーマ内では光りますね~

十二獣ラム

ramu

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻400/守2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

魔法無効の兎ちゃんと双璧を成すのが罠無効の羊くん。

①効果も兎ちゃん同様、《十二獣の会局》での能動的な破壊に適しているのでガンガンぶっ壊していきましょう。兎ちゃんは手札に回収、羊くんは特殊召喚と覚えておこう!

十二獣ブルホーン

buruho

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

収録:【レイジング・テンペスト】

通常召喚可能な獣戦士族なら何でもデッキからサーチできる超有能な牛さん。

今話題の《熱血獣王ベアーマン》をサーチするのはこの人の役目です。ポスターでビジュアルが判明した時はお笑い枠的な扱いを受けていましたが、優秀過ぎて逆に笑えるレベルです。(乾いた~♪)

十二獣タイグリス

taigunisu

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

タイグリスという言葉にはメスの虎、残忍な女、あばずれ女などの意味がある様で…なんだか色んな意味であざとすぎる虎娘。

②は状況に応じて自身の素材を交換したり、味方の「十二獣」モンスターへと素材を供給したりと柔軟に動ける優秀な効果。墓地の肥え方が性能に直結するので、要下準備です。

十二獣ドランシア

doransia

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

テーマの顔になるであろうウルトラレア枠の辰姉さん。

表側表示のカード限定ではありますが、フリーチェーンの除去効果は言うまでもなく優秀。表側ならば相手・自分を問われていないので、ラビーナやラムを破壊するのにも使えて便利です。

十二獣ワイルドボウ

wairudo

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。
③:持っているX素材の数が12以上の好カードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

収録:【レイジング・テンペスト】

一瞬、猿に見えたけど実は亥枠のダイレクトアタッカー!

③効果は流石に何かしらの専用サポートが無いと難しいと思いますが、②の直接攻撃は素材によってパワーアップしていく「十二獣」に持たせるには危険すぎる効果です。タイグリスなどの素材補充効果を駆使して、打点を高めて相手を屠れ!

十二獣(じゅうにしし)魔法・罠

ゾディアックS(サイン)

zode

フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、 その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

竜剣士絡みのテーマだったのか…(色々と納得)

打点維持が不安定なテーマだけに、②の攻撃対象抑止効果は有り難いですね!
③の効果によって身代わり役を買って出てくれるのはラビーナちゃんとラムくんでしょうな…(ただの破壊耐性より厄介なんだが…)

十二獣の会局

kaigou

永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、 自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

ラビーナやラムを破壊してデッキから「十二獣」モンスターをリクルートしよう(提案)

自身を対象にして①効果を発動した場合に効果が不発になるかどうかはとりあえず裁定待ち。永続魔法なので、基本的には無理なはずですがね…。(流石にできたら強すぎる…勘弁してくれ)

あと、このカードの判明により、《飛翔するG》をメタ札として運用するプランが怪しくなりました。(やっぱり増G安定かな)

イラストではラビーナがヒャッハーしてます…

十二獣の方合

hougou

通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【レイジング・テンペスト】

デッキから素材補充とか大胆すぎます(褒め言葉)

そして、②は「十二獣」カード専用の《貪欲な壺》と言った感じの効果。エクストラデッキ消費の激しいテーマなので戻すカードには困らなさそうです。モンスター以外も対象にできる上にドローも嬉しい良カードです。

やばい予感しかしませんね…(本当に…)

情報が出る度にヤバイ予感がどんどんと膨らんでいきますねぇ~
モンスターだけでも相当なもんだと思っていたのに…
まさかサポート魔法までこんなに強いとは…(会局やばいよ)

現在の所、期待と不安
4:6って所ですw

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

【十二獣(じゅうにしし)デッキ・効果考察】重ねてエクシーズ召喚の極地!会局強えぇ~

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう! 関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカ […]

12

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう!

関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカードまとめ

十二獣(じゅうにしし)モンスター

十二獣モルモラット

morura

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻0/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

収録:【レイジング・テンペスト】

「十二獣」の専属墓地肥やしちゃん。ラビーナやラムなど墓地をいじるカードは少なくないので、墓地肥やし効果は極めて重要。

素材となった場合のリクルート効果は発同名1ターンの制約が無いので、最大「十二獣」モンスターが3体並びます。(何だこいつは…)

怒涛の展開力で未来皇やホープカイザーを出す事も可能ですが、カイザーはエクストラデッキの関係で現実的ではなさそうです。

十二獣ラビーナ

rabi

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻800/守800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1枚取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

《十二獣の会局》でぶっ壊せばリクルートと墓地回収が同時にできる兎ちゃん。

素材となった場合に得られる魔法無効は、自身を対象とする相手の魔法カードのみに対応できる効果なので、結構限定的なので要注意!

十二獣ヴァイパー

vaipa

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守400
①:自分フィールドの獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

収録:【レイジング・テンペスト】

X素材補充を誘発即時で行えるトリックスターポジションの蛇。攻撃力1200アップ&ダメステ後に除外するのバットリとして運用すると相手の計算はほぼほぼ狂うはずです。

①効果は獣戦士族なら「十二獣」モンスターでなくても対象にとれるので 《魁炎星王-ソウコ》にドッキリビックリ素材補充してもOK!

十二獣サラブレード

sarabure

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

収録:【レイジング・テンペスト】

打点の要でありシンプルだが他のカードとの噛合いが素晴らしい手札交換効果を持つ馬くん。

守備貫通を活かせる場面は限定的かもしれませんが、無いよりは有るに越した事はありません。やはり、1600という打点の高さがテーマ内では光りますね~

十二獣ラム

ramu

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻400/守2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

魔法無効の兎ちゃんと双璧を成すのが罠無効の羊くん。

①効果も兎ちゃん同様、《十二獣の会局》での能動的な破壊に適しているのでガンガンぶっ壊していきましょう。兎ちゃんは手札に回収、羊くんは特殊召喚と覚えておこう!

十二獣ブルホーン

buruho

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

収録:【レイジング・テンペスト】

通常召喚可能な獣戦士族なら何でもデッキからサーチできる超有能な牛さん。

今話題の《熱血獣王ベアーマン》をサーチするのはこの人の役目です。ポスターでビジュアルが判明した時はお笑い枠的な扱いを受けていましたが、優秀過ぎて逆に笑えるレベルです。(乾いた~♪)

十二獣タイグリス

taigunisu

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

タイグリスという言葉にはメスの虎、残忍な女、あばずれ女などの意味がある様で…なんだか色んな意味であざとすぎる虎娘。

②は状況に応じて自身の素材を交換したり、味方の「十二獣」モンスターへと素材を供給したりと柔軟に動ける優秀な効果。墓地の肥え方が性能に直結するので、要下準備です。

十二獣ドランシア

doransia

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

テーマの顔になるであろうウルトラレア枠の辰姉さん。

表側表示のカード限定ではありますが、フリーチェーンの除去効果は言うまでもなく優秀。表側ならば相手・自分を問われていないので、ラビーナやラムを破壊するのにも使えて便利です。

十二獣ワイルドボウ

wairudo

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。
③:持っているX素材の数が12以上の好カードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

収録:【レイジング・テンペスト】

一瞬、猿に見えたけど実は亥枠のダイレクトアタッカー!

③効果は流石に何かしらの専用サポートが無いと難しいと思いますが、②の直接攻撃は素材によってパワーアップしていく「十二獣」に持たせるには危険すぎる効果です。タイグリスなどの素材補充効果を駆使して、打点を高めて相手を屠れ!

十二獣(じゅうにしし)魔法・罠

ゾディアックS(サイン)

zode

フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、 その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

竜剣士絡みのテーマだったのか…(色々と納得)

打点維持が不安定なテーマだけに、②の攻撃対象抑止効果は有り難いですね!
③の効果によって身代わり役を買って出てくれるのはラビーナちゃんとラムくんでしょうな…(ただの破壊耐性より厄介なんだが…)

十二獣の会局

kaigou

永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、 自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

ラビーナやラムを破壊してデッキから「十二獣」モンスターをリクルートしよう(提案)

自身を対象にして①効果を発動した場合に効果が不発になるかどうかはとりあえず裁定待ち。永続魔法なので、基本的には無理なはずですがね…。(流石にできたら強すぎる…勘弁してくれ)

あと、このカードの判明により、《飛翔するG》をメタ札として運用するプランが怪しくなりました。(やっぱり増G安定かな)

イラストではラビーナがヒャッハーしてます…

十二獣の方合

hougou

通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【レイジング・テンペスト】

デッキから素材補充とか大胆すぎます(褒め言葉)

そして、②は「十二獣」カード専用の《貪欲な壺》と言った感じの効果。エクストラデッキ消費の激しいテーマなので戻すカードには困らなさそうです。モンスター以外も対象にできる上にドローも嬉しい良カードです。

やばい予感しかしませんね…(本当に…)

情報が出る度にヤバイ予感がどんどんと膨らんでいきますねぇ~
モンスターだけでも相当なもんだと思っていたのに…
まさかサポート魔法までこんなに強いとは…(会局やばいよ)

現在の所、期待と不安
4:6って所ですw

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

『十二獣』考察。

アルケミ「久しぶりの更新ね。どうしたの?」ななず「次の弾『レイジング・テンペスト』で登場の『十二獣』がきになったので、紹介と考察しようと思って」アルケミ「いい心がけだわ」ななず「エクシーズ好きだから組んでみようと思う」アルケミ「いいんじゃない?…『十二獣』は地属性・獣戦士族、今のところ下級は☆4、エクシーズは★4での統一テーマのようね。エクシーズ召喚を使うみたい。特徴は…下級モンスターはX素材の時、エ

リスト

アルケミ「久しぶりの更新ね。どうしたの?」
ななず「次の弾『レイジング・テンペスト』で登場の『十二獣』がきになったので、紹介と考察しようと思って」
アルケミ「いい心がけだわ」
ななず「エクシーズ好きだから組んでみようと思う」
アルケミ「いいんじゃない?…『十二獣』は地属性・獣戦士族、今のところ下級は☆4、エクシーズは★4での統一テーマのようね。エクシーズ召喚を使うみたい。特徴は…下級モンスターはX素材の時、エクシーズモンスターに効果を付与する共通効果をもっていること。Xモンスターは同名以外の『十二獣』の上に重ねてX召喚できる…つまり、素材1体からでも好きなXモンスターをエクシーズ出来るわけね」
ななず「解説ありがとう!」
アルケミ「どういたしまして。じゃあ下級から紹介していきましょうか」

アルケミ「さっきも言った通り、下級モンスターは☆4で統一されてるわ。①の効果は『自身としての単体の効果』、②の効果は『素材にしているエクシーズモンスターに付与される効果』ってことね。ちなみに、②の効果は正確には『このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。』だから、全てのXモンスターに付与できる訳ではない点は注意ね。でも、元々の種族が獣戦士族なら『十二獣』意外でも使えるってのは頭のすみに置いておくこと」
ななず「あれ………?考察使用としたの俺だけど、もしかして今回喋れることない………?」


モルモラット
《十二獣モルモラット》
☆4 地 獣戦士族 ATK 0/DEF 0
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

ななず「『子』つまりネズミだね。イラストは男女判別しにくいなー」
アルケミ「効果を簡単に言うと…」

①:召喚時に『十二獣』カードをデッキから墓地へ送る。
②:【付与】X素材で手札・デッキから『モルモラット』1体SS。

アルケミ「②の効果はつまり、まあ、どう言うことかというと」

1《十二獣モルモラット》A召喚。効果で『十二獣』カードを墓地へ。
2《十二獣モルモラット》Aに重ねて『十二獣XモンスターA』をエクシーズ召喚。
3『十二獣XモンスターA』の効果、素材の《十二獣モルモラット》Aを墓地へ送り《十二獣モルモラット》BをデッキからSS。
4《十二支モルモラット》Bに重て………
5……

アルケミ「と、モルモラット1体から十二獣Xモンスターを、最終的には3体並べることが庚よ」
ななず「言い間違えてる言い間違えてる。十二支を意識してわざとやってるでしょ」
アルケミ「バレちゃったわね。…3体並べることが可能よ。デッキ圧縮能力に特化したカードね」


ラビーナ
《十二獣ラビーナ》
☆4 地 獣戦士族 ATK 800/DEF 800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

ななず「『卯』、つまり、」
アルケミ「ウサギっ娘ね。能力は」

①:破壊されたら同名以外をサルベージ。
②:【付与】自身を対象にする魔法の効果を素材を使って無効。

アルケミ「②の効果は『魔法カードの発動』じゃなくて、『魔法カードの効果の発動』を無効にするから、すでに発動されている永続魔法にも対応出来るわ。でも、無効にするだけで破壊はしないからカウンターとしては弱いわね。ちょっとした耐性があるくらいなものだわ」
ななず「対象を取る魔法っていうと」
アルケミ「一番最初に来るのは《超融合》かしら。ただ、ラビーナの付与する効果は、『対象に取る魔法の効果』にチェーンして発動する必要があるから《超融合》には無力よ。《月の書》や『禁じられた』シリーズなんかには有効ね」
ななず「そ、そうだね」
アルケミ「魔法に関してはいまいちピンと来る耐性じゃないけど、そのうち罠やモンスター効果バージョンも出るでしょ。罠やモンスターは対象取るものが多いからそっちにも期待できるわね……って、罠はいるのね」
ななず「…」


ヴァイパー
《十二獣ヴァイパー》
☆4 地 獣戦士族 ATK 1200/DEF 400
①:自分フィールドの獣戦士族Xモンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

ななず「こいつは、」
アルケミ「このこは『巳』だから蛇ね。イヤミ~な理屈男の香りがするわ。効果は、」

①:手札・場から誘発即時でX素材になれる。
②:【付与】バトルした相手をダメージ計算後に除外。

アルケミ「①の効果はまあ、簡単に言うと素材となってXモンスターの攻撃力を1200、守備力を400強化する効果、Xモンスター専用の《オネスト》やカルートってとこかしら」
ななず「場からも素材になれるんだね」
アルケミ「そうね、だから除去を回避したりとかにも使えるわね。強いのは、攻撃されたXモンスターを強化して相手を返り討ち、返り討ちにしたモンスターは除外されるって流れね」
ななず「なるほど」


サラブレード
《十二獣サラブレード》
☆4 地 獣戦士族 ATK 1600/DEF 0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

アルケミ「このこは『午』、つまり馬ね。効果は、」

①:手札交換
②:【付与】貫通

アルケミ「シンプルね。ただ、『十二獣』はまだ、そんなに墓地に言って有用なカードが少ないのが残念な気がするわ」
ななず「そうだね」
アルケミ「ただ、火力は下級の中では一番強いし、やっぱり貫通効果はなんだかんだ言って有用だからやっぱりこの子が中心になるんじゃないかしら」


ラム
《十二獣ラム》
☆4 地 獣戦士族 ATK 400/DEF 2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

アルケミ「次はラム、『未』。ヒツジね」
ななず「お待たせしましたお嬢様」
アルケミ「突っ込まないわよ?」
ななず「くっ!」
アルケミ「効果は、」

①:破壊されたら同名以外の『十二獣』を墓地蘇生。
②:【付与】自身を対象にする罠の効果を素材を使って無効。

アルケミ「ラビーナの時に言った罠のバージョンね。罠は魔法に比べて対象取るものが多いからこっちのが活躍できそうな気がするわ。少しだけど、それでも罠に耐性があるって、相手に攻撃するときの緊張が少なくなるからいいわね」


アルケミ「さあ、次はエクシーズモンスターよ!……どこいこうとしてるの、ななず?」
ななず「エクシーズモンスターの共通点としては」

同名以外に重ねてX召喚できる
攻守が、素材の攻守合計の数値になる

ななず「だね!」
アルケミ「うん、ばっちり。じゃあいくわよ! 」


ブルホーン
《十二獣ブルホーン》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

アルケミ「この人は『丑』!モー!」
ななず「効果は単純、獣戦士サーチ。特殊なのは『通常召喚できる獣戦士族』ってとこ」
アルケミ「《炎舞-「天キ」》より広範囲。レベルが関係ないからバルバロスとかでも持ってこれるわね」


タイグリス
《十二獣タイグリス》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

ななず「可愛いこの娘は『寅』さん!」
アルケミ「……わたし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。姓は車、名は…」
ななず「ストップストップ!それ長いから!」
アルケミ「なによ、フッたくせにー」
ななず「迂闊だった」
アルケミ「効果は素材補充ね。単体ではまあ、素材にエグゼシード…じゃなくてサラブレード持ってきて火力を1600に保ったりとかかしら……うーん、単体じゃあんまり活躍しそうにないわね」
ななず「別のカードゲーム混じってるから!それ素材にしたら最低でも攻撃力15000だから!」
アルケミ「何よ!今年、色んなカードが揃いも揃って十二支テーマなんて作るから悪いのよ!」


ドランシア
《十二獣ドランシア》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

ななず「『辰』、つまりドラゴン!」
アルケミ「効果は、…強いわね。表側のカード破壊」
ななず「しかも相手ターンでも発動できる」
アルケミ「特に語ることのないエースモンスターね!」
ななず「酷い!」


ワイルドボウ
《十二獣ワイルドボウ》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。③:持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

ななず「見た目で完全に『申』だと思ってました!」
アルケミ「『亥』よ!間違えないでね」
ななず「なにこのロマン砲!」
アルケミ「ロマン?本気で言ってるのかしら?」
ななず「え、だって12枚だよ?」

こうすればいいのよ12

アルケミ「そんなの、こうすればいいのよ!」
ななず「うわあ……。なるほど、その手があったか」
アルケミ「この一撃通らなかったらエクストラはほぼ消滅するけどね」
ななず「やっぱロマン砲じゃん!!!」
アルケミ「まあでも、ダイレクトアタッカーが簡単に出せるってのは良いわね。硬直状態になりにくいし、理屈眼鏡を使えば打点2000を越えて直接攻撃出来そうだし」
ななず「ヴァイパーね。個人的な固有名詞は分かりにくいのでNGで」
アルケミ「はーい」


ゾディアックS
《ゾディアックS》フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

アルケミ「ここから魔法&罠ね」
ななず「このフィールド魔法は」

①:『十二獣』攻守300アップ。
②:攻撃対象を最高攻撃力の獣戦士以外に向けさせない。
③:『十二獣』が効果で破壊される場合、手札・場のモンスター1体を破壊できる。

アルケミ「300アップは小さいながらも嬉しいわね」
ななず「攻撃対象制限もあって損はないけど、」
アルケミ「一番素敵なのは、この、手札・場のモンスターで破壊を身代わりにできる効果ね」
ななず「『相手の効果によって破壊される場合』じゃないから、自分で破壊しようとしたときも手札のモンスターで身代わりにできるんだよね」
アルケミ「そう。で、ラビーナやラムで墓地から回収や蘇生……サラブレードの時に『墓地へ落ちて有用なのいない』って言ったけど、意外と墓地に落とす意味ありそうね」
ななず「そうだね。にしても最近フィールド魔法強いね。いつからだろう」
アルケミ「渓谷からじゃない?」
ななず「はっ!!渓谷帰って来てー!!!渓谷ー!!」
アルケミ「迂闊……言うんじゃなかった…。ええい、次行くわよ次!」


会局
《十二獣の会局》永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

ななず「えきょく? 」
アルケミ「かいきょく、ね。あれ、これって①の効果でこれを自身を破壊してリクルート、②の効果が発動して素材になれたりするの?」
ななず「え!?いや、それは流石に無理じゃないかな……………どうだろ」
アルケミ「ま、いいわ。えーと、」

①:自分場の表側1枚破壊して十二獣リクルート。
②:効果で破壊されたらX素材に。

アルケミ「この①の効果で破壊されるカードを、さっきのフィールド魔法で手札のラムやラビーナに対象を移して効果を発動させることが出来るわね。あ、天キを破壊してもいいわね」
ななず「便利だなー」


方合
《十二獣の方合》通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

アルケミ「最後よ!流石に疲れてきたわ」
ななず「まかせてアルケミ。最後は罠!効果は、」

①:場の『十二獣』エクシーズにデッキから『十二獣』素材を補充。
②:墓地から除外して、『十二獣』5枚デッキに戻して1枚ドロー。

ななず「注意点は、②の効果。戻すカードは全て別名じゃないといけないんだね。ただ、『十二獣』カードを戻せるから、魔法罠も戻せるよ」

ななず「こんなところかな、最初は出番無さすぎてどうしようかと思ったけど」
アルケミ「助かったわ。枚数意外と多いのね」
ななず「魔法罠が強力、というか便利だね」
アルケミ「そうね。組むの?」
ななず「組む!」
アルケミ「流石に今回で12体全部は出ないでしょうけど、既に十分戦えそうよね。初心者でも使いやすそうだし」
ななず「簡単にエクシーズ出来るのは使ってて楽しそうだね」
アルケミ「今回も2箱?」
ななず「もうちょっとだけパック買うかもしれないね」
アルケミ「楽しみね!」
ななず「うん!そして実は新しい、えすぷりっとばーど?も気になってる!」
アルケミ「『霊魂鳥』ね。そりゃもう2箱じゃ足りないかもね」
ななず「そ、そうだね」

9月の構築記事を振り返ってみる【ピケステ】

前置き?そんなものはない(笑)9月の記事からピケステさんが選んだオススメしたい記事がこちら。古代の機械水晶機巧デッキ(アンティーク・ギアクリストロン)【遊戯王デッキレシピ】ピケステさん的にはそんなでもないんですけど(笑)、ツイッターでイイネをたくさんいただいたの…




card73709526_1




前置き?そんなものはない(笑)




9月の記事からピケステさんが選んだオススメしたい記事がこちら。




ピケステさん的にはそんなでもないんですけど(笑)、ツイッターでイイネをたくさんいただいたので紹介しておきます。
イイネしてくださった皆さん、ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!



グレイドル壊獣って流行ってますけどそんなに相性良いですかね?奪取したら壊獣出せないし壊獣奪っても新しい壊獣を自分の場に出せないし。
とか言っていざ相手にするとまともにモンスター維持できなくてイラッとするぜ!なんですけど(笑)
爽快感を求めるならSin壊獣オススメです。銀河眼とかタランチュラとか出せるので。



烈旋マクテレからドロッセル×2特殊召喚攻撃攻撃攻撃シミターサーチ特殊召喚攻撃あざっしたーが楽しいです。(笑)
コンボパーツはエメラルドポリスで無理やり揃えましょう。



P召喚とトランプ・ガールのおかげで実質消費無しで毎ターンスターヴとかボルテックスとか出せます。(エグい)



1ターン目のエンド時に高確率で魔導陣ナビゲート&手札ブラマジ揃います。
ピケステさんの魔法使い族好きという思いがデッキに伝わってるからかも?(笑)
とりあえずBMGかわいい。かわいいから2枚採用してます。(本当の理由は黒魔導強化とか呪文書を活かすためです。)



ミドラーシュ&ナビゲートor石版+魔導陣の除外はやっぱり強いですねー。
見習いの打点アップで効果破壊耐性持ちのミドラーシュを戦闘からも守ることができます。
あと影依融合でロッドを墓地に送って自身の効果で回収とかもできます。



ディアボなんかとくっつくビッチ見習いなんて嫌いだ...。(笑...いや、割とマジで)
見習いちゃんはブラマジ含む魔法使い族のものです!
そこ!サーチしたブラマジをすぐに闇の誘惑で除外するなぁ!





以上で~す。


気になるデッキレシピ記事がありましたらぜひチェックしてみてくださいね!