【《アンクリボー》はいくら?】初動相場,買取価格まとめ | Vジャンプ 2019年4月号付録

《アンクリボー》

《アンクリボー》は、《死者蘇生》に関する効果を持つ、新たな「クリボー」モンスターとして注目を集めています。 《アンクリボー》を買いたい、売りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。     《アンクリボ […]

《アンクリボー》

《アンクリボー》は、《死者蘇生》に関する効果を持つ、新たな「クリボー」モンスターとして注目を集めています。 《アンクリボー》を買いたい、売りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。     《アンクリボ […]

【遊戯王 最新情報】《アンクリボー》効果判明! | 「Vジャンプ2019年4月特大号」

《アンクリボー》

「Vジャンプ2019年4月特大号」は2019年2月21日(木)に販売されます。 今回は、新たに効果判明した《アンクリボー》を紹介し、効果を解説します。     「Vジャンプ2019年4月特大号」に《ア […]

《アンクリボー》

「Vジャンプ2019年4月特大号」は2019年2月21日(木)に販売されます。 今回は、新たに効果判明した《アンクリボー》を紹介し、効果を解説します。     「Vジャンプ2019年4月特大号」に《ア […]

【遊戯王 最新情報 フラゲ】再録カード32枚判明!「20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION」 《破滅竜ガンドラX》《リンクリボー》等再録!

20thアニバーサリー レジェンドコレクション

Twitterより最新情報がフラゲされ、「20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(20thアニバーサリー レジェンドコレクション)」の、再録カードが多数判明しました。 「20th ANNIV […]

20thアニバーサリー レジェンドコレクション

Twitterより最新情報がフラゲされ、「20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(20thアニバーサリー レジェンドコレクション)」の、再録カードが多数判明しました。 「20th ANNIV […]

【遊戯王 最新情報】《アンクリボー》収録判明! | 「Vジャンプ4月特大号」

《アンクリボー》

Vジャンプより最新情報がフラゲされ、「Vジャンプ4月特大号」に《アンクリボー》の収録が判明しました。 「Vジャンプ4月特大号」は2019年2月21日(木)に販売されます。 今回は、新たに収録判明した《アンクリボー》を紹介 […]

《アンクリボー》

Vジャンプより最新情報がフラゲされ、「Vジャンプ4月特大号」に《アンクリボー》の収録が判明しました。 「Vジャンプ4月特大号」は2019年2月21日(木)に販売されます。 今回は、新たに収録判明した《アンクリボー》を紹介 […]

【遊戯王 環境】『クリボーエクゾディア』大会優勝デッキレシピ, 採用カードを解説,考察!

『クリボーエクゾディア』大会優勝デッキレシピ解説

【エクゾディア】デッキは、《封印されしエクゾディア》を含む5体のモンスターを手札に揃え、特殊勝利を目指すデッキです。 遊戯王アニメにも登場する最初期からあるデッキで、最近は《クリッター》や《黒き森のウィッチ》が緩和され強 […]

『クリボーエクゾディア』大会優勝デッキレシピ解説

【エクゾディア】デッキは、《封印されしエクゾディア》を含む5体のモンスターを手札に揃え、特殊勝利を目指すデッキです。 遊戯王アニメにも登場する最初期からあるデッキで、最近は《クリッター》や《黒き森のウィッチ》が緩和され強 […]

【遊戯王 最新情報】《リンクリボー》新規判明!素材にできるレベル1まとめ!【最強ジャンプ9月号付録】

遊戯王の最新情報です。最強ジャンプ9月号の付録に《リンクリボー》が新規判明しました。 *画像は7月号のものです。   2017年8月4日、少年誌「最強ジャンプ9月号」が発売されます。 先日、週刊少年ジャンプより […]

遊戯王の最新情報です。最強ジャンプ9月号の付録に《リンクリボー》が新規判明しました。 *画像は7月号のものです。   2017年8月4日、少年誌「最強ジャンプ9月号」が発売されます。 先日、週刊少年ジャンプより […]

《クリボール》再録決定!「クリボー」強化の予兆!?【デュエリストパック レジェンドデュエリスト編】

2017年6月3日に、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 先ほど、公式Twitterより、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に《クリボール》が再録決定しました。   […]

2017年6月3日に、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 先ほど、公式Twitterより、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に《クリボール》が再録決定しました。   […]

【ファンデッキ】マスタールール4対応: 速攻魔法型スウィッチクリボー

おはようございます。ぼーのです。

2016年末にブログで公開してから、まさかのルール変更で1からの考え直しが必要となったクリボーデッキ。新規カードは「このカードを入れるしかない!」と思えるようなカードはなく、入れては外して検討を繰り返しています…

おはようございます。ぼーのです。


2016年末にブログで公開してから、まさかのルール変更で1からの考え直しが必要となったクリボーデッキ。新規カードは「このカードを入れるしかない!」と思えるようなカードはなく、入れては外して検討を繰り返しています。

とりあえず、現状でのデッキをブログに載せておきます。



【マスタールール4対応 速攻魔法型スウィッチクリボー】


悪魔軸クリボー

【メインデッキ】
3・ダークネス・ネオスフィア
3・クリボー
1・クリアクリボー 
1・ハネクリボー 
3・クリボーン 
2・虹クリボー 
2・バトルフェーダー 
2・簡易融合 
1・ワン・フォー・ワン 
1・ハーピィの羽根箒 
1・強制転移
2・ワンチャン!? 
1・ソウルチャージ 
1・手札抹殺 
1・おろかな埋葬
2・クリボーを呼ぶ笛 
1・増殖 
1・ツインツイスター 
2・速攻魔法増幅器 
2・スケープゴート
2・手札断殺 
3・スウィッチヒーロー 
2・イタチの大暴発




〈採用カード解説〉

全体的には、「相手の動きによって展開する」カードが多めになっています。相手依存なので、ファンデッキレベルがせいぜいといったところでしょうか。
ちなみに基本はスウィッチヒーローで相手モンスターと自分モンスターを総入れ替え、相手が出した強力モンスターで相手に送りつけたクリボーを攻撃する形をとります。



①クリボーのメインはトークン生成

リンク召喚にトークンが使えるようになった、と聞いてすぐに思ったのは《増殖》の採用です。フィールドのクリボーをリリースして、トークン生成する効果があります。

 

このカードを採用できるとは思ってもみませんでした。クリボーを語るにはなくてはならないカードなので、嬉しいですね。

ただ、このカードはクリボーのみにしか対応していないので、クリボーを素引きして通常召喚するか、サーチやデッキからの特殊召喚をする必要があります。
クリボーンを早めに墓地に送りたいので、ワンフォーワンやワンチャンはクリボーン用に使いたいところ。

やはり、クリボーを持ってくるなら、クリボーを呼ぶ笛が便利です。



《増殖》を使えば、最多で5体のトークンを作る事ができる為、ファイアウォールドラゴンのリンク召喚に繋げられます。他のカードも同時展開できれば、複数体のリンクモンスターを並べる事もできます。


もちろん、これだけでは安定しないので、現在活躍している、スケープゴートも併用します。トークン生成については、こちらの方が1枚で4体作れるアドバンテージは大きいです。


IMG_20170502_0004 (2)

ただ、トークンを出すターンはかなり制約があるので、相手ターンに出す方が良いでしょう。


②キーカードは速攻魔法

クリボーを呼ぶ笛、増殖、スケープゴートと、主軸にしているカードは全て速攻魔法です。そこで、マニアックなカードですが《速攻魔力増幅器》を入れてみました。

IMG_20170502_0002 (2)

効果は2つ。
⑴墓地の同名カード以外の速攻魔法をデッキに戻す。
⑵相手によって破壊され墓地に送られた場合、デッキから同名カード以外の速攻魔法をサーチできる。

②の効果は、相手には破壊してもらう必要があるものの、その条件さえクリアすれば、必要なキーカードの速攻魔法を手札に加える事ができます。 
なお、今回のレシピには、それに合わせて、ツインツイスター、手札断殺と、速攻魔法で揃えています。

このカードは、コズミック・サイクロンを入れるようなデッキとの対戦だと厳しいと思いますが、魔法・罠を警戒して破壊しようとするデッキが多いと思うので、入れてみました。《アーティファクト・デュランダル》と効果が合いそうなので、アーティファクトを入れてみたい気もしますが、今回は別要素を用意していたので、外しました。



③悪魔族クリボーで攻撃力4000を出す!

「クリボー」モンスターは天使族・悪魔族・機械族になっています。特に、クリボー・虹クリボー・クリボーンは悪魔族であり、比較的多いのが特徴です。
このデッキでは、その悪魔族クリボーを多めにして、このモンスターを入れました。




《ダークネス・ネオスフィア》の召喚条件は、
⑴相手ターンの攻撃宣言時
⑵手札と自分フィールドから悪魔族モンスターを1体ずつ墓地に送る。
となっています。

クリボーを呼ぶ笛なら、⑵の手札かフィールドにクリボーを用意できますし、クリボーンで蘇生すれば、フィールドの悪魔族は確保できます。ネオスフィア自身も悪魔族なので、2枚目が手札にあれば、特殊召喚のコストに使えます。
⑴の条件がかなり厳しいと思いますが、破格の攻撃力4000を出すという、エンタメ要素を優先しました(苦笑)

攻撃力4000以外にも、永続罠を手札に戻す効果を持っていますが、相性の良さそうな永続罠を思い出せなかったので、また考えてみたいと思います。



注意点としては、虹クリボーの墓地からの蘇生やバトルフェーダー(こいつも実は悪魔族)の手札誘発効果を使うと、フィールドからは除外されてしまうので、ネオスフィアの召喚条件には使えないこと。



④エクストラは検討中。リンクとエクシーズがメイン。

エクストラデッキは採用枚数は決めていませんが、以下のモンスターを入れています。

融合)  簡易融合で除去担当
サウザンドアイズ・サクリファイス

エクシーズ) ダメージを与える・キーカードが揃うまで耐える。
No.53 反骨の闘士ライオンハート
LL-リサイトスターリング
LL-アセンブリーナイチンゲール
ゴーストリック・デュラハン
森羅の姫芽宮

リンク) 攻撃の要
ファイアウォール・ドラゴン
トポロジック・ボマー・ドラゴン
デコード・トーカー
電影の騎士ガイアセイバー
リンク・スパイダー



以上になります。

リンク召喚が始まったばかりですから、今後より有用なモンスターが増えてくると思います。それを取り込みつつ、クリボーが活躍できるようなデッキができたらいいなと思います。

サイレント・ソードマンも、戦士族モンスターが増えてくれたらな~ と期待したい(苦笑) 

【駆け引き楽しむファンデッキ】『クリぼーの2016最終型』

おはようございます。連日更新のぼーのです。

ネタはある程度仕上がっていたのですが、所々書き直しをしていたら、結局溜まってしまったので、まとめて放出しています。

LL関連で、レベル1デッキについてカードの紹介をしていました…

おはようございます。連日更新のぼーのです。

ネタはある程度仕上がっていたのですが、所々書き直しをしていたら、結局溜まってしまったので、まとめて放出しています。


LL関連で、レベル1デッキについてカードの紹介をしていましたが、そのほとんどは、クリボーモンスターを主軸としたデッキにそのカードを詰め込んでいます。
私がファンデッキとして組んだ『クリボーデッキ』について、構築とそのプレイングを書き残しておきたいと思います。



【クリボーデッキ(クリぼーの)2016最終型】

デッキの目的
(1)クリボーモンスターを使って、レベル1デッキを組む!
(2)エクストラデッキから強力なモンスターを出して、ビートダウン。

単純明快。






-デッキ構成-

メインデッキのカードを並べてみました。


メインデッキ
モンスター 21枚
魔法 17枚
罠 2枚

クリボーモンスターで10枚、クリボルトを入れたら13枚。けっこう詰め込んだので、堂々とクリボーデッキと名乗れると思います(笑)

ファンデッキ以上の戦いは難しいと思った為、汎用罠をほぼ外しました。神の宣告・警告・通告を入れても回るとは思いますが、この構成の方が相手も面白いと思ってもらえるかと思い、外しました。






エクストラデッキ

融合  4
エクシーズ 10

以前はエクシーズばかりでしたが、シミュレーションを繰り返しているうちに融合を組み込む事にしました。1枠余っているので、とりあえずLLを入れる予定にしています。


写真では分かりにくいところもあるので、ADS上でのレシピも下に載せておきます。





クリボーカード以外の詳しい説明は、レベル1検討の記事がありますので、そちらを参照ください。



【クリボーモンスター、ざっくり解説】

《クリボー・ハネクリボー》
・ダメージ軽減でき、《クリボーを呼ぶ笛》でサーチ、リクルート可能。使い分けができるため、相手の動きに合わせて使い分ける。

《クリボーン》
・手札誘発で戦闘破壊されたモンスターのうち1体を蘇生。ホープライトニングに戦闘破壊されても、これで蘇生できる。
・墓地除外で墓地のクリボーモンスターを好きなだけ蘇生。準備ができていれば、最多5体を蘇生できる、クリボーデッキの切り札。

《サクリボー》
・儀式召喚で使えるカード。今回は不使用。
・墓地除外で1回だけ戦闘破壊を無効にできる。

《クリアクリボー》
・手札誘発で効果ダメージのある効果を無効に。Emトリック・クラウンなどを無効にできる。
・相手の直接攻撃時に墓地除外で1ドロー、レベル1モンスターならそのまま特殊召喚できる。壁モンスター用意できるかも。



《クリボルト》
・実はクリボーモンスターには入らない不遇。
・エクシーズ素材をフィールドから1枚取り除く事で、デッキのクリボルトをリクルート。効果はターン1制限ないため、相手がエクシーズ軸のデッキであれば大活躍。自分のエクシーズモンスターも対象にできるため、相手のデッキに関係なく活躍可能。




【プレイングについて】

私が基本的にイメージしているのが
『ダメージレース』です。

「自分よりも先に相手のライフを0にできたら勝ち」
を考えてのプレイングをすると、このデッキは動かしやすいと思います。

ソウルチャージ・イタチの大暴発を入れているのはその為でもあり、自分のライフが1000くらいになるのは当たり前と思ってプレイしています。



【エクシーズ軸の動き】
ワンキルできるのは、ホープルーツからの展開で、No100 ヌメロンドラゴン。
詳しくは、遊戯王wikiにて。

基本的には2パターン。
①ホープルーツやRR-ラストストリクスから展開できる高攻撃力モンスター。
なお、ホープルーツの展開には、RUMも手札に必要。
②LL-リサイト・スターリングとライオンハートによる、戦闘ダメージを相手に与えるモンスター


相手のフィールドに合わせて、どちらかを選択するか、クリボーたちレベル1モンスターでターン数を稼ぎながら、手札を揃える。



【融合軸の動き】
レベル1デッキの場合、1番先に警戒されるのは『エクシーズ』。次元障壁などを打たれた時の別パターンとして用意。
フリーデュエルなどでは、皆既日蝕の書などで裏側表示に変更されてもエクシーズできなくても、融合は可能。


《スターヴヴェノム・フュージョン・ドラゴン》



いくつかルートはあり、基本的に置換融合を握っている時に使える選択肢。
奇襲攻撃用。破壊されても相手フィールドを荒らせるモンスター。





《捕食植物ドラゴスタペリア》



簡易融合→サウザンドアイズ・サクリファイス + クリボーほか闇属性1体で融合が可能。

サウサクで1体を処理した上で、このモンスターでもう1体を封殺できれば大満足な1枚。ホープライトニングやM-HEROダーク・ロウなど、クリボーデッキの弱点となるカード対策でもあります。




以上が私のクリボーデッキです。

相手が環境デッキであれば、ほぼ勝ち目はありませんが、意外な相手に善戦できる時もあります。
私の尊敬するYP、電車さんとのツイート交流から、駆け引きを楽しめるクリボーデッキ、という形を模索してみました。
自分で名前をつけた『クリぼーの』というデッキ名が、かなり気に入っています。


フリーデュエルではぼちぼち楽しめるデッキのだと思うので、カード店でのフリー対戦には持っていきたいと思います。
今後も『進化』させていきたいと思いますが、今年はこれが最終形。


質問がある方は、コメント欄でもお答えしますので、気楽にコメントください。
アドバイスも頂ければ嬉しいです。


お読み頂き、ありがとうございました。