【ガイア・ジェネシス/強くてオススメカード5選】マーメイル&U.A.参戦!バリアもついにリンクスに登場!

『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「ガイア・ジェネシス」のオススメカードを紹介。 「水精鱗(マーメイル)」に「U.A.(ウルトラアスリート)」の新規参戦。《ギャラクシー・サイクロン》,《波紋のバリア-ウェーブ・ […]

『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「ガイア・ジェネシス」のオススメカードを紹介。

「水精鱗(マーメイル)」に「U.A.(ウルトラアスリート)」の新規参戦。《ギャラクシー・サイクロン》,《波紋のバリア-ウェーブ・フォース》等の汎用枠にも注目です。

ガイア・ジェネシス 収録ラインナップ(スーパーレア以上)

ウルトラレア
E・HEROガイア 水精鱗-メガロアビス
U.A.ファンタジスタ クリッター
鬼ガエル 暗黒界の門
デュアルスパーク ギャラクシー・サイクロン
波紋のバリア-ウェーブ・フォース
スーパーレア
水精鱗-アビスパイク コアキメイル・ウルナイト
コアキメイル・サンドマン 海皇の狙撃兵
海皇の重装兵 勇炎星-エンショウ
ダーク・ヴァルキリア スノーマンイーター
U.A.スタジアム デーモンの斧
U.A.ペナルティ

ソース:【ガイア・ジェネシス】

《U.A.ファンタジスタ》率いるウルトラアスリート

《U.A.ファンタジスタ/U.A. Midfielder》 
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1000
「U.A.ファンタジスタ」の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは「U.A.ファンタジスタ」以外の自分フィールドの「U.A.」モンスター1体を手札に戻し、手札から特殊召喚できる。
(2):このカード以外の自分フィールドの「U.A.」モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを手札に戻し、その後そのモンスターとカード名が異なる「U.A.」モンスター1体を手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

《パーフェクトエース》は流石にダメッ!

先行で盤面を制圧してしまう《U.A.パーフェクトエース》は流石に許されなかったっぽい。

《マイティースラッガー》,《ドレッドノートダンカー》,《フィールドゼネラル》といった殺意高めの所は揃っていますし、個人的な期待値は高めです。

しかし、《U.A.ファンタジスタ》,《U.A.スタジアム》,《U.A.ペナルティ》の3枚がスーレア以上って結構な難易度ですね。

《水精鱗-メガロアビス》率いるマーメイル

《水精鱗-メガロアビス/Mermail Abyssmegalo》 
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2400/守1900
(1):手札からこのカード以外の水属性モンスター2体を墓地へ捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「アビス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):このカード以外の自分フィールドの表側攻撃表示の水属性モンスター1体をリリースして発動できる。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

「水精鱗(マーメイル)」の強さは本物です!

《メガロアビス》,《アビスパイク》,《海皇の狙撃兵》,《海皇の重装兵》の4枚と、「U.A.」以上の難易度になります。…でも、集めたら結構満足感得られそうですよね。

《ギャラクシー・サイクロン》の汎用性

《ギャラクシー・サイクロン/Galaxy Cyclone》 
通常魔法
「ギャラクシー・サイクロン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

1枚で2回機能する除去カードは強いでしょ!

セット不在で墓地に送れないって可能性は捨てきれませんが、まぁ何とかなるでしょ?

とりあえず1枚で2回機能する魔法・罠除去は普通に強いと思います。

《デュアルスパーク》でデュアルを強化!

《デュアルスパーク/Gemini Spark》 
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するレベル4のデュアルモンスター1体をリリースし、フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。

 

「デュアル」強化やったぜ\(^_^)/

待望の「デュアル」強化がやってまいりました。

しかも《デュアルスパーク》ってサポートの中でも最高峰ですよ!超嬉しいです。

《波紋のバリア-ウェーブ・フォース》でデッキバウンス!

《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-/Drowning Mirror Force》 
通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

 

オラオラ系デッキに決められたら超最高ッ!

リンクス次元についに現れた「バリア」シリーズ第一弾ッ!

直接攻撃宣言時って所で他のミラーフォースよりセーフと判断されたんでしょうけど、効果自体は「バリア」の中でも屈指の強さです。

オラオラ系のワンキルデッキに決まったら気持ちいいだろうなぁ…。

管理人が特に期待しているカードはこの5枚です

《クリッター》,《暗黒界の門》,《スノーマンイーター》等、まだまだ気になるカードは沢山ありますが、中でも特に管理人が注目しているのはこの五枚です。

とりあえず「U.A.(ウルトラアスリート)」は組みたいし、ちょっくらパック剥いてみましょうかねぇ~。

【おジャマンダラがさりげなく実装されていた話】OCGより先にリンクスに降り立った新カード!

《おジャマッチング》欲しさに万丈目のイベントを覗いたら……超オドロキッ! OCGでもまだカード化されていないカード、《おじゃマンダラ》が報酬リストにあるじゃーないですか! 今まではOCG⇒リンクスって構図が基本だっただけ […]

《おジャマッチング》欲しさに万丈目のイベントを覗いたら……超オドロキッ!

OCGでもまだカード化されていないカード、《おじゃマンダラ》が報酬リストにあるじゃーないですか!

今まではOCG⇒リンクスって構図が基本だっただけに、そうじゃないパターンがいきなり発生していて正直驚きました……(;^ω^)ソウイウノモアリナノカァ~

おじゃマンダラ

通常魔法
1000ライフポイントを払い、自分の墓地の「おジャマ・グリーン」「おジャマ・イエロー」「おジャマ・ブラック」をそれぞれ1体ずつ選択して発動できる。選択したモンスターを特殊召喚する。

 

1枚で《おジャマ・キング》《おジャマ・デルタハリケーン!》の準備を整えられるナイスカードッ!

リンクスでライフポイント1000のコストは安くはありませんが、OCG基準で考えれば比較的安いコストと言えるでしょう。

効果に関しては特筆する事もないシンプルさに満ちたカードです(笑)。

効果やイラストはタッグフォース版と同じです

遊戯王ファイブディーズ タッグフォース5 - PSP

『タッグフォース(3~5)』をプレイした事がある人ならご存知と思いますが、《おじゃマンダラ》は『タッグフォース』のオリジナルカードとして収録されていた経歴を持っています。

イラスト、効果共に『タッグフォース』版と同じなので、そこからそのまま持ってきたと考えて差し支えなさそうですね。

こういうのがOKとなると、数多に存在する『タッグフォース』オリジナルカード達の実装にも期待がかかります。…「プラズマ戦士エイトム」とか「両生類天使-ミ・ガエル」にもワンチャンあるのか?

トライワイトゾーンの下位互換と言わないでッ!

遊戯王 トライワイトゾーン PHSW-JP059 ノーマルレア

《トライワイトゾーン》の下位互換乙って言わないでッ!

「おジャマ」名称を持つ《おじゃマンダラ》なら《おジャマ・ブルー》でサーチ出来るんだから!

《おジャマッチング》のコストに出来る点を考えても優秀ですし、【おジャマデッキ】的な観点で見るとかなり良いカードだと思いますよ。

もしかしてOCG化も近かったりするのでしょうか?

レジェンドデュエリスト編4にさりげなく混ざってたりして(笑)

でも「おジャマ」は少し前にプッシュされたばかりだしなぁ……(;^ω^)

《おジャマ・デュオ》みたいにレギュラーパックに混入って可能性もあるかな?

【エンパイアオブスカーレット・強くてオススメカード5選】封魔一閃はどれくらいやれるだろうか?

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「エンパイア・オブ・スカーレット」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。 「ヴァンパイア」「インゼクター」と言ったテーマの強化・追加。《雷帝ザボルグ》 […]

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装された最新パック「エンパイア・オブ・スカーレット」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。

「ヴァンパイア」「インゼクター」と言ったテーマの強化・追加。《雷帝ザボルグ》の実装など、気になる収録が多いセットとなってます。

エンパイア・オブ・スカーレット 収録ラインナップ(スーパーレア以上)

ウルトラレア
ヴァンパイア・スカージレット 甲虫装機センチピード
異界の棘紫竜
スーパーレア
ヴァンパイアの使い魔 ヴァンパイアの眷属
甲虫装機ギガマンティス ハンマーラッシュ・バウンサー
幻影の壁 雷帝ザボルグ
雷帝家臣ミスラ ヴァンパイア帝国
シールドバッシュ 封魔一閃

ソース:【エンパイア・オブ・スカーレット】

ヴァンパイア・スカージレット

《ヴァンパイア・スカージレット/Vampire Scarlet Scourge》 
効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2200/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、1000LPを払い、「ヴァンパイア・スカージレット」以外の自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。

 

効果自体は間違いなく強い。しかし、《ヴァンパイアの眷属》からのサーチ先に《ヴァンパイアの支配》が含まれていないのは色んな意味で大きそうです。

②効果が通りだしたら相当有利なのは間違いないですし、このカードをアドバンス召喚するサポートもテーマ内外十分に用意できるとは思います。

組むなら《眷属》《使い魔》ともども頑張って集める必要がありそうですね。

甲虫装機センチピード

《甲虫装機インゼクター センチピード/Inzektor Centipede》 
効果モンスター
星3/闇属性/昆虫族/攻1600/守1200
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から「甲虫装機」モンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードが自分フィールドに存在し、このカードに装備されたカードが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「甲虫装機」カード1枚を手札に加える。
(3):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターのレベルは3つ上がる。

 

「甲虫装機」が強いか弱いかは議論する必要ないでしょう…(;^ω^)

ただ、実装されているカードが《ギガマンティス》、《ホッパー》、《グルフ》、《ウィーグ》、《ギガグリオル》、《ゼクトキャリバー》、《ファイナル・インゼクション》と、若干抑制されているのがポイント。

《ダンセル》、《ホーネット》が許される日は中々に遠そうです。

ハンマーラッシュ・バウンサー

《ハンマーラッシュ・バウンサー/Hammer Bounzer》 
効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2300/守2000
相手フィールド上にカードが存在し、自分フィールド上にカードが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。自分フィールド上に魔法・罠カードが存在せず、このカードが相手モンスターに攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

 

地味目な性能ですが、リリース無しで出せる2300/2000かつ条件付きの「アンティークギア」系効果はまぁまぁ。

まぁ収まるべきデッキに収まればそれなりに活躍できそうでしょうか?

雷帝ザボルグ

《雷帝ザボルグ/Zaborg the Thunder Monarch》 
効果モンスター
星5/光属性/雷族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを破壊する。

 

《雷帝家臣ミスラ》の方が与える影響は大きいでしょうか?

攻撃力2400でモンスター1枚破壊(セットも破壊できる)の扱いやすさは重宝されると思います。

封魔一閃

《封魔一閃/Flash of the Forbidden Spell》 
通常魔法
相手フィールド上のモンスターカードゾーン全てにモンスターが存在している時に発動する事ができる。相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。

 

「空牙団」メタとして実装されるんだと思いますが、《ウィズ》で対策で来てしまいそうなのがちょっと気になります。

モンスターゾーン3枠のリンクスならOCGとは比較にならないほど使いやすいカードでしょうね。とりあえず持っておきたい一枚です。

封魔一閃がどれくらいやれるかに注目

やはり《封魔一閃》への注目度が一番大きいのかな?

個人的には《ザボルグ》《ヴァンパイア》にも頑張ってもらいたいと考えていますが…。

「インゼクター」は今のプールでも結構強そうですが、今後の実装次第ではゴリゴリ伸びるので怖そうです。

【バーニング・ノヴァ:オススメカード5選】まさかの空牙団参戦!【デュエルリンクス最新パック】

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「バーニング・ノヴァ」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。 《ジェムナイト・フュージョン》の実装で【ジェムナイト】はどこまでいけるのか?【電池メン】 […]

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「バーニング・ノヴァ」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。

《ジェムナイト・フュージョン》の実装で【ジェムナイト】はどこまでいけるのか?【電池メン】普通に強そう…等々、【空牙団】【沈黙魔導】環境を穿つ一撃を期待したい最新パック。

バーニング・ノヴァ 収録ラインナップ(スーパーレア以上)

ウルトラレア
E・HEROノヴァマスター 電池メン-業務用
ライトロード・エンジェル ケルビム 聖なる魔術師
霊滅術師カイクウ サンダー・シーホース
ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ 鎖付きブーメラン
砂塵の大竜巻 幻獣の角
スーパーレア
メガロスマッシャーX 電池メン-ボタン型
マドルチェ・プディンセス 微炎星-リュウシシン
速炎星-タイヒョウ 神聖なる魂
俊足のギラザウルス エヴォルテクター・シュバリエ
獄炎のカース・オブ・ドラゴン トレジャー・パンダー
天翔の竜騎士ガイア ジェムナイト・フュージョン

ソース:【バーニング・ノヴァ】

E・HEROノヴァマスター

《E・HERO ノヴァマスター/Elemental HERO Nova Master》 
融合・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2600/守2100
「E・HERO」モンスター+炎属性モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

 

戦闘破壊からのドロー効果が純粋に強いってのもありますが、送り付けられた《ラヴァゴ》を素材にできる素材指定ってのも地味にでかそう。あと、ノヴァマスターはカッコイイよね。

聖なる魔術師

《聖なる魔術師/セイント・マジシャン/Magician of Faith》 
リバース・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 300/守 400
(1):このカードがリバースした場合、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動する。そのカードを手札に加える。

 

「何を回収するの?」という話になる訳ですが、ぶっちゃけ何を回収しても強い気がしています。

管理人は、ドロー札、防御札もりもりの【エクゾディア】デッキに採用してみたいです。

《エネミー・コントローラー》を回収してるだけで結構ウザいはず。

霊滅術師カイクウ

《霊滅術師 カイクウ/Kycoo the Ghost Destroyer》 
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 700
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、相手の墓地のモンスターを2体まで選択してゲームから除外できる。また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はお互いの墓地のカードをゲームから除外できない。

 

【魔導】がミラー用に採用しそうな気配を感じます。

「ゲーテ死すべし、慈悲はない!」

ジェムナイト・フュージョン

《ジェムナイト・フュージョン/Gem-Knight Fusion》 
通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の「ジェムナイト」モンスター1体を除外して発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

 

《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》《ジェムナイト・ラピスラズリ》等が同時収録されている事もあり、期待値はかなり高め。

《ジェムナイト・フュージョン》がこんなに早く実装されるなんて…(ひくしかあるまい)。

鎖付きブーメラン

《鎖付きブーメラン/Kunai with Chain》
通常罠
(1):以下の効果から1つ、または両方を選択してこのカードを発動できる。
●相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。その攻撃モンスターを守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとして、その自分のモンスターに装備する。

 

攻守一体の性能でビートダウンデッキを後押し!

かなり使い勝手の良いカードなので、状況を選ばず安定した働きを見せてくれる事でしょう。

汎用性という面では、今回収録されるカードの中ではずば抜けているかな?

砂塵の大竜巻…ついに来たか

《砂塵の大竜巻》や打点2000ラインの《メガロスマッシャーX》もサラッと混入してますね。

最初は相手の伏せへの対処法・打点1700の《アックス・レイダー》で頭を抱えていたと言うのに…時の流れを感じます。

【クラッシュ・オブ・ウィングスオススメカード5選】まさかの空牙団参戦!【デュエルリンクス最新パック】

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「クラッシュ・オブ・ウィングス」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。 まさかの「空牙団(くうがだん)」実装、「幻獣機」、「ワーム」、「サイキック」強 […]

本記事は、『デュエルリンクス』に新実装される最新パック「クラッシュ・オブ・ウィングス」のオススメカードを管理人が厳選してご紹介する記事です。

まさかの「空牙団(くうがだん)」実装、「幻獣機」、「ワーム」、「サイキック」強化など、テーマ色強めながらも色濃い内容のパックになっています。

クラッシュ・オブ・ウィングス 収録ラインナップ(スーパーレア以上)

ウルトラレア
神禽王アレクトール 万能地雷グレイモヤ
スーパーレア
空牙団の剣士 ビート 幻獣機メガラプター
幻獣機ブラックファルコン ブローバック・ドラゴン
沈黙のサイコウィザード ゼンマイジャグラー
濡れ衣 W星雲隕石

ソース:【クラッシュ・オブ・ウィングス】

空牙団の剣士ビート

《空牙団の剣士 ビート》 
効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1200/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札から「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。デッキから「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を手札に加える。

 

10期からの来訪者、「空牙団」の参戦です。

流石に団長(ラファール)は強いと判断され、今回はお休みのようですが、頼れる《ダイナ》アニキ《ウィズ》の姉御がいるから問題ねぇ!

メインモンスターゾーン3マスという制約は向かい風ですが、持ち前の展開力を武器に頑張って欲しいです。

幻獣機メガラプター

《幻獣機メガラプター》 
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1900/守1000
自分フィールド上にトークンが特殊召喚された時、「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。「幻獣機メガラプター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。自分フィールド上にトークンが存在する限り、このカードは戦闘及び効果では破壊されない。また、1ターンに1度、トークン1体をリリースして発動できる。デッキから「幻獣機」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 

既に実装されている《幻獣機ハリアード》《幻獣機ハムストラット》等を加味すると、かなりの戦力が揃ってきている「幻獣機」。

《メガラプター》《ブラックファルコン》のモンスター2種の追加は勿論ですが、《空中補給》が追加されるのが地味ながら大きいです。

レアリティの高いカードが多いので…やたらリッチなテーマに仕上がってる気がします。

W星雲隕石

《W星雲隕石》 
通常罠
フィールド上に裏側表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。このターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在する爬虫類族・光属性モンスターを全て裏側守備表示にし、その枚数分だけ自分はデッキからカードをドローする。その後、自分のデッキからレベル7以上の爬虫類族・光属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

 

【ワームデッキ】の貴重なエンジンが少し遅れての登場です。

爬虫類族・光属性なら汎用ドロソとして使用できるので、【エーリアンデッキ】への流用も考えられます。…というかそっちでの活躍の方が見かけそうなのが何とも・・・。

沈黙のサイコウィザード

《沈黙のサイコウィザード》 
効果モンスター
星4/地属性/サイキック族/攻1900/守 0
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するサイキック族モンスター1体を選択してゲームから除外する事ができる。このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚する。

 

墓地のサイキック族モンスターを除外して保険を得られるカード。フィールドから墓地へ送られればOKなので、《エネミーコントローラー》等のリリース札との相性も良いです。

素の攻撃力も高くて効果も優秀と言う隙の無さです。

ゼンマイジャグラー

《ゼンマイジャグラー》 
効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1700/守1000
このカードが相手モンスターと戦闘を行った場合、その相手モンスターをダメージ計算後に破壊する事ができる。この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。

 

攻めに回っても受けに回っても確実に仕事をしてくれる優良カード。

この手のカードはリンクス環境でも比較的多いですが、1700で道連れ効果はやっぱり強い。

最近はカードプールの増加で徐々に機能し辛くはなっていますが、まだ頑張れる…はず。

管理人は今回お休みです

「空牙団」は魅力的ですが、「魔導」関連でかなり消耗したので今回はお休みします。

…とうか、まだ《グリモの魔導書》が揃いきってないんですよね…(;^ω^)トホホ

【クルセイダー・バトルグラウンドの当たりカードオススメ5選】聖騎士やサイレントソードマンが登場【デュエルリンクス】

「遊戯王デュエルリンクス」にて最新パック『クルセイダー・バトルグラウンド』が配信開始となりました。 看板モンスターである《サイレントソードマンLv7》の他に、「聖騎士」、「影六武衆」、「インヴェルズ」、「武神(追加)」等 […]

「遊戯王デュエルリンクス」にて最新パック『クルセイダー・バトルグラウンド』が配信開始となりました。

看板モンスターである《サイレントソードマンLv7》の他に、「聖騎士」、「影六武衆」、「インヴェルズ」、「武神(追加)」等々、見所の多い内容です。《沈黙の剣》込みの《サイレント・ソードマン》は中々に侮れませんぞ!

実装日
2018/5/22
収録カード総数
全100種 [UR10種・SR12種・R32種・N46種]
公式サイト
クルセイダー・バトルグラウンド

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

クルセイダー・バトルグラウンドの当たりカードオススメ5選

聖騎士モルドレッド

 《聖騎士モルドレッド》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1000
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードはレベルが1つ上がり闇属性になる。
●1ターンに1度、自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「聖騎士モルドレッド」以外の「聖騎士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚し、自分フィールドの装備魔法カード1枚を選んで破壊する。

 

エクシーズ召喚無しの「聖騎士」がどれ程戦えるかは要検討ですが、「聖剣」魔法カードの性能や展開力は十分に高いので期待できそう。

《栄光の聖騎士団》が実装されている事もあり、《聖騎士トリスタン》+セットの盤面は表側カード破壊のフラグです。

実装される聖騎士カード
  • 聖騎士モルドレッド
  • 聖騎士トリスタン
  • 魔聖騎士ランスロット
  • 聖騎士ガウェイン
  • 聖騎士パーシヴァル
  • 聖騎士ボールス
  • 聖騎士ガラハド
  • 聖騎士ベディヴィエール
  • 栄光の聖騎士団
  • 聖剣アロンダイト
  • 聖剣ガラティーン
  • 聖剣カリバーン
  • 天命の聖剣
  • 聖騎士伝説の終幕

ダーククリエイター

 《ダーク・クリエイター》
効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に闇属性モンスターが5体以上存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスター1体をゲームから除外する事で、自分の墓地の闇属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。

 

条件はそれなりに難しいですが、スロースターターな悪魔族系のデッキでなら普通にピン採用できそう。それ以外のデッキでも採用余地はそれなりにあるかな?

サイレント・ソードマン

 《サイレント・ソードマン LV5》
効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2300/守1000
(1):このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。
(2):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた場合、次の自分ターンのスタンバイフェイズにフィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。手札・デッキから「サイレント・ソードマン LV7」1体を特殊召喚する。

 

画像はlv7ですが、普通に強い《サイレント・ソードマンLv5》に期待大。

《沈黙の剣》を併用すれば維持するのは容易ですし、戦闘突破力・本体への打撃力共に頼もしいです。余裕があれば《Lv7》も狙って行きたい所。

地帝グランマーグ

 《地帝グランマーグ》
効果モンスター
星6/地属性/岩石族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動する。セットされたそのカードを破壊する。

 

攻撃反応の罠やリバースモンスターが普通に機能するリンクス次元ならば《グランマーグ》さんの効果は活かし易いはず。

アドバンス召喚し易いレベル6とそこそこ高い2400打点がポイント。《連撃の帝王》も同時実装なので相手ターンアドバンス召喚が捗ります。

抹殺の使徒

 《抹殺の使徒》
通常魔法
フィールド上に裏側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊し、ゲームから除外する。それがリバース効果モンスターだった場合、お互いのデッキを確認し、同名カードを全てゲームから除外する。

 

刺さるデッキにはとことん刺さるので環境次第ではかなり有効な一撃になりうる一枚。

サイドボードのないルールなのでメイン採用を要求される事だけがネックですが、意外とリンクスなら腐りにくいかな?念の為にこのカードをコストに出来るカードを併用すると良さそうですね。

管理人は「魔導」を集めてるので今回はおやすみ

まさか「魔導」を集めている間に「サイレント・ソードマン」が出てしまうとは…(;^ω^)

デュエルリンクスは環境がコロコロ変わるのが楽しいのですが、目まぐるしすぎて積極的に集めに行くと大変な事になりがちです。「セレクションボックス」もまだ剥き終わってないし…大変だぁ。

【最新パック『ヴィジョン・オブ・アイス』の当たりカードオススメ5選】【デュエルリンクス】

本日は、《青氷の白夜龍(ブルーアイス・ホワイトナイツ・ドラゴン)》が看板を背負った最新セット、『ヴィジョン・オブ・アイス』の実装日。 テーマとしては「魔導」と「ガスタ」、属性的には水風中心って感じでしょうか? 《青氷の白 […]

本日は、《青氷の白夜龍(ブルーアイス・ホワイトナイツ・ドラゴン)》が看板を背負った最新セット、『ヴィジョン・オブ・アイス』の実装日。

テーマとしては「魔導」と「ガスタ」、属性的には水風中心って感じでしょうか?

《青氷の白夜龍(ブルーアイス・ホワイトナイツ・ドラゴン)》は相変わらずカッコイイなぁ…。

『ヴィジョン・オブ・アイス』収録カード

実装日
2018/5/01
収録カード総数
全40種 [UR2種/SR8種/R14種/M16種]
公式サイト
ヴィジョン・オブ・アイス

THEトリッキー(UR)

《THEザ トリッキー》
効果モンスター
星5/風属性/魔法使い族/攻2000/守1200
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。

盤面状況に左右されずにSSできる攻撃力2000

手札一枚で特殊召喚できる2000打点ってだけでもある程度強そう。

能動的にハンドを切りたいデッキや1体リリースのアドバンス召喚を行うデッキとの相性も抜群。結構影響を与えそうな一枚です。

ブリザード・プリンセス(SR)

《ブリザード・プリンセス》
効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2800/守2100
このカードは魔法使い族モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない。

トリッキー以外とのシナジーにも注目

上で紹介した《THEトリッキー》との相性は言うまでもありませんが、既に存在している《魔道化リジョン》等とも相性が良いのでかなり安定して展開できそうな一枚です。

魔法・罠を発動できなくなるのはリンクス環境的にはかなりのダメージ。

魔導書士バテル等(魔導関係)

《魔導書士バテル》
効果モンスター
星2/水属性/魔法使い族/攻 500/守 400
(1):このカードが召喚・リバースした場合に発動する。デッキから「魔導書」魔法カード1枚を手札に加える。

実装済みの「魔導」カードでどこまでやれるか?

同時に実装される《グリモ》、《ネクロ》をはじめとした全8種類の魔導書でどこまで活躍できるかが評価の鍵。

主要所は一応揃っていますし、結構良い所まで行けそうな気はしますが、実際に触ってみないとまだまだ未知数です。

埋葬されし生け贄(SR)

《埋葬されし生け贄》
通常魔法
(1):このターン、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合に1度だけ、モンスター2体をリリースせずに自分・相手の墓地からモンスターを1体ずつ除外してアドバンス召喚できる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

2体リリースアドバンス召喚強化

そもそも特殊召喚する気が無いなら何のデメリットも存在しない便利カードと化す!

自分・相手の墓地に規定数のモンスターが存在しない場合腐る点や2体リリースが必要なアドバンス召喚にしか適用されない点に要注意です。

狡猾な落とし穴(SR)

《狡猾な落とし穴》
通常罠
自分の墓地に罠カードが存在しない場合に発動できる。フィールド上のモンスター2体を選択して破壊する。

このカード以外罠を切るという選択も出来る

《フレシアの蟲惑魔》はいませんが、いなくてもぶっちゃけ強いと思うの。

発動条件に関してはこのカード以外の罠をあらかじめ全切りするって手もありますしねぇ…。

ラモール軸の魔導楽しいからなぁ

【ラモール軸魔導】が組めるという事で内心テンション高めなのは管理人だけではないはず!?

《狡猾な落とし穴》等、環境への影響力が高そうなカードも多いですし、本日の更新(9時頃)は要チェックですよ!

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

【デュエルリンクスが本田君に侵食されちゃった】レジェンドデュエリスト本田ヒロト参戦!?

皆さん、おはようございます(もう昼前)。 デュエルリンクスが本田君に侵食されまくっていて、寝起き開幕から「渇いた笑いがくじけそうな胸を突き刺した」管理人です。 リンクス未プレイの人もいると思うので、レジェンドデュエリスト […]

皆さん、おはようございます(もう昼前)。

デュエルリンクスが本田君に侵食されまくっていて、寝起き開幕から「渇いた笑いがくじけそうな胸を突き刺した」管理人です。

リンクス未プレイの人もいると思うので、レジェンドデュエリスト本田ヒロトの勇姿をお届けします。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

2018/4/1限定「本田ヒロト」参戦!

城之内にデュエルを教えたとかナチュラルに嘘をつくこの堂々たる姿…つ、強いッ!

特殊能力「おみそ」の使い手である本田君は、デュエルに確実に負けるけど相手の得点にもならない特殊性能持ちだったはず。一体どんなデッキを使うのでしょうか?(やっぱりコマンダー?)。

バグって増殖しちゃってるだけでなく、エリアの至る所を本田君がハック!

海馬コーポレーションの完璧なるシステムにバグをもたらすとか本田君半端ねぇ…。

…このカオスな状況…レインボードラゴン復活イベント所の話じゃないですね(笑)。

いざ、デュエルしてみた所…

秒速KO…(;^ω^)

実際にデュエルはなく、対戦開始とともに本田君は玉砕してしまいます。

うーん、流石にエイプリルフールネタの為だけに専用デッキを用意する労力は払えなかったか…。

でも特製デュエルフィールドとスリーブはもらえます

最後はやたら爽やかに真実をカミングアウトして終わるという…(笑)

増殖する本田君を5回撃退するとイベントミッション達成となり、特製デュエルフィールドとスリーブが入手できます。

本日限りのイベントですし、全世界の本田ヒロトファンは忘れずにゲットしておきましょう。

(*’▽’)…コマンダーデッキ見たかったなぁ…。

【最新パック『ランページ・オブ・フォレスト』オススメカード5選】ギガプラント欲しいぞ【デュエルリンクス】

すっかり忘れていましたが、本日は最新パックの更新日! 昆虫族や植物族に特化したパック『ランページ・オブ・フォレスト』の中から管理人が注目するオススメカード5枚をご紹介。 とりあえず《究極変異態・インセクト女王》のインパク […]

すっかり忘れていましたが、本日は最新パックの更新日!

昆虫族や植物族に特化したパック『ランページ・オブ・フォレスト』の中から管理人が注目するオススメカード5枚をご紹介。

とりあえず《究極変異態・インセクト女王》のインパクトがヤベェっすね。

『ランページ・オブ・フォレスト』収録カード

昆虫族・植物族が中心のパックで、テーマとしては「森羅(しんら)」が注目枠って感じでしょうか?

《究極変異態・インセクト女王》、《局所的ハリケーン》、《ライバル・アライバル》等、最近OCG化された新しめのカードも収録されていますゾ!

収録カード一覧は公式サイトでご確認下さい。

外部リンク:【遊戯王デュエルリンクス:ROTF】

アーマード・ビー

遊戯王カード 【 アーマード・ビー 】 PP12-JP002【シークレット】 《 プレミアムパック12 》

効果モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1600/守1200
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在する モンスター1体を選択して発動する。 選択した相手モンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする。

攻撃力3200までを後出し突破できるのは軽視できない

《銀幕》や《分断》を厚く積んでいるデッキなら対処は容易ですが、ハンドを消費して大型をドカンと出すタイプのデッキだと、後出しのコイツに突破されるだけで結構致命傷になりかねません。

デッキによって厄介さが変動する強弱い存在になりそうです。

デビルドーザー

遊戯王カード デビルドーザー SOI-JP024R_WK

効果モンスター
星8/地属性/昆虫族/攻2800/守2600
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の昆虫族モンスター2体を ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。 このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、 相手のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

墓地肥やしさえクリア出来ればかなりの強さ

OCG程簡単には出てこないでしょうけど、それでも墓地リソース2体で出せる2800/2600効果持ちは驚異の強さ。

攻守どちらもハイクラスというパラメーターが、リンクス次元では大きな意味を持ちます。

《超進化の繭》もあるし、「フライング寄生」以外の昆虫デッキ確立への功労カードになりそう。

ギガプラント

遊戯王 PTDN-JP026-N 《ギガプラント》 Normal

デュアルモンスター
星6/地属性/植物族/攻2400/守1200
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、 通常モンスターとして扱う。 フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、 このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 ●1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。 自分の手札・墓地から昆虫族または植物族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

如何にしてフィールドに展開するかがカギ

《スーペルヴィス》も実装済みですし、蘇生したい強力な植物・昆虫族モンスターも比較的豊富。

…問題は如何にしてフィールドに展開するか?ですが、OCGのように《ロンファ》がある訳でもないので、現状だと《薔薇恋人》等を駆使して展開する事になりそうです。

まぁそれでも結構パンチ力はあると思いますよ…2400+αな訳ですし…。

超進化の繭

速攻魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分・相手フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、 デッキから昆虫族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。

召喚条件を無視する恐怖が早くもリンクスに…。

このカードを駆使すれば、《究極変異態・インセクト女王》がいとも容易くデッキから特殊召喚される訳で…。

このカードとこのカードから出て来るモンスターは間違いなく強力。問題は、如何に事故らないようにデッキを構築できるか…でしょうね!

一定数のユーザーは間違いなくこのカードを愛用してくるはず…結構流行る気がします。

ブラック・コア

遊戯王カード 【 ブラック・コア 】 EE1-JP090-N 《エキスパートエディション1》

通常魔法
自分の手札を1枚捨てる。 フィールド上の表側表示のモンスター1体をゲームから除外する。

常時は《使者への手向け》でOKです

現状なら《使者への手向け》で充分ですが、こういうカードを実装してくるという事は、近い将来破壊が通用しないモンスターや強力な墓地効果を持つモンスターが実装されるフラグかもしれません。

このカードを狙いに行くというよりは、ついでにゲットしておけばラッキー枠的な捉え方です。

このカードが必須と言われる環境が来たら…かなりヤバイ状況になっているのは間違いなさそうw

昆虫・植物・森羅が組みたい人は引きましょう

《局所的ハリケーン》も良いとは思ったのですが、ワンキルデッキ狙いなら《封魔の矢》で充分な気もしたので外しました。

とりあえず昆虫・植物(特に森羅)を組んでいる人・これから組みたいと考えている人向けのパックって感じですね。

個人的にデュアルデッキを組んでいる手前、《ギガプラント》は気になりますが、まだ構築が見えていないので保留かな~

【六武衆最強のタッグ・ニサシ&ヤリザ】リンクス次元でも二人はとっても仲良し

前回のクマーな《剣闘獣アンダル》と良い、毎回不可避な弾道でネタをぶち込んでくる『遊戯王デュエルリンクス』ですが、現在開催中のイベント【異次元の塔:風と地の書】には、大人気キャラクター《六武衆-ヤリザ》と《六武衆-ニサシ》 […]

前回のクマーな《剣闘獣アンダル》と良い、毎回不可避な弾道でネタをぶち込んでくる『遊戯王デュエルリンクス』ですが、現在開催中のイベント【異次元の塔:風と地の書】には、大人気キャラクター《六武衆-ヤリザ》と《六武衆-ニサシ》のお二方が登場しています。

あ、ちなみに、上の画像は翔くんがリンクスに来訪した際に、「《デスガイド》も悪くないけど、どうせなら《雷電娘々》か《ブラック・マジシャン・ガール》に会いたいなぁ~」という暴言を吐いた際に紹介されたクマーの図です。デスガイドさんは着々と可愛いけど口悪キャラが定着しつつありますね(笑)。

それでもリンクス次元にあらわれたヤリザ殿&ニサシ殿の熱々っぷりを見て行きましょう。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

リンクス次元でもニサシ&ヤリザは大の仲良し

初登場時のニサシ殿の様子は至って普通。

攻撃力1400から放たれる二連撃(条件付き)は意外と痛いです。

大きな画像で見ると、ニサシ殿の二頭筋発達し過ぎですね。まぁ、二刀流なら必然的にこうなるか…。

方や、ダイレクトアタック(条件付き)の申し子であるヤリザ殿。

ライフポイントが4000であるリンクス次元において、攻撃力1000のダイレクトアタック効果は決して侮れない効果。

どちらも単独なら普通にカッコイイ武者モンスターに他ならないよね…。

でも二人が絡みだすとやっぱりネタ集が強くなる

どちらも至ってまともな発言なのに、どうしてこんなにもネタ臭が強くなってしまうのだろうか?

やっぱりあれか、「〇〇殿」ってのがダメなのか!?

…まぁ、それだけヤリザ&ニサシの二人が開発、ユーザーを含めて愛されている証とも言えますね。

言うなればコレって公式による逆輸入ともとれる描写ですし…(何故かちょっとだけ嬉しい)。

【おまけ】サンダーキッズも中々にイカしてます

このイイ感じにむかつく言い回し…良い。

「キッズを泣かせると大変なんだぞ」って言葉に物凄い圧力を感じます。

他にもやたらベラベラ喋る《カラテマン》も登場するので、気になる人は自分の目で是非とも確認してみて下さい☆

ブロッコリーキャラクタースリーブ ポプテピピック「カウンター」
ブロッコリー (2018-05-12)
売り上げランキング: 39,053