【レイジング・テンペスト:収録カードリスト・当たり封入率】ブル・ホーンさんスーパーレアだったのか…

『レイジング・テンペスト』に収録される全てのカードとレアリティが判明しました。 アニメ関連から既存カテゴリの強化まで幅広く収録された最新セット!魔法・罠版おろ埋である《おろかな副葬》や注目の新カテゴリ「十二獣」など気にな […]

rt

『レイジング・テンペスト』に収録される全てのカードとレアリティが判明しました。

アニメ関連から既存カテゴリの強化まで幅広く収録された最新セット!魔法・罠版おろ埋である《おろかな副葬》や注目の新カテゴリ「十二獣」など気になるカード盛り沢山のラインナップです。

レイジング・テンペスト

12

  • 1パック:5枚入り
  • 1ボックス:30パック入り
  • カード種類:全80種[ウルトラレア 6種/スーパーレア10種/レア18種/ノーマル46種]

ノーマルカード(46種類)

gura

  • RATE-JP002《EMリターンタンタン》
  • RATE-JP003《EMダグダガーマン》
  • RATE-JP005《SR-OMKガム》
  • RATE-JP006《SRバンブー・ホース》
  • RATE-JP007《WW-アイス・ベル》
  • RATE-JP008《WW-スノウ・ベル》
  • RATE-JP010《サイバー・チュチュボン》
  • RATE-JP011《光波異邦臣》
  • RATE-JP012《花札衛-桜に幕》
  • RATE-JP013《古代の機械猟犬》
  • RATE-JP015《十二獣ラビーナ》
  • RATE-JP016《十二獣ヴァイパー》
  • RATE-JP018《十二獣ラム》
  • RATE-JP022《霊魂鳥-忍鴉》
  • RATE-JP023《霊魂鳥-巫鶴》
  • RATE-JP024《霊魂鳥-伝鳩》
  • RATE-JP028《幻創のミセラサウルス》
  • RATE-JP029《見習い魔笛使い》
  • RATE-JP030《河伯(カワノカミ》
  • RATE-JP031《横綱犬(ヨコチュナ)》
  • RATE-JP032《百万喰らいのグラットン》
  • RATE-JP033《ワイトプリンセス》
  • RATE-JP034《メトロンノーム》
  • RATE-JP035《妖精伝姫-シンデレラ》
  • RATE-JP042《古代の機械魔神》
  • RATE-JP052《十二獣タイグリス》
  • RATE-JP055《機械天使の絶対儀式》
  • RATE-JP056《RUM-光波昇華(サイファー・アセンション)》
  • RATE-JP057《札再生》
  • RATE-JP058《ゾディアックS(サイン)》
  • RATE-JP060《霊魂の降神(コーリング)》
  • RATE-JP061《霊魂の拠所(パワースポット)》
  • RATE-JP062《超戦士の萌芽》
  • RATE-JP063《超量必殺アルファンボール》
  • RATE-JP064《霊獣誓還》
  • RATE-JP067《端末世界NEXT》
  • RATE-JP068《迷い風》
  • RATE-JP069《光波分光(サイファー・スペクトラム)》
  • RATE-JP071《十二獣の方合》
  • RATE-JP072《霊魂の円環(ヒーリング)》
  • RATE-JP073《天地開闢》
  • RATE-JP074《不知火流 輪廻の陣》
  • RATE-JP075《マジェスペクター・ガスト》
  • RATE-JP076《煉獄の狂宴》
  • RATE-JP077《魂源への影劫回帰(プルシャドール・アイオーン)》
  • RATE-JP080《肥大化》

レアカード(18種類)

kaosu

  • RATE-JP001《降竜の魔術師》
  • RATE-JP004《EMラフメイカー》
  • RATE-JP009《パラサイト・フュージョナー》
  • RATE-JP014《十二獣モルモラット》
  • RATE-JP020《水晶機巧-リオン》
  • RATE-JP021《水晶機巧-サルファフナー》
  • RATE-JP025《混沌の使者》
  • RATE-JP026《精霊獣使い ウィンダ》
  • RATE-JP036《サイバー・エンジェル-那沙帝弥-》
  • RATE-JP037《霊魂鳥神-姫孔雀》
  • RATE-JP038《霊魂鳥神-彦孔雀》
  • RATE-JP040《WW-クリスタル・ベル》
  • RATE-JP043《WW-ウィンター・ベル》
  • RATE-JP047《炎神-不知火》
  • RATE-JP054《十二獣ワイルドボウ》
  • RATE-JP059《十二獣の会局》
  • RATE-JP070《古代の機械蘇生》
  • RATE-JP079《スウィッチヒーロー》

スーパーレア(10種類)

buruho

  • RATE-JP017《十二獣サラブレード》
  • RATE-JP019《真竜皇リトスアジムD》
  • RATE-JP027《創星神 Tierra》
  • RATE-JP044《超重忍者シノビ-A・C》
  • RATE-JP045《花札衛-五光》
  • RATE-JP050《重装甲列車アイアン・ヴォルフ》
  • RATE-JP051《十二獣ブルホーン》
  • RATE-JP065《おろかな副葬》
  • RATE-JP066《隣の芝刈り》
  • RATE-JP078《影のデッキ破壊ウイルス》

ウルトラレア(6種類)

caos

  • RATE-JP039《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
  • RATE-JP041《古代の機械混沌巨人(カオス・ジャイアント()》
  • RATE-JP046《水晶機巧-グリオンガンド》
  • RATE-JP048《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》
  • RATE-JP049《超銀河眼の光波龍》
  • RATE-JP053《十二獣ドランシア》

ノーマルレアは《メトロンノーム》《妖精伝姫-シンデレラ》《端末世界NEXT》《肥大化》

  • RATE-JP034《メトロンノーム》
  • RATE-JP035《妖精伝姫-シンデレラ》
  • RATE-JP067《端末世界NEXT》
  • RATE-JP080《肥大化》

《おろかな副葬》と《隣の柴刈り》が当たって欲しいぞ…

《ブル・ホーン》さんスーパーレアでしたか…

ネタ枠として定着してしまったブルホーンさんではありますが、効果は超強力なのでスーパーレアも納得です。「十二獣」組もうと考えている人は光物多いので結構多々買う必要がありそうですなぁ~

個人的な注目カードは魔法・罠版おろ埋である《おろかな副葬》と相手とのデッキ枚数差分デッキからカードを墓地へ落とせる《隣の柴刈り》です。(どっちもスーパーレアじゃないか…)

あと、管理人が実際に組んでいる「花札衛」「不知火」については言うまでもなくゲットの所存です。
過去カテゴリ強化カードが入ってるだけで何でこんなに心が躍るんだろう(デッキ構築楽しみ。)

管理人はとりあえず一箱予約しています!
明日の開封結果をお楽しみに~

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

【十二獣(じゅうにしし)デッキ・効果考察】重ねてエクシーズ召喚の極地!会局強えぇ~

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう! 関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカ […]

12

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう!

関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカードまとめ

十二獣(じゅうにしし)モンスター

十二獣モルモラット

morura

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻0/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

収録:【レイジング・テンペスト】

「十二獣」の専属墓地肥やしちゃん。ラビーナやラムなど墓地をいじるカードは少なくないので、墓地肥やし効果は極めて重要。

素材となった場合のリクルート効果は発同名1ターンの制約が無いので、最大「十二獣」モンスターが3体並びます。(何だこいつは…)

怒涛の展開力で未来皇やホープカイザーを出す事も可能ですが、カイザーはエクストラデッキの関係で現実的ではなさそうです。

十二獣ラビーナ

rabi

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻800/守800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1枚取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

《十二獣の会局》でぶっ壊せばリクルートと墓地回収が同時にできる兎ちゃん。

素材となった場合に得られる魔法無効は、自身を対象とする相手の魔法カードのみに対応できる効果なので、結構限定的なので要注意!

十二獣ヴァイパー

vaipa

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守400
①:自分フィールドの獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

収録:【レイジング・テンペスト】

X素材補充を誘発即時で行えるトリックスターポジションの蛇。攻撃力1200アップ&ダメステ後に除外するのバットリとして運用すると相手の計算はほぼほぼ狂うはずです。

①効果は獣戦士族なら「十二獣」モンスターでなくても対象にとれるので 《魁炎星王-ソウコ》にドッキリビックリ素材補充してもOK!

十二獣サラブレード

sarabure

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

収録:【レイジング・テンペスト】

打点の要でありシンプルだが他のカードとの噛合いが素晴らしい手札交換効果を持つ馬くん。

守備貫通を活かせる場面は限定的かもしれませんが、無いよりは有るに越した事はありません。やはり、1600という打点の高さがテーマ内では光りますね~

十二獣ラム

ramu

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻400/守2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

魔法無効の兎ちゃんと双璧を成すのが罠無効の羊くん。

①効果も兎ちゃん同様、《十二獣の会局》での能動的な破壊に適しているのでガンガンぶっ壊していきましょう。兎ちゃんは手札に回収、羊くんは特殊召喚と覚えておこう!

十二獣ブルホーン

buruho

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

収録:【レイジング・テンペスト】

通常召喚可能な獣戦士族なら何でもデッキからサーチできる超有能な牛さん。

今話題の《熱血獣王ベアーマン》をサーチするのはこの人の役目です。ポスターでビジュアルが判明した時はお笑い枠的な扱いを受けていましたが、優秀過ぎて逆に笑えるレベルです。(乾いた~♪)

十二獣タイグリス

taigunisu

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

タイグリスという言葉にはメスの虎、残忍な女、あばずれ女などの意味がある様で…なんだか色んな意味であざとすぎる虎娘。

②は状況に応じて自身の素材を交換したり、味方の「十二獣」モンスターへと素材を供給したりと柔軟に動ける優秀な効果。墓地の肥え方が性能に直結するので、要下準備です。

十二獣ドランシア

doransia

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

テーマの顔になるであろうウルトラレア枠の辰姉さん。

表側表示のカード限定ではありますが、フリーチェーンの除去効果は言うまでもなく優秀。表側ならば相手・自分を問われていないので、ラビーナやラムを破壊するのにも使えて便利です。

十二獣ワイルドボウ

wairudo

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。
③:持っているX素材の数が12以上の好カードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

収録:【レイジング・テンペスト】

一瞬、猿に見えたけど実は亥枠のダイレクトアタッカー!

③効果は流石に何かしらの専用サポートが無いと難しいと思いますが、②の直接攻撃は素材によってパワーアップしていく「十二獣」に持たせるには危険すぎる効果です。タイグリスなどの素材補充効果を駆使して、打点を高めて相手を屠れ!

十二獣(じゅうにしし)魔法・罠

ゾディアックS(サイン)

zode

フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、 その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

竜剣士絡みのテーマだったのか…(色々と納得)

打点維持が不安定なテーマだけに、②の攻撃対象抑止効果は有り難いですね!
③の効果によって身代わり役を買って出てくれるのはラビーナちゃんとラムくんでしょうな…(ただの破壊耐性より厄介なんだが…)

十二獣の会局

kaigou

永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、 自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

ラビーナやラムを破壊してデッキから「十二獣」モンスターをリクルートしよう(提案)

自身を対象にして①効果を発動した場合に効果が不発になるかどうかはとりあえず裁定待ち。永続魔法なので、基本的には無理なはずですがね…。(流石にできたら強すぎる…勘弁してくれ)

あと、このカードの判明により、《飛翔するG》をメタ札として運用するプランが怪しくなりました。(やっぱり増G安定かな)

イラストではラビーナがヒャッハーしてます…

十二獣の方合

hougou

通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【レイジング・テンペスト】

デッキから素材補充とか大胆すぎます(褒め言葉)

そして、②は「十二獣」カード専用の《貪欲な壺》と言った感じの効果。エクストラデッキ消費の激しいテーマなので戻すカードには困らなさそうです。モンスター以外も対象にできる上にドローも嬉しい良カードです。

やばい予感しかしませんね…(本当に…)

情報が出る度にヤバイ予感がどんどんと膨らんでいきますねぇ~
モンスターだけでも相当なもんだと思っていたのに…
まさかサポート魔法までこんなに強いとは…(会局やばいよ)

現在の所、期待と不安
4:6って所ですw

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

【十二獣(じゅうにしし)デッキ・効果考察】重ねてエクシーズ召喚の極地!会局強えぇ~

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう! 関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカ […]

12

「十二獣(じゅうにしし)」の概要が大体見えてきたので、本日は解説&考察記事です。重ねてエクシーズ召喚の極地…「十二獣(じゅうにしし)」デッキについてみんなで考えてみよう!

関連記事:【十二獣(じゅうにしし)と相性の良いカードまとめ

十二獣(じゅうにしし)モンスター

十二獣モルモラット

morura

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻0/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

収録:【レイジング・テンペスト】

「十二獣」の専属墓地肥やしちゃん。ラビーナやラムなど墓地をいじるカードは少なくないので、墓地肥やし効果は極めて重要。

素材となった場合のリクルート効果は発同名1ターンの制約が無いので、最大「十二獣」モンスターが3体並びます。(何だこいつは…)

怒涛の展開力で未来皇やホープカイザーを出す事も可能ですが、カイザーはエクストラデッキの関係で現実的ではなさそうです。

十二獣ラビーナ

rabi

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻800/守800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1枚取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

《十二獣の会局》でぶっ壊せばリクルートと墓地回収が同時にできる兎ちゃん。

素材となった場合に得られる魔法無効は、自身を対象とする相手の魔法カードのみに対応できる効果なので、結構限定的なので要注意!

十二獣ヴァイパー

vaipa

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守400
①:自分フィールドの獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

収録:【レイジング・テンペスト】

X素材補充を誘発即時で行えるトリックスターポジションの蛇。攻撃力1200アップ&ダメステ後に除外するのバットリとして運用すると相手の計算はほぼほぼ狂うはずです。

①効果は獣戦士族なら「十二獣」モンスターでなくても対象にとれるので 《魁炎星王-ソウコ》にドッキリビックリ素材補充してもOK!

十二獣サラブレード

sarabure

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

収録:【レイジング・テンペスト】

打点の要でありシンプルだが他のカードとの噛合いが素晴らしい手札交換効果を持つ馬くん。

守備貫通を活かせる場面は限定的かもしれませんが、無いよりは有るに越した事はありません。やはり、1600という打点の高さがテーマ内では光りますね~

十二獣ラム

ramu

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻400/守2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

収録:【レイジング・テンペスト】

魔法無効の兎ちゃんと双璧を成すのが罠無効の羊くん。

①効果も兎ちゃん同様、《十二獣の会局》での能動的な破壊に適しているのでガンガンぶっ壊していきましょう。兎ちゃんは手札に回収、羊くんは特殊召喚と覚えておこう!

十二獣ブルホーン

buruho

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

収録:【レイジング・テンペスト】

通常召喚可能な獣戦士族なら何でもデッキからサーチできる超有能な牛さん。

今話題の《熱血獣王ベアーマン》をサーチするのはこの人の役目です。ポスターでビジュアルが判明した時はお笑い枠的な扱いを受けていましたが、優秀過ぎて逆に笑えるレベルです。(乾いた~♪)

十二獣タイグリス

taigunisu

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻?/守?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事も出来る。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

タイグリスという言葉にはメスの虎、残忍な女、あばずれ女などの意味がある様で…なんだか色んな意味であざとすぎる虎娘。

②は状況に応じて自身の素材を交換したり、味方の「十二獣」モンスターへと素材を供給したりと柔軟に動ける優秀な効果。墓地の肥え方が性能に直結するので、要下準備です。

十二獣ドランシア

doransia

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

テーマの顔になるであろうウルトラレア枠の辰姉さん。

表側表示のカード限定ではありますが、フリーチェーンの除去効果は言うまでもなく優秀。表側ならば相手・自分を問われていないので、ラビーナやラムを破壊するのにも使えて便利です。

十二獣ワイルドボウ

wairudo

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。
③:持っているX素材の数が12以上の好カードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

収録:【レイジング・テンペスト】

一瞬、猿に見えたけど実は亥枠のダイレクトアタッカー!

③効果は流石に何かしらの専用サポートが無いと難しいと思いますが、②の直接攻撃は素材によってパワーアップしていく「十二獣」に持たせるには危険すぎる効果です。タイグリスなどの素材補充効果を駆使して、打点を高めて相手を屠れ!

十二獣(じゅうにしし)魔法・罠

ゾディアックS(サイン)

zode

フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、 その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

竜剣士絡みのテーマだったのか…(色々と納得)

打点維持が不安定なテーマだけに、②の攻撃対象抑止効果は有り難いですね!
③の効果によって身代わり役を買って出てくれるのはラビーナちゃんとラムくんでしょうな…(ただの破壊耐性より厄介なんだが…)

十二獣の会局

kaigou

永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、 自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

収録:【レイジング・テンペスト】

ラビーナやラムを破壊してデッキから「十二獣」モンスターをリクルートしよう(提案)

自身を対象にして①効果を発動した場合に効果が不発になるかどうかはとりあえず裁定待ち。永続魔法なので、基本的には無理なはずですがね…。(流石にできたら強すぎる…勘弁してくれ)

あと、このカードの判明により、《飛翔するG》をメタ札として運用するプランが怪しくなりました。(やっぱり増G安定かな)

イラストではラビーナがヒャッハーしてます…

十二獣の方合

hougou

通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。 デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【レイジング・テンペスト】

デッキから素材補充とか大胆すぎます(褒め言葉)

そして、②は「十二獣」カード専用の《貪欲な壺》と言った感じの効果。エクストラデッキ消費の激しいテーマなので戻すカードには困らなさそうです。モンスター以外も対象にできる上にドローも嬉しい良カードです。

やばい予感しかしませんね…(本当に…)

情報が出る度にヤバイ予感がどんどんと膨らんでいきますねぇ~
モンスターだけでも相当なもんだと思っていたのに…
まさかサポート魔法までこんなに強いとは…(会局やばいよ)

現在の所、期待と不安
4:6って所ですw

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

【十二獣(じゅうにしし)デッキ:注目カードまとめ】天キ・ベイゴマ・インヴォ―カーなど

想像以上にヤバそうなテーマである事が判明したので注目度赤マル急上昇中の「十二獣(ジュウニシシ)」デッキ。今から楽しみにしている人もきっと多い事でしょうし、これだけ注目されていると、管理人的にも放っておけません! ってな感 […]

12

想像以上にヤバそうなテーマである事が判明したので注目度赤マル急上昇中の「十二獣(ジュウニシシ)」デッキ。今から楽しみにしている人もきっと多い事でしょうし、これだけ注目されていると、管理人的にも放っておけません!

ってな感じで「十二獣」カード考察記事を書こうかな~とも考えたのですが、まだ未判明のカードも多いので、とりあえずそれは様子見にして、「十二獣」デッキでの影響で注目されているカードをまとめてみました。まぁ、大体がすでに高騰気味のカードばっかりです。(独楽くんまた騰がってる~)

「十二獣」デッキで使いそうな注目モンスター

SR(スピードロイド)ベイゴマックス

beigo

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
「SRベイゴマックス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「SRベイゴマックス」以外の 「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

収録:【ブースターsp:ハイスピード・ライダーズ】

ランク3エクシーズを起点にするデッキならばほぼ間違いなくお呼びがかかる汎用性の獣。

「十二獣」デッキでは、獣戦士族・レベル4・地属性モンスターをデッキからリクルートできる裏ソウザさん《M.X-セイバー インヴォーカー》をエクシーズする為に過労死してもらいましょう。

改訂前に値段が下がり、その後V字回復を繰り返す…色んな意味で凄いモンスターですw

M.X-セイバー インヴォーカー

mx

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/戦士族/攻1600/守 500
レベル3モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキから、戦士族または獣戦士族の地属性・レベル4モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

収録:【アドバンスド・トーナメントパック2016 VOL.4】

「十二獣」の情報が出て一気に注目度がアゲアゲ時代に突入。しかし、すぐさま【アドバンスド・トーナメントパック】にて再録されることが判明して落ち着く事に…。

【デュエリストボックス】のシク版裏ソウザさんの輝きは格別!

熱血獣王ベア―マン

bea

効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻2600/守2700
このカードはリリースなしで召喚できる。 この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1300になる。 また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。 自分フィールド上の全ての獣戦士族・レベル4モンスターのレベルを エンドフェイズ時まで8にする。 このカードをエクシーズ召喚の素材とする場合、 戦士族・炎属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。

収録:【Vジャンプエディション8】

大人気遊戯王ブログ”やさしくころして”の(しらこさん)が考案したベイゴマくん1枚からたくさんドローして気持ちよくなる為の流れ(詳しい流れについては”やさしくころしてさん”で楽しく学べるのでそちらがオススメ)で使用する熱血獣王…その名もベア―マン。

熱血指導王ジャイアントレーナー

neltuketu

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/戦士族/攻2800/守2000
レベル8モンスター×3
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 デッキからカードを1枚ドローし、お互いに確認する。 確認したカードがモンスターだった場合、 さらに相手ライフに800ポイントダメージを与える。 この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。 「熱血指導王ジャイアントレーナー」の効果は1ターンに3度まで使用できる。

収録:【Vジャンプエディション8】

ベア―マンからエクシーズに繋げて3ドローする用のカード。「ンン~熱血指導ッ~」って小気味よい片桐プロのセリフが今にも聞こえてきそうですね!(やったぜ宮野くん)

FNo.0 未来皇ホープ

未来皇ホープ

エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻 0/守 0
「No.」モンスター以外の同じランクのXモンスター×2
ルール上、このカードのランクは1として扱う。
①:このカードは戦闘では破壊されず、 このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターのコントロールをバトルフェイズ終了時まで得る。
③:フィールドのこのカードが効果で破壊される場合、 代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

収録:【ネクスト・チャレンジャーズ】

「No.」モンスター以外のランク4エクシーズが並びまくるので未来皇をたくさん並べる事も可能。
「1ターンスリィ~未来皇~」も夢じゃない!?(場が膠着しちゃうw)

魁炎星王-ソウコ

souko

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/獣戦士族/攻2200/守1800
獣戦士族レベル4モンスター×2
このカードをエクシーズ召喚した時、 デッキから「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚をセットできる。 また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、 獣戦士族以外のフィールド上の全ての効果モンスターの効果を 相手ターン終了時まで無効にする。 このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、 自分フィールド上の表側表示の「炎舞」と名のついた 魔法・罠カード3枚を墓地へ送る事で、 同じ攻撃力を持つレベル4以下の獣戦士族モンスター2体を デッキから守備表示で特殊召喚する。

収録:【コスモ・ブレイザー】

レベル4獣戦士族テーマなんでとりあえず入れておこう感。下の効果まで見ようとすると少しシンドイですが、「炎舞」サーチと無効化効果だけでも十分強そう。

「十二獣」で使いそうな魔法カード

炎舞-天キ

tenki

永続魔法
「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、 デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

収録:【レアリティ・コレクション等】

騰がる事を宿命づけられた運命のカード。獣戦士族デッキある時…天キ有り。
最早説明不要のド安定カードです。

ギャラクシー・ウェーブ

gw

永続魔法
自分がエクシーズ召喚に成功する度に、 相手ライフに500ポイントダメージを与える。

収録:【オーダーオブカオス】

怒涛の連続エクシーズで相手のライフポイントを直火焼き。実際に使用するかどうかは要試案ですが、これだけ連続エクシーズできるのであればダメージは結構馬鹿になりませんねw

まだまだたくさんありそうだ…

hisyou

メタカードとして《飛翔するG》にも注目が集まっているようですが、これは《増殖するG》ではダメなのかな?風の噂で増G投げたら《暗黒のマンティコア》二枚でドローループ死させられるとは聞いたけど…。

まぁ、探せばドンドン出てきそうですね~
「十二獣」フィーバーはまだまだ続きそうな予感です…。

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX

【重ねてエクシーズ召喚:《十二獣(じゅうにしし)ドランシア》効果考察】ある意味究極のエクシーズテーマかも!?

10月8日発売『レイジング・テンペスト』にて新規収録される「十二獣(じゅうにしし)」の紅一点(?)である《十二獣ドランシア》の効果詳細が販促用ポスターから判明しました。 現状だとドランシアしか判明していませんが、重ねてエ […]

12

10月8日発売『レイジング・テンペスト』にて新規収録される「十二獣(じゅうにしし)」の紅一点(?)である《十二獣ドランシア》の効果詳細が販促用ポスターから判明しました。

現状だとドランシアしか判明していませんが、重ねてエクシーズ召喚を戦術の一つとするエクシーズテーマである事はほぼ間違いなさそうです。公式がTwitterで言っていた「新たなX召喚の可能性を体感しよう!」ってのはこういう事だったのね…

それでは”新たなエクシーズ召喚の可能性”とやらの一端を見てみましょう!

十二獣ドランシア

12

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、 このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

収録:【レイジング・テンペスト】

みんな大好き(?)重ねてエクシーズ召喚を搭載したエクシーズモンスター。
正規召喚する為にはレベル4モンスター×4という重いってレベルではない素材を要求されるので、基本的に重ねて出すのがメインになるはずです。

X素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分攻守がアップする永続効果を持っていますが、この効果は素材となる「十二獣」モンスター次第なので評価待ち。
素材になった場合に効果を得るタイプの種ポケモンスターが存在するならばそれも相まって凄い事になりそうな予感はありますが…。

②は扱い易い表側表示カード破壊効果。表側表示なら種類を問わず破壊できる上に相手ターンにも発動できるので強いのは間違いなしです。もし、テーマ内に下級の獣戦士族「十二獣」モンスターが存在するのであれば、《炎舞-天キ-》と共に出張できる可能性すらありそうです。

同名以外の「十ニ獣」モンスターになら何でもOK!?

seikuri

例としてセイクリッド・ダイヤを挙げますが、これ系のモンスターのテキストには”「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」以外の 自分フィールドの「テラナイト」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。”的な感じでバッチリとXモンスターと記されているのが当たり前です。

しかし、ドランシアのテキストはというと…”「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、 同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。”となっているので、Xモンスターを指定していません。

要するに「十二獣」モンスターなら何にでも重ねられるって事だね…。(エクシーズ召喚とはいったい…。)

ここからは予想(妄想)…

ekusutora

管理人による「十二獣」のコンセプト予想

①:レベル4テーマに見せかけて実はレベルもランクもバラバラ。
②:メインデッキの「十二獣」モンスターは干支モンスターか干支を模した武器で獣族。
③:ポスターの武装少年少女たちは全員エクシーズモンスター。(しかし、この予想だと十二支分出してると凄いカード量になってしまうw)
④:メインデッキの「十二獣」モンスターはエクストラソードみたいな素材となった場合に親モンスターに効果を付与する効果を持っている。
⑤:手札からフィールドの「十二獣」Xモンスターを対象に自らをX素材とする事が出来る的な効果を持っている。(武器を手にする事でエクシーズ召喚&新たに武器を手にするイメージ)

ーーーと、ここまで予想(妄想)してみました。(少しは当たってて欲しい…)

最初はいまいちピンと来てなかったけど色々と妄想している内に興味がふつふつとわいてきました
まぁ、29日(体験会)になれば全てが分かるよね…(色んな意味で楽しみですw)

Amazon:遊戯王アーク・ファイブ OCG レイジング・テンペスト BOX