【リターナブル瓶(ジャー)|効果・収録決定】活路エクゾみたいな和睦、咆哮大量構造で使われると凄そうw【チェーンバーンとかもあり?】

遊戯王OCG公式ツイッターにて、『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』収録新規カード《リターナブル瓶(ジャー)》が公開されました。 墓地の罠を除外して別の墓地の罠を回収するという事は、墓地に罠が相当落ちやすいデッキ・テーマじ […]

遊戯王OCG公式ツイッターにて、『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』収録新規カード《リターナブル瓶(ジャー)》が公開されました。

墓地の罠を除外して別の墓地の罠を回収するという事は、墓地に罠が相当落ちやすいデッキ・テーマじゃないと成立しないという事です。

しかし、毎ターンきちっと機能したら流石に強いでしょうし、噛み合ったら結構ヤバイカードかもしれませんね。

ソース:【遊戯王OCG公式ツイッター】
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

リターナブル瓶(ジャー):効果

《リターナブル瓶ジャー》
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から罠カード1枚を除外して発動できる。そのカードとは元々のカード名が異なる罠カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

リターナブル瓶(ジャー):注目ポイント

注目①:永続罠なのがとにかく偉い!

維持すれば毎ターンアドを稼ぐ装置と化すッ!

罠大量なデッキならコスト面も回収面も困らないと思うので、とにかく罠に尖ったデッキに採用しましょう。

遅いのは重々承知の助ですが、その遅さを許容できるデッキ(和睦、咆哮モリモリ構築)なら超絶やっかいなカードに化けるかもしれません。

注目②:罠なら何でも回収できる

通常罠・永続罠・カウンター罠何でも回収OK!

除外した罠カードと元々のカード名が異なる必要があるので、いろんな罠カードを搭載するデッキである必要がありそうです。

注目②:腐ることなく毎ターン働き続けろ!

設置したら毎ターン腐ることなく働き続くことが出来るか否か?

このカードを採用するなら、絶対に腐らさないという鉄の意志は欲しい所です。

腐っちゃうとマジでどうしようもない置物になっちゃいますからねぇ…(白目)

通常罠は回収し易いイメージ(トラップトリックを除外コストに)

《トラップトリック/Trap Trick》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、
その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

 

《トラップトリック》対応の通常罠に関しては、引っ張り出す為に使用した《トラップトリック》を除外して回収ってのが出来て相性良さそうです。《トラップトリック》は日に日に手広くなってるなぁ~

どんなデッキで使うのが強いのだろうか?

《和睦の使者/Waboku》
通常罠
(1):このターン、自分のモンスターは戦闘では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

 

じっくり考えた訳ではありませんが、イメージ的には【活路エクゾ】みたいな特殊なデッキで強いのではないでしょうか?

《和睦の使者》を除外して《威嚇する咆哮》回収、《威嚇する咆哮》除外して《和睦の使者》回収、《活路への希望》を除外して《和睦の使者》or《威嚇する咆哮》回収etc…みたいな(笑)。

想像しただけで「うげぇぇぇぇ」ってなりそうな状況。…全力で割らなくては(笑)。

後は、【チェーンバーン】【バージェストマ】とか?流石に安易かな?

他の「ライズ・オブ・ザ・デュエリスト」収録カードはコチラ

関連記事:【ライズ・オブ・ザ・デュエリスト |収録カードリスト・最新情報まとめ】一口効果解説付き!戦華は相当強くなりそう!

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

【進化する大捕り物】大捕り物天界蹂躙拳、大捕り物一滴等、日々活用法を広げる強カード!

「レアリティコレクション」でも再録された《大捕り物》について。 テキトーに使ってもコントロール奪取による強力な妨害が出来るカードですが、奪ったモンスターを有効に活用出来たら更に強い動きが出来るのがこのカードの良い所です。 […]

「レアリティコレクション」でも再録された《大捕り物》について。

テキトーに使ってもコントロール奪取による強力な妨害が出来るカードですが、奪ったモンスターを有効に活用出来たら更に強い動きが出来るのがこのカードの良い所です。

近々で追加(今後増える)されたカードでも相性の良いカードが結構あるので、本日は管理人のお気に入り活用法を交えながら《大捕り物》について振り返ってみましょう。

「大捕り物」は日々進化する

《大捕り物/Crackdown》 
永続罠
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

展開の起点となるような起動効果持ちを拝借したり、純粋に頭数を奪ってエクストラの展開を阻害したりできる強力な罠カードです。

奪ったモンスターは返しのターンにリンク召喚リソースとして使う事で安全に処理できるのですが、各種リリースアクションと組み合わせる事で更なるシナジーを形成するものもあります。

《弩弓部隊/Ballista Squad》 
通常罠
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

分かり易いものだと、《大捕り物》で奪ったモンスターを《弩級部隊》のリリースに使用して、相手の破壊耐性持ちをリリースしながらもう一枚破壊みたいな流れでしょうか?

攻撃・効果発動ができず、奪取維持が不安定なモンスター(除去られると戻る)はサッサと処理してしまった方が安全という思考ですね。

大捕り物で奪ったモンスターを展開蹂躙拳のコストに使う

《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》 
特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの「幻魔皇ラビエル」1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターの攻撃力は倍になり、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札に加える。

 

個人的に最近頻繁にやってるのがこのコンボ!

何らかの理由(大体解門のコスト)で墓地に落ちた《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》で奪った相手のモンスターをリリースして回収(シンプル)。

回ってる時はリンクのリソースに使ってもいいんですが、割と状況を選ばずに使えるこの組み合わせも結構重宝します。

大捕り物で奪ったモンスターと罠をコストに《禁じられた一滴》を使う

《禁じられた一滴》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 

一昨日公開された《禁じられた一滴》を使ったコンボも素敵。

奪った相手モンスターと《大捕り物》を墓地に送って発動する事で、モンスターと罠にチェーンされない《禁じられた一滴》の出来上がり!

コスト問題も解消しつつチェーン不可の範囲も広げるナイスコンボです。

再録されて本当に良かったよね

罠不遇の時代と言われることも多いですが、《無限泡影》や《大捕り物》等、他の種類のカードに後れを取ってないこれらカードの存在は偉大です。

今後も末永くお世話になるカードでしょうし、このタイミングで再録されて本当に良かったですよね。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
Amazon

 

【MAYAKASHI MAYHEM効果考察】EXデッキからの特殊召喚に対応してないってマジ?蘇生効果・カード前提なのかぁ・・・

海外新規カード《MAYAKASHI MAYHEM》の効果考察記事です。 これ、一部効果を読み間違えてしまっていたんですが、エクストラデッキからの特殊召喚に対応してないってマジ? ターン1は無いけど、墓地蘇生誘発限定ってな […]

海外新規カード《MAYAKASHI MAYHEM》の効果考察記事です。

これ、一部効果を読み間違えてしまっていたんですが、エクストラデッキからの特殊召喚に対応してないってマジ?

ターン1は無いけど、墓地蘇生誘発限定ってなると安定して複数回発動させるのは相当厳しそうですねぇ・・・。

MAYAKASHI MAYHEM

原文
Continuous Trap
If a Zombie Synchro Monster(s) is Special Summoned, except the Extra Deck, even during the Damage Step:
You can apply 1 of the following effects.
You cannot apply that same effect of “Mayakashi Mayhem” for the rest of this turn.
●Draw 1 card.
●Set 1 “Mayakashi” Spell/Trap directly from your Deck, except “Mayakashi Mayhem”.
●Send the 1 monster with the lowest ATK your opponent contorols to the GY (your choice, if tied).
●Inflict 800 damage to your opponent.
You can only activate the effect of “Mayakashi Mayhem” once per Chain.
翻訳
永続罠
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):EXデッキ以外からアンデット族Sモンスターが特殊召喚された場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「Mayakashi Mayhem」の効果で同じ効果を適用できない。
●自分はデッキから1枚ドローする。
●デッキから「Mayakashi Mayhem」以外の「魔妖」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
●相手フィールドの攻撃力が1番低いモンスター1体を墓地へ送る。
●相手に800ダメージを与える。

参考:【遊戯王Wiki】

EXデッキからの特殊召喚に対応していない


△波旬で刻めると思ってました

うっかり読み飛ばしていたんですが、これってEXデッキからの特殊召喚に対応してないんですね。

まぁ、「魔妖」って連続シンクロがウリなので、もし対応していたらドロー、セット、除去、800バーンで凄い事になっていたのは事実ですが、罠だし対応してても良くね?って思うのは私だけでしょうか?

最初読んだ際はてっきり対応しているもんだと思い込んでいて・・・「成立したら凄い!」って思っていただけに少し残念です(笑)。

《逢華妖麗譚-魔妖語》 や《魔妖変生》等の蘇生札を前提としたカード


△蘇生札が多いのは良い事ですが・・・

正規によるEXからの特殊召喚がトリガーにならないという事は、「魔妖」シンクロモンスターのセルフ蘇生効果またはテーマ内の蘇生札(《逢華妖麗譚-魔妖語》 や《魔妖変生》等)を前提とした効果という事になります。

まぁ、一部の効果が優秀なのは事実ですし、維持して継続運用できれば悪く無いとは思いますが、安定して継続運用させるのって相当難しいですよね・・・。

《魔妖廻天》でサーチ可能なのは明確な強み

《魔妖廻天/Mayakashi Return》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「魔妖廻天」以外の「魔妖」カード1枚を選び、手札に加えるか墓地へ送る。

 

《魔妖廻天》でサーチできるのでピン刺しでも機能し易いってのは良い事だと思います。

まぁでも、《魔妖廻天》があるから「魔妖」は全体的に抑え気味で新規が作られてるってのもありそうだからなぁ・・・(なんとも言えない)。

いやいやいや、それでも強みは強みだ・・・(思い直す)。

どのモードが一番強いだろうか?

シンプルに考えて、ドロー・セット・墓地送りの3つに絞られると思いますが、個人的には相手ターンでの妨害になる墓地送りがイチオシです。

《麗の魔妖-妖狐》を蘇生したら単純に2枚除去になるって事ですし、リンク、シンクロ、エクシーズにつながる前の段階を挫ければ、相手に相当な痛手を負わせることができるはずです。

「魔妖」のテーマ内に破壊以外の除去方法が無い事を考慮しても、この墓地送りってのは良いですよね。

後はドローとセットの強さが状況依存・バーンが最後って所かな?

純魔妖(まやかし)でピン運用っすかね

《魔妖廻天》からのサーチ前提でピン採用って感じすかね?

イラストも効果も悪い訳じゃないんですが、やはり毎回安定して墓地蘇生ムーブまで行ける訳じゃないのがね・・・。

まぁ、ヘルとかあるから以前よりは安定するだろうけど・・・それでも厳しいかな。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【影依の偽典(シャドールーク)効果考察】墓地融合からの墓地送り効果!永続罠とは恐れ入りました!

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される新カード《影依の偽典(シャドール―ク)》についての特集記事です。 ”サーチ対応の永続罠による墓地融合装置!”ってだけで見どころ十分ですが、なんかボーナスで墓地送り効果までつい […]

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』に収録される新カード《影依の偽典(シャドール―ク)》についての特集記事です。

”サーチ対応の永続罠による墓地融合装置!”ってだけで見どころ十分ですが、なんかボーナスで墓地送り効果までついてる!?

「シャドール」デッキの構築に新たな風を吹き込む1枚!これは偽典だったとしてもあやかりたいッ!

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

影依の偽典(シャドールーク)

永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分のフィールド・墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。

 

サーチ可能な永続罠による墓地融合札ってだけで強力

「シャドール」名称のカードなので《シャドール・ヘッジホッグ》や《エルシャドール・アプカローネ》サーチする事ができます。

テーマ強化としては当たり前の要素ではありますが、ここが押さえられていない事で評価を下げるカードは結構多いので、これは地味ながらも重要な要素です。

使用上の注意点としては、効果の発動が自分・相手のメインフェイズ限定である事とダイレクトアタック不可のデメリットが挙げられます。恐らくバトルフェイズ連撃に使えないようにする為の措置だとは思いますが、意外と忘れやすいポイントだと思うので気を付けた方が良さそうですね。

除外する事が今のシャドールならシナジーとなる

《影依の巫女ノェルシャドール エリアル/Naelshaddoll Ariel》 
リバース・効果モンスター
星4/水属性/サイキック族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。そのカードを除外する。

 

ストラク以降の「シャドール」は除外が重要となるカードが多いので墓地除外融合は新たなシナジーを生み出します。

除外シナジーを今以上に意識するなら構築段階でいじる必要が出てくるとは思いますが、墓地融合しながら除外シナジーを刻むってのは無駄が無くて強そうです。

墓地送りボーナスのおかげで多属性化する旨味が生まれる!

《エルシャドール・エグリスタ/El Shaddoll Grysta》 
融合・効果モンスター
星7/炎属性/岩石族/攻2450/守1950
「シャドール」モンスター+炎属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。その後、手札から「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

多属性構築にすることで墓地送りの範囲が広がるのも見どころの一つです。

相手の使用デッキに応じて展開モンスターをスイッチさせる戦い方はかなりお洒落ですし、これなら管理人イチオシの《エルシャドール・エグリスタ》を使う旨味もより強くなる・・・かも知れません。

ネメシス・キーストーンで無限シェキナーガ?

ネメシス・キーストーン
効果モンスター
星1/地属性/岩石族/攻700/守0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:「ネメシス・キーストーン」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。
②:このカードが除外されたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを手札に加える。

 

今密かに注目されているのが《ネメシス・キーストーン》とのコンボ。

このカードと《影依の偽典(シャドールーク)》を併用すれば、キーストーン側の効果で回収・展開&リカバリムーブが捗ります

確かに、《エルシャドール・シェキナーガ》を展開する為の素材選択としては中々に見どころがありそうです。

背景ストーリーも気になる!これはゲニウス?


イラストはYU-GI-OH.JPで確認してみてね!

《クリフォート・ゲニウス》のイラストに描かれていた黒い影を、《聖なる影ケイウス》が浄化しているようなイラストが見てとれます。

《ケイウス》がシャドールの糸を払拭しているシーンにも思えますが、どういった流れなのかを掴み切るには至っていません。《ゲニウス》と《ケイウス》では属性も一致しませんしねぇ・・・。

シャドールは本当に長く愛されるテーマですなぁ

ストラクチャーに入れなかったのが不思議な位の良カードでしたね。

出来れば最初からストラクに入れて完成度を更に高めてほしかったところではありますが、これのおかげで時間差で楽しめるってのもあるからなぁ・・・”(-“”-)”

カード開発とビジネスを考慮した実装のタイミングって大変そうだなぁ・・・。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【機甲部隊の超臨界|マシンナーズ・オーバードライブ効果考察】敵対する影の正体は暴走したマシンナーズ・フォース?

『SDR-マシンナーズ・コマンド』に収録される新カード《機甲部隊の超臨界(マシンナーズ・オーバードライブ)》についての特集記事です。 このカード、自分フィールドの機械族モンスターを「マシンナーズ」モンスターに変更できる面 […]

『SDR-マシンナーズ・コマンド』に収録される新カード《機甲部隊の超臨界(マシンナーズ・オーバードライブ)》についての特集記事です。

このカード、自分フィールドの機械族モンスターを「マシンナーズ」モンスターに変更できる面白いカードなのですが、個人的には効果以上イラストが気になって気になってしょうがないのです。

《マシンナーズ・カーネル》と対峙している黒い影の正体はいったい誰なのか?気になるぜぇ・・・。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

機甲部隊の超臨界(マシンナーズ・オーバードライブ)

《機甲部隊の超臨界/マシンナーズ・オーバードライブ》 
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとはカード名が異なる「マシンナーズ」モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

機械族なら破壊するモンスターは何でもOK!

機械族なら何でも対象にとれる為、初動に使った《スクラップ・リサイクラー》とかも自由に「マシンナーズ」モンスターにシフトする事ができます。

罠特有のタイムラグこそありますが、新規「マシンナーズ」モンスターは相手ターンに機能するカードが多いのでそこまで気にならないのも追い風です。

破壊されないモンスターを対象にして特殊召喚だけを行う事も出来る

破壊耐性を持つ機械族モンスターを対象にとる事で詐欺破壊リクルートも可能です。

併用できそうな機械族モンスターで破壊耐性持ちってなるとかなり限られてきますが、《エアレイダー》と《ラディエータ―》がレベル8なので《宵星の機神ディンギルス》とか併用できそうかな?

カーネルとかエアレイダーとか出すと強いですからね!

《マシンナーズ・カーネル/Machina Citadel》 
特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

相手ターンでも機能する《マシンナーズ・カーネル》や《エアレイダー》等をリクルートするとシンプルに強そう

まぁ、新規「マシンナーズ」モンスターは基本的にこのカードを意識して作られている感じなので、どれを出してもそこそこ強そうです。

Vジャンプ付録の《マシンナーズ・メタルクランチ》とかも特殊召喚対応だから問題なく機能してくれます。

敵対しているモンスターが何なのか分からない問題

カーネルと対峙するこのシルエットはいったい誰?

要するに地属性のマシンナーズと闇属性のマシンナーズ(暴走個体?)が敵対している感じっぽいですが、このシルエットって誰なのか本当にわかんないんですが?・・・皆さんは分かります?

マシンナーズ・パゼストレージには3体のモンスターが描かれている

パゼストレージのイラストには計3体のモンスターが描かれており、それぞれが《マシンナーズ・ソルジャー》,《マシンナーズ・スナイパー》,《マシンナーズ・ディフェンダー》の暴走体であることが予想できますが、これら3体のシルエットと《超臨界》に描かれているシルエットは一致していません。

最初はパゼストレージが可変した姿?とも思ったのですが、下半身とか武装の位置とかが違うんですよね・・・。


若干、クローラーの新種って言われても信じるビジュアル

武装のデザイン自体はそれぞれの物に近いので、もしかしたら闇落ちした《マシンナーズ・フォース》?って予想を勝手に立てているのですが・・・どうすかね(笑)。

《マシンナーズ・フォース》なら4脚なのも一致するし、結構アリ寄りな気がするんですよね・・・。

「マシンナーズ」=「フォートレス」って構図に激怒した《督戦官コヴィントン》が反逆コマンドでフォース部隊を暴走させたとか?ないかな?

3体暴走したらフォースも暴走するやろw

ソルジャー、スナイパー、ディフェンダーが暴走してるならその先であるフォースだって暴走体が出てくるのが自然じゃない?

まぁ、完全に管理人の予想ですけど・・・結構ありな気がするんだよなぁ・・・。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

【エターナル・ボンド|効果考察】任意の数だけフォトンを蘇生!クセしかないコントロール奪取効果もついてます

超ピンポイントメタ効果を内蔵した《エターナル・ボンド》の特集記事です。 ①効果だけで充分な出力が出ているので別に良いと言えば良いのですが、テキストに書かれているとやっぱり気になっちゃうのが決闘者のサガ。 とりあえず②効果 […]

超ピンポイントメタ効果を内蔵した《エターナル・ボンド》の特集記事です。

①効果だけで充分な出力が出ているので別に良いと言えば良いのですが、テキストに書かれているとやっぱり気になっちゃうのが決闘者のサガ。

とりあえず②効果について考えてはみますが、あまり期待はしないでください(予防線)。

エターナル・ボンドの使い方を考える

通常罠
このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

実は①効果だけで結構強い!


△さながら罠版のソルチャ

墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ蘇生できるだけで結構強いという事実。

墓地に《銀河眼の光子竜》が3体落ちていたら(滅多にないが)3体そのまま蘇生できるって凄くね?

それこそ色々落ちてたら1:5交換の可能性があるって凄くね?

・・・これって要するに対象限定のノーコストソウルチャージって事なんで、いくら罠が遅いって言っても流石にデカイいですよね。

まぁ、だからこそサーチできない名称になってるんですけどねぇ・・・( ;∀;)

相手フィールドの「フォトン」モンスターのコントロールを奪う?

超銀河フォトン環境到来!とか・・・
超汎用フォトンモンスター登場!とか・・・
相手の場に出すフォトンモンスター登場!とか・・・
超コントロール奪取デッキ・カードが流行る!とか・・・

これに匹敵するくらいの条件が無いと普通には絶対機能しないっていう・・・。

要するに送り付けギミックを搭載しろって事なんだろうけど、【銀河フォトン】に送り付けギミックかぁ・・・。

一部例外はあるけどそもそも送り付けるやつが強いじゃないですか!ってなると、そもそも1枚使って送り付けて奪取しなおすってのが全然おいしくない様な気がするんですよね。

結局奪取しなおしたモンスターでしか殴れないってなっちゅうと、打点加算に関しても微妙だしなぁ・・・。

これって①を強く設定するために②が抑えられてる感じがすごいですよね(笑)。

アフターグロウで楽々ワンキルできちゃうのも向かい風

この子が既に出ちゃってるのも超向かい風ですよね。

だって簡単に11200で殴るんだもん(笑)。

やっぱりオマケっすかね・・・これは

・・・やっぱり「銀河フォトン」で転移ってイメージしにくいですよね?

まぁでも、その分①効果が豪快だから・・・もうそれで良いんじゃないかな・・・・・・( 一一)

いざって時には機能するから・・・いざって時が来るのをまちましょうや!

追伸:あらかじめミラーであることがわかってる状態で互いにデッキ入れてると面白そうではあります。というかそういう異色デュエルはちょっとやってみたいです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

《ピンポイント奪取》どう使う?起こりうる最高最悪のケースを考える【ここでもドラグーン?】

『エターニティ・コード』に収録された新カード《ピンポイント奪取》の効果考察記事です。 EXデッキからの特殊召喚を賭けた真剣勝負(種類合わせ)。正に「生か死か」の大博打タイムが今始まる。 更に種族・属性をあてた決闘者には、 […]

『エターニティ・コード』に収録された新カード《ピンポイント奪取》の効果考察記事です。

EXデッキからの特殊召喚を賭けた真剣勝負(種類合わせ)。正に「生か死か」の大博打タイムが今始まる。

更に種族・属性をあてた決闘者には、LPロストのボーナスも進呈中です。

ピンポイント奪取

ピンポイント奪取
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):お互いはそれぞれ自身のEXデッキの裏側表示のカードを1枚選ぶ。そのカードをお互いに確認し、同じ種類(融合・S・X・リンク)だった場合、相手が選んだカードを墓地へ送り、自分が選んだカードを特殊召喚する。さらに元々の種族・属性が同じだった場合には、相手は自身が選んだカードの攻撃力分のLPを失う。違う種類だった場合、自分が選んだカードを墓地へ送り、相手は自身が選んだカードを特殊召喚する。

 

EXデッキの裏側カードを互いに選んで見せ合ってDON!

同じ種類(融合・S・X・リンク)だった場合は自分がそのモンスターを特殊召喚して相手モンスターを墓地送り。外れた場合は逆。

更に種族・属性が合致していたら相手が墓地に送ったモンスターの攻撃力分のLPロストが発生。

ちょっとややこしい感じもしますが、要するにこれだけの話。

最高のケースを想定してみよう

EXデッキの任意のモンスターを特殊召喚しつつ相手のLPを削れるって事で、想定しうる最高のケースが何かを考えてみました。

特殊召喚する最高ラインナップとしては、要するに《やぶ蛇》のラインナップと合致すると思うのでそちらを参照。

関連記事:【《やぶ蛇》で特殊召喚したいエクストラデッキのモンスター特集】使い方・効果考察

シンプルに考えれば《ナチュル・エクストリオ》《異星の最終戦士》とかになるんでしょうけど、《花札衛-五光(カーディアン)》《無限起動要塞メガトンゲイル》も悪くなさそうですよね。

あ、でも・・・今ならあれか・・・《ドラグーン》が候補に入るのか・・・。

でも全体的に融合はラインナップ的に強いし、相手が選んでくる可能性はかなり低そうですかね?・・・でもあえて逆を突いてくる可能性もあるから難しいなぁ・・・。

種族・属性合致のボーナスはダメージの安定しないし、流石にオマケ感が強いので考慮しなくても良いかな(笑)。

最悪のケースを想定してみよう

折角なので最悪のケースについても考えてみましょう。

出す側からすると色々候補がありますけど、出される側になると《ナチュル・エクストリオ》と《異星の最終戦士》の2強じゃないですかね?

その後のカード発動・展開をガッチリ制圧してくるのは流石に笑えませんからねぇ・・・。

しかし、都合よくこれらのカードがEXデッキに採用されているとは考えにくいので、間をとってやっぱり《ドラグーン》かな(笑)。

まぁ、制圧系・耐性持ちをタダ出しされるだけで何でもきついですけどね・・・。

墓地にEXデッキのカードを送る用途も一応ある

逆にEXデッキのモンスターを墓地に送るために外すって運用方法も一応ありますが、その対価として相手の場にEXのモンスターが出ちゃうって大問題ですよね。

《虹光の宣告者》を落として儀式サーチとかも出来るにはできますけど、どう考えてもリスクに見合ってねぇ(笑)。

唯一「おぉぉ!成程!」ってなったのは、《エルシャドール・アプカローネ》を使った《影依融合》コンボ(影依融合をサーチしながら相手の場にEXデッキから出たモンスターを供給できる)ですが、これに関してもやっぱりリスクが高いと言わざるを得ませんもんねぇ・・・。

まぁ、エクストラからダイレクトシュートする際は、重葬とかドグラとかザボルグを使えって事ですなぁ~

100発100中の的中率があれば強い

「そりゃそうだろ・・・」としか言えない(笑)。

面白いカードである事は間違いないですが、やっぱり外した際のリスクが高すぎる印象です。

ご使用の際は、外してもアドが稼げるようにEXデッキ部分から厳選して構造化しておく事をお勧めします。

まぁ、当てずっぽうマイクラよりは格段に当たりやすいですよw

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【スカーレッド・レイン効果考察】最大レベル以外を除外ってのが良いのよね!使神官-アスカトルのコストとかに使えると良いかも?

『エターニティ・コード』に収録される新カード《スカーレッド・レイン》について。 よくある必殺技枠のカードですが、今回の必殺技は一味違う!? レベルを持たないモンスター相手にも対応できる全体除去。効果も除外だから破壊耐性持 […]

『エターニティ・コード』に収録される新カード《スカーレッド・レイン》について。

よくある必殺技枠のカードですが、今回の必殺技は一味違う!?

レベルを持たないモンスター相手にも対応できる全体除去。効果も除外だから破壊耐性持ち相手にも安心。更に回収構造付きでコスト運用もお手の物だぜ!!

スカーレッド・レイン

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル8以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。フィールドの、レベルが一番高いモンスター以外のモンスターを全て除外する。この効果で除外されなかったフィールドの表側表示モンスターはターン終了時まで、自身以外のカードの効果を受けない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドにドラゴン族・闇属性SモンスターがS召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。

最大レベルを持つモンスター以外を除外するのが最高

最大レベルを持つモンスターを参照して、それ以外すべてを除外するというのがこのカードのキモ。この手のカードはレベルを持たないモンスターが適用外になったりすることが多いですが、その心配も無いのが素敵です。

発動条件的と参照が紐付けされている点も良いですし、レベルの高さが遊戯王的に軽視される要素である事を考えると抜け道も少なそうですよね。

除外されなかったモンスター=最大レベルを持つモンスターは、ターン終了時まで自身以外のカード効果をうけなくなるので、仮にレベル8同士が残った場合、打点の高さで睨み合いが発生する事になります。

打点の高さはレモン系の十八番ですし、必然的に有利になるってのもよく考えられていると思います。イラスト通りスカノヴァで発動したらマジで何も残らんでしょうなぁ…(最高)。

1枚採用しておけば何度でも再利用できるのもグッド!

実質デュエルエンド級の破壊力を持つカードだとは思いますが、「1回使って、ハイお終い」では少し物足りないのも事実。

その点、②効果で回収できるこのカードは良く出来ていると言っていいのではないでしょうか?

まぁ、実質何度も使うって事は無いでしょうけど、コスト的運用を視野に入れてもあって無駄になる効果では無いので良いと思います。

うまくコスト運用できると良いですよね

《使神官-アスカトル/Ascator, Dawnwalker》
効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻2300/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。その後、手札・デッキから「赤蟻アスカトル」1体を特殊召喚できる。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

コスト運用したカードを回収してセットってのが理想だと思うので、構築段階からそこら辺も意識出来ていると良さそうですよね。

コスト絡みで行くと《使神官-アスカトル》が何でもコストに出来るしレベル8シンクロとマッチしてて良さげ。4月からの新ルールを考慮してもかなりイイ感じに見えます。

ジャックデッキ(リゾネーターシンクロ)も変革の時って感じがしますねぇ…。

思わず1枚挿したくなるカードでした

メインもエクストラもコンスタントに強化される【ジャックデッキ】は本当に恵まれてますよね。

これは長年愛し続けてきたファンと、それを常に奮い立たせてくれる星野さんの功績が大きいと私は考えます。

強化回数が多いから今回みたいないぶし銀枠も必然的に多くなるし、人によって構築も大きく変わるからなぁ…ホント楽しいんだよねぇ…。

スーパーノヴァも良い性能だったし、来年も【ジャックデッキ】を取り巻く環境は明るそうです。

Amazon:エターニティ・コード

《メールの階段》の効果テキストって凄い事書いてるね:1ターン中に最大9回効果を発動できるらしい【メタモルポットコンボ面白そう】

『エターニティ・コード』に収録される「ティンダングル」新規《メールの階段》に注目。 言ってしまえば単なるリバースサポートカードなのですが、ターン中の発動回数制限が設けられていないので、うまくかみ合うと1ターン中に何回でも […]

『エターニティ・コード』に収録される「ティンダングル」新規《メールの階段》に注目。

言ってしまえば単なるリバースサポートカードなのですが、ターン中の発動回数制限が設けられていないので、うまくかみ合うと1ターン中に何回でも使えちゃうのがポイント。

永続魔法だから発動までのタイムラグも無いし、先攻1ターン目からリバース効果をペッタンペッタン連続使用する事も出来ちゃう!!こりゃ面白れぇや!!

メールの階段

永続魔法
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。手札から「ティンダングル」カード1枚を捨て、以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、この効果で捨てたカードと同名のカードを自分は「メールの階段」の効果で捨てる事はできない。
●自分フィールドの裏側守備表示モンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。
●自分フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

最大9回効果を発動できるらしいです

「ティンダングル」カードは現状9種類存在するとの事なので、《メールの階段》の1ターン中の最大効果発動回数は9回らしいです。

まぁ、都合よく手札に9種類の「ティンダングル」カードが来ないと9回発動できないので現実的な数字ではないですけど、《メタモルポット》とかで連鎖が継続したりして補充と内容が上振れしたら可能性はゼロでは無いか…(笑)。

でもまぁ、永続魔法で1ターン中に複数回使えるリバースサポートって結構珍しいですよね。

wikiではサーチが利かない事が欠点と挙げられていましたが、これは確かに無理も無いかもしれませんね。…メタポデッキ破壊面白そw

おろ埋+ティンダングル・エンジェルコンボ!

《ティンダングル・エンジェル/Tindangle Angel》 
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。自分の手札・墓地から「ティンダングル・エンジェル」以外のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。この効果が相手ターンのバトルフェイズに発動した場合、さらにそのバトルフェイズを終了する。

 

【ティンダングルデッキ】で有用なのは当たり前なので、今回は「ティンダングル」モンスター以外のリバースモンスターを活用する方向で考えてみました。

……と言っても、《おろかな埋葬》で任意のモンスターを墓地に送って《ティンダングル・エンジェル》で特殊召喚するってだけですけどね(笑)。

《ティンダングル・エンジェル》《メールの階段》《ティンダングルカード(効果で捨てる用)》の3枚でエンジェルのリバースまで辿り着く事が出来ますが、そこから更に繋ぐには《ティンダングルカード(効果で捨てる用)》がもう1枚必要になります。

消費量的に《禁忌の壺》で2ドローを狙ってるのでは足りなさそうですし、ここはやっぱり《メタモルポット》で爆ドローとか狙いに行く感じになりそうです。

このうずまき感がたまらんぜ

「ティンダングル」カードが無いと効果発動できないし、回数出そうとしたら種類も膨大に要求されるって考えると汎用カードにはなり得ない印象ですね。

どっちかというと、【ティンダングルデッキ】に汎用リバースモンスターを採用して併用できる(併用すると面白い)って感じだと思います。

うーん、それにしても《メールの階段》はイラストが最高だな!!

うずまきって言うと「ナルト」を思い浮かべる人が圧倒的に多いとは思いますが、個人的には断然”伊藤潤二”先生の「うずまき」ですね。

お父さんが会社にもいかずに渦巻き状のものを集め出すってだけでホラーですからね(笑)。

ホラー苦手じゃなくて読んだことが無い人はオススメなので読んでみて下さい。伊藤先生の描く女性は可愛いぞ!!

追伸:あ、遊戯王で”うずまき”って言うとカード名「うずまき」の方でしたね。結局あのカードは何なんだろうねぇ…。

Amazon:エターニティ・コード

遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

【マジシャンズ・コンビネーションは強いのか否か?】ブラックマジシャンとガールを揃える難易度と価値について

発売日が一週間後に迫ってきたので、今日からは『DPレジェンドデュエリスト編6』特集強化月間に突入。 とりあえず最初はブラマジ&ガールの師弟コンビの話題から行きましょう! 《マジシャンズ・ソウルズ》とか《超魔導師-ブラック […]

発売日が一週間後に迫ってきたので、今日からは『DPレジェンドデュエリスト編6』特集強化月間に突入。

とりあえず最初はブラマジ&ガールの師弟コンビの話題から行きましょう!

《マジシャンズ・ソウルズ》とか《超魔導師-ブラック・マジシャンズ》については事前にやっちゃたので、今日は《マジシャンズ・コンビネーション》について語っていきます。

マジシャンズ・コンビネーション

《マジシャンズ・コンビネーション/Magicians’ Combination》 
永続罠
(1):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターとはカード名が異なる「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

簡単に言うと、自場の「ブラック・マジシャン」or「ブラック・マジシャン・ガール」をそれぞれと入れ替えながら相手の効果を妨害する永続罠って所です。

対応幅も魔法・罠・モンスターの効果と幅広く、アドバンテージ的損失も無い!永続罠だから維持できれば毎ターン妨害し続ける事が出来る!

効果だけで見ると相当良さそうですが、そうなって来ると機能させる為の必須条件(師弟を揃える)を整えられるかどうかが重要になってきます。

機能させる為には師弟を揃える必要がある

《マジシャンズ・コンビネーション》を使用するには《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》の2枚が必須であり、その為には単独構築という名の安定感を捨てる必要が出てきます。

管理人自身は《師弟の絆》が登場した時点で覚悟を完了させた口ですが、その決断に結構な勇気が必要だったのは事実です。

しかし、ご安心を!同時収録される《マジシャンズ・ソウルズ》を併用すれば何の心配もないぜ!

師弟構築も「マジシャンズ・ソウルズ」があれば安心!相性抜群!

《マジシャンズ・ソウルズ/Magicians’ Souls》 
効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。
その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

 

①効果で「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」双方にアクセス可能(足りない方を墓地へ)なだけでなく、展開までキッチリとこなす事が出来ます。

更に、《マジシャンズ・コンビネーション》を②効果のコストにすれば、あちらの②効果を誘発させて対象をとらない除去効果に繋げる事も可能です。

②効果に関しては維持した方が強いシーンも多いと思うので検討が必要ですが、師弟展開についてはこれ一枚でほぼ補完できていると言っても過言ではありません。

…これなら安心して師弟構築に踏み出せる!そう思いませんか?

関連記事:【マジシャンズ・ソウルズ効果考察】ブラマジだけじゃない!ウィッチクラフトとの相性も良いね!

《黒魔術の継承》《マジシャンズ・ロッド》でサーチ可能!サーチ札豊富なのも良

《黒魔術の継承/Dark Magic Inheritance》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地から魔法カード2枚を除外して発動できる。「黒魔術の継承」以外の、「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

 

各種サーチ札に対応している点も高評価!

流石に初手で複数引くと事故るカードですし、採用枚数は必要最低限で抑えたい所です。

一応、名称ターン1じゃないので複数枚並べる意味もありますが、リリース発動時の隙やチェーン除去等の虚弱性を考えれば正直1枚で十分なカードだと思います。

ピン採用して《マジシャンズ・ロッド》《黒魔術の継承》によるサーチで確実に引き込むのが無難でしょうね。

ソウルズ3、コンビネーション1の計画です

とりあえず《マジシャンズ・ソウルズ》3枚、《マジシャンズ・コンビネーション》1枚を採用する予定です。

《マジシャンズ・コンビネーション》との兼ね合いや先攻展開を考慮すると、ドロー札も《チキンレース》《成金ゴブリン》に差し替えた方が良さそうですし、大々的な構築変更が必要になりそうですね。

ここまで大きくいじるのは久々なので、実はかなりワクワクしています(遠足前の小学生現象)。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6- BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-11-09)
売り上げランキング: 31