お彼岸までにアストラル・フォース買っておいてね〜♪

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m

エクストラパック発売まであと3週間くらいでしょうか。待ち遠しいですね〜( ̄▽ ̄)

未だかつて、こんなにもお彼岸が待ち遠しいことがあったでしょうか(笑)

さておき、お彼岸に【彼岸】が登場する…

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m


エクストラパック発売まであと3週間くらいでしょうか。待ち遠しいですね〜( ̄▽ ̄)

未だかつて、こんなにもお彼岸が待ち遠しいことがあったでしょうか(笑)


さておき、お彼岸に【彼岸】が登場するにあたって、今のうちに相性の良いカードは集めておきましょう!
【PSYフレーム】や【リゾネーター】など、発売後に相性の良いカードの値段が軒並み上がっているのが目立ちます( ̄◇ ̄;)

サイコ・フィール・ゾーンしかり…(50円→700円)
調星師ライズベルトしかり…(150円→1000円以上)

発売後では、もう手遅れとなってしまう場合が最近は多いですからね、分かるものは早いうちに!



…と、いいつつも、【彼岸】に関しては海外先行カードですので、すでに収録カードも効果も判明してます。よって、相性の良いカードはすでに注目されてますね(ー ー;)

《ダウナード・マジシャン》は盲点でした…
まぁ元々1枚あったので助かりましたが



そんな中で、【彼岸】に採用される可能性のあるカードで、まだそこまで値段が高くなってないものを1枚紹介します。


《RUMーアストラル・フォース》
image


まぁ、情報通の皆様なら既にご存知でしょうが、知らない方のために改めて…


このカードが【彼岸】で何をするかというと
《彼岸の旅人 ダンテ》を《セイクリッド・プレアデス》にチェンジします!

…って、またプレアデスかよ…(ー ー;)


ダンテは自分のターンに墓地肥やしをして打点を上げ、戦闘をした後壁となり、相手ターンでは特に何もせず、破壊されて墓地回収をします。

その際、バウンスされたり除外されたりしないよう、ダウナードを重ねておくのですが(ダンテはX素材として墓地へ落ちても墓地回収できます)、ダウナードを重ねたところで、相手ターンでは結局何もできません。

しかも、うっかりダウナードが生き残ってしまった場合、本当なら使えていたダンテの効果も使えず、下級彼岸の展開を阻害してしまう恐れさえあります。

しかし、アストラル・フォースがあれば、ダンテをプレアデスに変えることで、相手ターンでの妨害が可能となります。【彼岸】のひとつの弱点として、ホープザライトニングに殴られた場合、悲惨なことになるということが考えられます。

当然、魔法・罠で妨害するのですが、それに加えプレアデスまで立てられれば、より強固なものとなります。

しかも、アストラル・フォースがさらに有用な点は、墓地から自己回収できることです。【彼岸】は無差別で大量に墓地肥やしを行いますので、墓地にさえ落ちていれば、いつでも使える状況を作ることができます。
(特殊召喚の制約により、工夫が必要ですが…)

何枚も採用するカードではないと思いますが、あった方が戦術の幅が広がるはずです!
「プレアデスはもってるけど、これはないなぁ〜」という方!高くなる前に買っておきましょう( ̄▽ ̄)
…すでにジワジワ上がってますよ( ̄Д ̄)ノ



……でも、高騰しなかったり再録されたとしても、責任は取れませんが……
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘



ではまた(^^)/









ちなみに…
前回記事にて【PSYフレーム】を倒すにはって、話をしましたが、、、


…ミドラーシュ出したら積みましたwww
攻撃反応のヤツで破壊できず、PSYフレームギア出したらシンクロまでいけず、相性最悪だったようです( ̄▽ ̄)

なんか、拍子抜けですね(笑)
image

なにあの【PSYフレーム】とかいう本気パーミッションデッキ( ̄O ̄;)

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m

さてさて、世間的にはハイスピードライダーズに注目が集まっていますね〜
私は全く触れておりませんが、周りの仲間が3種類のデッキを作成したようなので対戦してみました!

今回ハイスピードライダー…

いつもお世話になっております!
どら吉でございますm(_ _)m


さてさて、世間的にはハイスピードライダーズに注目が集まっていますね〜
私は全く触れておりませんが、周りの仲間が3種類のデッキを作成したようなので対戦してみました!


今回ハイスピードライダーズで登場・強化されたデッキは…

・アニメARC-Vのユーゴが使う【SR(スピードロイド)】
・同じくARC-Vで登場し強化されたジャックアトラスの【リゾネーター】
・そして遊戯王OCGオリジナルテーマの【PSYフレーム】
image

以上の3種類なのですが…



驚くべきことが起きました!



なんと、前評判の【SR】と【リゾネーター】を置き去りにする勢いで、異彩を放っていたのが【PSYフレーム】でした…( ̄O ̄;)

まぁジャック・ユーゴは、そこそこではありましたが…


image



PSYフレームの第一印象は、

シンクロ版【アーティファクト】

といった所でしょうか、まだ慣れてないのもありますが、こちらのしたいことを次々邪魔されて、非常に不愉快でした(笑)
今までのデッキとは、根本的に戦い方が変わっていました、自分のターンはほとんど動きませんし…


ここで、まだよくご存じない方のために、軽く動きを説明しますと、

PSYフレームにはPSYフレームギア・◯◯という名のチューナーが複数存在し、それらは通常召喚できないかわりに、自分の場にモンスターが存在しない場合に、それぞれが対応する相手の行動に反応して、手札から特殊召喚されます。

PSYフレームギアには、召喚・特殊召喚に反応するものを始め、魔法・罠・モンスター効果・攻撃と、相手の行動のほぼ全てに対応できるよう揃っています。
image

※画像は召喚・特殊召喚に反応する”α”

反応して特殊召喚されるだけならまだしも、α以外のPSYフレームギアは反応した効果を無効にし破壊してきます…(ー ー;)

つまりPSYフレームは、破壊もでき、それぞれが魔法・罠・攻撃にも対応し、さらには場にまで出てくる《エフェクト・ヴェーラー》で、デッキ構築をされているようなものです…


さらにさらに、PSYフレームギアは自身を特殊召喚するついでに、除外ゾーン以外のあらゆる場所から《PSYフレーム・ドライバー》を一緒に特殊召喚します!
image


このカード自体は通常モンスターなのですが、PSYフレームギアがチューナーですので、これだけでシンクロ召喚の準備ができてしまうわけです( ̄◇ ̄;)


…ここまでの話だけでも、十分性能の高さはお伝えできたと思いますが、PSYフレームにはまだ便利機能が備わっています……

専用のフィールド魔法が貼ってあれば、その効果により、PSYフレームが特殊召喚された瞬間に、場のPSYフレームを素材にシンクロ召喚できてしまうのです。

相手ターンにブラックローズとか言えちゃいますT_T


そして、PSYフレームの専用シンクロモンスターこそが、私を絶望の淵に陥れた、とんでもない効果を持つモンスターだったのです!(◎_◎;)




……ここから先は、皆様の目でご確認下さい……



とにかく【PSYフレーム】は、並のデッキでは手も足も出ないかなりの強者だということがわかりました。
まだ構築も固まっていませんし、今後さらに強くなる可能性も秘めています…

ですが今後、対策なども色々見つかるかと思いますので、しばらくはPSYフレームをどうやって倒すかを考えていこうとおもいます(笑)


ではまた(・Д・)ノ

あれ…?【セフィラ】が息してない…

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。

【魔術師】強いッスねぇ〜( ̄▽ ̄)
早くも大会結果で何回も名前見るようになってますし……

なんか【魔装】やら【イグナイト】あたりから、ようやく【ペンデュラム】の戦術の幅が広がり、それぞれの個性…

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。



【魔術師】強いッスねぇ〜( ̄▽ ̄)
早くも大会結果で何回も名前見るようになってますし……


なんか【魔装】やら【イグナイト】あたりから、ようやく【ペンデュラム】の戦術の幅が広がり、それぞれの個性が出始めている気がしますね〜

その前までは【クリフォート】のように、他のモンスターをP召喚できなかったりとか、以前の魔術師のようにスケールにデメリットがあったりなど、強くなりすぎないように調整しながら出している感がありましたから…
(クリフォートはペンデュラム以外の性能がぶっ壊れてましたけど…)

今やデメリット無しのスケール8が当たり前にいますから、既存の戦術とペンデュラムを組み合わせし放題な訳ですよ(^_^
……巨神鳥め…










image

ところでみなさん【セフィラ】って覚えてます‼︎⁉︎
クロスオーバーソウルズいっぱい買ったでしょうから、家にいっぱいあるはずですよ(笑)

そう、彼らもペンデュラム調整期に誕生したカテゴリの1つです。
決して弱くはないのですが、最近のペンデュラムの性能の良さについていけておりませんT_T


ここで、簡単に【セフィラ】の強み弱みを解説ー
※私は【セフィラ】大好き人間です。否定しているわけではないですからねー

[強み]
・フィールド魔法により全てのセフィラがサーチ可能
・既存の5カテゴリーの戦術を取り入れられる
・ほぼノーコストの万能カウンター罠がある

[弱み]
・セフィラ以外P召喚できない
・ペンデュラム効果なし
・フィニッシャーがカテゴリ内にいない

こんな感じでしょうか…
何度も言いますが弱くはないですからね( ̄Д ̄)
しかし、ペンデュラムのデメリットのせいで、これ以上強くはできなそうな気がしてます…


《エキセントリック・デーモン》を入れてみると、エクストラから出せず使い切りに…
《竜剣士ラスターP》もエクストラはから出せませんので微妙…

このように、【イグナイト】と同じスケール◀︎1〜7▶︎なのですが上記の戦術を取り入れられないのです(ー ー;)



しかも、ストーリー的な話をすれば【インフェルノイド】と戦っているはずなのですが、クラッシュオブリベリオンに収録された《インフェルノイド・ティエラ》と戦うセフィラは収録されておらず、一弾で収録が途絶えてしまったのです…T^T

次の弾で出るんですかねぇ?
いやぁ、出ないですよねぇ?(笑)
出てほしいけども(._.)



と、いうわけでこの先の(というか今の時点でも)ペンデュラムデッキを想像するに、【セフィラ】が強さで競えるものではないでしょうから、彼らの存在意義を考えてみました…









【セフィラ】には、ロマンがあるんですよ( ̄+ー ̄)


思い返せばセフィラを好きになったきっかけは、公式YouTubeチャンネルのあの動画でした( ̄▽ ̄)
(見てない方は是非見てみて下さい‼︎セフィラで検索)


竜星から始まり、《影依融合》を使い、さらには影霊衣まで召喚してしまうなんて…

「なんだこのデッキは‼︎(゚Д゚)⁉︎」

…と、一気にハマってしまったのです(笑)




そうか、【セフィラ】こそ楽しむべきデッキだったのですね( ̄▽ ̄)


というわけで、ロマンを追い求めた楽しい【セフィラ】を作ることにしました。
sophiaの影霊衣を出すことを目指すデッキや、セフィラの聖選士を軸にしたデッキなども組んでみたいと思いますが、まずは色々できる【セフィラ】を目指しました!


近日公開‼︎【影依星因士竜星霊獣影霊衣(セフィラ)】
セフィラを楽しみたい方はまた見に来て下さいな(^ ^)/

いよいよ来日【BurningAbyss】‼︎………ところでどんなデッキなの?(◎_◎;)?

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。

さて皆様、いよいよ9月にエクストラパック(海外先行販売カードを収録したパック)が来ますね( ̄▽ ̄)b

中でも目玉はやはり【BurningAbyss】バーニングアビス(仮)でしょう。
めちゃくちゃ強いらしいですか…

いつもお世話になっております!
どら吉でございます。


さて皆様、いよいよ9月にエクストラパック(海外先行販売カードを収録したパック)が来ますね( ̄▽ ̄)b

中でも目玉はやはり【BurningAbyss】バーニングアビス(仮)でしょう。
めちゃくちゃ強いらしいですからねぇ〜、私も組む予定です!


…ところでどんなデッキかって、ご存知ですか?
海外版のカードを見てない方は、案外知らないってこともあるんじゃないでしょうか?
そこで今回は、そんなめちゃくちゃ強いらしいデッキがいきなりやってくる9月に向けて、今のうちからBurningAbyss(以下:BA)について知っておきたい基本情報をお伝えしたいと思います(^O^)/


9月になったらいきなり…
「なんかよく分からんギャ◯リングみたいなデッキにボコボコにされた(T . T)もう遊戯王は辞める‼︎」
なんてことにならないために、予習をしておきましょう(笑)

すでにBAをご存知の方々には退屈な記事かとおもいます。知らない方も多いと思いますのでご理解くださいm(_ _)m




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



吾輩はBurningAbyssである、日本名はまだない…

image



元ネタはイタリアの叙事詩、ダンテの『神曲』です。
簡単なあらすじは、ダンテという男が地獄や煉獄を旅し、最終的に天国へたどり着くといった内容です(ー ー
詳しく知りたい方はググって下さい👍

主人公のダンテは遊戯王カードになっても主人公らしく欠かせない存在です。エクシーズモンスターなのですが、BAを動かす上で、非常に便利な効果を持っています。↓↓↓
image


BAでは3枚投入が基本な上、海外版のこのカードは新品のゲームソフト1本分くらいの価格なため、海外のカードを買って組むのは、かなりの出費になってしまいます(-。-; …9月まで待とうね👍
…ちなみにもしBAを全て海外版で買い揃えるとなると、ゲーム機本体とソフト3本(ダンテ3枚)が買えます(笑)

メインデッキのモンスターは詩の中に登場する、『マレブランケ』という12人の悪魔達です。その中のリーダー的存在であるマラコーダは儀式モンスターなのですが、あとの11人は下級モンスターで、全てレベル3・闇属性・悪魔族で統一されていて、共通の効果を持っています。


下級BAの効果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1)自分の場にBA以外のモンスターが存在する場合破壊される永続効果。
(2)自分の場に魔法・罠が無ければ手札から特殊召喚できる起動効果。
(3)墓地に送られた場合発動できる、それぞれ固有の誘発効果。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2)を見て…Σ(゚д゚lll)ん⁉︎…ってなった方も多いんじゃないでしょうか(笑)
そうです、自分の場に魔法・罠が無ければ、手札のBAは好きなだけ特殊召喚できます‼︎(同名は不可)

ただし、(2)と(3)の効果は1ターンにいずれか1つだけ使用可能ですので、手札から特殊召喚したBAの(3)の効果はターン中には発動しません(・_・;ホッ…


…にしても、実質全てのモンスターが無制限に特殊召喚できるのが弱いわけもなく、BAの強さを物語っている効果です。

なお、先ほど紹介した主人公ダンテは、ランク3のエクシーズモンスターなんですよ…出しやすっ!
ちなみに詳細は以下の通り↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/戦士族/攻1000/守2500
レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地のこのカード以外の「Burning Abyss」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《カードガンナー》のような効果ですが、《カードガンナー》の弱い部分を補いつつ、エクストラデッキから出したい時に出せるのが非常に便利ですね。

(1)の効果はランダムとはいえ、墓地に送ってナンボのBAを、ドカドカ落とせます。
さらに、攻撃力は実質2500となり十分戦闘要員となりえますね。
さらに(2)の効果により、《カードガンナー》のように相手ターンで低攻撃力をさらすこともなく、逆に高い守備力で壁となります。
極め付けは(3)の効果で、1枚分のリカバリーが出来ます。自身は回収できずとも、別のダンテは回収できるため、基本的にダンテを使い切ることはありません。(除外とかされればサヨナラ〜)

下級モンスターが、全て特殊召喚可能ですので、BAではこのダンテを何度も出し、墓地肥やしとそのアドバンテージで相手を圧倒するのが基本戦術です。


ちなみに下級モンスターは全11種類ですが、全てを紹介できないので、特にアドバンテージを稼げる3体を紹介します。




image

《Graff, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、デッキから同名以外のBA1体特殊召喚。

はい、これ頭おかしいです(°_°)
墓地に送るだけで好きなやつを呼べます。
デスガイドでリクルートし、ダンテを作ってコストでgraffを落とせば、ダンテの効果ついでに1体モンスターが増えるんですよ(ー ー;)




image

《Cir, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、墓地の同名以外のBA1体特殊召喚。

……さっきと、ほぼ同じですね(o_o)
終盤、デッキに残ったBAが少なくなった場面では、graffより有効に働きます。

graffとcirはBAの中でも特殊召喚を担う最重要モンスターだと言えると思います(・ω・)ノ



image

《Scarm, Malebranche of the Burning Abyss》
(3)墓地に送られた場合、エンドフェイズに同名以外の闇属性・悪魔族・レベル3を1体デッキからサーチ。

サーチにタイムラグがありますが、なによりこいつはBAだけじゃなくデスガイドをサーチできるところがえげつないですよ(゚O゚)


以上の3体は、どれも非常に強力な効果を持っていますが、この他にも様々な便利効果を持ったBAがあと8体もいるんです。
名前と効果だけザザッと紹介しまーす(^O^)/


名前:墓地に送られた場合の効果

Alich:場のモンスター1体、ターン中効果無効
Barbar:墓地のBAカード3枚まで除外、カード×300ダメージ
Cagna:BA魔法・罠1枚デッキから墓地へ送る
Calcab:場のセット魔法・罠1枚バウンス
Draghig:デッキからBAカード1枚デッキトップへ
Farfa:場のモンスター1体、エンドフェイズまで除外
Libic:手札から闇・悪魔・レベル3モンスター1体特殊召喚(効果無効)
Rubic:チューナー(BAシンクロのみ)


…とまぁ色々います( ̄▽ ̄)
イラストの雰囲気がよく似ていますので、対戦する場合はしっかりと見分けられるようにしましょう!


さて、上記の下級モンスターの一番下にチューナーがいましたね?
そうです、BAはシンクロもします!
それだけではなく、先ほどサラッと言いましたが、儀式モンスターもおり、さらに先日融合モンスターも登場しました(^_^;)
悪魔族で様々な召喚方法を操りデッキが高額とは、まさに【DDD】のようですね!

基本的にはエクシーズとシンクロを軸に構築するタイプが一番安定するようで、融合・儀式も搭載するとなると少々かさばりすぎて事故りやすくなるようです。




image

シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2500/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「Virgil, Rock Star of the Burning Abyss」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「Virgil, Rock Star of the Burning Abyss」は
自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、手札から「Burning Abyss」カード1枚を捨て、相手のフィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらがシンクロモンスターです。
1:1のデッキバウンス除去という、最高の除去効果を持っていまーす( ̄Д ̄)ノわーこわーい

1:1と言いましたが、コストにするBAの効果でアドバンテージをとれれば、実質ノーコストじゃないですか(笑)ダメだねこりゃぁ…




さぁ、ここまでBurningAbyssの強さを語らせていただきましたが、簡単にまとめると…

【BurningAbyss】はコストにしても効果が発動するシャドールのような下級モンスターと、セルフで大量に墓地肥やしができるエクシーズモンスター、万能除去を持ったシンクロモンスターを中心にしたデッキです。
共通効果により、他にはない安定性を誇り、少々の除去を受けたりコストを払っても、アドバンテージを失わない(むしろ得る)という強みがあります。

一応、サンプルレシピを載せておきます。
もちろん全部入れたお楽しみデッキです(^-^)↓↓↓
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=218059

一応対策としては、墓地封じでしょうね(ー ー;)
ダークロウやマクロコスモスを張れば、かなり動き辛くなりそうではあります…
ですが実質、それくらいしか対策が打てないということでもあります。
だから海外で結果を残せているんでしょうね-_-b


日本でも結果を出せるかどうか楽しみですね。


私は、フリーデュエルで避けられないか不安です…(影霊衣の二の舞)



ではまた(^O^)/