《星杯の守護竜アルマドゥーク》効果考察:《超融合》でリンクモンスターを奪え!【これは強い】

リンクモンスター×3という非常に重い素材指定を持つ融合モンスターですが、《超融合》がある以上、それは大きな強みとなる! 相手フィールドのリンクモンスターを処理しつつ降臨する蒼き守護竜。 DANEイチオシカード(管理人選) […]

リンクモンスター×3という非常に重い素材指定を持つ融合モンスターですが、《超融合》がある以上、それは大きな強みとなる!

相手フィールドのリンクモンスターを処理しつつ降臨する蒼き守護竜。

DANEイチオシカード(管理人選)、《星杯の守護竜アルマドゥーク》に注目です。

星杯の守護竜アルマドゥーク

《星杯の守護竜アルマドゥーク》
融合・効果モンスター
星9/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
リンクモンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(2):このカードが相手のリンクモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時、その相手モンスターとリンクマーカーの数が同じリンクモンスターを自分のフィールド・墓地から1体除外して発動できる。その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

《スケープ・ゴート》1枚で展開可能な高レベルモンスター!

真っ当に素材を揃えるとなると、リンクモンスター3体という素材指定は重い。

しかし、《スケープ・ゴート》を使う等すれば、《リンクリボー》,《リンクスパイダー》,テキトーな汎用リンク2を経由する事で比較的簡単に揃える事ができます。

感覚的には《スケープ・ゴート》経由でリンク4モンスターを立てるのに近いでしょうか?

大きな違いを挙げるとすれば、リンクモンスターor融合モンスター、素材は重いけどルートや素材選択は比較的自由という事が挙げられそうです。

最近増加傾向にある、「リンク素材にできない」のテキストを持っているモンスター達を混ぜられるのも良いですね。

《超融合》の準備は良いか!?

フィールドのリンクモンスターを《超融合》で巻き込めるのも大きな強み!

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》や《サイバース・クロック・ドラゴン》の様に相手の場のリンクモンスターをチューチューする事が出来ます。

コチラの場合は相手の場のモンスターのみで展開する事も出来る為、トップ超融合で一発逆転(コストはいる)何てこともあるかもしれませんね。

攻撃宣言時だから巻き戻しが発生するぞ!


▲守備にしてくるの憎き

条件付きだけど戦闘破壊出来ないモンスターを倒せるの素晴らしいな…と思っていたのですが、これ、それだけじゃないですね。

これ、攻撃宣言時だから…バトルステップの巻き戻しが発生しますよ!

要するに、相手フィールドがリンクモンスター1体のみでそれに対応するリンクモンスターが自分墓地に存在する場合、モンスター破壊&バーンからのダイレクトアタックが可能になる…強い(確信)。

効果的に倒し難いやつもいますが、これは大きな武器になりそうです。

《超融合》流行ってるしこれも流行りそう…

時代や環境と共に進化し続ける…。

《超融合》って本当に良いカードですよね…(しみじみ)。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ DARK NEOSTORM BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-01-12)
売り上げランキング: 64

《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》効果考察:《ティマイオスの眼》の選択肢増加!《超融合》でドラゴン・戦士族を吸収可能になった師匠!

▲ガイアさんの馬が!? 今までも数多の可能性を示し続けてきた《ブラック・マジシャン》ですが、ここに来て遂に、《暗黒騎士ガイア》との融合(厳密には戦士族指定)を成し遂げました。 いや、これは「暗黒騎士ガイアの馬」との融合と […]


▲ガイアさんの馬が!?

今までも数多の可能性を示し続けてきた《ブラック・マジシャン》ですが、ここに来て遂に、《暗黒騎士ガイア》との融合(厳密には戦士族指定)を成し遂げました。

いや、これは「暗黒騎士ガイアの馬」との融合と言った方が正しいのか…?

…まぁとりあえず《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》の効果を見てみましょうかね。

超魔導騎士-ブラック・キャバルリー

《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2300
「ブラック・マジシャン」+戦士族モンスター
(1):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100アップする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):フィールドのカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

 

③で対象をとる効果を抑制しつつ打点アップからの貫通で突撃!

③効果はターン①効果じゃないので、手札が許す限り何度でも無効にできちゃうのがポイントです。

自分フィールドだけでなく相手フィールドを対象とする魔法・罠・モンスター効果にも対応できますし、状況やデッキ次第では③効果だけでバッチリ決まっちゃう可能性もありそうですね…(強い)。

ブラマジデッキだと《ティマイオスの眼》で展開する事になりそうです

ティマイオスの眼 ウルトラレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp035

《終末の騎士》や《プリズマー》を採用する例も勿論ありますが、混ぜ物少なめの【ブラマジデッキ】の場合、《ティマイオスの眼》の力をかりるのが基本になりそうです。

…それイコール《竜騎士ブラック・マジシャン》や《ブラック・パラディン》等も展開可能って事になるので、状況や相手のデッキに応じて最良の選択をする事が大事になりそうですね。

素材の緩さを武器に《超融合》という手も…

遊戯王OCG 超融合 スーパーレア SPFE-JP043-SR 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]

《竜騎士》や《呪符竜》で指定されていた「ドラゴン族」に続き、「戦士族」も吸収可能になってしまったようですね…。

流石にメインから投入するのは勇気の構築ですが、戦士族やドラゴン族テーマが流行っている状況ならサイドから《超融合》とか全然アリな気がします。

この調子で悪魔族(デーモンの召喚)とか魔法使い族(ホーリーエルフ)とか手広くやって下さい(オナシャス)。

ブラパラとは対応範囲が大きく異なります

遊戯王カード SDMY-JP043 超魔導剣士-ブラック・パラディン ノーマル 遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -武藤遊戯-]

《超魔導剣士-ブラック・パラディン/Dark Paladin》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2900/守2400
「ブラック・マジシャン」+「バスター・ブレイダー」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×500アップする。
(2):魔法カードが発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、その発動を無効にし破壊する。

 

比較されるとしたら恐らくこのカードだと思うので、最後に少し触れておきます。

魔法カードなら効果の種類を問わず抑制できる《ブラック・パラディン》に対し、対象をとる効果限定だけど魔法・罠・モンスター効果の種類を問わず対応できる《ブラック・キャバルリー》。

…どちらもターン1を持たない効果と言う事で、非常に甲乙付け難いです。

まぁ、状況やデッキ次第としか言いようがないですね(;^ω^)

ブラマジとして扱わないのが少し残念な位かな…

サポート絡みを考えるとブラマジとして扱う効果は持っておいて欲しいってのが本音ですがこればっかりはしょうがないですね。

個人的には《ティマイオスの眼》からの選択肢が増えるだけでテンション上がるので、実はそんなに多くは望んでいません。

まぁ欲を言えば《ティマイオスの眼》に安定してアクセスできるようになったら最高かなぁ…(超強欲)。

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》《フュージョン・オブ・ファイア》の収録が判明!【サベージ・ストライク】

公式ツイッターのツイートで《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の画像・効果が公開されました。 「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスターを素材指定とした「サラマングレイト」融合モンスターがついに登場。 素材としたモン […]

公式ツイッターのツイートで《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の画像・効果が公開されました。

「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスターを素材指定とした「サラマングレイト」融合モンスターがついに登場。

素材としたモンスターの攻撃力の合計の半分の数値…想像以上のパワーを感じるぜ!

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》
融合・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。
(2):このカードが元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。
(3):「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカードと戦闘を行うモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ0になる。

フュージョン・オブ・ファイア

通常魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札及び自分・相手フィールドから、「サラマングレイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

情報ソース

《サイバース・クロック・ドラゴン》と近い何かを感じる

《サイバース・クロック・ドラゴン》よりも本素材(サラマングレイト)側の指定が緩い代わりに、リンクモンスター側がキッチリ一体に調整されていますね(まぁ相手フィールドからいけるもんね…)。

モンスター単体だと地味に見えるかもしれませんが、相手から素材を供給できる《フュージョン・オブ・ファイア》のインパクトは凄まじいです。

やっぱり「サラマングレイト」はサポートカードでバランスをとるテーマって感じがするなぁ~。

【《E・HEROネビュラ・ネオス》効果考察】コンタクト・アウトでスーパードロータイム移行!?

2018年8月31日に海外で発売される『MegaTin2018』に収録される海外先行カード、《E・HEROネビュラ・ネオス》の使い方・効果考察記事です。 トリプルコンタクト融合体という事で、出すまでの労力はやっぱり必要で […]

2018年8月31日に海外で発売される『MegaTin2018』に収録される海外先行カード、《E・HEROネビュラ・ネオス》の使い方・効果考察記事です。

トリプルコンタクト融合体という事で、出すまでの労力はやっぱり必要ですが、その分強力な効果を内蔵したモンスターに仕上がっています。コンタクト融合ファン必見の一枚ですぞ!

《E・HEROネビュラ・ネオス》

E・HERO ネビュラ・ネオス(Elemental HERO Nebula Neos)
融合・効果モンスター
星9/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+ 「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがEXデッキから特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのカードの数だけ自分はドローし、フィールドのカード1枚を選び、そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
②:1ターンに1度、エンドフェイズに発動する。このカードをEXデッキに戻す。その後、フィールドのカードを全て裏側表示で除外する。

 

相手フィールドの数だけドローというパワーワード!裏側除外も強力です。

効果が強力なのは間違いありませんが、コンタクト融合で大事なのはその展開方法。本記事では、素材指定や展開の為に必要となるサポート(Contact Gate)等にフォーカスを当てて解説していきます。

融合素材は「ネオス」「鬼畜モグラ」「ブラックパンサー」の三体

  • このカードが無くては始まらない。コンタクト融合の顔ッ!
  • コンタクトゲートで「N」は揃えやすくなったので、ネオスの展開がネビュラネオス運用のカギ!
  • …というか元々そうでしたね(笑)
  • みんな大好き鬼畜モグラ
  • 単体で凄く強いので引いて安心のスーパー「N」です
  • ネビュラの強さの3割くらいはこいつが供給してそう
  • 鬼畜モグラと比較すると地味ですが、コチラはコチラでコピー効果と面白い逸材
  • 管理人は《ブラック・ネオス》が好きなので必然的に《ブラック・パンサー》も好きです
  • 効果を無効にする効果は《ブラック・ネオス》から来た感じかな?

《コンタクト・ゲート》で円滑にコンタクト融合!

《コンタクトゲート》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。自分の手札・デッキ・墓地からカード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがフィールドからEXデッキに戻った場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

海外先行カード《コンタクト・ゲート》がコンタクト融合を変える!?

トリプルコンタクト融合を安定させる為のカードと言えば、『サイバネティック・ホライゾン(TCG)』に先行収録された《コンタクト・ゲート》ですよね。

正直、このカードが来日すれば、《コンバート・コンタクト》から動くことでかなりトリプルコンタクトしやすくなります。

《ネビュラ・ネオス》のEX帰還効果は裏側除外なので《コンタクトゲート》の②効果とは直接シナジーしていませんが、基本的に①で除外した「N」を戻す事になるので問題ないでしょう。

墓地の「N」が重要になるので、ワンチャン【芝刈りネオス】もありかな…って思ってます。

ターン1が無いので《コンタクト・アウト》捗ります

遊戯王/第5期/6弾/GLAS-JP045 コンタクト・アウト

《コンタクト・アウト/Contact Out》 
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「ネオス」と名のついた融合モンスター1体を融合デッキに戻す。さらに、融合デッキに戻したモンスターに記された融合素材モンスター一組が自分のデッキに揃っていれば、この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 

《ネビュラ・ネオス》のドロー効果はターン1ではありません!

《ネビュラ・ネオス》の①効果はターン1ではないので、《コンタクト・アウト》で融合・分離・融合を繰り返せば、その都度ドローする事が出来ます。

相手の場に依存してはいますが、効果によるドローで《コンタクト・アウト》が連鎖したら滅茶苦茶面白いですね!

一つ前の記事で【ネビュラエクゾ】って電波を発信しましたが、ちょっと真面目にやってみたくなってます(笑)。

《ミラクルコンタクト》とかも合わせたら状況次第では結構なドロー量行くと思うんですよね…。

あえてエンドフェイズを待つってのもあり!《巻き込み注意》

遊戯王 PTDN-JP043-UR 《E・HERO ストーム・ネオス》 Ultra

《ストーム・ネオス》さんもビックリな裏側除外効果にも注目です。

《コンタクト・ゲート》を軸にする場合、《ストーム・ネオス》,《カオス・ネオス》,《ネビュラ・ネオス》の三体を主軸にして戦う事になるでしょうし、バウンス,セット,裏側除外の3パターンで相手の場を掻き乱せるわけですね!

いつも通り強大な力で味方を巻き込む可能性があるので、自場の管理にはよーく注意を払いましょうね。

まじめに【芝刈りネオス】考えてみようかな…(ミラクルコンタクト)も再録されたし…。

《ジャンク・スピーダー》の記事もよろしく!

《ジャンク・スピーダー》の記事は夕方位にUP出来ると思うので、そちらもよろしくお願いします。

《ネビュラ・ネオス》と《ジャンク・スピーダー》は、8月31日発売(海外)『Mega Tin2018』にそれぞれ収録されるプロモカードです。

米版OKな人は輸入版を!それ以外の人は来日する日を楽しみに待ちましょう!

遊戯王 EU版 2018 Mega-Tins 2018 メガティンズ 2種類セット 十代 遊星
コナミデジタルエンタテインメント
売り上げランキング: 268

【プランキッズ・ウェザー:画像・効果公開】簡易融合対応モンスター2体目!プチライトニング化いいっすね

遊戯王公式ツイッターにて、「プランキッズ」の新規カードが公開されました。 《プランキッズ・ロケット》に続いて、《簡易融合》で特殊召喚可能な2体目の融合モンスターのお披露目! 発動タイミング的に全て有効活用とは行きませんが […]

遊戯王公式ツイッターにて、「プランキッズ」の新規カードが公開されました。

《プランキッズ・ロケット》に続いて、《簡易融合》で特殊召喚可能な2体目の融合モンスターのお披露目!

発動タイミング的に全て有効活用とは行きませんが、一部効果はきっちり使えそうなので、《簡易融合》との兼ね合いにも注目です。

プランキッズ・ウェザー

《プランキッズ・ウェザー》
融合・効果モンスター
星5/水属性/水族/攻2000/守 0
「プランキッズ」モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「プランキッズ」モンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):相手ターンにこのカードをリリースし、融合モンスター以外の自分の墓地の「プランキッズ」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン戦闘では破壊されない。

ソース:【遊戯王公式ツイッター】

《簡易融合》から出しても分離までは繋がらない

遊戯王OCG 簡易融合 ノーマル SPFE-JP042 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]

《簡易融合》で特殊召喚したモンスターは、そのターンのエンドフェイズに破壊されてしまうので、相手ターンにのみ発動可能な《ウェザー》の分離効果にまでは繋がりません。

展開用に《簡易融合》から出すなら《ロケット》の方が重宝しそうですが、相手ターンに戦闘破壊耐性を付与しながら二体特殊召喚する《ウェザー》もかなり有能に見えますね。

この性能なら相手ターン融合とかもしたくなるなぁ…(死魂融合使う…?流石に除外がきついか!?)

「プランキッズ」の戦闘を「ライトニング」化する!

【シングルカード】SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング/エクシーズ/ウルトラレア YZ08-JP001

自分の「プランキッズ」モンスターの攻撃を「ホープ・ザ・ライトニング」化(またはマディラ化)する永続効果を持っています。(※攻撃する場合なのでライトニングやマディラ程の広さはないです)。

サイバースを最近触っている人なら、《サイバネット・オプティマイズ》化するって言った方が分かり易いでしょうか?

シンプルな効果ではありますが、やっぱりこの手のオラオラ効果は強力です。決して軽視できない存在として活躍してくれると思います。

こっちは《簡易融合》から展開しても機能します。もしもの時の為に覚えておきましょう。

もう一種類くらいは融合モンスターが出てきそう

《ランプ》&《ドロップ》コンビの融合体が未だなので、少なくともあと1体くらいは《簡易融合》対応の融合モンスターが控えている気がします。

《簡易融合》オススメ記事の更新がはかどるぜ…。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-08-04)
売り上げランキング: 13

【ダイプレクサ・キマイラ効果考察】簡易融合対応の超技巧派!魔法・罠をけん制しながら墓地回収までこなす凄い奴!

性能の割りに存在感が薄いモンスターって稀にいますよね! 本記事で紹介する《ダイプレクサ・キマイラ》は、まさにそれを地で行ってるカードだと思うので、ノーマークの人は是非チェックして行ってください。 《簡易融合(インスタント […]

性能の割りに存在感が薄いモンスターって稀にいますよね!

本記事で紹介する《ダイプレクサ・キマイラ》は、まさにそれを地で行ってるカードだと思うので、ノーマークの人は是非チェックして行ってください。

《簡易融合(インスタント・フュージョン)》がバトルフェイズ中の魔法・罠抑止に早変わり!更にアドまでちゃっかり稼ぐ凄い奴、《ダイプレクサ・キマイラ》に注目です。

ダイプレクサ・キマイラ

ダイプレクサ・キマイラ ノーマル 遊戯王 ソウル・フュージョン sofu-jp038

《ダイプレクサ・キマイラ》 
融合・効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻2000/守 800
サイバース族モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。このターンのバトルフェイズ中にお互いは魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):融合召喚したこのカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の、サイバース族モンスター1体と「サイバネット・フュージョン」1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

 

サイバース族モンスター×2という素材の緩さ、《簡易融合(インスタント・フュージョン)》対応、2種類のメリット効果と、どこをとっても優秀な凄い奴。融合軸のサイバースデッキを支える重要な一枚である事は間違いありません。

注目ポイント
  • サイバース族×2という素材の緩さ
  • 簡易融合対応のレベル5融合モンスター
  • 状況次第できっちり働く魔法・罠抑止効果
  • サラッと2枚回収のアド効果

簡易融合がバトルフェイズ中の魔法・罠発動けん制に!?

遊戯王OCG 簡易融合 ノーマル SPFE-JP042 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]

《簡易融合》出だせるサイバース族モンスターと言うだけでも一定以上の価値がありますが、それがバトルフェイズ中の魔法・罠を抑止したり、墓地から2枚回収する効果につながるんだから凄まじいです。

①効果は自身リリースでも発動可能な為、墓地状況次第では能動的にサクッて《サイバネット・フュージョン》&サイバース族モンスター回収に繋げ、《サイバース・クロック・ドラゴン》等の更なる強者へと繋げていきましょう。

遊戯王/拮抗勝負(スーパーレア)/サーキット・ブレイク

魔法・罠に妨害される心配なく、脳筋の《サイバース・クロック・ドラゴン》のパンチを繰り出せるというのはかなり魅力的!

また、サイバース族以外でのデッキでも、相手の《拮抗勝負》をケアしながら安全にぶっこめるというのは、決して悪い動きではないと思います。

ただし、魔法・罠を抑制されるのはお互いです。バトルフェイズ中に魔法・罠カードの効果を発動する予定がある場合は、動きを阻害されてしまう心配があるので要注意です。

更にサイバース族モンスター1体と《サイバネット・フュージョン》を回収!

遊戯王カード サイバネット・フュージョン(レア) ソウル・フュージョン(SOFU) | 通常魔法 レア

《簡易融合》は融合召喚扱いの特殊召喚なので、墓地に送られた場合の回収効果(⓶効果)も勿論使用可能です。

《簡易融合》一枚がバトルフェイズ中の魔法・罠抑止&1アドにつながるって……普通にトンデモナイと感じるのは管理人だけでしょうか?

《サイバース・クロック・ドラゴン》の攻撃遂行確立を高める…強い(確信)。

ぶっちゃけ何を回収しても強いですが、やはり《サイバース・クロック・ドラゴン》の融合素材である、《クロック・ワイバーン》の回収は分かり易く強力。それ以外だと、特殊召喚効果に繋げられてドローがもらえる《レイテンシ》辺りが個人的にはオススメです。

簡易融合オススメモンスターの歴史に新たな1ページが!

関連記事:【簡易融合(インスタント・フュージョン)から出せる】汎用性の高いオススメ融合モンスター特集

完全なる汎用効果とは言い難いですが、上の記事への追記を余裕で検討できる一枚だと考えています。

やっぱり1枚が2枚に化けながらメリットを得るってのは半端ねぇ動きですよね…(;^ω^)

遊戯王 SOFU-JP038 ダイプレクサ・キマイラ (日本語版 ノーマル) ソウル・フュージョン
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
売り上げランキング: 13,815

【雷神龍-サンダー・ドラゴンの収録・効果判明】雷神の怒りを再録する理由見つけたり!

アニメの放送はお休みでしたが、公式ツイッターは休まず営業中! 7月14日発売『ソウル・フュージョン』の収録カードの中から、新たな「サンダー・ドラゴン」融合モンスター《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の効果・イラストが公開され […]

アニメの放送はお休みでしたが、公式ツイッターは休まず営業中!

7月14日発売『ソウル・フュージョン』の収録カードの中から、新たな「サンダー・ドラゴン」融合モンスター《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の効果・イラストが公開されました。

手札の「雷族」とフィールドの「雷族」融合モンスターとの変則融合(特殊召喚)…凄いな。

雷神龍-サンダー・ドラゴン

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》 
融合・効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻3200/守3200
「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

 

注目ポイント
  • 変則融合は正規召喚ではないので蘇生制限は満たせない
  • ダメージステップに手札で発動する可能性のある雷族モンスターが出るフラグ
  • ①②ともにターン1ではないので、条件を満たせば何度も発動可能

特殊召喚条件の中でも一際緩い

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》も変則的な特殊召喚方法を持っていましたが、その流れは《雷神龍-サンダー・ドラゴン》も持ち合わせています。

…と言うか、手札の「雷族」とフィールドの「雷族」融合モンスターで特殊召喚って条件緩くね!?

過去にも《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》等、条件の緩いモンスターはいましたが、いずれもフィールドという領域は守っていただけに、この条件の緩さには驚きました。

TPに《雷神の怒り》を再録する理由はここか!

【シングルカード】遊戯王 雷神の怒り(Vol.4) ノーマル

今日の朝記事には、「《雷神の怒り》の再録は《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の正規召喚用の素材でしょ…」と書きましたが、そんな生易しいものではなかったですね(笑)。

テキトーな「雷族」モンスターと《簡易融合》さえあれば、《雷神龍-サンダー・ドラゴン》を特殊召喚できてしまいます。さ、流石は神と言った所か…(驚き)。

雷族始まってるなぁ

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の二枚で、「雷族」界隈はかなりの盛り上がりを見せてくれそうです。

この勢いがあれば、《双頭の雷龍》リメイクとか、他のサポートカードにも期待できるかもしれませんね…(ワクワク)。

遊戯王 18SP-JP202 サンダー・ドラゴン(日本語版 スーパーレア) SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.2
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
売り上げランキング: 86,254

【超電龍-サンダー・ドラゴン効果考察】相手限定のライオウ効果!サンダードラゴンに呼応して顕現せよ!

雷族に新たな力が仲間入り、その名も《超電龍-サンダー・ドラゴン》。 《サンダー・シー・ホース》先輩との相性は悪いけど、手札の雷族の効果発動に呼応してEXデッキから変則融合召喚されちゃう。相手だけライオウ&破壊耐性は凶悪だ […]

雷族に新たな力が仲間入り、その名も《超電龍-サンダー・ドラゴン》

《サンダー・シー・ホース》先輩との相性は悪いけど、手札の雷族の効果発動に呼応してEXデッキから変則融合召喚されちゃう。相手だけライオウ&破壊耐性は凶悪だぞ☆

超電龍-サンダー・ドラゴン

《超雷龍(ちょうらいりゅう)-サンダー・ドラゴン》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2600/守2400
「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
(1):このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

 

専用の特殊召喚方法についつい目が行きがちですが、「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスターで正規融合する事も勿論可能です。

また、専用特殊召喚も「雷族モンスターの効果が手札で発動したターン」とあるので、条件を満たしたターンならタイミングを選ばず特殊召喚出来そうです(フリーチェーンという意味ではない)。

…というか、この特殊召喚自体にターン1とかの誓約が無いので、条件満たしたら何体でも《超雷龍-サンダー・ドラゴン》になれそうですよね…大丈夫でしょうかコレ!?

注目ポイント
  • サンダー・ドラゴンと相性抜群!
  • 専用特殊召喚は雷族モンスターの効果が手札で発動したターンにできる
  • ①効果は相手プレイヤーだけにライオウ効果を強いる効果
  • 墓地の雷族の数だけ破壊耐性を持つ

相手だけライオウ効果の恐怖!

UR◇ライオウ(YG02-JP001)

「EXからでる《ライオウ》効果は強いなぁ~」位の印象だったのですが、記事を書く際に再確認したら相手だけ《ライオウ》効果で《ナチュルの神聖樹》生えました。

きちんと構築すれば先行で立つモンスターですし、安定して《ライオウ》効果が展開可能なのはかなり強力です。しかも破壊耐性持っている訳で、バウンス・除外等が必要になってきます(怖い)。

最低でも2回は耐性分の耐性は持っている

遊戯王OCG サンダー・ドラゴン ノーマルパラレル AT16-JP002-P アドバンスド・トーナメントパック2016 Vol.4

墓地がたんまり肥えていたらほぼほぼ破壊されない存在になりますが、展開の為に《サンダー・ドラゴン》を使う事を考えると、先行1ターン目に展開した場合でも大体2回分の耐性が想定できます。

戦闘・効果双方に対する身代わり効果なので、除外・バウンス・リリースなどの手段を持たないデッキからすると突破するのは非常に困難。

打点も2600とそこそこ高いので、かなり厄介な存在になり得ます。雑に出して強いのは〇

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の特殊召喚条件を満たせる雷族モンスター 一覧

《エレクトリック・ワーム》

  • 相手の場にドラゴン族・機械族が存在すればトリガーを満たせます。条件とリリース捻出を考えると現実的なカードではないかな?
《霞の谷の雷鳥》

  • 発動して条件を満たし、自身が特殊召喚される事でリリース条件も確保できる。動き的にはベストマッチですが、フィールドのカードが手札に戻るという状況を無理なく組み込む事が出来るかどうかが運用のカギ。
《サンダー・ドラゴン》

  • 1枚が2枚に化ける夢のカード。正規召喚の素材指定なだけあって相性は抜群。手札で効果を発動するという条件は容易に満たせますが、フィールドに雷族を展開するのはワンクッション必要になります。
《サブテラーマリス・ボルティニア》

  • 雷族というステータスが奇跡的にシナジーしてサブテラーマリスの共通効果が《超雷龍-サンダー・ドラゴン》と呼応した形になってます。でもこれも共存するのは結構難しそう。状況次第では相手ターンに《超雷龍》を展開するというムーブも不可能ではなさそう。

展開出来ればかなり強いと思います

効果は文句なしに強いので、後は展開方法を如何に確立できるかにかかっています。

《霞の谷の雷鳥》とかはかなり良い感じなんですが、やっぱり現実的なのは《サンダー・ドラゴン》だけっぽいかな?

現時点で評価を下すのは難しいカードだと思うので、発売後の動向を少し見守ってみる事とします。

あと、《双頭の超雷龍》が存在しているかどうかにも興味津々です。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-07-14)
売り上げランキング: 28

【氷獄龍トリシューラ効果考察】先行エクストラデッキ除外は強烈!竜魔導の守護者との相性に期待!

Vジャンプ7月特大号付録&応募者全員サービスカードの効果考察記事第二弾は、新たな領域の除外計画を画策する氷獄なる龍、《氷獄龍トリシューラ》。 緩いけど重い素材指定。盤面に干渉できない効果等、気になる点はあるものの、このカ […]

Vジャンプ7月特大号付録&応募者全員サービスカードの効果考察記事第二弾は、新たな領域の除外計画を画策する氷獄なる龍、《氷獄龍トリシューラ》。

緩いけど重い素材指定。盤面に干渉できない効果等、気になる点はあるものの、このカード独自の強さはきっとある。世間的な評価は低いですが個人的にはかなり評価しているカードです。

Vジャンプ付録・応募者全員サービスカード全判明

Vジャンプ公式チャンネルにて、Vジャンプ7月特大号付録&誌上企画の応募者全員サービスのカードの効果が一挙公開されました。

それぞれの効果の詳細は動画または関連記事でご確認ください。今回は《氷獄龍トリシューラ》のターンなのでそちらの考察行ってみましょう!

氷獄龍トリシューラ


画像は動画・ソース元でご確認ください

《氷獄龍トリシューラ》
融合・効果モンスター
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
カード名が異なるモンスター×3
このカードは自分の手札・フィールドのモンスターを素材とした融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードを除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):元々の種族がドラゴン族のモンスターのみを素材としてこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・相手のデッキの一番上・相手のEXデッキの順に確認してそれぞれ1枚ずつ除外する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

注目ポイント 
  • 融合素材に出来るのは自分の手札・フィールドのモンスターのみ
  • ビーストアイズ方式の効果外テキストを持っている
  • 3ヵ所除外効果を発動するためには全ての素材をドラゴン族で賄う必要がある
  • 3体素材は重いがカード名が異なるモンスターという指定は正直緩い

《龍の鏡》をはじめとした特殊融合の類は使えない調整

遊戯王カード DP17-JP030 龍の鏡 レア 遊戯王デュエルモンスターズ [-王の記憶編-]

自分の手札・フィールドのモンスターしか素材にできないので、ドラゴン族融合の強みである《龍の鏡》や、《超融合》による相手モンスター吸収などの特殊な融合召喚札は使用不可能な調節を受けています。

ここら辺の有用なサポートに対応していないのは確かに気になるポイントです。しかし、出来たら出来たでそれはそれで新たな問題を生むので個人的にはこれで良いと思ってます。

重くて緩い素材指定

遊戯王OCG ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン パラレル仕様 SD29-JP043-P 遊戯王アーク・ファイブ [STRUCTURE DECK -マスター・オブ・ペンデュラム-]

ビーストアイズ方式の効果外テキスト持ちという事で、うまくやれば3枚まで消費を抑える事が可能なカードです。しかし、この特殊召喚方法を使用する為には名前の異なるモンスター3体を盤面に用意する必要があり、効果発動まで視野に入れるとドラゴン族3体という条件まで帯びてきます。

フィールドに名前の異なるモンスターを悠々三体並べられるデッキなら素材指定も緩く超有能。その反面、そうじゃないデッキだと「融合」の使用が必要になるので4枚もカードを使って展開するカードになってしまう二面性。重くて緩いという見出しは正にここから来ています。

個人的には、名前が異なってさえいれば何でも【レベル9、水属性、攻2700/守2000】に変換できる部分を高く評価してはいますが、「超便利!汎用性の塊!環境待ったなし!」と無責任に言うつもりは微塵もありません。しかし、トークンやそれを経由したリンクモンスターなども普通に素材に使えてしまう事を考慮すると、軽視する程出し難くも弱くもないとは思ってます。

除外効果の強さについて考える

自分のデッキ・相手のデッキ・相手のエクストラデッキの三か所を除外する新たな力。結局はここがどれくらい強いかが一番大事な所です。

ぶっちゃけ、相手のデッキトップを除外するのはインクの染みみたいなものですが、それ以外の二つはかなり強いです。

相手のEXデッキのカードを任意に除外できるのは強い

遊戯王 / サモン・ソーサレス(ウルトラ) / VJMP-JP140 / Vジャンプ1月号付録

《サモン・ソーサレス》、《ハリファイバー※デッキ次第》、《トロイメア》系等、ピン採用のリンクモンスターが多い現代遊戯王なら、任意のEXモンスターを除外されるのはかなりの痛手になりえます。

ほとんどが先行展開で使用するカードなので、先行1ターン目で炸裂させないと効力が薄いのは確かですが、無理なく狙えるなら積極的に狙って行っても良い位の強さはあるのではないでしょうか?

特に《サモン・ソーサレス》はピン採用が多い傾向ですし、分かり易い狙い目だと思います。

自分の任意のカードを除外できるのは強い

遊戯王/封印の黄金櫃(ノーマル)/サイバース・リンク

「なんで自分のデッキ除外しちゃうのさ…」と思った人もいるかも知れませんが、この効果はあれですね…《封印の黄金櫃》みたいな使い方が主な利点です。

自分のデッキ内の任意のカードを除外できるので、除外された場合の効果を持つカード(《ネクロフェイス》とか「不知火」とか)を除外して、起点やアドに繋げて行く事が可能です。

相手のデッキトップ除外はぶっちゃけ活用し辛いですが、こっちは想像以上に有用な効果です。まぁ、デッキトップ除外も《鳳翼の爆風》で戻したカードを狙い撃つとかできなくはないですけどね…。

《氷獄龍トリシューラ》との相性の良いカード

  • コラプ・ワイバー(白黒セット)
    フィールドにドラゴンを展開するなら白黒セットは外せません。これらを無理なく採用できるデッキは必然的に相性が良いと言えるでしょう。
  • デブリ・ドラゴン
    デブリの効果でドラゴン族モンスターを特殊召喚。あと一体別ルートで確保すれば準備完了。ドラゴン族のS召喚にしか使用できない誓約も問題なし。
  • 竜魔導の守護者
    何気にドラゴン族モンスター、融合・フュージョンサーチ、墓地からの釣り上げと、全ての効果が噛み合っている一枚。消費はそれなりですが、効果込みの氷獄龍の展開も現実的なカードです。
  • ドラゴン・目覚めの旋律
    ドラゴン族を等価でサーチ出来るので相性抜群。名前かぶりを回避しながら三体確保できそうです。

盤面に触れるカードではないので工夫は必要です

素材の割に盤面に触れない、圧力が弱いと言われているカードですが、先行1ターン目のEX除外は文句なしの強さなはず…。

自分のデッキ除外をギミック化することで、強さを最大化していくことが運用のカギ。脳死の強さではありませんが、工夫次第で強力な武器になる一枚だと思います。

この他にも、素材指定の緩いルートで展開出来るレベル9モンスターという事で、《真竜皇V.F.D》ルートを模索するとかもありかもです。

Note: There is a poll embedded within this post, please visit the site to participate in this post's poll.

【竜騎士ブラック・マジシャンの使い方・効果考察】永遠の魂を守る守護騎士。《竜魔導の守護者》で融合召喚を徹底サポート!

昨日は《竜魔導の守護者》の効果記事で、今日は《竜騎士ブラック・マジシャン》の記事。何だか毎日「師匠」関連の記事をUPしてる気がするけど…たぶん気のせい(という事にしておこう)。 《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》から続 […]

昨日は《竜魔導の守護者》の効果記事で、今日は《竜騎士ブラック・マジシャン》の記事。何だか毎日「師匠」関連の記事をUPしてる気がするけど…たぶん気のせい(という事にしておこう)。

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》から続くドラゴン族との融合体第二弾! 今度のティマイオスは《ブラック・マジシャン》の命(永遠の魂)を守ります。

竜騎士ブラック・マジシャン

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ブラック・マジシャン」として扱う。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

自分フィールドの魔法・罠を鉄壁にする
  • ブルーアイズに並ぶ高ステータスを得た師匠!
  • 自分フィールドの魔法・罠を相手の効果対象・破壊から守る!
  • シンプルな性能ながら現在のブラマジデッキとのベストマッチ感は半端ねぇです。
相変わらずの乗っただけ融合(でもそれが良い)
  •  ティマイオス絡みの融合体は安定の乗っただけ融合
  • でも《呪符竜》からは確実に進化してる(鎧差分)。
  • 騎士バージョンの師匠かっこいいのでフィギュア化して欲しい…。

《黒の魔導陣》や《永遠の魂》を守ります!

《黒の魔導陣》
永続魔法
「黒の魔導陣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

《竜騎士ブラック・マジシャン》の役割は自分の場にある《黒の魔導陣》《永遠の魂》の守護

【ブラマジデッキ】にとってこの二枚は、生命線の名に相応しいカードなのでとても嬉しい(ブラマジ使い感)。

勿論、自分の場に存在する魔法・罠ならば《黒の魔導陣》《永遠の魂》に限らず守護するので、フィールド魔法・永続魔法・永続罠を多用する構築なら不変なく活躍してくれるはずです。

墓地でも「ブラック・マジシャン」として扱うことの強さ(永遠の魂対応)

《永遠の魂》
永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

墓地で「ブラック・マジシャン」として扱う。

これは《守護神官マハード》や《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》に足りなかった最後のピース。

この効果があるおかげで、《竜騎士ブラック・マジシャン》は《永遠の魂》で蘇生する事が出来るし②効果による耐性の恩恵も受けられるのだ!(お互いに守り合う関係)

《竜騎士ブラック・マジシャン》の魔法・罠守護効果は永続効果ですし、相手の破壊効果発動にチェーンして墓地の《竜騎士ブラック・マジシャン》を蘇生して守護!みたいな事も出来ますね。

まぁ、何より打点が3000あるってのが純粋にデカイです。《見習い》ちゃんのサポートがあるとは言え、打点不足は師匠デッキ永遠の課題ですから。

あと、墓地に師匠を複数体ためやすくなったという事で、フィールド・墓地の「ブラック・マジシャン」(ガール)を参照する《黒魔道強化》も多少扱い易くなる事でしょう。

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》と素材は同じ

《呪符竜(アミュレット・ドラゴン)》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2900/守2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
このカードは上記カードを融合素材にした融合召喚
または「ティマイオスの眼」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分・相手の墓地の魔法カードを任意の数だけ対象として発動する。そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×100アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分の墓地の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。その魔法使い族モンスターを特殊召喚する。

《竜騎士ブラック・マジシャン》を使うなら、併せて使いたいのがコチラのカード。

《竜騎士ブラック・マジシャン》と比較すると少し見劣る部分もありますが、墓地の魔法カードを任意の枚数除外して打点を上げるという動きは結構器用なので見所はあります。

素材が同じなのでエクストラに一枚忍べておけば思わぬシーンで活躍してくれるかもしれませんね。

《トポロジック・トゥリスバエナ》が怖すぎる

対象をとる効果や破壊にはめっぽう強くなる《竜騎士ブラック・マジシャン》ですが、対象をとらない除外やバウンス効果は言うまでもなく苦手。

汎用素材で簡単に出てきて魔法・罠を全除外する《トポロジック・トゥリスバエナ》という名の化け物が怖い!

まぁ、《永遠の魂》+《竜騎士ブラック・マジシャン》の場ができてるのであれば、《黒の魔導陣》も展開できてそうですし一矢報いる事はできそうだが…(怖いものは怖い)。

強力かつ豊富なサポートカードの数々

ここでは《竜騎士ブラック・マジシャン》を展開する為のサポートの数々をご紹介。やっぱり《竜魔導の守護者》が最新カードという事もあってホットです。

 竜騎士ブラック・マジシャンサポート
《竜魔導の守護者》
《ティマイオスの眼》
  •  フィールドの「ブラック・マジシャン」を華麗に進化させる
  • 最大の強みはその派生先の多さ。超強力な《 超魔導剣士-ブラック・パラディン 》も選択肢に上がってくる
  • サーチが利かないのと小回りが利かないことが最大の弱点
  • 逆転するカードではなく勝ちを盤石にするカード

《龍の鏡》
  • 何気にドラゴン族融合モンスターなので《龍の鏡》対応
  • 師匠を使って《始祖竜ワイアーム》を出すという選択肢も出て来る

白き霊龍に泣かされたあの日にサヨナラバイバイ

発売前という事で、さらっとあっさりと記事にしてみました。

《竜騎士ブラック・マジシャン》が我が手中に来れば、《白き霊龍》に泣かされたあの日と決別できる(;^ω^)

『レアリティ・コレクション2』の発売まであと2日。楽しみ過ぎます…。