【アンクリボーの使い方・効果考察】蘇生効果&死者蘇生サーチが超強い!《クリボーンの有用性アップ》

生きてる《死者蘇生》こと《アンクリボー》の特集記事です。 攻撃汎用型のカードが軽視される傾向にある現代遊戯王ですが、そんな時代の中でも注目される期待の新星。 死者蘇生効果と死者蘇生サーチ(回収)の二段構えで時代を切り開け […]

生きてる《死者蘇生》こと《アンクリボー》の特集記事です。

攻撃汎用型のカードが軽視される傾向にある現代遊戯王ですが、そんな時代の中でも注目される期待の新星。

死者蘇生効果と死者蘇生サーチ(回収)の二段構えで時代を切り開けッ!

アンクリボー

《アンクリボー》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻300/守200
このカード名の①の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨て、このカード以外の自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。

効果が無効になってないのが非常に強力!

一時的(エンドフェイズに墓地へ送られる)とは言え、効果そのままの蘇生効果はかなり強力です。

例えば《ダイナレスラー・パンクラトプス》を蘇生し、効果で1枚破壊しながらフィールドを去るとかシンプルだけどかなり強力な気がしますよね。

《パンクラトプス》なら採用率も高いですし、自分・相手の墓地を対象に出来る旨味も有効に使えそうですしかなり良さそうです。

他にも墓地に送られた効果を持つ《クリッター》等のサーチャー,デッキからの特殊召喚効果を持つリクルーター等、効果が無効になっていない事を利用した組み合わせは、ほぼ無限に広がっています。

この汎用性の高さが今の《アンクリボー》の期待へと繋がっている最大の理由と思われます。

制限カードである《死者蘇生》への配慮が凄まじい

②効果による《死者蘇生》サーチ(回収)ですが、これ、デッキ・墓地に対応しているのがGOOD!

制限カードである《死者蘇生》の場合、デッキ対応だけだと素引きして終了という可能性が非常に高いですが、墓地から回収できるなら話は別。

《死者蘇生》を1ゲーム中に複数回使用できるってだけでもかなり強力ですが、弱点になりうるポイントへの配慮がきちんとなされているのは素晴らしいです。

《クリボーン》の有用性上昇に注目!

《クリボーン/Kuribohrn》 
効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):自分・相手のバトルフェイズ終了時にこのカードを手札から捨て、このターンに戦闘で破壊され自分の墓地へ送られたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「クリボー」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

「クリボー」モンスターを任意の数だけ墓地から特殊召喚できる《クリボーン》の再評価にも注目です。

②効果で《アンクリボー》を蘇生されたら流石に相手は嫌な顔してくれると思うんですよねぇ…(邪悪)。

…何気に再録経験のないカードなので、気になる人はストレージを漁っておくと良いかもです。

相性の良いカードを考えるのがとにかく楽しい!


▲《大神雷鳴》を相手ターンに蘇生!

上の《大神雷鳴》が良い例ですが、相手ターンに蘇生して楽しい好相性モンスターを探すのがとても楽しいです。

冒頭で紹介した《パンクラトプス》の様な汎用性の高いカードでも勿論良いですが、”相手ターンに蘇生する”という部分にフォーカスを当てたモンスターの選定もいとおかし。

「アーティファクト」モンスターを蘇生したり、「D-HERO」で《ドレッドガイ》を蘇生したり鉄壁にしたり等、デッキ単位で可能性を探す発想の探検が可能になります。

………こういうのってカードゲームの一つの醍醐味だよねぇ(*’ω’*)

俺は三冊買うぞ、ジョジョ!!

”このデッキで使う”という明確な意図が無くても購買欲をそそられる圧倒的なパワー!

…カズキング描き下ろしカードってのは勿論ありますが、これは3枚確保しておきたい逸品ですね。

……勿論、管理人も3冊購入予定です。

Amazon:Vジャンプ 2019年 04 月号 [雑誌](既に品切れのようです)

《守護神官マナ》の使い方を考える!かなりイメチェンしましたなぁ…【とりあえず墓地行っとく?】

遊戯王界で不動の人気を誇るヒロインカード「ブラック・マジシャン・ガール」のオリジンたる存在、《守護神官マナ》がついにOCG化されましたね! 「守護神官」って事は、アテム無き後の世で活躍するマナの姿って事なんでしょうけど、 […]

遊戯王界で不動の人気を誇るヒロインカード「ブラック・マジシャン・ガール」のオリジンたる存在、《守護神官マナ》がついにOCG化されましたね!

「守護神官」って事は、アテム無き後の世で活躍するマナの姿って事なんでしょうけど、未熟だった頃のあの面影は無く、かなりしっかりした雰囲気が感じられます。

掌に乗ってる《アンクリボー》も気になりますが、今回は《守護神官マナ》について見て行きましょう。

守護神官マナ

《守護神官マナ》 
効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2000/守1700
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスター1体のみを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのレベル7以上の魔法使い族モンスターは効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。

収録:【20thアニバーサリーレジェンドコレクション】

1体のみを対象とする効果が発動するか…

魔法使い族モンスター1体のみを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果か…。

対応範囲は「魔法・罠・モンスター効果」と広域ですが、1体のみを対象・相手って部分がネックになりそうです。

自分の効果で対象とってもOKだったらかなり使い易かったでしょうけど、まぁ流石にダメか。

マナを採用するデッキに対して飛んできそうな条件を満たすカードって言うと、「ロッド」に「ヴェーラー」とか、「見習い」に「ヴェーラー」とか位(無限泡影も可)でしょうか?

とりあえず墓地に送っておくと便利かも?

とりあえず墓地に送っておくと便利って感じがしますが、見え見え状態だったら相手は当然警戒してきますよね。

そう考えると手札に引いてる方が奇襲性が高いと言えますが、普通に素引きするとそれはそれで事故か…(笑)。

《守護神官マナ》以外にも《おろかな埋葬》と相性の良いカードがあればよかったのですが、BM・BMGって、ダイレクト墓地シュートする程のカードって無いんすよねぇ。

《マジシャンズ・ナビゲート》で引っ張りだす方法も属性的に不可能なのが少し残念です(マナは光属性)。

ガールの特殊召喚対応範囲はかなり広いです

条件が厳しい相手依存である①に対し、③効果は条件・範囲共にかなり緩く広範囲です。

周囲を②効果で保護している事を考えると除去優先度も高いはずですし、状況次第では自らの破壊効果で能動的にトリガーを引くものアリ。

②の破壊耐性を踏まえた全体破壊(自分だけ破壊される)からのBMG登場って流れもドラマティックに思えます。

永遠の魂の自壊デメリットを一手に引き受ける献身さ

《永遠の魂》が弾けても師匠たちの身代わりになってくれる…(献身的過ぎる)。

対応範囲がレベル7以上の魔法使い族という事で自らは適用外なんですが、レベルを1上げてやれば自らにも適用されるのはちょっと面白いですね。

まぁ、レベルを変動させるギミックを搭載する余力は流石に無さそうですけど…。

随分とイメチェンなされた印象…

アニメや原作のイメージとはかなりビジュアルが異なりますが、見習いだったマナがマハード亡き後、立派に成長した姿と考えると感慨深いものがありますね。

…とりあえず言える事は、「BMG」も「見習いマナ」も「守護神官マナ」もみんな可愛いって事さね。

《真紅眼の亜黒竜(レッドアイズ・オルタナティブ・ブラックドラゴン)》の強さを考える!4800バーン狙って行こッ!?

皆大好き「真紅眼(レッドアイズ)」も無事オルタナティブ化ッ! 「オルタナティブ」と言えば強力かつお高いイメージが定着していますが、コチラは《青眼の亜白竜》と違って非常にリーズナブルな価格で揃える事が出来ます。 そんな若干 […]

皆大好き「真紅眼(レッドアイズ)」も無事オルタナティブ化ッ!

「オルタナティブ」と言えば強力かつお高いイメージが定着していますが、コチラは《青眼の亜白竜》と違って非常にリーズナブルな価格で揃える事が出来ます。

そんな若干実力を軽視されている節がある「亜黒竜」ですが、実際は結構やれるカードです。

「亜白竜」とは異なる「真紅眼」らしい進化!…この選択はきっと間違いじゃない。

真紅眼の亜黒竜(レッドアイズ・オルタナティブ・ブラックドラゴン)

《真紅眼の亜黒竜(レッドアイズ・オルタナティブ・ブラックドラゴン)》 
特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールドから「レッドアイズ」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。この方法による「真紅眼の亜黒竜」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、「真紅眼の亜黒竜」以外の自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターが「真紅眼の黒竜」の場合、その元々の攻撃力は倍になる。

収録:【20thアニバーサリーレジェンドコレクション】

手札・フィールドから「レッドアイズ」モンスター1体をリリースするという非常に緩い特殊召喚条件と、やや受け身がちな蘇生効果の二本立て!

戦闘・相手による効果破壊という条件は気になりますが、効果が通った際の爆発力(攻撃力4800)は魅力に溢れています。

亜白竜よりも弱い?いやいやそんな事はないっしょ!


▲私は青眼の白竜を名指ししています

「『亜白竜』は見せるだけで特殊召喚できるのに、なんで『亜黒竜』はリリースする必要があるの?」という意見を目にしますが、そもそも名称指定している「亜白竜」と、カテゴリ指定の「亜黒竜」では単純比較はできません。

仮に「亜黒竜」が「レッドアイズ」モンスターを見せる事でSSだったらそれはそれで問題ですよね?

メインデッキ・EXデッキに様々な「レッドアイズ」モンスターを有する「レッドアイズ」的に見ると、この「レッドアイズ」モンスターをリリースしてという広さは大きな武器になるはずです。

強化の方向性が多種多様である「レッドアイズ」のオルタナティブがこういう味付けになるのはある意味”必然”だと管理人は考えます。

フィールドの黒鋼竜を巻き込もう!

《黒鋼竜(ブラックメタルドラゴン)/Black Metal Dragon》 
効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 600/守 600
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドからこのモンスターを攻撃力600アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「レッドアイズ」カード1枚を手札に加える。

 

手札だけでなくフィールドに対応している最大の強みはこれでしょう!

後程触れますが、蘇生札である《レッドアイズ・スピリッツ》,《真紅眼の鎧旋》にアクセスする事で、《真紅眼の亜黒竜》 の再利用(蘇生)にも繋がる綺麗な構造が特徴です。

このカード自身が「レッドアイズ」モンスターだったら更に文句なしでしたが、装備状態から墓地に送る手段が増えたのはとても良いことだと思います。

黒炎弾4800ダメージを喰らえッ!


▲4800バーンって熱すぎッ!

《真紅眼の亜黒竜》の効果で蘇生された「レッドアイズ」モンスターは、元々の攻撃力が倍になる。…すなわち、《黒炎弾》で相手に与えるダメージは4800だ(スゲェ)。

《黒炎弾》はサーチが利かない事が常々課題になるカードですが、今まで以上にサーチ対応できない理由がここに来て生まれてしまった感じがします(笑)。

先手からランク7エクシーズが格段に立てやすくなりました!

ワンテンポ遅れた展開札(蘇生札)が多い「レッドアイズ」に、先手で使える展開要員が現れたのは朗報です。

これならば《真紅眼の黒炎竜》の先手展開難易度もかなり下がりそうですよね!

…言うて「レッドアイズ」で出てくる《真紅眼の黒炎竜》は強いですからねぇ…(侮れません)。

蘇生札の豊富さを考慮するとこの効果は悪くないッ!

《レッドアイズ・スピリッツ/Red-Eyes Spirit》 
通常罠
(1):自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

受け身な効果だったとしても、蘇生札で何度も蘇生されたら流石に対処しきれないぜ!

サーチ可能な蘇生札が多いという「レッドアイズ」の特性を考えると、この噛み合いはそこまで悪くないはず?

能動的な効果でまとまっている亜白とは違った良さがある

能動的な効果で纏まっている「亜白」が強力なのは事実ですが、「亜黒」には「レッドアイズ」らしさ(幅広い対応力)という良さがあると思います。

『可能性の竜』と呼ばれる「レッドアイズ」の多様性に対応する為に生まれた存在。……無数に存在する関連カードへの配慮を怠らない優しさに溢れたカードだと管理人は思います。

《ネオ・カイザー・グライダー》効果考察:ドラゴン族通常モンスター蘇生&攻撃力500ダウンに隠された真実

海馬のデッキに採用されるという誉高き実績を持ちながらも、原作では実際に使用された事すらないという曰く付きな存在(アニメではドーマ編で使用されています)。 この度、そんな《カイザー・グライダー》が《ネオ・カイザー・グライダ […]

海馬のデッキに採用されるという誉高き実績を持ちながらも、原作では実際に使用された事すらないという曰く付きな存在(アニメではドーマ編で使用されています)。

この度、そんな《カイザー・グライダー》《ネオ・カイザー・グライダー》として生まれ変わりました!

生贄封じに阻まれたり、ハンデスされたりと、常にトラブル続きだった彼の人生。十数年の時を経て、今、花開く…かも知れない。

ネオ・カイザー・グライダー

《ネオ・カイザー・グライダー》 
効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードとモンスター1体を捨て、自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500ダウンする。

収録:【20thアニバーサリーレジェンドコレクション】

手札から捨てて墓地のドラゴン族通常モンスターを蘇生する効果。2:1交換による蘇生なので基本的にディスアドではありますが、コスト次第ではそのディスアドを軽減したりメリットに変換出来たりするのがポイント。

①効果が②効果に繋がるのは勿論、外的要因・コスト等でも機能する全体弱体化(相手フィールドのモンスター全て)にも注目です。

2:1交換の蘇生効果!その価値は!?

ただ単にドラゴン族通常モンスターを蘇生するなら《銀龍の轟咆》でOKですし、ここは手札のモンスターを捨てられる・連動して相手フィールドのモンスター弱体化できるという点に注目すべきです。

種族限定の通常縛りとは言え、手札から捨てて起動できる蘇生効果持ちって結構有能な気がします。

シューティング・ライザーのレベル調整用としての価値

これは管理人が気になっているだけで別段有能って訳でもありませんが、《シューティング・ライザー・ドラゴン》をレベル1にする際に結構便利な組み合わせな気がしています。

まぁ単に、素引きしてもそこそこ強いレベル6モンスターってだけの話なんですけどね(笑)。

ドラゴン族通常モンスターが入ってて、《シューティング・ライザー》も立って、それをレベル1シンクロチューナーにする旨味があるデッキか……(何かあったかねぇ?)。

相性の良いデッキ・テーマ

まず前提として、”ディスアドを軽減できるコスト役”、”ドラゴン族の通常モンスター”の二つが絶対条件。この二つがうまくかみ合うデッキでの採用が恐らくベストマッチ!

青眼デッキとの相性

コスト面は《白石》《古石》で完璧。蘇生する対象も《青眼の白龍》がいるから当然ベストマッチ。

まぁここは元よりそういう想定なので相性良くないと嘘ですよね…(笑)。

500ダウンを含めれた攻撃力3500までが戦闘破壊範囲になるのも地味ながら悪くないですが、相性が良いからって採用にまで至るか?と言われれば、それはまた別の問題。

…既に洗練されている「青眼」デッキにこのカードを迎え入れるスロットがあるかどうか…。

レッドアイズデッキとの相性

《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン/Meteor Black Comet Dragon》 
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

個人的に大本命だと思っているのがコチラ!

《真紅眼融合》で《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》を融合召喚すると、バーンダメージを与えながら相手フィールドのモンスターの攻撃力を全て500ダウンできるというプチコンボ発動です。

「青眼」程ではないにしろ、《伝説の黒石》でコストもある程度軽減できますし、蘇生対象にも比較的困らないのが嬉しいですね。

…でも流石に《魔晶龍ジルドラス》の方が融合役としては適任ですかね?…でも素引きした場合は《ネオ・カイザー・グライダー》の方が強いシーンも多そうなのがなぁ…(悩ましいね)。

聖刻デッキとの相性

《ラブラドライドラゴン》を使う・レベルが6でマッチするという思い付き!

コスト面での優位性がイマイチなので、「聖刻」+αの構築でワンチャンあるかな?位に考えています。

マジで思い付きなので、スルーしてもらって結構です。

効果の理由を聞いて驚きました!

最後になりましたが、《ネオ・カイザー・グライダー》の効果のルーツがかなりエモいのでお知らせしておきます。

《ネオ・カイザー・グライダー》の効果は、原作漫画(遊闘186.187:光の仮面・闇の仮面戦)をイメージしたものであり、いきなり湧いて出たテキトーな効果ではありません。

読み返してみると分かるのですが、遊戯が《手札抹殺》を使い(発動コスト)、その効果で海馬が《青眼の白龍》を墓地に送って《死者蘇生》に繋ぐ(効果)。その過程で送られていた《暗黒魔族ギルファーデーモン》が相手のモンスター(マスクド・ヘルレイザー)の攻撃力を500ダウンするシーンこそが《ネオ・カイザー・グライダー》の効果なのです。

…気付いた人マジで凄い。そしてシーンを効果にした開発もまた凄い(笑)。

【《守護神エクゾディア》を活かし隊】種族・属性変換は裁定的にOK!光明が見えた!?

激動の祭り(レジェコレ)から一夜が明け、ようやく冷静さを取り戻してきた管理人。 祭りの後(開封結果)を整理していると、自らが当てた20thシークレットレア《守護神エクゾディア》が主張してきました(実際はしていない)。 「 […]

激動の祭り(レジェコレ)から一夜が明け、ようやく冷静さを取り戻してきた管理人。

祭りの後(開封結果)を整理していると、自らが当てた20thシークレットレア《守護神エクゾディア》が主張してきました(実際はしていない)。

「汝、力を欲するならば我を使え!我を活かせ!」…なんて事は一切言われていませんが、そういえば属性・種族変更の裁定を確認していない事を思い出したので、確認してみました。

守護神エクゾディア

《守護神エクゾディア》
効果モンスター
星10/闇属性/魔法使い族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードの(1)の方法で召喚したこのカードが、元々の持ち主が相手となる悪魔族・闇属性モンスターを戦闘で破壊した時、自分はデュエルに勝利する。
(1):このカードはモンスター5体をリリースして召喚する事もできる。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードを召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

収録:【20thアニバーサリーレジェンドコレクション】

効果に関しては以前、既に記事にしている為、そちらをご覧ください。今回は裁定にまつわる内容と活かす為の新プランについて書いています。

関連記事:《守護神エクゾディア》で特殊勝利を目指せ!闇属性・悪魔族モンスターを戦闘破壊してデュエルに勝利!

種族・属性を変換する効果とのコンボは成立する!

元々の持ち主が相手となるモンスターの種族・属性を《DNA改造手術》《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》で変換するプランを以前の記事で挙げましたが、どうやらこれは問題なく活用できるようです。

元々の持ち主が相手となるという課題はまだまだ残ってはいますが、外的要因で一番難しい種族・属性をクリアできるというのうは朗報です。

転移はダメでもトークン送り付けカードはどうか?

自分のモンスターを《強制転移》等で送り付ける方法は条件的にダメ!

…それなら《ナイトメア・デーモン》や《ブラック・ガーデン》等のトークン送り付けカードならどうでしょうか?

……残念ながらこれもダメでした。

例外はあるかもしれませんが、《ナイトメア・デーモン》や《ブラック・ガーデン》共に、トークンの元々の持ち主はカードを発動したプレイヤー(この場合は自分)となるようです。…残念。

大正義《リプロドクス》という存在!

 《リプロドクス/Reprodocus》 
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/恐竜族/攻 800
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●種族を1つ宣言して発動できる。このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。
●属性を1つ宣言して発動できる。このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。

収録:【サイバネティック・ホライゾン】

ただでさえ大喰らいな《守護神エクゾディア》をサポートする為に、更にフィールド魔法と永続罠(《DNA改造手術》《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》)って流石に現実的じゃないですよね…。

…という事で、このカードを使うしかないという結論に至りました!

本当は相手の場のモンスターの位置もコントロールするのが理想でしたが、《ブラック・ガーデン》が使え無いのであれば致し方ありません。

《リプロドクス》のマーカー前方に相手モンスターが存在する事を祈るしか無いッ!(位置変動系の話をし出すと本末転倒なのでここではしないッ!)。

そもそも5体リリースの壁がありますからね…

種族・属性問題をクリアしたとしても、今度は5体リリースアドバンス召喚の壁が立ちはだかるんですけどネ!

こっちは《ダブルコストン》を2体使えば4体分供給できるって方法が少し面白かった位で、これら全てを内包するデッキの構造にまでは辿り着けていない感じです。

《守護神エクゾディア》のサーチ手段(魔神火炎砲)問題・種族、属性・5体リリースアドバンス召喚etc、やっぱり課題山盛りなのは変わりないなぁ…(笑)。

《エクシーズ・スライドルフィン》効果考察:実質シャーク(凌牙)さんのカードなのでは?

▲カード全体から感じられる謎のシャーク感 『ダーク・ネオストーム』に収録された《エクシーズ・スライドルフィン》についてのお話。 エクシーズモンスターの特殊召喚に呼応して手札から飛び出すイルカさん。墓地からの素材供給効果も […]


▲カード全体から感じられる謎のシャーク感

『ダーク・ネオストーム』に収録された《エクシーズ・スライドルフィン》についてのお話。

エクシーズモンスターの特殊召喚に呼応して手札から飛び出すイルカさん。墓地からの素材供給効果も親切心に満ち満ちていて心に沁みます。

どことなく一昔前っぽい効果・海竜族・水属性・エクシーズ名称…コレって実質シャークさん(凌牙)のカード何じゃ?

エクシーズ・スライドルフィン

《エクシーズ・スライドルフィン》 
効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1200/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、そのXモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

収録:【ダーク・ネオストーム】

どことなく《カゲトカゲ》的な有能さを感じるカードですが、エクシーズモンスターの特殊召喚に対応して特殊召喚する事を考えると【リンク+エクシーズ】という流れが基本になりそうな一枚です。

【エクシーズ召喚】主軸かつ水属性である事が重要になるデッキ。…それってシャーク!?あぁ!!

効果だけでなく、イラストや名前までシャークさんカードっぽいオーラを纏っていやがるぜ!

バハムート・シャークとの相性は抜群だ!

《バハムート・シャーク/Bahamut Shark》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2600/守2100
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。水属性・ランク3以下のエクシーズモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。このターンこのカードは攻撃できない。

シャークさんっぽいカードだけあって《バハムート・シャーク》との相性は抜群。

《バハムート・シャーク》の【エクシーズ召喚】に使えるのは勿論、《バハムート・シャーク》の効果でこのカードの特殊召喚条件を満たす事も可能。

EXモンスターゾーンにリンクモンスターがいないと活かし辛い組み合わせではありますが、属性がマッチする《マスター・ボーイ》がうまく埋めてくれそうです。

素材供給効果の方とも非常に噛み合っていて、《バハムート・シャーク》で特殊召喚した素材を持たないモンスターに素材を供給する動きには美しさすら感じられます。

《餅カエル》効果の為に「ガエル」を混ぜてみても良いですし、《発条空母ゼンマイティ》視野で「ゼンマイ」を混ぜてみるのも面白そうです。

また、シンプルに強い所だと相手ターンにモンスター効果を無効にできる《トライエッジ・リヴァイア》等も良さそうですね。

エクシーズ名称なので《ジェネレーション・フォース》対応

《ジェネレーション・フォース/Generation Force》 
通常魔法
自分フィールド上にエクシーズモンスターが存在する場合に発動できる。デッキから「エクシーズ」と名のついたカード1枚を手札に加える。

「エクシーズ」と名のついたカードなので《ジェネレーション・フォース》でサーチ可能なのも大きなポイントです。

シャークさんのカードに《エクシーズ・リモーラ》というモンスターがいますが、どことなくこのカードと効果やビジュアルの系統が似ている点もシャークさんっぽさを感じる要因ですね。

……うーん、やっぱりシャークさんカードっぽい(笑)。

墓地に落ちたターンに②効果が使えないのが少し残念かな…

《餅カエル》や《ゼンマイティ》を警戒してセーフティーが設けられている可能性大!

…特に《ゼンマイティ》は考えなくてもやばいのが分かるので致し方ないですかねぇ…。

属性や種族シナジーを持たない【リンク+エクシーズ】デッキで使うには少しパンチが足りない気がしますが、シャークさんデッキには持って来いの逸材ではないでしょうか?

……何だかムショーに《バハムート・シャーク》が使いたくなってきました。どうしよう!

劇場版バージョン《ブラック・マジシャン・ガール》再録決定!20thシクって事はレアリティアップですね【20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION】

『20thアニバーサリーレジェンドコレクション』に、Loppi限定デュエルセットに付属した《ブラック・マジシャン・ガール》(劇場版特別イラスト)が再録される事が判明しました。 デュエルセット付属のものはKCレア仕様だった […]

『20thアニバーサリーレジェンドコレクション』に、Loppi限定デュエルセットに付属した《ブラック・マジシャン・ガール》(劇場版特別イラスト)が再録される事が判明しました。

デュエルセット付属のものはKCレア仕様だったので、今回20thシクで高レアリティが実装される事になります。KC版を持っている身からすると少し複雑な心境ではありますが、このイラストはシク映えすると思うので楽しみでもあります。

※:本情報は「遊戯王OCG 公式ツイッター」内にて公開されました。

《グリッド・スィーパー》効果考察:このサイバース族モンスター何気に汎用!《サイバネット・マイニング》で更に使い易く!

書いてること自体はかなり強いのに、何故かあんまり使われていないカードってありますよね? 本日は、そんなカードの中からサイバース族のセルフSS効果持ちモンスター《グリッド・スィーパー》をご紹介します。 マジで何かの拍子に使 […]

書いてること自体はかなり強いのに、何故かあんまり使われていないカードってありますよね?

本日は、そんなカードの中からサイバース族のセルフSS効果持ちモンスター《グリッド・スィーパー》をご紹介します。

マジで何かの拍子に使われ出しても不思議じゃないんですけどねぇ…(強いよ)。

《グリッド・スィーパー》の使い方

 
《グリッド・スィーパー》 
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):墓地のこのカード及び自分フィールドのリンクモンスター1体を除外して発動できる。相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 

グリッド・スィーパー注目ポイント!

  • 表側表示で存在するフィールド魔法を参照してSS
  • フィールド魔法は自分・相手のものを問わない
  • 墓地効果で相手のフィールドに干渉出来る
  • サーチ可能なので展開に絡めやすい

フィールド魔法が軸のデッキで大活躍!?

セルフSSを安定させる為にもフィールド魔法の安定供給は不可欠!

逆に言えば、フィールド魔法がほぼ確定レベルで供給できるデッキでこそ輝けるカードとも言えます。

どうせならセルフSSさせなきゃ…勿体ないですよね!

そう言う点で見ると、初動に絡めにくいフィールド魔法しか今の所持っていないプレイメーカーデッキとの相性はちょっと微妙なのかもしれません…(今後に期待)。

墓地効果のコストに要注意!


▲ゼラの天使みたいな効果のリンクモンスター求

「墓地効果で相手の盤面に干渉できる」…こう書くと凄く強そうに見えますが、実際は「墓地効果で自分の場のリンクモンスターと相手場のカードを1:1交換できる」です。

リンク数を問わないとは言え、フィールドに存在するリンクモンスターを除外するってべらぼうに重いコストですよね。

まぁ、どうしようもない時の奥の手としては良いですが、積極的に狙いに行くのはちょっときつそう…。

《ゼラの天使(シンクロ)》みたいな除外された際の効果を持つリンクモンスターがいれば話は別ですけど、今の所該当するモンスターはいなさそうです(残念)。

「サイバネット・マイニング」の登場は大きい!

《サイバネット・マイニング》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

同時収録だけあって《サイバネット・マイニング》との相性は抜群です!

サイバース族には《グリッド・スィーパー》の他にも汎用性の高いモンスターが多い(《ドットスケーパー》,《サイバース・ガジェット》,《フォーマッド・スキッパー》等)為、別種族テーマに出張させるという選択も十分にありです。

流石に《グリッド・スィーパー》の為だけにガッツリ採用するのもアレですし、相性に応じて選択すると面白そうですね。

相性の良さそうなデッキアレコレ(雑感)

プレイメーカーのカードだけど、フィールド魔法の兼ね合いを考えると「転生炎獣(サラマングレイト)」の方が相性良さそうなのがちょっと悲しいですね(笑)。

相性を図るポイントとしては、軸になる(安定供給できる)フィールド魔法を持っている・サーチ札(サイバネット・マイニング)のコストが気にならない(メリットになる)テーマって所でしょうか?

最近のテーマで符合するテーマと言えば、【オルフェゴール】とかワンチャン組み合わせられるかもしれませんが、ちょっと冒険構築にはなりそうです。

【超量】も《ブラスター・マグナ》の素材になれるのでワンチャンあるようなないような…でもあのデッキは結構手札カツカツだから厳しいかな?

…フィールド魔法が軸…「Sin」も結構良さげって話です。

性能自体はかなり高いんですけどね…

フィールド魔法を初動に使うデッキが多いことを考えると、それを参照してセルフSS出来るモンスターってかなりのスペックですよね。

サーチにも対応しているし、結構な優良株だと思うのですが、今の所目立った活躍はまだ無さそうです。

本記事内で挙げたポイントなどを全て満たせるテーマかつ、サイバース族(またはサイバース族を使う)デッキが現れたらお呼びがかかるかもしれません。

【リンクスレイヤーの評価向上中!?】「幻影オルフェゴール」等で見かける事がありますね

▲スターターデッキ二年連続収録の実力! そこまで頻繁に見かける訳ではありませんが、最近ちょくちょく《リンクスレイヤー》をメイン又はサイドに採用している構築を見かける事が増えて来た気がします。 …何故このタイミングで《リン […]


▲スターターデッキ二年連続収録の実力!

そこまで頻繁に見かける訳ではありませんが、最近ちょくちょく《リンクスレイヤー》をメイン又はサイドに採用している構築を見かける事が増えて来た気がします。

…何故このタイミングで《リンクスレイヤー》が再評価される流れになったのでしょうか?

スターターデッキ二年連続収録の実績。《リンクスレイヤー》の動向を追います。

リンクスレイヤーってどんなカード?

《リンクスレイヤー/Linkslayer》 
効果モンスター
星5/地属性/サイバース族/攻2000/守 600
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):1ターンに1度、手札を2枚まで捨て、捨てた数だけフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

フォトスラ条件の召喚ルール効果を持つ上級モンスター!

コストこそかかりますが、最大2枚までのカードを捨てる事でフィールドの魔法・罠を破壊できる効果は普通に有用です。

状況・デッキ次第では種族・属性にも旨味を見出せる出来る奴。それこそが《リンクスレイヤー》なのだ!

「オルフェゴール」なら手札コストをメリットに変えられる

「オルフェゴール」と言えば《ベイゴマ》《終末の騎士》《ダークグレファー》の三巨塔ってイメージが強いですが、第四の顔として採用されている事が稀にあります。

確かに「オルフェゴール」ならば大喰らいな手札コストもメリットに転じる事ができますし、最悪セルフSSで初動展開のリンク素材になってくれるので無駄がありません。

破壊ターゲットは《幻影霧剣》

《リンクスレイヤー》の主な効果ターゲットは《幻影霧剣》と《サラマングレイト・ロアー》の二種。

相手の先手展開を崩す一矢としてセットカードの地雷原に飛び込んで行くのが《リンクスレイヤー》の役割のようですね。

《ロアー》の場合は破壊されてしまいますが、《霧剣》の場合は無効にされた後にリソース転用できるからお得ですね!

確かに「幻影オルフェゴール」「転生炎獣」は大流行中ですし、活躍の機会は多そうです。

《フォーマッド・スキッパー》搭載型だとサーチも可能

《フォーマッド・スキッパー》 
効果モンスター
星1/光属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

 

《フォーマッド・スキッパー》から《トロイメア・マーメイド》を経由する構築の場合、《フォーマッド・スキッパー》の②効果で《リンクスレイヤー》をサーチするという強みもあるようです。

「フォーマッド・スキッパー」を搭載した「幻影オルフェゴール」を使った事が無いので何とも言えませんが、素引きしても問題ないサーチ先が採用できるのは無駄が無さそうですね。

墓地効果が強い「幻影オルフェゴール」ならではって感じ!

スレイヤー入りの「幻影オルフェゴール」との対戦経験は1,2度ありますが、流れの中にバック除去とハンドトラッシュが自然に含まれているのは便利そうでしたね。

墓地効果が強い「幻影オルフェゴール」だからこそ許される大胆で贅沢な運用方法に感じます。

【遊戯王におけるプレイできないの特殊性】《サイキック・ブロッカー》も新テキストで出ないかな?

《サイコウィールダー》,《サイキック・リフレクター》等、最近ちょくちょく登場するサイキック族の方々。 本日は、そんなサイキック族の中でも異端中の異端カードである《サイキック・ブロッカー》にフォーカスを当ててみました。 「 […]

《サイコウィールダー》,《サイキック・リフレクター》等、最近ちょくちょく登場するサイキック族の方々。

本日は、そんなサイキック族の中でも異端中の異端カードである《サイキック・ブロッカー》にフォーカスを当ててみました。

「禁止令」の新テキスト化に伴い、「プレイできない」のテキストを持つ唯一の存在となってしまった《サイキック・ブロッカー》。彼が持つ「プレイできない」の特殊性を追います。

サイキック・ブロッカー

《サイキック・ブロッカー/Psi-Blocker》 
効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1200/守 300
1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動する。次の相手ターン終了時まで、お互いに宣言されたカードをプレイする事はできない。

収録:【EXTRA PACK Volume 4 N-Rare】

効果自体は《禁止令》とほぼ同等クラスという凄いモンスターですが、レベルの関係でデュエルシーンで見かける事が少ないという絶妙な存在。あとレベルが1低かったら最強カードの称号を得る事も出来ただろうに…(笑)。

冒頭でも書きましたが、ほぼ同等の効果を持つ《禁止令》のテキストが一新された為、現在では「プレイ」というテキストを持つ唯一の存在となってしまいました。

…この「プレイできない」というテキスト。イメージ的にかなり拘束力が高そうですが、具体的にどこからどこまでが出来ないのかを判断するのは非常に難解ですよね。

…という事で、新テキストになった《禁止令》を見て《サイキック・ブロッカー》を解析していきましょう。

《禁止令》の新テキストと旧テキスト

新テキスト
《禁止令/Prohibition》 
永続魔法
カード名を1つ宣言してこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する(この効果の適用前からフィールドに存在するカードには適用されない)。
●フィールドに出す事ができない。
●カードの発動及び効果の発動と適用ができない。
●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
●攻撃及び表示形式の変更ができない。
●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。
旧テキスト
《禁止令/Prohibition》 
永続魔法
カード名を1つ宣言して発動する。このカードがフィールド上に存在する限り、宣言されたカードをプレイする事はできない。
このカードの効果が適用される前からフィールド上に存在するカードにはこのカードの効果は適用されない。

 

こうやって見ると新テキストの《禁止令》って凄く親切ですね。

とりあえず、「プレイできない」=「フィールドに出す事ができない。」「通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。」「攻撃及び表示形式の変更ができない。」「素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。」という事になります(たった3文字の言葉に詰まってましたなぁ…)。

それではこれらを踏まえて《サイキック・ブロッカー》を新テキスト(セルフ)にしてみましょう。

《サイキック・ブロッカー》新テキスト(妄想)

《サイキック・ブロッカー/Psi-Blocker》 
効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1200/守 300
1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
(1):次の相手ターン終了時まで、宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する。
●フィールドに出す事ができない。
●カードの発動及び効果の発動と適用ができない。
●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
●攻撃及び表示形式の変更ができない。
●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。

 

細かい所は前後するでしょうけど、恐らくこんな感じのテキストになると思います。

…テキストが明確になった事で強さが2割増しになった気がするのは管理人だけでしょうか?

実際の所、除去で拘束を解除できる《禁止令》に対し、効果が通ったら次の相手ターン終了時まで確定で拘束する《サイキック・ブロッカー》って実は凄いカードなんです(…既に出ているカードにも適用されますしね…)。

…維持できればターンが返ってくる度に宣言カードをチェンジできますし…(;^ω^)

《サイキック・ブロッカー》は「この効果は無効化されない。」も無効化する(正しくは適用されない)!

《覇王門無限/Supreme King Gate Infinity》 
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青13/赤13】
(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はP召喚できない。この効果は無効化されない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族のXモンスターまたはドラゴン族のPモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。

 

《サイキック・ブロッカー》の記事を書くに際して色々と調べた訳ですが、調べれば調べる程にこのカードの特殊性が浮き彫りになっていって驚きました。

上記例(覇王門無限)のP効果に注目して欲しいのですが、《覇王門無限》が既にフィールドに存在する状態で《サイキック・ブロッカー》の効果で「覇王門無限」が宣言された場合、この「(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はP召喚できない。この効果は無効化されない。」は適用されなくなるらしいです(…マジか)。

これを使ったP効果デメリット突破コンボ(クリフォートの特殊召喚制限を突破するなど)とかもあるらしく、知った瞬間「世界は広いなぁ~」って思いました(こなみかん)。

どうです?《サイキック・ブロッカー》使ってみたくなりました?

P効果デメリット適用回避コンボは流石に難易度高すぎますが、ある種《禁止令》よりも優れている点を持っているモンスターって聞くと少し魅力的に思えてきました。

…召喚権的にP召喚が出来るデッキ(特殊召喚が沢山出来るならそれでも可)とかで活躍させられないかな?