【嵐征竜-テンペストの影響を受けるデッキ案】うまく使いこなす・共存できるデッキを探そう!【追記しました】

《嵐征竜-テンペスト》《風征竜-ライトニング》をうまく使いこなすデッキをピックしてみました! 管理人の知識不足でカバーできていないデッキ・推薦すべき強ポイント等、まだまだ足りない情報も多いと思います。…宜しければ皆さんも […]

《嵐征竜-テンペスト》《風征竜-ライトニング》をうまく使いこなすデッキをピックしてみました!

管理人の知識不足でカバーできていないデッキ・推薦すべき強ポイント等、まだまだ足りない情報も多いと思います。…宜しければ皆さんもご協力御願いいたします。

なお、割と思い付きでピックしたのもあります。ダメそうだったら消すのでそっちもご了承ください。

嵐征竜-テンペストをうまく使えそうなデッキ案

《嵐征竜-テンペスト/Tempest, Dragon Ruler of Storms》
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。「嵐征竜-テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

一部詳しくないテーマも多いので、修正しやすいように強み・メリットは箇条書きにしました。ここ追加した方が良いってのがありましたら助言いただければ助かります。

カオス(カオス征竜)

  • 《ダークマター》からのムーブが超絶強化!
  • 《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》や 《終焉龍 カオス・エンペラー》でプールは以前より豊富
  • 《破滅竜ガンドラX》を使ったワンキルバーンコンボもッ!?

聖刻征竜

  • ドラゴン輝くとき【聖刻】の影あり!
  • 出張役で合わせる幅も豊富なので横の広がりは無限大
  • カオス征竜と被る部分もあるけど別記

ヴァレット

  • 《テンペスト》の特殊召喚(除外リソース)に困らない
  • 《ツイントライアングル・ドラゴン》で釣り上げる対象として有用
  • 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の到来を考えると追い風感がある(テンペスト+バルブで出る)

銀河(ギャラクシー)

  • 《ダークマター》をうまく使いこなすデッキ第二弾!
  • 純正の【銀河眼】と言うよりは【カオス寄り】な構築になるかな?
  • 雑に混ぜても強いので混ぜ得感はある(ダークマターへのアクセス意識は必須)

属性シナジーまでうまく使いこなす

ハーピィ

  • 《ライトニング》込みでの出張が可能!
  • 《テンペスト》と《ハーピィ・チャネラー》の相性は殺人的!
  • 《ハーピィ・チャネラー》を高レベルにする事で《ハーピィ・オラクル》や《ハーピィ・パフューマー》を強く使える
  • 《テンペスト》で《ハーピィズペット竜》や《仔竜》のサーチも可能

ドラグニティ

  • 《竜の渓谷》も無制限!《テンペスト》も解禁!
  • 《封印の黄金櫃》込みで《ミスティル》4枚体制は中々に熱い!
  • 《クーゼ》等、新カード等の活躍にも期待したい!

霊獣

  • 属性相性的には良い感じですが大幅な構築変更が必要と耳にします
  • 《テンペスト》を墓地に落とす手段や緊急時のサーチ先など考える事は多そう
  • 《デブリドラゴン》の選択肢や霊獣不足の状況を臨機応変な除外で補える…可能性は無限大
  • ただし中盤以降を強化するカードという印象が強いみたい

ガスタ

  • ガスタに関してもちょっと保留中です
  • 属性的にはマッチしていますが、サーチ先とか微妙なんでどうなんでしょう?
  • 純正ガスタというよりは混ぜ物構築で輝きそうってコメントを頂きました
  • 噛み合うように寄せて行くのが大事になりそうです

幻獣機

ドラゴサック
  • ランク7エクシーズが今以上に捗るッ!
  • とりあえず《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》を絡めたリンク展開が熱そう
  • ただしサーチ先(ドラゴン族・風属性ドラゴン)の選定は悩む(困ったらトルドー)

SR(スピード・ロイド)

  • 【ドラグニティSR】とか相性の良い組み合わせは多いかと
  • シンプルに高レベル非チューナーという役割が持てるのでルートは色々開拓できそう

WW(ウィンド・ウィッチ)

ice
  • 《グラスベル》の制約に引っかからない風属性
  • 基本的には出張先との兼ね合いを考慮しての採用になりそう
  • 《グラス》《アイス》の効果を使わなければ《グラス》《テンペスト》で《生態龍》も…(無茶)

F.A.(フォーミュラー・アスリート)

  • 《デブリ・ドラゴン》で釣り上げ放題なのがポイント
  • シンクロ運用はレベルの関係上やや困難ですが、リンクやエクシーズ運用なら問題ないはず
  • 《ハリファイバー》展開から《シャイニングスターGT》が立つのは強いです

空牙団(くうがだん)

  • 《ドンパ》、《リコン》を種に《ラファール》をサーチ可能
  • 《フォルゴ》の素材条件、種族が異なるモンスター3体の補助として有用

ネフティス(検討中)

  • 風+αの混合構築なので属性的にはあり
  • こちらも《デブリ》採用が地味に美味しいという話
  • 個人的には【聖刻ネフティス】がベストマッチの予感

紋章獣(もんしょうじゅう)

  • 《アンフィスバエナ》へのアクセス用に重宝します
  • 《アバコーンウェイ》or《ベルナーズファルコン》or《ツインヘッドイーグル》をコストに!

真紅眼(レッドアイズ)

  • 墓地肥やしのうまさを活かした除外コスト確保
  • レベルのマッチングからのランク7
  • 除外した真紅眼はダークネスメタルで帰還という手も…!?
  • 卵確保、シンクロによるレベル8等、デッキに更なる一手を添える存在

音響戦士

  • 《テンペスト》で《サイザス》効果の帰還先を自由選定出来るのが強いとの事!
  • 「SR」「幻獣機」との組み合わせにも光あれ!

推薦したいデッキ・追記要素あればヨロシクです

大体のものはカバーしたつもりですが、如何せん範囲が広いので取りこぼしも多そうです。

まぁ、ドラゴン族がそこそこ濃かったら大体何とかなるって感じの便利さですからね…幅広いのは当然よね…。

【嵐征竜-テンペスト解禁】子征竜(ライトニング)との5年ぶりの再会!

《サモン・ソーサレス》の禁止、《ヒーローアライブ》の制限化など、衝撃的な変更がかなり多かったリミットレギュレーション改訂発表から一夜が明けました。 話題は事欠きませんが、やはり最大の衝撃と言えば、《嵐征竜-テンペスト》の […]

《サモン・ソーサレス》の禁止、《ヒーローアライブ》の制限化など、衝撃的な変更がかなり多かったリミットレギュレーション改訂発表から一夜が明けました。

話題は事欠きませんが、やはり最大の衝撃と言えば、《嵐征竜-テンペスト》の解禁でしょう!

本記事では、約4年ぶりに復活した《嵐征竜-テンペスト》。そして、4年ぶりに親との再開を果たす《風征竜-ライトニング》について特集していきます。

征竜と子征竜、遂に再開を果たすッ!

《嵐征竜-テンペスト/Tempest, Dragon Ruler of Storms》 
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。このカードを手札・墓地から特殊召喚する。特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。このカードが除外された場合、デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。「嵐征竜-テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
《風征竜-ライトニング/Lightning, Dragon Ruler of Drafts》 
効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1800
ドラゴン族または風属性のモンスター1体とこのカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「嵐征竜-テンペスト」1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。「風征竜-ライトニング」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

ライトニングが禁止になったのが13/09/01改訂だったはずなので、約5年間の間、この二つのカードが交わる事はありませんでした。

とりあえず「子征竜」と対応モンスターが手札に揃っているだけで、「親征竜」を特殊召喚出来るので、この二枚のシナジーが強烈である事は説明不要の事実です。

《テンペスト》だけが解放された理由としては、蘇生・破壊・墓地肥やしは危険。…まだドラゴン族限定サーチである《テンペスト》ならワンチャンある…って考えからでしょうか?

…うーん、でも《テンペスト》も大概と言えば大概な性能なんですけどね…(大丈夫かな?)

《嵐征竜テンペスト》《ライトニング》を知らない人へのメモ

テンペストのここが凄い
ドラゴン族なら基本的に何でもサーチ可能
除外されたら風属性・ドラゴン族サーチも可能
ドラゴン族・風属性を糧に何度でも戻って来るレベル7
ライトニングのここが凄い
デッキからテンペストを引っ張り出せる
デブリドラゴンで釣り上げ可能

 

あの時よりも《テンペスト》でサーチするドラゴン族の量は明らかに増加しているのでルート開拓は面白そうです。

遊戯王/プロモーション/YA02-JP001 クリアウィング・ファスト・ドラゴン【ウルトラレア】

あと、《デブリ・ドラゴン》から《ライトニング》つり上げルートに《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》が追加されてるのも結構な強化ポイントな気がします。あのカード強いからなぁ…。

《封印の黄金櫃》の規制は「サンドラ」よりも「テンペスト」説

遊戯王カード MB01-JP023 封印の黄金櫃 ミレニアムレア 遊戯王アーク・ファイブ [MILLENNIUM BOX GOLD EDITION]

「《封印の黄金櫃》の規制早くない?」ってコメントが結構多かったんですが、恐らく「サンダー・ドラゴン」と「テンペスト」を総合的に見た結果の規制だったのかな…と(?)。

「サンドラ」だけだとちょっと警戒し過ぎって気持ちも強いですが、「テンペスト」警戒なら仕方ない…と何となく納得できるから凄い。…潔く「メタファイズ」から《封印の黄金櫃》の枚数を減らすとします。

結構多いから一つ一つ消化していかなきゃですね

新改訂後に注目すべきカードについては後程まとめます。

想像以上に変更点が多いので、一つ一つ消化して行かなきゃデスねぇ…(大変)。

《コード・ジェネレーター》効果で墓地に落とす・サーチして強いモンスターを考える!

《コード・ジェネレーター》の効果で墓地に落としたりサーチしたりすると強いカードの考察記事です。 とりあえず《ドットスケーパー》や《レイテンシ》は鉄板だと思うので、それ以外の選択肢を幅広く用意できるようにサイバース族のカー […]

《コード・ジェネレーター》の効果で墓地に落としたりサーチしたりすると強いカードの考察記事です。

とりあえず《ドットスケーパー》や《レイテンシ》は鉄板だと思うので、それ以外の選択肢を幅広く用意できるようにサイバース族のカードとにらめっこしてきました。

墓地落としorサーチ…どっちでも強いのは本当に素敵だよね!

コード・ジェネレーター 効果

《コード・ジェネレーター》 
効果モンスター
星3/地属性/サイバース族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

コード・ジェネレーターで墓地に送りたいサイバースモンスター

  • ドットスケーパー
    墓地に送ると特殊召喚出来るので更なるリンクに繋がります。とりあえず最有力候補はこのカードじゃないでしょうか?
  • プロフィビット・スネーク
    戦闘破壊トリガーの回収効果(墓地効果)を機を見て発動しましょう。引いてもそこそこ強いカードなのでデッキに採用し易いのもポイントです。
  • シーアーカイバー
    余力があれば更なる展開に繋がるカードなので悪くありません。とりあえず置いておいて機能する際に活用するってロングプランも出来なくはないです。
  • レイテンシ
    墓地から手札に加わったら特殊召喚でき、リンク素材になると1ドローをプレゼントしてくれるナイスカード。《ダイプレクサ・キマイラ》や《ROMクラウディア》で回収するルートを確立できれば強そう。
  • 転生炎獣ファルコ
    墓地に送られた場合に墓地の「サラマングレイト」魔法・罠をセット。フィールドの「サラマングレイト」モンスターを手札に戻して特殊召喚!
  • 転生炎獣フォクシー
    フィールドの表側表示の魔法・罠カードを参照し、手札の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて墓地から特殊召喚。ついでにフィールドの表側魔法・罠を破壊可能(対象とらない)。

《ドットスケーパー》で更なるリンクに繋がる!

遊戯王/第10期/SD32-JP002 ドットスケーパー

とりあえず《ドットスケーパー》を墓地に落とすのが手っ取り早くて強いです。ただ、《ドットスケーパー》の効果はそれぞれデュエル1なので、便利だからと言って何度も活用できるルートではありません。

素引きしてしまう事も考慮して《ドットスケーパー》以外の候補も用意しておく方が良いでしょう。

第二候補として個人的に推したいのは、《レイテンシ》《シーアーカイバー》《プロフィビットスネーク》の3体です。

「転生炎獣(サラマングレイト)」ともシナジーします

遊戯王/第10期/06弾/SOFU-JP004 転生炎獣ファルコ

「転生炎獣(サラマングレイト)」もサイバース族なので候補に挙がります。しかも墓地で機能するカードが多いので実は結構相性が良いです。

「転生炎獣(サラマングレイト)」側に「コード・ト―カー」を出張させれば《コード・ジェネレーター》を機能させることも可能でしょう。炎属性の「コード」モンスターが「サラマングレイト」と相性良かったら良いなぁ~(気が早い)。

コード・ジェネレーターでサーチしたいサイバースモンスター

  • SIMMタブラス
    状況次第では墓地回収しながら展開に繋げられて強力。リンク状態の自分のリンクモンスターという条件に要注意。
  • サイバース・コンバーター
    自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみなら特殊召喚可能。純粋な展開補強。
  • バックアップ・セクレタリー
    自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合に特殊召喚可能。《サイバース・コンバーター》よりも条件が緩い。
  • リンク・インフライヤー
    フィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚可能。
  • マイクロ・コーダー
    更なる手札リンクで展開に繋げ、「サイバネット」魔法・罠カードをサーチ可能(フィールドからならサイバース族・レベル4サーチ)。
  • 夢幻崩界イヴリース
    召喚権が余っているならサーチするのも悪くなさそう。対応しているという情報は知っておくと得する事もありそう。
  • 転生炎獣ミーア
    サーチが特殊召喚に繋がる。プレイメーカー&ソウルバーナーの混合デッキを構築出来たら楽しそう。

《マイクロ・コーダー》サーチできるの本当に強い

遊戯王 マイクロ・コーダー(ウルトラレア) ストラクチャー デッキ マスター・リンク (SD34) SD34-JP004

《レディ・デバッガー》で比較的サーチが安定しているとは言え、4枚目以降のサーチ手段の登場は素直に朗報です。

フィールドリンクする場合は《コード・ジェネレーター》から《マイクロ・コーダー》をサーチして、展開しながら「サイバネット」魔法・罠サーチって流れを結構目にしそうですね。

《バックアップ・セクレタリー》等、特殊召喚効果は使いやすい

【シングルカード】LVB1)バックアップ・セクレタリー/効果/ウルトラ/LVB1-JP004

《マイクロ・コーダー》以外だと、条件付きで特殊召喚できるサイバース族モンスター達が使い易くて良さそうです。名称ターン1効果を考慮して採用モンスターを散らすのもありですね。

《夢幻崩界イヴリース》もサーチ出来ます

遊戯王/第10期/04弾/FLOD-JP017 夢幻崩界イヴリース【スーパーレア】

汎用リンクモンスター蘇生なのでサーチすれば中々に優秀。

召喚権が余ってるならそのまま使い、残っていないなら次のターン用に温存すれば良しッ!

今後もまだまだ増えて行く事でしょう!

現時点でもかなり優秀なカードですが、今後もまだまだ候補が増えて行くはずです。

…控えめに言って『可能性の塊』と言うか、『約束された過労死枠』だと思うので、サイバース(コード・ト―カー)に興味がある人や現在使っている人は必ず確保しておいた方が良いでしょう!

【《N・アクアドルフィン》の使い方・効果考察】手札誘発を探る優秀な斥候!【ワクワクを思い出すんだ!】

「ワクワクを思い出すんだ!」 「『Yu-Gi-Oh! World Championship 2018(遊戯王世界大会)』で活躍した《N・アクアドルフィン》についての記事が読みたいです。」というリクエストを読者の方からいた […]


「ワクワクを思い出すんだ!」

「『Yu-Gi-Oh! World Championship 2018(遊戯王世界大会)』で活躍した《N・アクアドルフィン》についての記事が読みたいです。」というリクエストを読者の方からいただきました。

古参ユーザーの間では「キモイルカ」とか呼ばれる彼ですが、その実力は本物。前回紹介した《ヒーローキッズ》同様、時代がついに追いついたカードと言うべきかもしれません。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

N・アクアドルフィン

遊戯王カード N・アクア・ドルフィン スーパーレア POTD-JP003

《Nネオスペーシアン・アクア・ドルフィン/Neo-Spacian Aqua Dolphin》
効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 600/守 800
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。相手の手札を確認し、その中からモンスター1体を選ぶ。選んだモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスターが自分フィールド上に存在する場合、選んだモンスターを破壊して相手ライフに500ポイントダメージを与える。存在しない場合、自分は500ポイントダメージを受ける。

 

《N・アクアドルフィン》の役割は相手の手札を覗き見て、手札誘発を破壊する事です。

《N・アクアドルフィン》の効果は自分の場のモンスター攻撃力を参照する為、通常ならそこまで効力を発するカードではありませんが、破壊目的である手札誘発が軒並み攻撃力の低いモンスターである事が追い風になっています。(誘発娘は攻撃力0ばかり)。

遊戯王OCG 切り込み隊長 ノーマル ST17-JP012 遊戯王VRAINS [STARTER DECK 2017]

《ジャンクフォアード》や《切り込み隊長》と共に《M.X-セイバー インヴォーカー》、《聖騎士の追想イゾルデ》を展開する過程で相手の手札を覗き見れるってのが実に強力ですね。

《聖騎士の追想イゾルデ》等からもリクルート出来る

遊戯王/聖騎士の追想 イゾルデ(シークレットレア)/LINK VRAINS PACK

一応、《聖騎士の追想イゾルデ》からもリクルート可能なので少し解説。

レベル3の《N・アクアドルフィン》をリクルートする為には合計3枚の装備カードが必要になります。《神剣フェニックスブレード》,《執念の剣》,《D・D・R》,《月鏡の盾》と、混ぜやすくて有能な装備品は色々とありますが、3種類となるとデッキスロットが膨れるので少し考え物です。

手札誘発除けという役割を考えると《イゾルデ》から《アクアドルフィン》をリクルートするのはそこまで強く感じませんが、余裕があれば相手の手札を削る意味も含めて選択肢には上がると思います。

「剛鬼」なら手札コストも悠々補える

遊戯王/剛鬼スープレックス(ウルトラレア)/LINK VRAINS BOX

「剛鬼」なら《アクアドルフィン》の手札コストを補い易いというのも噛み合い的には大きいです。

「剛鬼」モンスターの共通サーチ効果による手札増強。デッキの構造上採用しやすい《神剣フェニックスブレード》(名コスト)。《イゾルデ》でサーチしたそのターン召喚・特殊召喚・効果発動できないモンスターの使い道等々、考えれば考える程に絶妙な噛み合いを見せてくれます。

「本当に良く思いついたなぁ…」と言わざるを得ない。尋常ならざるベストマッチを感じます。

エキストラターンが存在しないルールで500バーンが火を噴いた!

遊戯王OCG トリックスター・ライトステージ ノーマル COTD-JP053 遊戯王VRAINS [CODE OF THE DUELIST]

これは後になって知った話ですが、《アクアドルフィン》が盛んに使われていたヨーロッパ圏で行われた「WCS2018予選決勝」では、実際に《アクアドルフィン》が勝敗を決する要因になったみたいです。

エキストラターンが存在しないルールで行われていた為、《アクアドルフィン》による500バーンが引導火力になったみたいですね。(時間切れによるライフ差で勝敗を決した為)。

バーンを基本戦術とする【トリックスター】が、ゲストレスラーである《アクアドルフィン》の火力によって敗北する。……何とも言えないドラマの存在を感じますね。

意外な所で過去のカードが活躍すると嬉しいよね

昔のカードが意外な所で使われると謎の嬉しさを感じますよね。しかもそれが世界大会という大舞台なら尚更です。

イゾルデからリクルートできるピーピングハンデスという部分に着目し、実際に実用レベルまで検討を重ねたプレイヤーの着眼点とセンスには払いきれない敬意を感じます(マジで凄い)。

追伸.本日8月31日は十代の誕生日です。数多のワクワクを見せてくれた十代に感謝の意を!

遊戯王カード N・アクア・ドルフィン POTD-JP003SR
コナミデジタルエンタテイメント
売り上げランキング: 123,575

【《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》効果考察】ドラゴン・復活の狂奏を含むサポートカードで出来る事!

海外版のカード判明時に簡単に解説しましたが、日本語名や正確なテキストが判明したので改めて特集していきます。 米版の《THE KING OF D.》って名前もカッコイイですけど、日版の《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統 […]

海外版のカード判明時に簡単に解説しましたが、日本語名や正確なテキストが判明したので改めて特集していきます。

米版の《THE KING OF D.》って名前もカッコイイですけど、日版の《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》も祖に基いていてとても良いですね。

ドラゴン族を新たな領域に導く統制者、《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》の特集です。

ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-/The King of D.》 
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した時、手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」のいずれか1枚を手札に加える。

 

「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」扱いとなる事で、《ドラゴンを呼ぶ笛》と無理やりシナジーさせるその意気や良し。三種の音色でドラゴン族を徹底サポートです。

注目ポイント
  • 《ドラゴンの支配者》扱いなので《ドラゴンを呼ぶ笛》対応
  • ②効果のコストは魔法・罠カード(結構重要)
  • 《ドラゴンを呼ぶ笛》の運用には少し注意が必要

「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者」扱いである旨味

遊戯王 竜魔人 キングドラグーン FET-JP036 スーパー

モンスターゾーンで《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者》扱いである効果は、《ドラゴンを呼ぶ笛》に対応する以外にも《竜魔人キングドラグーン》の素材という旨味があります。

基本的には《ドラゴンを呼ぶ笛》用と考えて問題ないですが、《竜魔人キングドラグーン》が好きな人からすると結構嬉しいポイントなのではないでしょうか?

対応カード:呼ぶ笛・目覚めの旋律・復活の狂奏について

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》は、3つの音色(魔法カード)をサーチ出来るモンスターです。サーチに対応しているカードそれぞれの効果を見て行きましょう。

《ドラゴンを呼ぶ笛》 
通常魔法
(1):手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」が存在する場合に発動と処理ができる。
《ドラゴン・目覚めの旋律》 
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。
《ドラゴン・復活の狂奏》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、ドラゴン族の通常モンスターを含む、自分の墓地のドラゴン族モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

《ドラゴンを呼ぶ笛》は手札に対応

【シングルカード】遊戯王 ドラゴンを呼ぶ笛 シークレット

《ドラゴンを呼ぶ笛》 
通常魔法
(1):手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚する。この効果はフィールドに「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」が存在する場合に発動と処理ができる。

 

手札のドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚

《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》の登場でサーチと発動条件が1セットになりました。サーチ利かない・条件満たせない…という今までに比べると使い易さは段違いです。

他の2つに比べると優先度はやや落ちると思うので、デッキへの採用枚数は1枚(多くて2枚)って所でしょうか?

発動条件は満たしやすくなりましたが、『「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」が存在する場合に発動と処理が出来る』という虚弱性は未だに健在なので要注意(発動後に除去られると不発になる)。

《ドラゴン・目覚めの旋律》はサーチ

遊戯王OCG ドラゴン・目覚めの旋律 ノーマル SDKS-JP024 遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -海馬瀬人-]

《ドラゴン・目覚めの旋律》 
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

 

サーチ出来るカードは年々広がっています

「青眼(ブルーアイズ)」系は勿論、《混沌帝龍 -終焉の使者-》や《銀河眼の光子竜》、《闇黒の魔王ディアボロス》等も手札に加えられるサーチ札。そのサーチ札は年々広大になってます。

他の二枚もドラゴン族汎用サポートなので、召喚権があまりがちで3種のサポートに対応しているドラゴン族デッキなら《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》共々主張可能なのが魅力的です。

《ドラゴン・復活の狂奏》は墓地蘇生

《ドラゴン・復活の狂奏》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、ドラゴン族の通常モンスターを含む、自分の墓地のドラゴン族モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 

ドラゴン族の通常モンスターを含むを如何にクリアするか!?

「青眼(ブルーアイズ)」で使用する場合は気にするまでもありませんが、それ以外のデッキ(通常ドラゴンがそこまで濃くない)で使うならそれなりに考える必要がありそうです。

まぁ、ドラゴン族には《復活の福音》等、優秀な蘇生札が他にも存在するので、条件付きかつデメリット付きのこのカードを無理に採用する必要がないのも事実です。

採用するならば、《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者》とそのサポートを含む全てをマルっと活用する気持ちで向き合った方が良さそうですね。

「青眼」以外だと、「レッドアイズ」,「ギャラクシー(※ギャラクシーサーペント)」なんかが比較的条件を満たせそうかな?(ギャラクシーは召喚権の関係で少し微妙か…)。

ロード・オブ・ドラゴンはお洒落さん!

こうやって並べると「ロード・オブ・ドラゴン」さんの衣装が徐々にマイナーチェンジして行ってのが分かって面白いですね。

楽器やステージによって衣装を変える…まさにドラゴン界のスターですな。

小説 ベルセルク 炎竜の騎士 (ヤングアニマルコミックス)
深見真
白泉社 (2017-06-23)
売り上げランキング: 64,156

【《煌々たる逆転の女神》の使い方・効果考察】全破壊からの強欲なバブルマンドロー決めたいぜ!

「レアカードに傷がついたわ!」でお馴染みの《逆転の女神》のリメイクカード、《煌々たる逆転の女神》が『エクストラパック2018』に収録される事が公開されましたね。 相手フィールド全破壊&任意のモンスターをデッキから1体特殊 […]

「レアカードに傷がついたわ!」でお馴染みの《逆転の女神》のリメイクカード、《煌々たる逆転の女神》『エクストラパック2018』に収録される事が公開されましたね。

相手フィールド全破壊&任意のモンスターをデッキから1体特殊召喚と非常に強力な効果を持ったカードではありますが、その効果ゆえに発動条件はかなり厳しく設定されています。

無策で使って活躍できるタイプのカードではない為、相性の良いカードやテーマの考察は必須。みんなで「煌々たる逆転」を夢見ながら使い方を考えて行きましょう。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

煌々たる逆転の女神

《煌々たる逆転の女神めがみ/Goddess of Sweet Revenge》 
効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守2000
(1):自分フィールドにカードが存在せず、自分の手札がこのカード1枚のみの場合、相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨てて発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。その後、自分はデッキからモンスター1体を特殊召喚できる。

 

正に大逆転の効果を持ってはいますが、発動条件がとにかく厳しい一枚。

うまく扱う為にはそれ相応の準備と覚悟が必要不可欠です。とりあえずサーチ手段と手札・場の調節プランくらいは考えておいた方が良いでしょうね。

注目ポイント
  • 逆転の名にふさわしい強力な効果
  • それに伴う厳しい発動条件
  • 決まったとしても手札0からのスタートであるという事実
  • 安定した発動と切り返しによるワンキル力を検討したい

手札に加える手段【サイバーエンジェル相性良し】

遊戯王OCG サイバー・エンジェル-弁天- ノーマル CPF1-JP012 遊戯王アーク・ファイブ [閃光の決闘者編]

《サイバー・エンジェル-弁天-/Cyber Angel Benten》 
儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守1500
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

とりあえずこのカードを手札に持っていないと始まらない為、サーチ手段の算段は急務。

光属性・天使族なので【機械天使(サイバーエンジェル)】で《サイバー・エンジェル-弁天》の効果でサーチするのは結構良さそうです。

あとは墓地に送って回収とか、素引きする猶予があるデッキとかですかね?

天使族は一部を除いて意外とサーチが難しいので、本格的に使うなら手札に構えるプランは手厚く準備しておくべきでしょうね。まぁ、今ならデッキから引っ張りだす手段は豊富ですし、回収系カードがあれば比較的に簡単に構える事が出来そうではあります。

手札・場を調節する手段を考える

手札・場を調整するのはサーチ以上のハードルの高さ。しかし、流れで運よく《煌々なる逆転の女神》のみになる事をお祈りするのは流石に微妙過ぎます。

能動的に《煌々なる逆転の女神》の条件を満たせそうなカードをいくつかピックアップしてみました。他に何かあればご助力いただければ幸いです。

《妖精伝姫-シラユキ》

遊戯王カード TDIL-JP042 妖精伝姫-シラユキ ノーマルレア 遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン]

《妖精伝姫-シラユキ/Fairy Tail – Snow》 
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

シラユキで一回妨害しつつのプラン

《シラユキ》は墓地以外に手札やフィールドのカードも除外する事が出来るので、状況に応じて器用に《煌々たる逆転の女神》のみの状況を作り出す手助けをする事が可能です。

②で特殊召喚した場合、一時的に条件を満たせなくはなりますが、この妨害(シラユキの①効果)で相手が止まってくれるなら絶対絶命のピンチは脱しているはずです。

仮に《シラユキ》の特殊召喚効果を無効かされた場合でもコストである除外は達しているので、《煌々たる逆転の女神》の発動条件も成立するというプランですね。

パーフェクトにサポートできるカードではありませんが、相手ターンに手札・場の状況をコントロールできるカードというだけでもかなり貴重だと思うんですよね…。

《百万喰らいのグラットン》

遊戯王カード RATE-JP032 百万喰らいのグラットン ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト]

《百万喰いのグラットン/Eater of Millions》 
特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを裏側表示で除外する。

 

手札一枚残すの逆に怪しいかな?

フラット状態からこのカード1枚で勝つってシーンは結構アルアルな話ですし、手札・場・EXを巻き込んだ最強グラットン状態の背後に《煌々たる逆転の女神》を構えるってのは意外と良さそう。

《百万喰いのグラットン》を突破した先に《煌々たる逆転の女神》って恰好良くないですか?

ここから逆転したらスゲェカッコイイのはまた以外ないですよね(笑)。

特殊召喚するモンスターを考える

デッキから何でも特殊召喚できる効果は魅力的。

本項では、ハンドレスフィールドレスという状況下にフォーカスを当てて相性の良いカードを選んでみました。まぁ、全破壊して任意のモンスター特殊召喚って、何出しても正直強いですけどね。

…結局、これって言うのは《E・HEROバブルマン》位しか思いつかなかったよOTZ

E・HEROバブルマン

遊戯王OCG E・HERO バブルマン ノーマル SD27-JP012 遊戯王アーク・ファイブ [-HERO's STRIKE-]

《E・HEROバブルマン/Elemental HERO Bubbleman》 
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻 800/守1200
(1):手札がこのカード1枚のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。この効果は自分の手札・フィールドに他のカードが無い場合に発動と処理ができる。

 

全破壊・特殊召喚からの2ドロー(十代のテーマ)

必然的に《E・HEROバブルマン》の効果発動条件整う。…ならば特殊召喚するしかないでしょう!

全破壊&特殊召喚だけではまだまだ心許ない。ならば2ドロー追加でどうだッ!

綺麗に決まったら絶対に気持ちいいだろうなぁ…(そううまくはいかねぇ)。

「レアカードに傷がついたわ!」って言いながら発動しよう

海外だとウルトラレアカードでしたが、日本版はレアカード収録みたいです。

これはある意味「レアカードに傷がついたわ!」に則っていると言えるので、ありと言えばありか…(実際はレアなカード全般をレアカードって呼んでそうですけどね)。

とりあえず使う時は《シラユキ》と併用したいカードって印象です。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2018 BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-09-08)
売り上げランキング: 47

【遅咲き《ヒーローキッズ》の使い方・効果考察】イゾルデやFWDとの相性抜群!戦士族主体のリンクデッキで大活躍!

戦士族を使うデッキのリンク素材として、近年注目されている《ヒーローキッズ》の特集記事です。 《イゾルデ》や《サモン・ソーサレス》等、相性の良いカードが登場する度に当ブログでもコメント欄に名前が挙がっていたカードですが、T […]

戦士族を使うデッキのリンク素材として、近年注目されている《ヒーローキッズ》の特集記事です。

《イゾルデ》や《サモン・ソーサレス》等、相性の良いカードが登場する度に当ブログでもコメント欄に名前が挙がっていたカードですが、TCG環境で結果を残したりして徐々に実力を認知されつつあるようですね。

キッズだけど遅咲き(意味深)のヒーロー《ヒーローキッズ》について見て行きましょう。

ヒーローキッズ

【シングルカード】遊戯王 ヒーロー・キッズ SOI-JP005 ノーマル

《ヒーロー・キッズ/Hero Kid》 
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 300/守 600
このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ヒーロー・キッズ」を任意の枚数特殊召喚する事ができる。

 

特殊召喚に成功するとデッキから2体特殊召喚できる。条件も緩い上に最大2体増やせると考えるとかなり優秀ですが、デッキからのリクルートにしか対応していない点や、リンク召喚登場以前は出て来た後の活用方法がかなり狭かったのが評価されていなかった要因です。

特殊召喚ルートの増加、手札に引いてしまった際のケア、リソースとしての使い道の広がり……色んな要素が《ヒーロー・キッズ》を後押して今の評価が出来上がっているのが分かりますね!

注目ポイント
  • 戦士族である事がポイント
  • イゾルデなど相性の良いカードの増加
  • リンク召喚で使い道が格段に増えた
  • 手札に引いてしまった際のケア手段も増えた

リンク召喚の登場で再評価されたカード!!

遊戯王/剛鬼スープレックス(ウルトラレア)/LINK VRAINS BOX

《荒野の女戦士》や《トゥルース・リインフォース》等、昔からリクルートする方法自体は豊富なカードでしたが、出した後何に使うかがアンバランスというか定まっていなかったカードでした。

しかし、近代遊戯王には【リンク召喚】が存在する。…という事で、展開した《ヒーロー・キッズ》を有効活用する事が可能になった訳ですね。(時代が追いついたッポイ)。

「リンクするならどんなデッキでもOK!」って訳には行きませんが、始動部分に《イゾルデ》を使う戦士主体のデッキなら採用の可能性を秘めているっ感じですかね?

《聖騎士の追想イゾルデ》のお供として注目集まる

遊戯王/聖騎士の追想 イゾルデ(ウルトラレア)/LINK VRAINS PACK

《聖騎士の追想 イゾルデ/Isolde, Two Tales of the Noble Knights》 
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

《切り込み隊長》⇒《ヒーロー・キッズ》で動いて《イゾルデ》に繋げても良いし、《イゾルデ》の②効果で《ヒーロー・キッズ》を特殊召喚してリクルートしても良いし、…とにかく相性の良いカードです。

ここまで繋がったら次は《サモン・ソーサレス》ルートがもう見えてます。(大量展開不可避)。

《サモン・ソーサレス》や《FWD》との相性も抜群!

遊戯王/Vジャンプ/VJMP-JP140 サモン・ソーサレス【ウルトラレア】

《サモン・ソーサレス/Summon Sorceress》 
リンクモンスター
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

《サモン・ソーサレス》や《ファイアウォール・ドラゴン(FWD)》に繋げるリソースとして優秀なのは勿論ですが、この二枚の効果とも絶妙にかみ合っているのが《ヒーロー・キッズ》の強さです。

《サモン・ソーサレス》の②効果で《ヒーロー・キッズ》をリクルートした場合、効果が無効になっているのでリクルートする事は出来ません。しかし、引っ張りだしてきた《ヒーロー・キッズ》をリンク等で消費しながら墓地へ送り、流れで《FWD》を展開すれば墓地回収と特殊召喚効果で《ヒーロー・キッズ》の効果を狙えます。

まぁ、《サモン・ソーサレス》からリクルートするなら《ディアボリックガイ》の方が色々と無駄がないシーンもありますが、そこはライブ感を伴うものなので臨機応変に対応していきたい所でしょうね。

デッキから引っ張りだす手段、特殊召喚方法の増加(FWD)etc、ありとあらゆる要素が《ヒーロー・キッズ》を後押ししてくれています。

手札に引いてしまった場合も《スカルデット》でケアできるの素晴らしい

遊戯王/第10期/03弾/EXFO-JP048 鎖龍蛇一スカルデット【ウルトラレア】

2枚以上引いてしまった場合も、《鎖龍蛇スカルデット》を使ってケアできるのが素晴らしいです。

出来れば《イゾルデ》の②効果でリクルートして合計3体引っ張りたい所ではありますが、2体展開できるなら及第点でしょう。

《スカルデット》にも特殊召喚効果がありますし、マジで特殊召喚する手段増え過ぎですね。

決まった時の展開力はまさに宇宙!

《ディアボリックガイ》だけで充分って意見もありますが、共に決まった際の宇宙感には常軌を逸した何かを感じます。

評価と共に価格も少しずつ上昇傾向にあるようです。気になっている人は今のうちにショップのストレージとか自分のストレージ(古めゾーン)とかを漁ってみると良いかもですね。

ちなみに最終再録タイミングは2007年発売の「EXPERT EDITION Volume.4」です。収録回数も合計3回しかないカードなので意外とレアかもしれませんぞ!

【《プランキッズ・ロック》効果考察】除外効果の到来でサンダードラゴン混合型に雷鳴走る!?

昨日のYoutubeライブ内にて、『サベージ・ストライク』の新カードが公開されました。 管理人、途中までは観ていたんですが、ちょっと用事があって最後まで見れなかったから完全に見逃しちゃってました(テヘペロッ)。 公開され […]

昨日のYoutubeライブ内にて、『サベージ・ストライク』の新カードが公開されました。

管理人、途中までは観ていたんですが、ちょっと用事があって最後まで見れなかったから完全に見逃しちゃってました(テヘペロッ)。

公開されたのは「プランキッズ」の新カード《プランキッズ・ロック》。

「プランキッズ」的には種類が増えるだけで影響大ですし、「サンダードラゴン」との混合型なら除外もシナジーして見所いっぱいな仕上がりになってます。

プランキッズ・ロック

《プランキッズ・ロック》 
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「プランキッズ」モンスターの、融合素材またはリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札を1枚除外し、自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札・デッキから「プランキッズ・ロック」以外の「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる。

 

新たな「プランキッズ」は地属性・岩石族。

融合素材orリンク素材として墓地に送られると、手札を1枚除外してドロー。その後、手札・デッキから別名の「プランキッズ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚。

手札交換効果は純粋に便利ですし、除外シナジーを組み込めば更なるメリットも見込めます。

注目ポイント
  • 固有効果だけみるとパルスに次ぐ逸材
  • サンダードラゴンとの組み合わせに注目

プランキッズ的には種類が増えるだけで大きな強化

「プランキッズ」的には、メインモンスターが増えるだけで十分すぎる強化です。

「パルス」,「ドロップ」,「ランプ」に続く4体目の「プランキッズ」モンスターとして大活躍してくれる事間違いなしッ!

しかも固有効果は「パルス」の墓地肥やしに次ぐ性能(状況次第ではそれを凌駕する)を持ったモンスターです。

純構築では除外をシナジーに変換するギミックは搭載し辛いという声もありますが、そもそも純構築がカード総数的に結構厳しいテーマだと思うので、公式的にも混ぜ物推奨なのかもしれませんね。

とりあえず数の少ない現状なら、喉から手が出るくらい欲しいカードだと思います。

メインが増えるとエクストラも増える!?

プランキッズ・ハウスバトラー ウルトラレア 遊戯王 ヒドゥン・サモナーズ dbhs-jp019

メインモンスターが増えるとEXモンスターも増える!?

《プランキッズ・ハウスバトラー》の融合素材に含まれていない「プランキッズ」メインモンスターが登場するとなると、夢の4体融合モンスターが出るんじゃ?…と期待するのが決闘者のsaga!

まぁ、ただの願望と言えば願望ですけどね(笑)。

サンダードラゴンとの混合デッキで更に強く!

【シングルカード】SOFU)雷電龍-サンダー・ドラゴン/効果/レア/SOFU-JP019

除外効果を見た瞬間に「サンダー・ドラゴン」を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか?

元々組み合わせるのが容易である「プランキッズ」と「サンダー・ドラゴン」が、除外効果の到来で更なる融和を見せる!?これは結構デカイポイントだと思ってます。

…あんまり混ぜすぎると「サンダー・ドラゴン」に「プランキッズ」が飲まれてしまいそうで心配ですが…。

「サンダー・ドラゴン」モンスターの除外効果は勿論。《雷龍融合》で除外されている「プランキッズ」を素材化したり、《プランキッズ・パルス》を手札に加えたりできるので相性は普通に良いでしょう。

魔妖とネフティスにも強化はあるか?!

「プランキッズ」を入れるなら、「魔妖」と「ネフティス」も入れても良いのよ!?

まぁ、これは『デッキビルドパック』テーマを組んだ人の多くが望んでいる事でしょうし、今更改まって管理人が言う必要はないですね。

…あえて言うなら、管理人は「魔弾」の強化が欲しいです(本音)。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ SAVAGE STRIKE BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-10-13)
売り上げランキング: 1,178

【鉄騎,魔晶,混源「○○龍」シリーズ】ティアマトンから始まった闇属性ドラゴンの系譜!

最近のパックに収録されている「〇〇龍」と名の付く闇属性ドラゴンの系譜。 特に確信がある訳ではありませんが、名前,属性,種族,レアリティ(全てウルトラ)を考慮すると完全に無関係と断言する事も出来ません。 時期尚早である可能 […]

最近のパックに収録されている「〇〇龍」と名の付く闇属性ドラゴンの系譜。

特に確信がある訳ではありませんが、名前,属性,種族,レアリティ(全てウルトラ)を考慮すると完全に無関係と断言する事も出来ません。

時期尚早である可能性は高い…しかし、私はこれらを特集せざるを得ないッ!

「○○龍」シリーズ(鉄騎,魔晶,混源など)

『フレイムズ・オブ・デストラクション』に収録された《鉄騎龍ティアマトン》から始まった(と管理人が思っている)闇属性ドラゴンの系譜。

「〇〇龍」で統一された名前,闇属性,ドラゴン族,レベルが2の倍数という共通点を持っていますが、本当に管理人の言う通り関係を持つカードなのでしょうか?

『サベージ・ストライク』にレベル2かレベル10の闇属性ドラゴン族モンスターが収録されたら…これも確信に変わるんですけどね。…とりあえず今は話半分で聞いてくださいな。

《鉄騎龍ティアマトン》

【シングルカード】FLOD)鉄騎龍ティアマトン/効果/ウルトラ/FLOD-JP032

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できず、このカードの(1)の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):3枚以上のカードが同じ縦列に存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。このカードと同じ縦列の他のカードを全て破壊する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない。

関連記事:【鉄騎龍ティアマトン効果考察】三枚以上にご用心!

同じ縦列にカードが3枚以上存在すると手札から飛びだすボンバーマン!

単なる汎用カード類だと思っていたカードですが、今となってみればここから全ては始まっていたのかもしれません。

《レヴィオニア》は光・闇属性汎用カード的なカードなのでシナジーがない訳ではありませんが、《魔晶龍ジルドラス》との間には特にシナジーは感じませんね。

《魔晶龍ジルドラス》

遊戯王/第10期/05弾/CYHO-JP021 魔晶龍ジルドラス【ウルトラレア】

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの魔法・罠カードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットできる。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

関連記事:【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

自分の効果で飛ばしても効果が誘発するなら《ティアマトン》と多少はシナジーしそうなものですが、きっちり相手の効果でとあるので少し残念。

破壊だけでなく除外にも対応できる柔軟性と自身を特殊召喚しつつアドを稼ぎに行く姿勢が素敵。

エクシーズ召喚でやりくりして効果を再利用したくなるカードです。

《混源龍レヴィオニア》

遊戯王/第10期/06弾/SOFU-JP025 混源龍レヴィオニア【ウルトラレア】

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

関連記事:【混源龍レヴィオニア・効果考察】エクリプス、目覚めの旋律でサーチ可能!

「〇〇龍」シリーズだけで運用すると闇のみ効果しか使えませんね(笑)。

性能,イラスト的にかなり人気なカードですが、プレマになったりとか運営の扱い的にも特別視されている印象はあります。

20thシークレットがやたら高かったが印象深かったです。

無関係だったら消します

張り切ってまとめたものの、思わせぶりなだけって可能性も捨てきれません。

まぁ、流石に完全無関係って事はないでしょうけど、今後も続いて行くかどうかはちょっと気になるポイントです。

次はレベル10の光属性ドラゴンモンスターとか実装されないかな?

【シノビネクロと相性の良いデッキ・カード特集】酒呑童子と龍の鏡に注目!可能性の塊

念願の《シノビネクロ》を手に入れたぞッ! 関連記事: 【Vジャンプ10月号(シノビネクロ付録)感想・レビュー】皆は何冊買いますか?《ゲーム小話》 本日は《シノビネクロ》付録、『Vジャンプ10月号』の発売日という事で、アン […]

念願の《シノビネクロ》を手に入れたぞッ!

関連記事: 【Vジャンプ10月号(シノビネクロ付録)感想・レビュー】皆は何冊買いますか?《ゲーム小話》

本日は《シノビネクロ》付録、『Vジャンプ10月号』の発売日という事で、アンデットチューナー期待のルーキー《シノビネクロ》と相性の良いカード・デッキについて考えて行きます。

※本記事は相性の良いカード・デッキにフォーカスを当てています。《シノビネクロ》単体の性能・効果考察については関連記事をご覧ください。

関連記事:【シノビネクロの使い方・効果考察】除外で出てくるレベル2チューナー!

シノビネクロ 効果・画像

遊戯王 VJMP-JP153 シノビネクロ(日本語版 ウルトラレア) Vジャンプ 2018年 10 月号

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。
(2):墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

関連記事:【シノビネクロの使い方・効果考察】除外で出てくるレベル2チューナー!

詳しくは上の記事で確認してもらうとして、とりあえず手札交換したり効果コスト・効果で除外されると戻って来る便利なレベル2チューナーって事は念頭に置いて読んでもらえると幸いです。

効果の性質上、除外関連のシナジーの話が多くなります。…要するに度々管理人の推しの名前が出るって事ですね(笑)。

《シノビネクロ》と相性の良いカード

ここでは《シノビネクロ》と相性の良いカードを紹介していきます。

カード考察記事で既に触れたカードは程々に、今回は前回紹介しきれなかったカードについて詳しく解説していきます。

特に《酒呑童子》と《龍の鏡》の二枚はかなり面白いのでオススメですよ!

《酒呑童子》

遊戯王 酒呑童子 ( しゅてんどうじ )【ウルトラ】 LE14-JP004

《酒呑童子/Shutendoji》 
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1500/守 800
1ターンに1度、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分の墓地に存在するアンデット族モンスター2体をゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●ゲームから除外されている自分のアンデット族モンスター1体をデッキの一番上に戻す。

 

《酒呑童子》で《シノビネクロ》を除外すれば、1ドローしながら特殊召喚できる(THEシンプル)。

状況次第では除外されている《シノビネクロ》をデッキの一番上に戻して再利用する等、一枚でかなり器用な動きをデッキに追加する事が出来ます。

ただし、召喚権はやはり《不知火の隠者》に割きたいので、特殊召喚する手段は豊富に用意しておきましょう。

最悪でもレベル6シンクロorリンク2(ハリファイバー)が選択肢に挙がり易い構造が生まれたのは大きな強みではないでしょうか?

《龍の鏡》

遊戯王カード DP17-JP030 龍の鏡 レア 遊戯王デュエルモンスターズ [-王の記憶編-]

このカードで《シノビネクロ》を巻き込みながら《冥界龍 ドラゴネクロ》を融合召喚すると、レベル8ドラゴン属モンスター+闇属性チューナーという盤面が構築できます。

…これが何を意味するのか!?

遊戯王/プレミアムパック 17/PP17-JP014 冥界濁龍 ドラゴキュートス【シークレットレア】

《冥界濁龍ドラゴキュートス》ッ!(迫真)

《龍の鏡》一枚で《ドラゴキュートス》が出るのは結構素敵ですよね!

《牛頭鬼》

遊戯王OCG 牛頭鬼 シークレットレア PP19-JP017-SE 遊戯王 ARC-V プレミアムパック19

《牛頭鬼》との相性については今更言うまでもありませんが、念の為もう一度。

《シノビネクロ》を墓地に確保しつつ除外トリガーまで果たしてくれる最高の相棒。除去られても②効果で《シノビネクロ》を除外してシンクロorリンクが選べるって本当に凄いです。

『ストラクR-アンデットワールド』での再録も決定しましたし、持ってない人もとりあえず安心ですね。

《不知火の隠者》や《ハリファイバー》について

遊戯王カード TDIL-JP031 不知火の陰者 レア 遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン]

《不知火の隠者》や《ハリファイバー》も勿論好相性ですが、アンデットデッキにおける優先度を考えると、なかなか《シノビネクロ》を選択出来ないというのが現実です。

感覚的には、アンデシンクロデッキにピン採用している《妖刀-不知火》と似ていて、墓地に送っておくと凄く強いんだけど、周りの選択肢が強すぎて後回しになっちゃうやつです。

優先度に則った上で余力があったらリクルートしたり墓地に送る…《シノビネクロ》と《隠者》,《ハリファイバー》の関係性は現状こんな所じゃないでしょうか?

《シノビネクロ》と相性の良いデッキ

ここでは《シノビネクロ》と相性の良いデッキを考察していきます。

個人的なイチオシは【芝刈り採用アンデ】,【ヴェンデット】の2つです。

【隣の芝刈り】を採用したアンデ

隣の芝刈り スーパーレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp041

召喚権,墓地へ送り・リクルートの優先度を考慮すると、やはり雑に墓地に送るスタイルである【芝刈りデッキ】でこそ真価を発揮するタイプのカードかな?という印象です。

勿論、【芝刈り】以外のデッキでも使えますが、手札に来てそこまで強くない事を考えると、1,2枚採用でお祈り墓地肥やし運用が強そうではあります。

ちなみに管理人は【芝刈りワイト】にピン差ししてみました。ドロー効果で手札の《ワイトプリンス》捨てるの気持ちいいッ!

【ヴェンデット】

遊戯王 英語版 EXFO-EN083 Vendread Core (スーパーレア) 1st Edition

Vendread Core
日本語訳
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

《VENDREAD CORE》以外にも相性の良い構造が色々あるので注目度はやっぱり高いです。

まぁ、元より併用する事を意識して作られてますよね…(イラスト的にも)。

手札にきても儀式召喚に使って墓地に送れるってのも相性の良さを後押ししています。

【魔妖(まやかし)】

麗の魔妖-妖狐 シークレットレア 遊戯王 ヒドゥン・サモナーズ dbhs-jp035

墓地のアンデット族を除外するテーマなので言わずもがな。

シンクロテーマですし、混ぜ物候補としては結構良い線行ってると思います。

でも能動的なギミックを形成できない所に少し物足りなさは感じるかも知れませんね。

これは面白いカードですよ…

早速採用して軽く回してみましたが、想像以上に面白い動きをしてくれて良い感じです。

アンデット族デッキのアクセント役として今後大活躍してくれそうな予感ッ!

このカードを踏まえたEXデッキの構成なども考えなくては…(楽しい)。

※:1デッキで3枚使う事は稀だと思うので、購入枚数で迷ったら…とりあえず2冊確保しておくと安心できると思います。