【遊戯王 高騰】《真紅眼の黒竜》ホロ値上がり,買取価格3700円!コレクション需要の影響か!?

遊戯王の高騰情報です。コレクション需要、ショップ買取価格の高騰により《真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)》のホログラフィックレアの値段が上がっています。 《真紅眼の黒竜》のホログラフィックレアは、「デュエリス […]

遊戯王の高騰情報です。コレクション需要、ショップ買取価格の高騰により《真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)》のホログラフィックレアの値段が上がっています。 《真紅眼の黒竜》のホログラフィックレアは、「デュエリス […]

【遊戯王 高騰】《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》シク値上がり!《闇鋼龍 ダークネスメタル》の影響?【買取価格,相場】

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》価格・買取相場

遊戯王の高騰情報です。Vジャンプ2018年7月号に付属する《闇鋼龍 ダークネスメタル》の影響か、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のシークレットレアの値段が上がっています。 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴ […]

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》価格・買取相場

遊戯王の高騰情報です。Vジャンプ2018年7月号に付属する《闇鋼龍 ダークネスメタル》の影響か、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》のシークレットレアの値段が上がっています。 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴ […]

【遊戯王】「真紅眼(レッドアイズ)デッキ」新規入り大会優勝デッキレシピ・回し方解説!

大会優勝した「真紅眼(レッドアイズ)デッキ」のデッキレシピ・回し方を解説したページです。   「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に新規カードが収録され、「真紅眼(レッドアイズ)」が大幅強化されまし […]

大会優勝した「真紅眼(レッドアイズ)デッキ」のデッキレシピ・回し方を解説したページです。   「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に新規カードが収録され、「真紅眼(レッドアイズ)」が大幅強化されまし […]

【遊戯王】『サイバーダーク真紅眼』デッキ紹介!「サイバーダーク」と「レッドアイズ」は相性が良い!?

遊戯王の最新デッキ【サイバーダーク真紅眼】デッキの紹介です。   先日、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売され、「サイバーダーク」と「レッドアイズ」に強力な新規カードが追加されました。 これ […]

遊戯王の最新デッキ【サイバーダーク真紅眼】デッキの紹介です。   先日、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売され、「サイバーダーク」と「レッドアイズ」に強力な新規カードが追加されました。 これ […]

【遊戯王】DPレジェンドデュエリスト編「+1種」は《真紅眼の黒竜》のホログラフィック!

遊戯王の最新情報です。 先ほど、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」のフラゲがあり、《真紅眼の黒竜》が収録判明しました。 「+1」種は、《真紅眼の黒竜》のホログラフィックレアだったようですね。   […]

遊戯王の最新情報です。 先ほど、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」のフラゲがあり、《真紅眼の黒竜》が収録判明しました。 「+1」種は、《真紅眼の黒竜》のホログラフィックレアだったようですね。   […]

【遊戯王 高騰情報】《真紅眼融合》値上がり!《真紅眼の黒刃竜》特殊召喚に必須!?!

遊戯王カード《真紅眼融合》の値上がり情報です。   2017年7月8日に、最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 このパックでは、既存テーマ「真紅眼(レッドアイズ)」が大幅強 […]

遊戯王カード《真紅眼融合》の値上がり情報です。   2017年7月8日に、最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 このパックでは、既存テーマ「真紅眼(レッドアイズ)」が大幅強 […]

【遊戯王 高騰情報】《レッドアイズ・インサイト》値上がり!「真紅眼」デッキ強化の影響!

遊戯王カード《レッドアイズ・インサイト》の値上がり情報です。   2017年7月8日に、最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 このパックでは、既存テーマ「真紅眼(レッドアイ […]

遊戯王カード《レッドアイズ・インサイト》の値上がり情報です。   2017年7月8日に、最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」が発売されます。 このパックでは、既存テーマ「真紅眼(レッドアイ […]

【真紅眼(レッドアイズ)】デッキ:新規採用デッキレシピ・回し方を徹底解説!

【真紅眼(レッドアイズ)】デッキの回し方とデッキレシピを中心に解説したページです。 「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に新しい「真紅眼(レッドアイズ)」カードが収録されます。 遊戯王デュエルモンスターズの城 […]

【真紅眼(レッドアイズ)】デッキの回し方とデッキレシピを中心に解説したページです。 「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」に新しい「真紅眼(レッドアイズ)」カードが収録されます。 遊戯王デュエルモンスターズの城 […]

【黒刃竜・幼竜など、レッドアイズ新規について】《真紅眼ギア・フリード》に《黒鋼竜》装備は美味そうだね

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』に収録されるカテゴリの中で、唯一「城之内」くんだけ特集していなかったので、緊急特集!! 今までも様々な可能性を具現化させてきた「真紅眼(レッドアイズ)」が、《ギア・フリー […]

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』に収録されるカテゴリの中で、唯一「城之内」くんだけ特集していなかったので、緊急特集!!

今までも様々な可能性を具現化させてきた「真紅眼(レッドアイズ)」が、《ギア・フリード※戦士族モンスター》との融合を果たし、新たな力を手に入れたました。

個人的には戦士族融合って事だし、《ギルフォード・ザ・ライトニング》のリメイクも来ないだろうか…とモヤモヤしていますが、流石に枠的に厳しいよね…(まとめられるより個別に丁寧にやってもらった方が結果的には良いか…)

まぁ、そんな管理人の妄想はとりあえず置いておいて、新規「レッドアイズ」カード達について見て行きましょう~

新規「レッドアイズ」カードについて

DPレジェンドデュエリスト編から引用
〈レッドアイズとギアフリードが織りなす新たな力〉
©2017 Konami Digital Entertainment

目玉は、戦士族との融合を果たした《真紅眼の黒刃竜(レッドアイズ・スラッシュドラゴン)》だと思いますが、何気に《鎖付き真紅眼牙(レッドアイズファング)》の効果も凄くって侮れません。

《真紅眼の幼竜(ベビードラゴン)》は名前やステータスから、どうしても《ベビードラゴン》をイメージしてしまいますね~

真紅眼の黒刃竜(レッドアイズ・スラッシュドラゴン)

融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
「真紅眼の黒竜」+戦士族モンスター
①:「レッドアイズ」モンスターの攻撃宣言時に 自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、 自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。 その発動を無効にし破壊する。
③:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。

《真紅眼融合》で「HERO」サーチ?

①効果について
自身の攻撃だけじゃなく、「レッドアイズ」モンスター全ての攻撃宣言時に発動可能なのがポイント!
《真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード》の攻撃でも誘発できるので、戦士族に戦士族を装備っていう凄い状況を作り出す事も可能です。(ギア・フリードの①効果は装備された場合の誘発効果なので、瞬時に魔法・罠除去に移れるのも器用貧乏感があって悪くないっすねw)

自身の攻撃だけじゃなく「レッドアイズ」モンスター全ての攻撃宣言時に発動可能ですが、装備できるのはこのカードでした。大きな勘違いをしていました…申し訳ございません。

②効果について
対象効果に対する無効化破壊も、自分フィールドの装備カードなら何でもどこでもコストに使えるのが良いですね。
バッチリホールドする為にはそれなりの下準備が必要になりますが、条件はともかく①効果で自己完結している部分も評価できます。

③効果について
装備カードをいっぱい抱えてる状態で条件を満たしたら、とりあえず強いよね。
流石にヤバイ状況だと、相手も破壊を避けてくるだろうし、かといって放置できるタイプのモンスターでもないので、意外と良いバランスなのかもしれませんが…(どうなんじゃろね)

戦士族モンスターを指定した融合モンスターなので、《真紅眼融合》の素材で《E・HEROシャドー・ミスト》を墓地に送ってやれば、「HERO」サーチが可能ってのはもう散々言われている事ですが、これに関しては上手く「HERO」をデッキに組み込めるかどうかが決め手になってきそうです。

基本的には、新規の《真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード》を素材に使うのが無難っぽいかな?

真紅眼の幼竜(ベビードラゴン)

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守 700
①:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚し、 墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
②:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。

戦闘破壊がネックですが、見返りは大きい

戦闘破壊されるとデッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚して自身を装備して②効果に繋げる。

見えてる状態だとまずコチラの思惑通りに戦闘破壊してはくれないでしょうけど、自爆特攻でも誘発できるので使う機会は結構ありそう…

DSCF3046

真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》をデッキからリクルートしてデュアル効果できたら強格好良さそうだよね~

真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1600
①:1ターンに1度、このカードに装備カードが装備された場合に発動できる。 その装備カードを破壊する。 その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。
②:1ターンに1度、このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送り、 自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

是非、《黒鋼竜》を装備させたいよね

①効果について
自身に装備カードが装備された場合に発動できる誘発効果。
シンプルな魔法・罠除去効果ですが、対象をとらない効果なのが地味に良い感じです。

②効果について

自身に装備されているカードを墓地に送り発動する起動効果。
レベル7以下であれば、如何なる「レッドアイズ」モンスターでも蘇生可能なのが素晴らしいです。
同名カードやレベル4の「レッドアイズ」モンスターを蘇生すれば【ランク4】のギミックも搭載できるし、この蘇生効果はデッキの幅を広げてくれる良い効果だと思います。

このカードを語るに際して外せないのが《黒鋼竜》とのシナジーでしょう

《黒鋼竜》には、装備カード化の効果とフィールドから墓地に送られた場合に「レッドアイズ」カードをサーチできる効果があるので、《ギア・フリード》とはかなり相性が良いです。
《ギア・フリード》自身の効果も①②それぞれ1度ずつ使用できるので、手札に《黒鋼竜》を重ね引きした場合でも、《黒鋼竜》の効果を二回まで誘発できるってのが素晴らしいですね~

サーチ先に関しては、豊富なサポートが存在するので、状況に応じて臨機応変にって感じです。

鎖付き真紅眼牙(レッドアイズファング)

通常罠
①:自分フィールドの「レッドアイズ」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 このカードを装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。 装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
②:装備されているこのカードを墓地へ送り、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 その効果モンスターを装備カード扱いとして、このカードを装備していたモンスターに装備する。 この効果でモンスターを装備している限り、装備モンスターはそのモンスターと同じ攻撃力・守備力になる。

原作版の《鎖付きブーメラン》を彷彿とさせる効果ですね

①効果について
「レッドアイズ」モンスターにのみ装備可能な連撃付与効果。
大型モンスターに装備する事が出来れば、基本的に連撃は何でも強いですが、「レッドアイズ」には、殺意マシマシの《真紅眼の黒炎竜》《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》(レッドアイズモンスターじゃないですが、《真紅眼融合》の効果で融合召喚された場合は「レッドアイズ」モンスター扱いになります。)がいるので、それらに装備してゴリゴリライフを削っていきたい願望。

勿論、《真紅眼の黒刃竜》に装備させてガンガン装備化を狙って行くのもアリです。

②効果について

原作版の《鎖付きブーメラン》を彷彿とさせるモンスターの装備化効果。
何気に盲点ですが、この効果、相手モンスターだけでなく、自分のモンスターを装備化する事が可能だったりします。
除去を兼ねつつ装備カウントを維持できるってのはオイシイ感じがしますねぇ

強化というよりは派生がまた一つ増えたって印象です

純粋な強化と言うよりは、新たな派生先が一つ増えたって感じですね~

しかし、既存の「レッドアイズ」デッキと強さを共有できる部分は勿論あるので、構築次第では更なる”新たな可能性”を示す事が可能なのではないでしょうか?

特に今回の新規は戦士族と絡めた強化になっているので、工夫のし甲斐がありそうです。

まぁ、何があっても《レッドアイズ・インサイト》は優秀なので、気になっている人は今のうちにゲットしておきましょう。(いや、流石に再録されるか…)

【裏サイバー新規《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》来る!】キール・エッジ・ホーン以外の新規モンスターも!?

ゆ、油断してたら何かキターーーーーー 6月3日発売『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』に収録される新規カードが公式Twitterにて公開されました。 その名も《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》 てっ […]

ゆ、油断してたら何かキターーーーーー

6月3日発売『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』に収録される新規カードが公式Twitterにて公開されました。

その名も《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》

てっきり初代関連のカードオンリーの収録化と思ったら、
まさかの「裏サイバー」強化でビックリ仰天ですぞぉ~

鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン

融合・効果モンスター
レベル10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からドラゴン族モンスターまたは機械族モンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
③相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にして破壊する。

③効果にターン1制限が付いていない…だと!?

感覚的には素材数は重くなったが名前が指定されていないので条件自体は緩くなり、効果がモリモリになった強化版《鎧黒竜-サイバーダーク・ドラゴン》といった印象。

ドラゴン族だけじゃなくて機械族も装備できるようになっている上になんだか制圧効果まで貰ってるし…(墓地のモンスター数でパワーアップは置いてきた)

どことなくインフィニティ系統の力を継承した裏サイバーの切り札って感じがしますねぇ

③の魔法・罠・モンスター効果を無効にする制圧効果にはターン1制限がないのでコストさえ払えれれば何度でも発動可能です。
確かに自分フィールドの装備魔法がコストってのは無策で何度も発動できるものではありませんが、自分フィールドに存在する装備カードならOKと絶妙に緩いのでやり方によっては…

《未来融合》《オーバーロード・フュージョン》etc

想定しうるあらゆる手段を持って《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》の融合召喚を狙いに行くっきゃねぇ!

エラッタで少し使いにくくなっているとは言え、一枚で時間差オラァァぁできる《未来融合-フューチャー・フュージョン》は是非とも使いたい所…。

オーバーロード・フュージョン》にもまたお世話になっちゃうだろうなぁ~(装備するやついねぇ…ってならない様にしようw)

あ、後忘れちゃいけないのが《サイバーダーク・インパクト!》の存在。

残念ながらあのカードは《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》専用のサポートなんで、もしかすると、《サイバーダークネス・インパクト!!》的な最新サポートが出てきたリしちゃったりして…(妄想)

「サイバー・ダーク」効果モンスター×2という表記

「サイバー・ダーク」効果モンスターは《サイバー・ダーク・エッジ》《サイバー・ダーク・キール》《サイバー・ダーク・ホーン》の三体ですが、《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》の素材指定には×5とあるんだよね…

これイラスト的にも新たな「サイバー・ダーク」効果モンスターが最低でも2体は来るでしょ!

レッドアイズを装備して原作再現しなくちゃなぁ…

パワー・ウォール》もOCG化されてるし、「ヘルカイザー亮vsダークネス吹雪」戦を再現する準備は整ったな!(お互い新たな力を手に入れてはいるけど)

何だかDMとGXがごっちゃになってる感じもしますが、どちらもファンの多いテーマですし、「レッドアイズ強化するなら裏サイバーも一緒にやっちゃおうぜ!」って流れになったのかもしれませんね~

つーか、どちらも装備が重要になるデッキだし、ワンチャン共闘可能なんじゃ…(ニコニコ)

あと、《輪廻独断》もオナシャス!(お約束)