【使われるとやっぱり強い罠・トラップカード5選】無意識からの不意討ちが最強【奇襲性の高いトラップは良い】

採用率自体はそこまで高くないカードだけど、デュエル中に不意に使われて痛い目をみたって経験ってありませんか? 今日は、【使われるとやっぱり強い罠カード5選】と題して、不意討ち力の高い罠カード(そういうイメージが強いカード) […]

採用率自体はそこまで高くないカードだけど、デュエル中に不意に使われて痛い目をみたって経験ってありませんか?

今日は、【使われるとやっぱり強い罠カード5選】と題して、不意討ち力の高い罠カード(そういうイメージが強いカード)の特集記事です。

こういう話題になると「激流葬」「ミラフォ」「シリンダー」は三種の神器的なノリで名前が出てくると思いますが、今回はあえて外しておきました。

…ま、あの3枚はレジェンド枠みたいなところありますしね。※他にもいくつか外したものがあるので、それはまとめて後記します。

使われるとやっぱり強い罠カード5選

今回は管理人自身の体験を重視したチョイスになりました。

《イタチの大暴発》や《裁きの天秤》等が入っていないのは、管理人の経験がそこまで伴わない事が理由です。

《タキオン・トランスミグレイション》や《スカーレッド・レイン》が入っていないのは、これは使われるよりも使う方が多いからって感じですね。

つり天井

《つり天井/Needle Ceiling》
通常罠
フィールド上にモンスターが4体以上存在する場合に発動する事ができる。フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

収録:【Pharaonic Guardian -王家の守護者-】

一見事故にも見えるセットエンドの罠ッ!

もしかしたら、知らず知らずのうちにジョーンズ的な罠に誘い込まれているかも?

今の遊戯王なら1ターンで3体、4体並ぶのは余裕なので、このカード単体でもワンチャン機能するところも良いです。

勿論事故札になる事もありますが、決まった際の意外性とリターンが大きいので採用。

現実問題、相手無傷でこっち全壊とか普通にゲームエンド級ですからねぇ…。

スウィッチヒーロー

《スウィッチヒーロー/Switcheroroo》
通常罠
(1):お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合、そのモンスターのコントロールを全て入れ替える。

収録:【レイジング・テンペスト】

こちらの超強モンスターと相手のちびっ子(トークン等)モンスターを交換された際の衝撃と言ったら…(白目)。

うまく使う為にはそれなりに構築を寄せる必要はありますが、一枚のカードで巻き起こる現象としては大きいってレベルじゃありません。

ボードコントロールが上手なデッキなら常にワンチャンあるスーパーカードだと思ってます。

大革命返し

《大革命返/The Huge Revolution is Over》
カウンター罠
(1):フィールドのカードを2枚以上破壊するモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

収録:【オーダー・オブ・カオス】

この記事を書くきっかけとなった一枚。

このカードがうまく決まる試合を見て、「やっぱり決まると強いなぁ…」って思わず口にしてしまいました。

効果的に見れば《スターライト・ロード》も同等クラスの強さだと思いますが、この「大革命返し」ってカード名が強烈なのが良いです。

大して有利になってない状況下でも、何となく「大革命返し」ってネームアドバンテージで有利に立ったように思える気がしません?

あと、やっぱりカウンター罠ってのが強いッ!

魔女の一撃

《魔女の一撃/Witch’s Strike》
通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚を無効にした場合、または相手が魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にした場合に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て破壊する。

収録:【サベージ・ストライク】

未だ決められた経験は1度だけですが、その時の印象が強烈過ぎてヤバいです(トラウマ級)。

真面目に1枚でゲームを終わらせる効果なので、「こんなことがあって良いのか…本当に?!」って気分になりましたね(笑)。

イラストも滅茶苦茶良いし、自分でもうまく使ってみたいカードでもあります。

闇のデッキ破壊ウィルス

《闇のデッキ破壊ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》
通常罠
(1):自分フィールドの攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、カードの種類(魔法・罠)を宣言して発動できる。相手フィールドの魔法・罠カード、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内の宣言した種類のカードを全て破壊する。

収録:【ストラクチャーデッキ-暗闇の呪縛-】

この話題で「ウイルス」カードを入れなきゃ嘘だろう!って事で、「ウイルス」カードからは《闇のデッキ破壊ウイルス》をチョイスしました。

条件はそれなりに重いですが、デッキ次第では決まれば即死級の破壊力なのが良いですよね!

これこそ奇襲性と破壊力を兼ね揃えた最強の罠って感じがします。

あえて外した罠カード達

◎激流葬
◎ミラフォ系
◎魔法の筒(シリンダー)
◎奈落の落とし穴
◎強制脱出装置 等

外した理由はそれぞれ異なりますが、今回は意外性や珍しさを重視したかったのでこんな感じになりました。まぁ、これらカードも今使われたら意外性十分ではありますけどね。

※奇襲と言えば《やぶ蛇》や《拮抗勝負》の印象が強いですが、こちらもサイド等を含めれば比較的目にするカードなので外しています。

速さを犠牲にした強さ


△速さを超越せし者もたまにいるけど

「遅い」とか「速さが足りない」と言われる事は多いですが、未だに決まれば強いカードが多いのも事実。

セットという概念は実に遊戯王って感じなので、やっぱり遊戯王にとって罠は重要な存在だと思います。

ブラフも含めて如何に通すか?って駆け引きも楽しいですし、やっぱり罠って最高だなぁ…(しみじみ)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【遊戯王OCG】 第11期までの各期の「No.」の最高レアリティ一覧

第11期最初の「CP」にて、ついに100以下の正規(アストラル製)ナンバーズのOCG化が完了しますね。ナンバー重複の偽物はともかく、1000も今期で埋まりそうでしょうか?※2020年5月8日更新

第11期最初の「CP」にて、
ついに100以下の正規(アストラル製)ナンバーズのOCG化が完了しますね。
20121030_02.png

ナンバー重複の偽物はともかく、1000も今期で埋まりそうでしょうか?

※2020年5月8日更新

「No.(ナンバーズ)」を分類してみた・目次

※2012年9月 記録開始アニメ遊戯王ZEXALも第1シリーズが終了し、漫画版の未OCG化カードも含めると既に約30種類の「No.(ナンバーズ)」が登場しました。作中の設定で100枚も存在するというこのナンバーズですが、折角そんなに登場するのならば、あらゆるランク・属性・種族・効果を網羅してほしいというのが私の希望です。そこで、登場したナンバーズをいくつかのカテゴリに分類し記録していくことで、どれだけ多彩なナンバーズが

20130526_02.png

※2012年9月 記録開始
アニメ遊戯王ZEXALも第1シリーズが終了し、
漫画版の未OCG化カードも含めると
既に約30種類の「No.(ナンバーズ)」が登場しました。
作中の設定で100枚も存在するというこのナンバーズですが、
折角そんなに登場するのならば、あらゆるランク・属性・種族・効果を網羅してほしい
というのが私の希望です。
そこで、登場したナンバーズをいくつかのカテゴリに分類し記録していくことで、
どれだけ多彩なナンバーズが登場したのかを確認して楽しもうというのが
この企画のねらいです。
※作中で新たにナンバーズが登場するたびに加筆する予定です。
また、この企画は全ナンバーズOCG化の祈願も目的としています。

※2013年6月 ナンバーズ50種突破!

※2014年3月 アニメ終了 (登場済みナンバー:81/109)

※2015年6月 漫画終了 (登場済みナンバー:90/109)

※2019年5月 全ナンバー(109+番外1)登場

※2020年5月 100以下の全正規ナンバーズがOCG化!



【カテゴリ一覧】
ナンバー
テーマ
ランク
属性
種族
ステータス
効果




【関連項目】
【遊戯王OCG】 「No.(ナンバーズ)」の収録先まとめ
【キャラ分類】 ナンバーズ所持者
バリアン七皇関連のナンバーズをまとめてみた
【遊戯王OCG】 今から「No.」コンプするにはいくらかかるの?

【王家の神殿と聖獣セルケトで遊ぼ!】1ターン目「ナチュル・エクストリオ」との攻防

今日は、最近実際にあった1ターン目「ナチュル・エクストリオ事件」についてお話します。 ちょっとアクシデント気味に出た《ナチュル・エクストリオ》だったのですが、やっぱり先攻エクストリオは強い…(確信)。 本記事では、展開に […]

今日は、最近実際にあった1ターン目「ナチュル・エクストリオ事件」についてお話します。

ちょっとアクシデント気味に出た《ナチュル・エクストリオ》だったのですが、やっぱり先攻エクストリオは強い…(確信)。

本記事では、展開に使われた《王家の神殿》&《セルケト》セットの効果について解説しながら、その時の状況について振り返ってみたいと思います。

王家の神殿とセルケトくん

《聖獣セルケト/Mystical Beast of Serket》 
効果モンスター
星6/地属性/天使族/攻2500/守2000
(1):自分フィールドに「王家の神殿」が存在しない場合にこのカードは破壊される。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードが戦闘で破壊したモンスターは除外される。
(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの攻撃力は500アップする。

 

《王家の神殿/Temple of the Kings》 
永続魔法
「王家の神殿」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分は罠カード1枚をセットしたターンに発動できる。
(2):自分フィールドの表側表示の「聖獣セルケト」1体とこのカードを墓地へ送ってこの効果を発動できる。手札・デッキのモンスター1体またはエクストラデッキの融合モンスター1体を特殊召喚する。

 

《王家の神殿》は、罠カードをセットしたターンに発動できる効果の他に、自分フィールドの《聖獣セルケト》を墓地に送って手札・デッキ・EXデッキの融合モンスター1体を特殊召喚する面白効果を持っています。

上級モンスターであるセルケトとサーチが難しい永続魔法の組み合わせは結構なハードルですが、《ファントム・オブ・カオス》や《トランスターン》を使えば、セルケト側は割と安定するようです。

ちなみに、対戦相手の方のデッキは、《ファントム・オブ・カオス》でコピーして《王家の神殿》を起動したり、《七精の解門》で墓地の《王家の神殿》を回収する面白ギミック満載のデッキでした。

…でも、先攻エクストリオされたのは別のルートだったんですよねぇ…。

「デーモンの宣告」外しからのリビデ!


△宣告は墓地に落ちますからね…

ちょっと事故気味の初手だったらしく、開幕《デーモンの宣告》というスタート!

何を宣言したかまでは忘れてしまいましたが、外したカードは今でもはっきりと覚えています。

《聖獣セルケト》(墓地に落ちる)

その後、《王家の神殿》を発動し、セットした《リビングデッドの呼び声》を発動!

…うん、これには流石に笑うしかなかったですね(笑)。

なお、出て来たのは当然《ナチュル・エクストリオ》でした。つ、つええええ!!

《ナチュル・エクストリオ/Naturia Exterio》 
融合・効果モンスター
星10/地属性/獣族/攻2800/守2400
「ナチュル・ビースト」+「ナチュル・パルキオン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):魔法・罠カードが発動した時、自分の墓地のカード1枚を除外し、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。このカードがフィールドに表側表示で存在する場合、その発動を無効にし破壊する。

でもハンド1枚でエクストリオは突破したんだよ?

でも実はこのエクストリオはハンド1枚で見事突破出来たんですよ!

しかも文字通りハンド1枚という…(バリアンデッキの調整中だったからね)。

まぁ、試合の結果的には負けたんだけどね…(白目)。

動きが面白い上に強いのが良いよね

今回は《ナチュル・エクストリオ》について紹介しましたが、別の試合では《地天の騎士ガイアドレイク》 とかも出てきてました。

まぁ、能動的に《やぶ蛇》の効果を引き出すようなものなんで、出てくるモンスターの強さは保証されていますし、何よりも動きが面白いので言う事なしです。

エクストラから自由にモンスターを出すタイプのカードって基本的に好きなので、管理人もちょっと真似したくなっちゃいました。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【エルドリッチってリシドを意識してたりするのだろうか?】モンスター1体の罠モンスターデッキ繋がり

直接的な関係は全くありませんが、「エルドリッチ」の構成や背景が何となくリシドっぽいなーって小話。 黄金・死者・王ッ!多分関係ないけど関係ありそうってノリで進めていくぜ! エルドリッチはモンスター1体のテーマ メインに入る […]

直接的な関係は全くありませんが、「エルドリッチ」の構成や背景が何となくリシドっぽいなーって小話。

黄金・死者・王ッ!多分関係ないけど関係ありそうってノリで進めていくぜ!

エルドリッチはモンスター1体のテーマ

メインに入るモンスター1体で残りは全部魔法と罠って徹底っぷり!

カテゴリ構成、黄金や死者にまつわる背景等、確かに、言われてみればちょっと近い気がしないでもない。

しかし、サポートカードに散々「エルドリッチ」モンスターって書かれまくっているので、その内ひょっこり増えるんでしょうね…(期待)。

という事は今だけリシドっぽいテーマって事になりかねないな…()。

リシドもモンスターは「聖獣セルケト」1体のみ


△属性も光?って思ったら地属性でした

モンスターは《聖獣セルケト》1体のみッ!実に男らしい…。

あと偽物の《ラーの翼神竜》も持っていましたが、あれはあくまで偽物だしノーカンって事で良いですよね?

追伸:よくリシドのカードと勘違いされる《ミレニアム・スコーピオン》は、「デュエルターミナル」で使用していたようですよ。

リシドも罠モンスターを使う

リシドも罠モンスター(アポピスの化身)を使って戦うのが特徴ですよね。

リンクスのイメージが強いからか、ここはもっと色々と使ってたイメージだったんですが、よくよく考えると原作・アニメで使用した罠モンスターは《アポピスの化身》だけでした。

「エルドリッチ」は罠モンスターが既に3種類もいるので、もうこの時点で全然違ってます(笑)。

黄金にまつわる背景を持つ


△そういえば金つながりで成金再録は笑いましたね

「古代エジプト」,「エルドラド」共に、黄金にまつわる背景を持っています。まぁ、ここら辺は長くやってたら被る事もあるさな。

まぁ、たまたまでしょうなぁ…

改めて調べてみたら、リシドって使用カードがそもそも少ないからモンスター単騎になっちゃっただけって感じもしてきました。

開発した人の中にちょっぴりでもリシドの存在があったら嬉しいですが、これはたまたま近くなったパターンっぽいなぁ……(*’ω’*)

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【カードショップのデュエルスペース閉鎖問題】我々が今、カードショップに対して出来る事は無いだろうか?

新型コロナウイルスの影響を受け、デュエルスペースを閉鎖する措置をとっているカードショップが増加傾向にあります。 現に、管理人がお世話になっているショップは、措置としてデュエルスペースを閉鎖しています。 デュエルスペースを […]

新型コロナウイルスの影響を受け、デュエルスペースを閉鎖する措置をとっているカードショップが増加傾向にあります。

現に、管理人がお世話になっているショップは、措置としてデュエルスペースを閉鎖しています。

デュエルスペースを併設しているお店としては、この閉鎖の判断。そして、閉鎖による客離れって相当深刻な問題だと思うんです。

・・・もしかしたら、この影響を受けて経営が立ち行かなくなるお店もあるかもしれません。

勿論、これはカードショップに限った話では無く、我々の生活を構成する全ての小売・飲食等に言える事ですが、今回はいちカードゲーマーとして、今の私たちに出来る事を考えてみました。

個々の力で出来る事には限りがありますが、一人一人が少しずつ意識を変える事で変わる未来もあるかもしれない。・・・本記事はそんな管理人の理想とお願いを語る記事です。

我々が今、カードショップに対して出来る事

出かける時は、感染への注意・対策を心掛ける

カードショップに限らず、外出する際は細心の注意・予防・対策を心がけましょう。

特に手洗い・うがいは効果が大きいとの事なので、いつも以上に入念に!

カードショップで感染拡大とか全く笑えないので・・・デュエルスペースに関係なく、カードショップを利用する際は予防・対策をお願いします。

デュエルスペースが使えないという事実を受け入れる


△癇癪とか以ての外

デュエルスペースが使えない=デュエルができないって人も多いと思います。

これに関しては実際残念な事ですが、それを事実として受け入れ、自分の中で折り合いをつける事も大切です(他の方法がとれるならそれも検討する)。

デュエルスペースが使えない事に対して文句を言う・クレームをつけるなんてのは以ての外。事態が落ち着いたら、また思う存分利用させてもらいましょう(*’ω’*)

いつもより少しだけ意識してお店を利用させてもらう

これはどういうことかというと・・・

『お世話になっているお店で意識して買う』とか、『通販でシングル揃えるのは楽だけど、今回はあえてお店で揃える』とか、『ノーマルの方が安いけど今回はスーで揃えてみよう!』とか・・・。

こういったちょっとした意識変化で少しでもお店にお金を落とす様にする事です。

これは、「無理にお金を使え!」とか「無駄遣いしろ!」って事を言っているのでは無く、買う場所を意識したり、ちょっと背伸びした買い物をしたりって事です。

スペースが使える様になった時用のデッキを作るとか・・・色々楽しみながらお店に還元する事は出来ると思うんですよね。

まぁこれは個々の財布事情もありますし、予防・対策の為に外出を控えている人もいると思うので、できる人だけ・無理の無い範囲でお願いします。

出来る事は限りなく少ない・・・だが、

最初にも言いましたが、我々個々の力で出来る事なんてたかが知れています。

・・・それこそ、我々の助力でショップを支えるなんて正直おこがましすぎる発言だと自覚しています。

しかし、例え無駄な発言だったとしても、言わないでしまい込むよりは良いと思い、今回は記事にしてみました。

もしかしたら、その小さな意識変化の連続によって変えれる未来があるかもしれません・・・。

追伸:これが管理人の単なる杞憂であればどんなに良い事か・・・(現場の声・現場の要望も気になる所です)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【プレミアムゴールドレアはお好きですか?】イラスト相性で加工に差が出るけど私は好きです

『レジェンダリーゴールドボックス』で初登場し、『レアリティコレクション(2020年版)』にも収録された新レアリティー「プレミアムゴールドレア」について。 過去に登場したゴールドレアとは一線を画す巧みな加工を施されたレアリ […]

『レジェンダリーゴールドボックス』で初登場し、『レアリティコレクション(2020年版)』にも収録された新レアリティー「プレミアムゴールドレア」について。

過去に登場したゴールドレアとは一線を画す巧みな加工を施されたレアリティですが、その特殊さゆえに好みが割れる部分があるのも事実。

そんな「プレミアムゴールドレア」に対して皆さんはどんな感想・意見をお持ちでしょうか?

プレミアムゴールドレアはお好きですか?

かなり特殊な加工なので、それゆえの問題を抱えているのも事実です。本記事では、そこんところをフラットな視点で解体していきます。

カードによって加工差が出る

カードの種類によって加工差がかなり出ている為、相性の善し悪しが露骨に出るレアリティだと個人的に思っています。

△リンクマーカーの縁までしっかり加工!個人的にカガリは最高の出来

特にリンクモンスターとか分かり易いんですが、縁・名前・属性・イラスト・テキスト覧の他にリンクマーカーまで金加工されていて、ナチュラルに加工部分が多くなっています。

△レベル(☆)は凸凹してて目立ちます

まぁ、リンク以外のモンスターカードはレベルで嵩増しするのでバランスとれている気もしますが、魔法カードは結構淡白な仕上がりになっているんですよね。

△同じ魔法カードでも結構差があります

あと、同じ魔法カードでも種類によって加工差が凄いっていう問題もあります。

《ハーピィの羽根帚》はイラストの外枠が縁取られてるいるのに対し、《RUM-七皇の剣》はイラスト部分の加工無しという・・・。

これ、逆に緻密過ぎて外枠を縁取れなかったって事なんでしょうけど、やっぱりちょっと寂しいと思っちゃうのは管理人だけでしょうか?

こんな感じでハマるやつは滅茶苦茶ハマるけど、ハマれないやつは全体的にのっぺりしちゃってる印象(イラストと加工の相性が結構顕著)があります。

まぁ、逆に加工無しだとイラスト部分がツルっとクッキリしてるんで、それが好きって人は良いかも知れませんね。

加工による凸凹について:スリーブ着用なら大丈夫?

△七皇の剣の加工量でも凸凹は感じ取れる

あとは起伏による触感判別問題についても触れておきます。

これ実際に触るとよく分かるんですが、イラスト部分の起伏が大きくて結構分かり易いですよね。

でもまぁ、公式スリーブ着用だったら触感では流石に分からないかな?

相当作為的なシャッフルをしない限りは大丈夫だとは思いますが、気になるようなら2重で使用するなりした方が良いかも知れません。

こういう点でもエクストラデッキのカードなら気を使わずに使えるから良いなーってのがあるなぁ・・・。

でも、歴代のゴールドの中では一番好きです

ゴールドレアってお世辞にも人気なレアリティ―ではなかったので、その派生型としてこういうコレクター性を追求したレアリティに昇華したのは良かったと思います。

スクリューダウンとかに入れたら結構映える加工ですし、プレイする以外の楽しみ方にも幅を持たせれてたのは良い進化!

まぁ、純粋に歴代ゴールドシリーズの加工の中なら個人的に一番好きです。

特別感はあるよね!

好みは確実に分かれるレアリティだとは思いますが、特別感は演出できている・・・よね?

・・・《無限泡影》とか結構良さそうだったんだよねぇ・・・(持ってない)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

 

《紅蓮魔獣ダ・イーザ》がシークレットになる日が来るとはね・・・【昔やってた決闘者に見せると驚くかも?】

『レアコレ・ゴールド』で再録された《紅蓮魔獣ダ・イーザ》の話題。 9期10期辺りから始めたプレイヤーなら、古いけど強くて割と使われるカードって認識だと思いますが、昔やってた人からするとちょっと不思議な気持ちになる再録だっ […]

『レアコレ・ゴールド』で再録された《紅蓮魔獣ダ・イーザ》の話題。

9期10期辺りから始めたプレイヤーなら、古いけど強くて割と使われるカードって認識だと思いますが、昔やってた人からするとちょっと不思議な気持ちになる再録だったりします。

ずっとプレイしている人でも「まじか・・・。いや・・・分かるけど・・・。まじか・・・。」ってなる再録って事は、当時やってたけど今やってない人とかはもっと不思議な気持ちになるんじゃないかな?って話。

昔やってた決闘者の友人をダ・イーザシクで一本釣りしよう(提案)。

紅蓮魔獣ダ・イーザ

《紅蓮魔獣 ダ・イーザ/Gren Maju Da Eiza》 
効果モンスター
星3/炎属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
(1):このカードの攻撃力・守備力は、除外されている自分のカードの数×400になる。

 

除外されている自分のカードの数×400パワーアップ!

永井先生もビックリのダイナミックでプロ級のパワーアップを見せつけろ!

今なら壺1個で4000打点が付いてくる!お得!

再録された背景

《強欲で貪欲な壺》,《機巧蛇-叢雲遠呂智》等、《ダ・イーザ》の打点底上げを支えるカードの増加が最大の要因でしょう。

特に《貪欲で強欲な壺》は、一枚で攻撃力を4000もアップできる超強力シナジーを持っている訳で、これをあわさない手はまずないってレベルのシナジーです。

あとは神の〇〇シリーズの緩和、《大捕り物》,《センサー万別》,《無限泡影》と言った強力な罠の増加が背景にあると思います。

・・・ま、ちゃんとデッキとして成立するようになったってのはデカイ!あと、いつの時代でも打点は正義って事なんでしょう。

レアコレ・ゴールドはダ・イーザデッキパーツの宝庫?

ザっと考えただけでも・・・

《強欲で金満な壺》,《ハーピィの羽根帚》,《センサー万別》,《大捕り物》、《増G》,《パンクラトプス》,《ガメシエル》,《灰流うらら》,《無限泡影》って感じでパーツの宝庫です。

《インスペクト・ボーダー》や《機巧蛇-叢雲遠呂智》と汎用罠を追加すれば普通にデッキになるっていうお手軽さ・・・やばいねw

昔の自分に言っても信じなかったと思います

『混沌を制す者』(収録パック)発売当時の自分に、「将来的にそのカードシクになるで!しかも開闢よりも使用率高いで・・・」って言っても絶対に信じなかっただろうなぁ・・・(笑)。

昔やってた友達にダ・イーザシクを見せたら話題になるかも?

昔プレイしてたけど今はお休み中の決闘者にシークレットやコレクターズの《紅蓮魔獣・ダ・イーザ》を見せたら話題になるかも?

もしかしたらそれがきっかけで再開・・・みたいな事もあるかも?

まぁ、流石にそれは高望み過ぎる発言ですが、『レアコレ・ゴールド』をきっかけに始めた・復帰したって人は私の周りに数人いるので、これもノーチャンではないと思います。

できるだけダ・イーザに思い入れがある(混沌を制す者に思い入れがある)人に見せてみよう(提案)。

ダ・イーザを使うデッキ作りたいね

私自身に関して言うと、叢雲デッキは持ってるけどダ・イーザデッキは持ってないって感じです。

なので、シークレットかコレクターズで統一したダ・イーザちょっと考えてます。

・・・比較的安価で作れる強デッキレシピとしてブログで紹介してみるのもありかぁ・・・(思案中)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

【遊戯王OCG第10期を振り返る】リンク召喚を支えた功労者達。ハリファイバーが救ったのはシンクロだけでは無い?

遊戯王OCGの10期を振り返る企画第一弾として、「リンク召喚を支えた功労者たちを振り返る。」記事を作成してみました。 本当は淡々と性能や使用された背景について語るつもりだったのですが、管理人のタイピングがヒートアップして […]

遊戯王OCGの10期を振り返る企画第一弾として、「リンク召喚を支えた功労者たちを振り返る。」記事を作成してみました。

本当は淡々と性能や使用された背景について語るつもりだったのですが、管理人のタイピングがヒートアップしてしまって、10期を振り返った感想・リンクに対する気持ちみたいな内容に踏み込んでしまいました。

書くに際して、人気ブロガーであるしらこさんの記事に触発さた部分が大きいです。とても素晴らしい記事なので、まだお読みになって無い方は是非一度お読みになってみて下さい。

リンク召喚を支えた功労者たち

黎明期を支えた「属性リンク」たち

属性リンク達は、リンク召喚の黎明期を支えた功労者だと私は考えます。

地属性リンクである《ミセス・レディエント》に至っては、第10期第1弾パック『CODE OF THE DUELIST』に収録され、最初から最後まで地属性デッキの選択肢として活躍し続けました。

このカードが最初からそこにあったからこそ、まだ見ぬ属性リンクの存在を信じ、属性に偏りを持つテーマを使い続ける事が出来た人も多いのではないでしょうか?

欲を言えば、最初から各属性のリンクモンスターを収録しておいて欲しかったですが、開発・運営側にも色々と都合はあるでしょうし、近年のパックは属性のコンセプトを持って構成されている節があるので、そう言った計画にも差し障るデリケートな問題も孕んでいるんだと思います。

過去の属性サポートモンスターのセルフパロディというファンサービスも魅力的ですし、効果を越えた部分での完成度も高い素晴らしいカード達です。

展開ルートの柔軟性をもたらした「リンクリボー」

トークンを含むレベル1のモンスター全てに革命を起こした存在。

素材指定・効果・属性・種族etc、構成する要素全てが有能と言っても過言ではない最強のリンク1モンスターだと思います。

今月号のVジャンプ(2020/3月号)でストロング十九君のセリフにもある通り、「お手軽にレベル1を墓地に送れる」ってホントに便利な存在なんです。

このカードがあるからこそ成立するルートなんて把握しきれない位にありますし、ランキング形式にしたら間違いなく1,2を争う逸材ではないでしょうか?

逆に、このカードが存在したからこそぶっ壊れたカード、テーマも無数に存在する為、ある種『諸刃の剣』的な立ち位置のカードでもある事は事実です。

《リンクリボー》が存在しなかった第10期に興味が全くない訳ではありませんが、結果的に考えると、このカードがあったからこそ、リンク召喚に多様性が生まれ、よりエキサイティングなデュエルがもたらされた様にも思えます。

ただし、基本的にリンク1は相当危険な存在だというのが持論です。そう言った意味でも、《リンクリボー》は実に絶妙なバランスのカードだと思っています。

救済者、水晶機巧-ハリファイバー

ハリファイバーを苦手と感じる人がいらっしゃる事を重々承知した上であえて言います。

新マスタールールによるユーザー離れを極限まで抑え、今の状態にまで持ち直させたのは、このカードがあったからです。

便利すぎる・強すぎる・簡単過ぎるetc、納得いく意見も滅茶苦茶沢山あるんですが、少なくとも、あの時の遊戯王にこのカードは必要でした…。

そりゃ理想としては、個のカードに頼ることなく、常に楽しくてワクワクするようなゲームを創造し続けて欲しくはありますが、どんなにうまくやろうとしたって躓く時は躓くんです。

それこそルールをあれだけ大きくいじったら、そりゃその反動はでるさ…。

「それも含めてメーカーの責任だろ!」って言われたら何も言えませんが、国内トップのカードゲームである『遊戯王』が、停滞を避けて次のステージに進もうとしたチャレンジ精神を、単なる”失敗”と切り捨てる気には私はなれません。

「信者乙」と言われてしまうかもしれませんが、私には、リンクによってもたらされた多様性・可能性の先にある面白さを体験として実感しているので、何を言われても平気なんです。

誤解しないで欲しいので言及しておきますが、だからと言ってリンク召喚や10期に拒絶反応を示した人たちを責めるつもりも全くありません。それは、ユーザーと開発の歩幅が揃わなかった結果であり、それに対して「NO!」と言う権利は当然あるはずなので。

・・・スイマセン、ハリファイバーの話だったのに熱くなって脱線してしまいました。

まぁ要するに、ハリファイバーで救われたユーザーは沢山いるって話です。これから先の未来については分かりませんが、とりあえずあの時の遊戯王にハリファイバーは必要だったと私は確信しています。

対応力の巧、トロイメア

外部リンク:https://note.com/yasakoro_shirako/n/n5366b836c730

これは上記のしらこさんの記事「遊戯王リンク召喚は失敗だったのか?」で述べられている事が全てです。

「トロイメア」という存在がリンク召喚の柔軟性を引き上げ、「引けないから負け」「メインに対抗策が無いから負け」という萎え要素を排除する事に成功したのは事実だと私も思います。

まぁ、これまでのラインナップをみて分かる通り、大いなる力には反動もあるって事で、ゴブリン君とかマーメイドちゃんとか俺屍的な存在がいるのも事実ですね。

やり過ぎた部分も確かにありますが、それでもフェニックスとケルベロスに関しては相当良いカードだと思いますね。

リンク時代の汎用エース、ヴァレルソード・ドラゴン

これも賛否両論ある所ですが、多くのデッキに大きな火力をもたらした存在として《ヴァレルソード・ドラゴン》は外せません。

「エースが固定されてしまう」「ヴァレソでOK」って問題も当然ある訳ですが、ゲームとして考えた際に、ヴァレソっていうエースアタッカーが設定されているのは非常に分かり易いですし、ある意味平等だと思うんです。

仮に、《ヴァレルロード》とか《ヴァレルソード》が「ヴァレット」専用だった場合、多くのテーマがフィニッシャー不在に陥ってたと思いませんか?

これはリンクに限った話ではなく、シンクロ・エクシーズ時代にだって、時代を背負った汎用フィニッシャーやエースたちがいたと思うんです。

「トリシュでOK」、「ハイハイライトニングライトニング」とかの枠が、ヴァレソだったのかなぁ~って…。

勿論「ヴァレット」使いの身からすると、「テーマ専用だったら…」って思う事はありますけど、まぁそれはまた別の話ですね。

管理人にとってのナンバー1は?

ちょっと熱くなり過ぎて脱線しちゃった部分もありましたが、最後に管理人自身のナンバー1をあげて〆たいと思います。

「でたでた…またレイド・ラプターズですか~」って言われちゃいそうですけど、まぁやっぱり例によって「RR」な訳だ(笑)。

こうやってブログを続けてこれたのも言うなれば「RR」のおかげですし、「RR」のおかげで出来た繋がりや沢山あるので、やっぱり管理人にとって「RR」は特別な存在なんです。

そんな特別なテーマの強化を最高の形で貰えた・・・そりゃ文句無しって話ですわ…。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです