【遊戯王】TCG新制限 アージェント禁止の理由とは

 TCGの新制限が発表されました。増殖するGが禁止のなかで、先行ワンキルが可能な魔術師が猛威を振った環境でした。●新制限リスト禁止アストログラフ・マジシャン真竜剣皇マスターPフェニキシアン・クラスター・アマリリス覇王眷竜スターヴ・ヴェノムエンシェント・フェアリ…

 TCGの新制限が発表されました。増殖するGが禁止のなかで、

先行ワンキルが可能な魔術師が猛威を振った環境でした。

●新制限リスト
禁止
アストログラフ・マジシャン
真竜剣皇マスターP
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
RUM-アージェント・カオス・フォース
隣の芝刈り

●制限
真竜拳士ダイナマイトK
ジェムナイトマスター・ダイヤ
連鎖爆撃

●準制限
アポクリフォート・キラー
破壊輪

●解除
海皇の竜騎隊
地霊神グランソイル
真竜戦士イグニスH
マスマティシャン
N・グラン・モール
強制脱出装置

●感想
 魔術師からはアストログラフとスターヴ・ヴェノムが禁止となりましたね。

アストログラフが禁止になったことで、展開パターンが大幅に減り、魔術師もかなり

弱体化になったと感じました。日本でもアストログラフかエレクトラムは規制が入り

そうですね。

 ジェムナイトマスター・ダイヤについては、ジェムナイトの純正構築で、

ラピスラズリの効果をコピーし先行ワンキルできるのが規制の要因みたいですね。

前回の規制で、増殖するGが禁止カードになってから、今回の環境でしたが、

リストを見てわかるように先行ワンキルが流行しました。

海外のデッキレシピを見ても、手札誘発がフルに採用されているもかかわらず、

先行ワンキルを抑えられず、いかに増殖するGが重要なカードであると

感じましたが、禁止のままですねorz 

・アージェント・カオス禁止の理由
 今回、大きく注目されたのがアージェント・カオス・フォースの禁止でした。

魔術師だとベアトで、アージェントを墓地に落として、ガイドラを特殊召喚し

アージェントを回収します。別でランク4の希望皇ホープを用意しておき、

そこからホープ・ゼアルを特殊召喚し、先行での制圧できるといったところが問題

とされ禁止になったようです。

SNo. ホープ・ゼアル
エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻   ?/守   ?
同じランクの「No.」Xモンスター×3
ルール上、このカードのランクは1として扱う。
このカードは手札の「RUM」通常魔法カード1枚を捨て、
自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①このカードのX召喚は無効化されない。
②このカードのX召喚成功時には、相手は効果を発動できない。
➂このカードの攻撃力・守備力はこのカードのX素材の数×1000アップする。
④相手ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手は効果を発動できない。

【遊戯王】いよいよ今週CP18発売です

5月12日にCOLLECTORS PACK2018が発売しますね。ハンデス効果で話題のトポロジック・ガンブラー・ドラゴンがいよいよ登場します。リンク・効果モンスターリンク4/闇属性/サイバース族/攻3000【リンクマーカー:上/左/右/下】効果モンスター2体以上このカード名の①②の効果…

5月12日にCOLLECTORS PACK2018が発売しますね。

ハンデス効果で話題のトポロジック・ガンブラー・ドラゴンがいよいよ登場します。

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に
特殊召喚された場合に発動する。
自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。
その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。
②このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。
相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨て、
この効果で相手の手札が0枚になった場合、
さらに相手に3000ダメージを与える。

 剛鬼の構築次第では、相手ターンも絡めた4ハンデスが狙えるみたいですね。

来週あたりは、エフェクト・ヴェーラーや無限泡影の採用枚数が増えそうです。

魔轟神や暗黒界に採用した構築が登場する日も期待したいですね。








 個人的に今後、注目しているのがエマージェンシー・サイバーです。

エマージェンシー・サイバー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター
または通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
②:相手によってこのカードの発動が無効になり、
墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

サイバー・ドラゴンをサーチできるところもファンにとってありがたい効果なのですが、

サイバーエルタニンをサーチできるところも大きなポイントです。

これまでは、サイバー・ドラゴン・コアで、リペアプラントを

サーチしてから動きでしたが、

エマージェンシー・サイバーのおかげで、格段にデッキスピードが上がりました。

最近、サイバー・ドラゴンがどんどん新規カードが登場しているので、

環境デッキとして使用できる日がくるといいですね。

今回の買い物
DcwBVXcUwAUaQXi

 今回は、ザルーグのパラレルをゲットできたので、テンション上がりました。

またザルーグや魂を削る死霊が活躍できる日が来てほしいです。

幻銃士は、リンク召喚と相性がよく今後、環境でも使用する機会があると思い

買っておきました。



【遊戯王】データで見る新弾発売後の環境

 新弾CYBERNETIC HORIZONが登場してからの環境ですが、先日、行われた愛知CSのデッキ分布をもとに考察してきます。 デッキ分布  前回の記事今期の環境で書いたように閃刀姫が環境トップの使用率となっています。愛知で特徴的だったのが、今期2番手の使用率のオルターガイ…

 新弾CYBERNETIC HORIZONが登場してからの環境ですが、

先日、行われた愛知CSのデッキ分布をもとに考察してきます。

201804愛知CS
201804愛知予選通過率

 
デッキ分布 
 前回の記事今期の環境で書いたように閃刀姫が環境トップの使用率となっています。

愛知で特徴的だったのが、今期2番手の使用率のオルターガイストや3番手の魔術師を

抜いて、ABC(ユニオン)が2番目に多い結果となっています。愛知のCSでは、前環境でも

愛知のみ一部のデッキテーマが多いことがあったので、地域性が出ていると思います。

 決勝トーナメントでは、閃刀姫よりもABCのほうが多く勝ち残っています。

この他にセフィラやSPYRAL、サクリファイス・ロ―タスが閃刀姫や

オルタ―ガイストよりも高い予選通過率となっており、
デッキパワーの強さを証明しています。

閃刀姫・オルタ―ガイスト・魔術師の予選通過率が


10%代と厳しい数字ですが、愛知の地域性の除きABCの使用率が減ると、

予選通過率が15~20%になると思います。



今後の環境

 次に発売されるコレクターズパック2018までは、この環境が続くと予想されます。

ゴールデンウィークのCS連戦が始まりますね。

ヴァレルソード・ドラゴンの登場で、やぶ蛇のアルティメット・ファルコンが通りにくくなったことや

魔術師にナチュル・ビーストの採用、閃刀姫のミラーマッチでの封魔の呪印や精神操作など

若干の変化がありますね。



【遊戯王】環境の変化 新弾発売後の環境

 ついに新弾CYBERNETIC HORIZONが発売しました。ドラグニティやサイバーが久しぶりに収録されてうれしいですね。遊戯王OCG デュエルモンスターズ CYBERNETIC HORIZON BOX [おもちゃ&ホビー] 新弾発売後の環境では、閃刀姫ーハヤテの登場で、閃刀姫が大幅に強化され、デッ…

 ついに新弾CYBERNETIC HORIZONが発売しました。ドラグニティやサイバーが

久しぶりに収録されてうれしいですね。


 新弾発売後の環境では、閃刀姫ーハヤテの登場で、閃刀姫が大幅に強化され、

デッキ分布でも閃刀姫の分布が多くなると予想されます。

これまで閃刀姫の打点では、ダメージレースで負けることがあり、

ライフポイントを削ることが苦手でしたが、ハヤテの登場によって改善されました。

さらに戦闘のあと、閃刀姫ーレイを落とすことで、自己再生効果で、

盤面を維持することができますし、閃刀魔法カードを墓地に落とし

その後、カガリにリンク召喚し、墓地に送った閃刀魔法カードを回収することもできます。

課題としては、シズク・カガリ・ハヤテを複数枚採用することで、エクストラデッキの

圧迫が気になります。

神樹のパラディオン
 チューナー、レベル3、戦士族、自己SSとスペックだけでもかなり万能なカードであり、

なおかつ、ハリファイバー、イゾルデ、ケルビーニと

優秀なリンクモンスターへ繋がることから

今後、様々なデッキに出張すると思います。特殊召喚効果がルール効果であれば、

ガイド・クリッターの展開から、クリッターで神樹のパラディオンをサーチし、

展開することもできます。





【遊戯王】今期の環境 4月~

 4月に入り、新レギュレーションがスタートしました。来週には、新弾 CYBERNETIC HORIZON が発売しますね。 ドラグニティやサイバードラゴンの新規カードが収録され、今後の活躍が楽しみのなか、閃刀姫の新規カード、閃刀姫ーハヤテが登場しました。戦闘後に閃刀カードを…

 4月に入り、新レギュレーションがスタートしました。

来週には、新弾 CYBERNETIC HORIZON が発売しますね。

 ドラグニティやサイバードラゴンの新規カードが収録され、今後の活躍が楽しみのなか、

閃刀姫の新規カード、閃刀姫ーハヤテが登場しました。

戦闘後に閃刀カードをデッキから墓地に送ることができるので、

カガリにリンク召喚し、墓地に送った閃刀魔法カードを回収することができ、

今後の環境にも影響がありそうですね。



今期の環境
 4月のレギュレーションが判明してからのCSでは、閃刀姫が使用率でトップとなり

次点でオルタ―ガイストが多い印象です。

オルタ―ガイストは、王宮の勅命や魔封じの芳香を

採用することで、閃刀姫・ペンデュラムテーマに対抗していますが、

閃刀姫は、場に干渉するカードが多いため、どうしても不利がついてしまいますが

次点で多いのは意外でした。

 また全体的にトーナメント上位に勝ち上がってくるデッキの分布を見ていると

閃刀姫やオルタ―ガイストも勝ち残っていますが、魔術師やメタルセフィラ、ABC、剛鬼、

海皇などが、しっかりと上位に入賞しています。特にABCに関しては、閃刀姫や植物を

組み合わせトロイメアで盤面を固める展開力を持っており、

使用率や最近のCSでも上位に入賞していることから環境トップのデッキだと思います。

 今期の環境の印象としては、確かに閃刀姫が環境での使用率は多いですが、

前環境の植物リンクのような他のデッキに対して、圧倒的なパワーの差がないため

閃刀姫と他デッキでは、プレイングや相性などで補える部分もあると感じています。

 では、ここでなぜ閃刀姫やオルタ―ガイストの使用率が多いのかという疑問を

感じると思いますが、


個人的には、10期から遊戯王を始めたユーザーが増えてきたというのが理由の1つです。

旧テーマのデッキを組むには、カードショップを回ってカードを

集めなければいけません。


特にエクストラデッキは、構築によって集めるカードも変わってくるので、出費も多く

かかります。

しかし、閃刀姫に関しては、デッキパワーはもちろん

先日、発売したデュエリストパックを買うだけで、
ほぼ8割型デッキが完成します。

オルターガイストに関しては、閃刀姫と比較すると


カガリやシズク、エンゲージといった1000円以上もする高額なカードがないので、

資金の少ないユーザーにとっては組みやすいデッキテーマだと感じています。

昔の旋風BFを思い出しますね。

 最近、デュエルリンクスのツイートも増えるようになってきて、昔のユーザーが

遊戯王のことをつぶやくようになり、タイムラインに活気があって楽しいですね。




【遊戯王】今期の環境

 4月に入り、新レギュレーションがスタートしました。来週には、新弾 CYBERNETIC HORIZON が発売しますね。 ドラグニティやサイバードラゴンの新規カードが収録され、今後の活躍が楽しみのなか、閃刀姫の新規カード、閃刀姫ーハヤテが登場しました。戦闘後に閃刀カードを…

 4月に入り、新レギュレーションがスタートしました。

来週には、新弾 CYBERNETIC HORIZON が発売しますね。

 ドラグニティやサイバードラゴンの新規カードが収録され、今後の活躍が楽しみのなか、

閃刀姫の新規カード、閃刀姫ーハヤテが登場しました。

戦闘後に閃刀カードをデッキから墓地に送ることができるので、

カガリにリンク召喚し、墓地に送った閃刀魔法カードを回収することができ、

今後の環境にも影響がありそうですね。



今期の環境
 4月のレギュレーションが判明してからのCSでは、閃刀姫が使用率でトップとなり

次点でオルタ―ガイストが多い印象です。

オルタ―ガイストは、王宮の勅命や魔封じの芳香を

採用することで、閃刀姫・ペンデュラムテーマに対抗していますが、

閃刀姫は、場に干渉するカードが多いため、どうしても不利がついてしまいますが

次点で多いのは意外でした。

 また全体的にトーナメント上位に勝ち上がってくるデッキの分布を見ていると

閃刀姫やオルタ―ガイストも勝ち残っていますが、魔術師やメタルセフィラ、ABC、剛鬼、

海皇などが、しっかりと上位に入賞しています。特にABCに関しては、閃刀姫や植物を

組み合わせトロイメアで盤面を固める展開力を持っており、

使用率や最近のCSでも上位に入賞していることから環境トップのデッキだと思います。

 今期の環境の印象としては、確かに閃刀姫が環境での使用率は多いですが、

前環境の植物リンクのような他のデッキに対して、圧倒的なパワーの差がないため

閃刀姫と他デッキでは、プレイングや相性などで補える部分もあると感じています。

 では、ここでなぜ閃刀姫やオルタ―ガイストの使用率が多いのかという疑問を

感じると思いますが、


個人的には、10期から遊戯王を始めたユーザーが増えてきたというのが理由の1つです。

旧テーマのデッキを組むには、カードショップを回ってカードを

集めなければいけません。


特にエクストラデッキは、構築によって集めるカードも変わってくるので、出費も多く

かかります。

しかし、閃刀姫に関しては、デッキパワーはもちろん

先日、発売したデュエリストパックを買うだけで、
ほぼ8割型デッキが完成します。

オルターガイストに関しては、閃刀姫と比較すると


カガリやシズク、エンゲージといった1000円以上もする高額なカードがないので、

資金の少ないユーザーにとっては組みやすいデッキテーマだと感じています。

昔の旋風BFを思い出しますね。

 最近、デュエルリンクスのツイートも増えるようになってきて、昔のユーザーが

遊戯王のことをつぶやくようになり、タイムラインに活気があって楽しいですね。




【遊戯王】後攻の影依融合が熱い

 先日のCSのデッキレシピを見ているとABCでサイドデッキに影依融合とシャドールドラゴンを採用しているレシピを見かけました。後攻で、相手の場にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいればシャドール・ドラゴンとグローアップ・バルブを落として、シェキナーガ…

 先日のCSのデッキレシピを見ているとABCでサイドデッキに

影依融合とシャドールドラゴンを採用しているレシピを見かけました。

後攻で、相手の場にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいれば

シャドール・ドラゴンとグローアップ・バルブを落として、シェキナーガを特殊召喚。



バックを剥がしつつ、バルブを特殊召喚し、ハリファイバーをリンク召喚し

ハリファイバーの効果で、オライオンを特殊召喚。




ハリファイバーとオライオンで、サモン・ソーサレスをリンク召喚し

幻獣機トークンを特殊召喚。

手札1枚から、サモン・ソーサレス+トークンの場を作ることができ

ABCでは、さらに1キルまで、つながる非常に魅力的な展開でした。




スタン落ちについて

 最近、カードゲームにおいてスタン落ちが話題だったので、過去を振り返りながら書いてみました。 スタン落ちと言えば、ここ最近だとシャドーバースやヴァンガードがありますね。日本でのスタン落ちとは、あまり私自身馴染みのないものです。中学生のころからデュエル・マ…

 最近、カードゲームにおいてスタン落ちが話題だったので、過去を振り返りながら

書いてみました。

 スタン落ちと言えば、ここ最近だとシャドーバースやヴァンガードがありますね。

日本でのスタン落ちとは、あまり私自身馴染みのないものです。

中学生のころからデュエル・マスターズを始め、大学のころから遊戯王を始めましたが、

それまでに登場したカードゲームで、スタン落ちを適用したカードゲームは、ほとんど

なかったと思います。

ガンダムウォーやリセ、旧ポケモンカードなどは、カードショップで

見かけましたが、カードのリニューアルなどによって、ユーザーの資産がなくなり、

廃れていった印象です。

デュエル・マスターズと遊戯王を通ってきた

私にとっては、インフレしていくことが当たり前でした。

なので、最近のカードゲームのスタン落ちについて、経験したことのないユーザーに

とっては、恐怖に感じるのではないでしょうか?

 スタン落ちは、カードパワーのインフレを抑え、新規ユーザーの増加も期待されますが、

重要なことは、スタン落ちしたカードの資産価値だと考えます。

スタン落ちすることで、カードの資産価値がなくなってしまい一番ダメージを受けて

しまうのは、ユーザーではなくカードショップだからです。

カードショップが潰れてしまうとカードゲームに触れてハマるきっかけが

なくなってしまいます。

 MTGは、にわかの知識ですが、スタン落ちしているカードでパワーナインなど、

数十万円もするカードがあり、秋葉原にいくとMTGを主力に構えているお店も

あるので、スタン落ちしてもカードの資産価値が維持されていると感じます。

 スタン落ちが善か悪かというと、カードゲームの歴史からしてみても、

まだまた30年もたっていないので、結果論での判断が難しいですね。

 ただデュエルマスターズや遊戯王で入賞したデッキレシピを見ていると

自分が昔、好きで使用していたテーマやカードが、現役で活躍している姿を見て

懐かしさやうれしさを感じます。








【遊戯王】今期の環境について

 新制限が発表されてから、各地で新制限のCS、大会が開催されています。今期は、数種類のデッキが環境に存在しており、前代未聞の環境となっています。遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパックダーク・セイヴァーズ BOX [おもちゃ&ホビー] 複数のテーマが存在…

 新制限が発表されてから、各地で新制限のCS、大会が開催されています。

今期は、数種類のデッキが環境に存在しており、前代未聞の環境となっています。



 複数のテーマが存在する環境ですが、今月は、閃刀姫+αのデッキが強いと

思っています。閃刀姫は、モンスター、魔法・罠ゾーンのどちらにも干渉ができるので

どのデッキに対しても対応できるからです。またホーネットビット+チューナーの

展開力もなかなか魅力ですね。

 先週のCSでは、閃刀に魔王とインフェルノイド、召喚獣を採用したデッキタイプが活躍

しています。





【遊戯王】新リミットレギュレーションの感想

 ついに2018年4月施行の新制限が発表されましたね。環境トップの植物リンクのデッキパーツが規制にかかりましたが、まさかのエルシャドール・ネフィリムの復帰に驚きました。新制限リスト ●禁止カード《BF-朧影のゴウフウ》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》●…

 ついに2018年4月施行の新制限が発表されましたね。

環境トップの植物リンクのデッキパーツが規制にかかりましたが、

まさかのエルシャドール・ネフィリムの復帰に驚きました。

新制限リスト
 
●禁止カード
《BF-朧影のゴウフウ》
《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》

●制限カード
《D-HERO ディスクガイ》
《虹彩の魔術師》
《覇王眷竜ダークヴルム》
《トーチ・ゴーレム》
《ローンファイア・ブロッサム》
《捕食植物オフリス・スコーピオ》
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《エルシャドール・ネフィリム》
《ルドラの魔導書》
《召喚獣メルカバー》

●準制限カード
《灰流うらら》
《召喚師アレイスター》
《神の宣告》
《真竜の継承》

●制限解除カード
《同族感染ウィルス》
《召喚僧サモンプリースト》
《グリモの魔導書》
《輪廻天狗》
《汎神の帝王》
《貪欲な壺》

禁止カード
ゴウフウ
 ハリファイバーの登場で、さらに強力になったゴウフウですが、

1枚でスカルデットになったりとあまりに万能カードになってしまったため

予想どおりの禁止でした。

アマリリス
 アマリリスについては、先にループの関係上、FWDを

禁止になると予想していましたが、アマリリスが禁止になりました。

先行ワンキルについては、ABCやゼンマイが健在なので、これらが来期で、

暴れるか気になるところです。今期は、植物リンクの影に隠れていたこともあって

環境でも見る機会が少なかったことから規制の対象から外れたと感じました。

制限カード
ディスクガイ
 現役からおじいちゃんになって帰ってきた印象です。SDL以来の復帰で

懐かしいです。かなりのエラッタですが、蘇生カードが多い現環境では、

これぐらいのエラッタが必要かと思いました。
オフリス
 強力な展開力に加え、主張する機会が多いため、

予想どおりの規制でした。ロンファもオフリスの

存在故に仕方なし
エルシャドール・ネフィリム
 少し前の記事で、帰ってくるといいなーと思いながら、記事を書きましたが、

本当に帰ってきましたwwまたネフィリムが使える日きて嬉しいです。

今期は、ディアボロスを使用または、処理できるデッキテーマが環境で生き残れると

考えています。シャドールでは、ネフィリムとトリシューラで処理できるので、

今期は活躍のチャンスが!!

準制限カード
灰流うらら
 先行ワンキルできる3つのデッキだけをみると規制するのかと

疑問に思ってしまいますが、

全体をみるとうららの存在で、活躍できないデッキが多く存在するので、

準制限の規制はよかったと思います。帝あたりは今期頑張ってほしいですね。

神の宣告
 猫全盛期の環境で、制限になってから久しぶりに緩和されました。

9期10期とインフレが進み、罠1枚で止まることも少なくなってきたことからの

緩和だと思いました。

輪廻天狗
 日本では、収録されて時点で、準制限だったので、全く使用する機会がなかったカード

でした。今期は、貪欲な壺も解除されたので、使いやすい環境ではないかと思います。