【青き眼・青眼の白龍(ブルーアイズ)サポートカードの全て】伝説のドラゴンを支える者達《アルティメット・バースト》追記

青眼(ブルーアイズ)補完記事の続きです。 本記事では、「青き眼(あおきめ)」モンスターを中心とした「ブルーアイズ」サポートモンスターと、「ブルーアイズ」サポート魔法・罠の軌跡を記しています。 各種リンク ブルーアイズの軌 […]

青眼(ブルーアイズ)補完記事の続きです。

本記事では、「青き眼(あおきめ)」モンスターを中心とした「ブルーアイズ」サポートモンスターと、「ブルーアイズ」サポート魔法・罠の軌跡を記しています。

各種リンク

ブルーアイズの軌跡

ブルーアイズサポートの軌跡

ブルーアイズサポートモンスター《青き眼》

青き眼の乙女

otome

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。 その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。 その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。 また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが カードの効果の対象になった時に発動できる。 自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。 「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

昨今の青眼(ブルーアイズ)強化の先駆けとなった存在。

様々なサポートが増えた今でも、このカードを絡めた動きが好きで今も尚愛好し続けている人は多い。青眼の特殊召喚、チューナーと必要なモノは一通り揃っています。

初登場
SD青眼龍轟臨
一口メモ
このカードを如何に対象とるか考えるの楽しかったよね

青き眼の巫女

aoki

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
「青き眼の巫女」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。 自分フィールドの効果モンスター1体を選んで墓地へ送り、 デッキから「ブルーアイズ」モンスターを2体まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。
②:このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主のデッキに戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

《白き霊龍》をサーチできるカードというアイデンティティは《ビンゴマシーンGO!GO!》の登場で崩壊してしまった。

決して弱いカードではありませんが、このカードならではの強さを見出すのが現状だと少し厳しい印象です。でも墓地に一枚落ちている状況は個人的に大好き。

初登場
Vジャンプ(2016年1月号)
一口メモ
イラストはとにかく凄まじいぞ

青き眼の護人

mori

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 800/守1300
「青き眼の護人」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。 手札から光属性・レベル1チューナー1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、手札から「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

「青き眼」の方々は、召喚権部分で《青き眼の賢士》が優先されがちなので評価が偏るのは致し方なし。《青き眼の乙女》、《巫女》を厚く積む構築ならかなり出来る一枚。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
賢士が便利すぎるんじゃ

青き眼の賢士

kensi

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守1500
「青き眼の賢士」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。
②:このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

召喚するだけで各種「青き眼」、「白石」、汎用性の高い光属性・レベル1チューナー(エフェクト・ヴェーラーなど)をサーチできる。

手札からもきちんと機能して「ブルーアイズ」モンスターの特殊召喚に繋げられる。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
とにかく便利・ヴェーラー握れ

青き眼の祭司

saisi

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 300/守1200
「青き眼の祭司」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、 自分の墓地の光属性・レベル1チューナー1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。
②:墓地のこのカードをデッキに戻し、 自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスター以外の 「ブルーアイズ」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。

一枚さしておくと想像以上の働きをする事があるので個人的評価値の高い一枚。

第一印象でゴドウィンに似てると強く感じてしまった結果、今でもゴドウィンと呼んでしまう…(実際は全く関係ありません)。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
ゴーウィンゴドウィン

ブルーアイズサポートモンスター《白石》

伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)

dennsetu

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードが墓地へ送られた時、デッキから「青眼の白龍」1体を手札に加える。

青眼(ブルーアイズ)デッキのコスト役兼貴重なアド源。

これ程までに使い易いサポートカードも中々ありません。滅茶苦茶良カード。

初登場
クロースローズ・オブ・カオス
一口メモ
捨てても手札が減らないよ!

太古の白石(ホワイト・オブ・エンシェント)

siro

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 600/守 500
「太古の白石」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の 「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

墓地に送られて大活躍。これぞ「白石」カードの宿命。

デッキからのリクルート、墓地からの「ブルーアイズ」モンスター回収、どちらの効果も隙なく優秀。

エンドフェイズ発動という遅さも回り回って丁度良い。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
エンドフェイズ霊龍マジ勘弁

カイバーマン

正義の味方、カイバーマン

《正義の味方 カイバーマン》
効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻 200/守 700
このカードをリリースして発動できる。手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。

うっかり記載漏れしていた管理人を許してくれ…。

自らをリリースして「青眼の白龍」を特殊召喚するという献身ムーブ。流石は時を越えて愛に生きる男は違う。

初登場
遊戯王デュエルモンスターズインターナショナル2 付属カード
一口メモ
元祖青眼サポートモンスター

銀龍の轟咆

ginryu

速攻魔法
自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。 「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。

「ブルーアイズ」サポートと言うよりはドラゴン族通常モンスターサポートですが、イラストに《蒼眼の銀龍》が載っているので即採用。

初登場
SD青眼龍轟臨
一口メモ
プレマかスリーブで欲しいイラスト

青き眼の威光

《青き眼の威光》
速攻魔法
「青き眼の威光」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、攻撃できない。

守備寄りな効果なのでデッキでの役割を持たせにくい一枚。デッキから「ブルーアイズ」モンスターを落とせる部分・能動的に対象をとれる部分を如何にうまく使えるかが評価を分ける。

初登場
SD海馬瀬人
一口メモ
威光もスリーブ映えしそうなイラスト

ビンゴマシーンGO!GO!

《ビンゴマシーンGO!GO!》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
●「ブルーアイズ」モンスター
●「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード

イラスト・名前からにじみ出るネタカード臭。しかし、その実態は、「ブルーアイズ」モンスターや「ブルーアイズ」サポートカードに幅広くアクセスできる良カードなのだ。

初登場
DPレジェンドデュエリスト編3
一口メモ
ネタっぽいけど強い枠

光の導き

hikari

装備魔法
①:自分フィールドに他の「光の導き」が存在せず、 自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが3体以上存在する場合、 その内の1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターの効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
②:装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、 自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが存在する場合、 装備モンスターはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

墓地の「ブルーアイズ」モンスターの数だけ連撃できる。…これにロマンを感じなくて何に感じるというのだ?

《青き眼の激臨》を発動したにも関わらず、それをやり過ごされた最悪の状況。その状況下でトップドローしたらドラマになりそう。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
最大攻撃回数は38回

光の霊堂

hikarino

フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 自分は通常召喚に加えて1度だけ、 自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。 対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、 墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。

「ブルーアイズ」サポートよりも「エーリアン」サポートの印象が強い一枚。実際、召喚権を増やして通常モンスターを墓地に送るという動きは汎用性高いですよ。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
爆裂疾風弾をサーチしよう

滅びの爆裂疾風弾(バースト・ストリーム)

horobino

通常魔法
自分フィールド上に「青眼の白龍」が存在する場合に発動できる。 相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。 このカードを発動するターン、「青眼の白龍」は攻撃できない。

言葉はいらない。相手フィールドのモンスターを全て破壊せよ!!

初登場
天空の聖域
一口メモ
青眼サポートと言ったらやっぱりコレ
声高らかに発動しよう!

アルティメット・バースト

《アルティメット・バースト》
通常魔法
(1):自分フィールドの融合召喚した「青眼の究極竜」1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。そのモンスターが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

「青眼の究極竜」を対象発動というヘビー極まりない発動条件。そこから放たれる3連撃+魔法・罠・モンスター効果発動不可は必殺ではありますが、そこに至るまでが本当に大変。

初登場
デュエリストパック-王の記憶編-
一口メモ
超必殺のロマン枠
出来ればチェーン不可とか欲しかった

青き眼の激臨

《青き眼の激臨》
速攻魔法
このカードを発動するターン、自分は「青眼の白龍」しか召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードを含む、自分の手札・フィールド・墓地のカードを全て裏側表示で除外し、デッキから「青眼の白龍」を3体まで特殊召喚する。

一枚で《青眼の白龍》をデッキから3体特殊召喚するすげぇカード。

起死回生の一手ではあるが、敗北を決定付ける可能性もある「諸刃の剣」的存在。効果の性質上、デッキからの特殊召喚にしか対応していないのが少し残念。

初登場
DPレジェンドデュエリスト編3
一口メモ
このカードを軸にしたワンキルデッキ考えるのも面白いかも

強靭!無敵!最強!

《強靭!無敵!最強!》
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターは自身以外のカードの効果を受けず、戦闘では破壊されず、そのモンスターと戦闘を行ったモンスターはダメージステップ終了時に破壊される。
(2):このカードが墓地に存在し、自分が「青眼の白龍」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

「ブルーアイズ」モンスターを文字通り「強靭!無敵!最強!」にする一枚。

《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》をこのカードで守れたら、勝利の予感が確信に変わるかも!?

初登場
DPレジェンドデュエリスト編3
一口メモ
青眼デッキ無いけど使いたい

愛され続ける理由がそこにある

全二部に渡ってお送りして来た【青眼の白龍の軌跡】いかがだったでしょうか?

「ブルーアイズ」は、本体の多さもさることながら、それらを支えるサポートの幅広さも一級品です。

採用するカード次第で型が大きく変化するのも【青眼デッキ】の特徴なので、自分の「青眼愛」や「こだわり」を色濃く投影し、自分だけの【青眼デッキ】を目指したいものですね。

各種リンク

ブルーアイズの軌跡

ブルーアイズサポートの軌跡

【青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)の全て】遊戯王最強の称号を持つ伝説のドラゴンの軌跡

青眼(ブルーアイズ)のイラスト差分記事とかは既に作成済みだったのですが、意外や意外、ブルーアイズモンスターをひとまとめにした記事は未作成でした…(なんてこった)。 ちょうど良い機会ですし、遊戯王の顔である「青眼の白龍(ブ […]

青眼(ブルーアイズ)のイラスト差分記事とかは既に作成済みだったのですが、意外や意外、ブルーアイズモンスターをひとまとめにした記事は未作成でした…(なんてこった)。

ちょうど良い機会ですし、遊戯王の顔である「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)」の軌跡を完全補完する記事群を作成していきます。

通常・効果「ブルーアイズ」モンスター(メイン)

青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)

sei

通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。 どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

遊戯王を知らない人でも「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」という名前だけは何となく知ってる。

デザイン、強さ、人気、フレーバー、語呂、知名度、あらゆる面において最強を体現する遊戯王界のキングもといクイーン的存在。

初登場
スターターボックス(1999年発売)
一口メモ
遊戯王というコンテンツが今でも愛され続ける一つの理由

関連記事:【青眼(ブルーアイズ)デッキに採用している・採用したい嫁はどれだ!?】 どのイラストも強靭!無敵!最強!フハハハハハ

白き霊龍

siroki

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカードはルール上「ブルーアイズ」カードとしても扱う。
①:このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。
③:相手フィールドにモンスターが存在する場合、 このカードをリリースして発動できる。 手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

青眼関連のサポートを上手く使いこなし、魔法・罠除外、「青眼の白龍」とのシフト効果と、柔軟に活躍する名脇役。

「ブラック・マジシャン」使いとしては、このカードは最大の障壁とも言える存在です。

初登場
シャイニング・ビクトリーズ
一口メモ
今の【青眼デッキ】には不可欠な存在。いずれの効果も無駄がありません。

青眼の光竜(ブルーアイズ・シャイニング・ドラゴン)

sya

効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。 自分フィールド上に存在する「青眼の究極竜」1体を 生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。 このカードの攻撃力は、自分の墓地の ドラゴン族モンスター1体につき300ポイントアップする。 また、このカードを対象にする魔法・罠・モンスターの効果を 無効にする事ができる。

劇場版『光のピラミッド』に登場した青眼モンスター。

三幻神への対抗策としてペガサスが作成したカードですが、アンティーでまんまと海馬にとられてしまいました。全ての嫁は社長の元へと至る…そういう運命なのだ。

初登場
ザ・ヴァリュアブルブック7
一口メモ
とりあえず条件が重い!対象をとる効果には無類の強さを持つ

Sin青眼の白竜(シン ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)

buru-

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。 デッキから「青眼の白龍」1体を除外した場合に特殊召喚できる。 「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。 また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。 フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合、このカードを破壊する。

映画『遊戯王~超融合!時空を越えた絆~』でパラドックスが使用した「Sin(罪)」なる青眼。

パラドックスが各次元から奪いまくってきた訳ですが、嫁を奪取されて黙っている海馬社長ではないと思うんだよね…(あの映画はライバル枠バージョンも観てみたい)。

初登場
週刊少年ジャンプ(2010年2号)
一口メモ
特殊召喚条件の緩いレベル8モンスターとして重宝します。「Sin」って良いよね。

青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

ahakuryu

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。 手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
②:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

青眼デッキを作成する上で大きなハードルとなり得る一枚。

再録回数自体は多いのですが、その方法がいつも特殊な為、値段が下がる事は一行にありません。最高レアリティで組みだすと大変な事になってくるんだよね…。

初登場
映画前売り特典
一口メモ
青眼デッキの強さをワンランク上に引き上げた火付け役。強く、高く、カッコイイ!

ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン

《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》 
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果を無効にする。
(2):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻し、デッキから「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。

決して弱くは無いけど枠の関係で後回しにされがちな一枚。

翼の部分がデュエルディスクになっているのが芸細。新型デュエルディスク開発の過程で生み出していた的な設定(後付け)設定なのかもしれませんね。

初登場
DPレジェンドデュエリスト編3
一口メモ
霊龍と比べると運用がやや難しい。うまく機能すれば凄く強い。

ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン

《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》
効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
(1):自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、自分の墓地のドラゴン族モンスターの種類×600ダメージを相手に与える。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。
(3):フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

数ある青眼モンスターの中でも一番女性的なフォルムを持つ存在。

①の特殊召喚効果は受け身ですが、通常召喚したり他の効果で特殊召喚出来るので意外と取り回しは利きやすいです。決まると凄く気持ちいいので一度は体験したい一枚ですね。

初登場
ムービーパック
一口メモ
採用率は低めですが、このカードの効果は一級品。浪漫と実力を併せ持つカードです。

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン

《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》 
特殊召喚・トゥーン・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
自分フィールドのモンスター2体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):このカードの攻撃宣言の際に、自分は500LPを払わなければならない。
(3):相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

海馬社長をブチ切れさせたトゥーンの姿。

昔は《トゥーンのもくじ》でサーチ出来るレベル8モンスターという面が重宝されていましたが、「トゥーン」側のプールが増加した事で代わりが利くようになっちゃいました。個人的に凄く好きです。

初登場
Pharaoh’s Servant -ファラオのしもべ-
一口メモ
海馬社長から「惨めな姿」認定を受けた姿。

儀式「ブルーアイズ」モンスター

青眼の混沌龍

《青眼の混沌龍/ブルーアイズ・カオス・ドラゴン》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):「青眼の白龍」を使用して儀式召喚したこのカードの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。このターン、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

「出る順番逆じゃない?」…そんな気持ちは押し殺せ!

《カオス・MAX・ドラゴン》が洗練され過ぎているがゆえに微妙な立ち位置になっていますが、このカードにはこのカードなりの強さがあるのです。

対象をとらない表示形式変更効果を巧みに使い、MAXと巧く差別化していきたい所。

初登場
DPレジェンドデュエリスト編3
一口メモ
カオスMAXと比較すると少し辛いですが、両方使うという選択は大いにあり。

ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン

《ブルーアイズ・カオス・MAXマックス・ドラゴン》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守 0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

【儀式青眼】というアーキタイプを成立させる程のパワーカード。

対象にならず、相手の効果では破壊されない攻撃力4000の守備貫通(倍ダメージ)持ちが弱いはずがない。シンプルながらも洗練された素晴らしいデザインを持つ一枚です。

初登場
ムービーパック
一口メモ
パワーで相手を粉砕するという分かりやすい強さ。

シンクロ「ブルーアイズ」モンスター

青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

seirei

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。
②:1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。
③:S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外の ドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。

強力な二つのメタ効果で相手を悩ます。

先行で雑に立てられる《青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)》の辛さは、体験した事のある者にしか分からない(辛い)。

初登場
シャイニングビクトリーズ
一口メモ
管理人が一番苦手な青眼モンスター
精霊龍って名前の奴は大体強い

関連記事:【精霊龍で特殊召喚するオススメモンスター

蒼眼の銀龍

ginnryuua

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。 自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、 カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。 また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。 自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

ストラク発売当時はそこそこの評価でしたが、《青眼の精霊龍》が出たことで一気に評価が爆上がりしたのを今でも鮮明に覚えています。

今思えば、このカードを救済するためについた③効果。ちょっと荒々しい救済方法だったかもしれませんね(笑)。

初登場
SD青眼龍轟臨
一口メモ
地味だけど堅実な仕事をするナイスカード
青眼の荒々しさと美しさが共存したデザインがグッドです

融合「ブルーアイズ」モンスター

青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

twin

融合・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合に エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
③:このカードの攻撃によって相手モンスターが 破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを除外する。

①の戦闘破壊耐性と③の除外効果で確実に殺りに来る一枚。

互いにリソースが切れかけてフラットになってる状態でこのカードを出されて負けるって事が意外に多い印象です。青眼デッキは青眼を2体並べるのは容易ですからねぇ…。

初登場
 Vジャンプ(2016年2月号)
一口メモ
3つ首がいるなら双頭もいるだろう
3000打点の戦闘破壊耐性&連撃&除外は侮れない

青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメット・ドラゴン)

kyuukyoku

融合モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」

優勝賞品イラストの神々しさやばし…あれを個人所有している人がいるという事実。

究極の名にふさわしい最強の一枚だと思います(カードは強さがすべてじゃないとしみじみ感じますね)。

初登場
「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」 決闘者伝説 in TOKYO DOME 優勝賞品
一口メモ
本物は世界に一枚のみ。
その価値は計り知れない。

真青眼の究極竜

《真青眼の究極竜ネオ・ブルーアイズ・アルティメットドラゴン》
融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
「真青眼の究極竜」の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる。
(2):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。

攻撃力4500から放たれる最大3連撃と言うオーバーキル!

カードパワーはすさまじいですが、4枚消費ってのがやっぱり重いですよね。ぶっちゃけもう一つくらい効果持ってても許された感はあります。

初登場
ムービーパック
一口メモ
4500からの三連撃!
墓地に行っても機能する究極の竜

こうやって並べると凄い数だな…

『シャイニング・ビクトリーズ』、『ムービーパック』、『DPレジェンドデュエリスト編3』と、ここに二年の間にドバっとファミリーが増えた印象ですね。

原作・アニメ専の人やお休み中の決闘者が見たらマジでビックリするだろうな…。

でもこれからも定期的に増えて行くんでしょうね…(笑)。

遊戯王ある限り青眼は不滅。青眼ある限り遊戯王は不滅なのだ。

【青眼の精霊龍で特殊召喚できるオススメ光属性・ドラゴン族シンクロ特集】ブルーアイズスピリットドラゴンの導き!

本日は、1月9日発売予定『シャイニング・ビクトリー』に収録される「ブルーアイズ」モンスター《青眼の精霊龍》の効果で特殊召喚できる光属性・ドラゴン族シンクロモンスターを大特集! 光属性・ドラゴン族シンクロとなると、そこまで […]

ugin

本日は、1月9日発売予定『シャイニング・ビクトリー』に収録される「ブルーアイズ」モンスター《青眼の精霊龍》の効果で特殊召喚できる光属性・ドラゴン族シンクロモンスターを大特集!

光属性・ドラゴン族シンクロとなると、そこまで選択肢は広くないが、選べない程でもないという絶妙な感じです。しっかり吟味して発売に備えよう。

【2018/6/11追記】

登場から数年が経過し、選択肢もそれなりに増えました。今一度、《青眼の精霊龍》の効果で特殊召喚可能な光属性・ドラゴン族シンクロモンスターを再チェックしましょう。

青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。
②:1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。
③:S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外の ドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。

君なら何を特殊召喚する!?

同時特殊召喚や墓地効果をメタる強力な効果に加え、自身をリリースしてドラゴン族・光属性のSモンスターを守備表示で特殊召喚する事が出来るフリーチェーン効果を持つ強力な一枚です。

エンドフェイズに破壊されるデメリットを考慮し、最良な選択を心がけましょう!

青眼の精霊龍でSS可能なSドラゴン一覧
  • 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
  • 《シューティング・ライザー・ドラゴン》
  • 《ライトエンド・ドラゴン》
  • 《ライトロード・アーク ミカエル》
  • 《月華竜 ブラック・ローズ》
  • 《熾天龍 ジャッジメント》
  • 《閃こう竜 スターダスト》
  • 《蒼眼の銀龍》
  • 《太陽龍インティ》
  • 《天穹覇龍ドラゴアセンション》

蒼眼の銀龍

sougan

シンクロ・効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。 自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、 カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。 また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。 自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

蒼眼の銀龍、今こそ活躍の時!

ストラクチャーデッキ「青眼龍轟臨」で登場した初のシンクロブルーアイズモンスター。

《青眼の精霊龍》との相性は抜群で、自壊をやり過ごしつつスタンバイフェイズ発動の通常モンスター蘇生までキッチリとこなすナイスカードです。

《青眼の精霊龍》から特殊召喚するモンスターとしては、限りなく丸い選択肢の一つでしょう。

注目ポイント
  • 自壊デメリットを回避できる
  • 維持しやすいので活かし易い
  • 守備力の高さもGOOD

閃こう竜スターダスト

スターダスト

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。 選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。 この効果は相手ターンでも発動できる。

破壊耐性付与でデメリットを見事回避!

《蒼眼の銀龍》同様、《精霊龍》の自壊を自身の効果でやり過ごせるカードです。ただ、あちらと違い守備力が2000と低いのが気がかり。

特殊召喚したターンをやり過ごす事が出来れば《蒼眼の銀龍》を上回る働きも期待できるので、状況を見極めた運用が重要になります。

注目ポイント
  • 自壊デメリットを回避できる
  • 守備力が低いので少し不安定
  • 維持できれば《銀龍》とキッチリ差別化できる

月華竜ブラックローズ

ブラック・ローズ

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時、 または相手フィールド上にレベル5以上のモンスターが特殊召喚された時に発動する。 相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。 「月華竜 ブラック・ローズ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

使い捨てのバウンス手段として優秀!

相手ターン中に絶対に処理しないといけない奴(マストな奴)が出てきたらこのカードの出番。

《青眼の精霊龍》による自壊は免れませんが、それを無視してでも除去しておかなくてはならないモンスターは多いので頼りになります。

注目ポイント
  • 基本的に使い捨て
  • 相手ターンに発動できるバウンス効果はかなり優秀
  • 強制効果なのでタイミングを逃す心配もなし

ライトロード・アーク・ミカエル

mikaeru

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外の光属性モンスター1体以上
1ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。 フィールド上のカード1枚を選択して除外する。 このカードが破壊された時、 このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」と名のついた モンスターを任意の数だけ選択して発動できる。 選択したモンスターをデッキに戻し、 自分は戻した数×300ライフポイント回復する。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

こちらも使い捨ての除外札として優秀!

《月華竜》の様に相手ターンにどうこうという身軽さはありませんが、フィールドのカード1枚を除外出来るという安定感のある効果を持った一枚です。

一応、破壊されると硬化が発動できますが、「ライトロード」が入っていなければ意味がないので、混合型とかじゃない限りは関係ないですね。

注目ポイント
  • 基本的に使い捨て
  • 月華竜の様な身軽さはない
  • 何でも1枚除外という安定感

《シューティング・ライザー・ドラゴン》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

シンクロチューナーである事を活かせるかどうか

《青眼の精霊龍》の効果では、《シューティング・ライザー・ドラゴン》の誘発条件は満たせません。

このカードを採用するなら、Sチューナーである事、②効果によるアクセルシンクロに着目する必要が出てきます。しかし、①込みじゃないとレベルが高く使い辛い…そこをどう埋めるかが課題ですね。

注目ポイント
  • Sチューナーである事に利点を見いだせ!
  • アクセルシンクロできるなら無限の可能性
  • レベルが高いので少しムズイ

《熾天龍ジャッジメント》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、S素材モンスターは全て同じ属性のモンスターでなければならない。
(1):自分の墓地にチューナーが4種類以上存在し、このカードがS召喚されている場合、1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分エンドフェイズに発動する。自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

精霊龍運用は流石に厳しいか!?

一応、自分エンドフェイズに発動する除外効果は使えますが、タイミング的にも効果的にも活かすのが非常に困難であると言わざるを得ません。

《青眼の精霊龍》から出せる最高打点モンスターであるという点に光明を見出せるか否か…。

注目ポイント
  • S召喚扱いじゃないので効果は視野外
  • 精霊龍から出せる現在の最高打点ではある

やはり破壊のデメリットを回避できる事が前提になるか!?

ensyen

《シューティング・ライザー・ドラゴン》と《織天龍ジャッジメント》を追記してみた訳ですが、やっぱり自壊を回避できるか、相手ターンに働けるカードじゃないと運用は厳しい印象ですね。

《シューティング・ライザー・ドラゴン》は、精霊龍から出せるシンクロチューナーという大きなステータスを持ってはいますが、《織天龍ジャッジメント》の方は正直厳しいな…(;^ω^)