【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第85話感想】ブルーメイデンまさかの新テーマ?偽りの中で生まれる偽りなきもの

勝算無き勝負に駆り出される事となったハルは、無意識にボーマンの元へと訪れていた。 先に産み落とされたという点では兄。しかし、ボーマンのメンタル形成の為に弟という役割を与えられ、最終的には時間稼ぎの為の捨て駒にされる運命。 […]

勝算無き勝負に駆り出される事となったハルは、無意識にボーマンの元へと訪れていた。

先に産み落とされたという点では兄。しかし、ボーマンのメンタル形成の為に弟という役割を与えられ、最終的には時間稼ぎの為の捨て駒にされる運命。

…兄弟というのはあくまで設定。よくよく考えると頭に浮かぶのは嫌な思い出ばかり。しかし、何かが引っかかる…。

遊戯王ヴレインズ第85話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

出撃するハル、止めるボーマン

偽りの兄弟・設定・記号だとしても、共に過ごした時間・記憶が尊きものであると本心で語るボーマン。

消滅の危険性を察し、出撃を制止しようとするボーマンの兄心…嫌いじゃない!

遊戯王ってのは昔から兄弟愛を大事にするところがありますからね、そういう意味では実に遊戯王らしい設定と言えるかもしれません。

…それを「設定」「記号」と切り捨てたライトニングは実にギルティな存在(笑)。

ハルvsブルーメイデン!新テーマ「マリンセス」

まさかの新テーマ(マリンセス)使用でビックリ!

この「マリンセス」は、アクア・美優・葵の友情の証のテーマって事らしいです。

フィールドのマリンセスモンスターを参照して手札から罠を使っていく動きは純粋に強そうですが、「トリックスター」を越える人気テーマになるかどうかは今後の展開・強化次第といった所でしょうか?

メタ的な発言にはなりますが、「トリックスター」も「剛鬼」然り、テーマとしてある種の完成を迎えたって事なのかもしれませんね。

ちなみに「海晶乙女」で「マリンセス」って読むみたいです。

ハルにとって一番尊い記憶とは?

役割的には兄をやらされて、でも弟である事を設定付けられ、それも不要になったら従者にされて、最終的には捨て駒にされる。

ハル君…不憫じゃ。

偽りの兄弟だったとしても、共に過ごした時間・記憶は決して偽りじゃない。そして、この頬を伝う涙もまごう事なき本物。

欲を言えばもう少しハル君の出番や掘り下げがあれば良かった気はしますが、まぁ尺の関係もあるししょうがないかな。

ミラーリンクヴレインズへ、いざ!

草薙さんの予告ポエム的には、どうやら《裁きの矢》を奪取するっぽい(笑)。

まぁ確かに使われたら厄介なカードを逆に使うってのは理にかなっていますよね…(しかも実にスペクターっぽい発想)。

来週はスペクターさんのキレッキレの悪顔に期待です。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第84話感想】まさかのドロー・ゴー!ハノイの塔再起動とミラーリンクヴレインズの出現

新年一発目のヴレインズはソルバvsリボルバーから! って思っていたんですが、良い感じにデュエル無しで進行する形になりましたね。 色々意見はあると思いますが、尊と了見の性格的に割と納得の行く落し所だったと思います。 遊戯王 […]

新年一発目のヴレインズはソルバvsリボルバーから!

って思っていたんですが、良い感じにデュエル無しで進行する形になりましたね。

色々意見はあると思いますが、尊と了見の性格的に割と納得の行く落し所だったと思います。

遊戯王ヴレインズ第84話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

猛る尊と静寂の了見

初ターンからフルスロットルで展開する尊(ソウルバーナー)に対し、何もせずにターンエンドする了見(リボルバー)がとても印象的でした。

「拮抗勝負か?」「無幻泡影か?」と内心ソワソワしていましたが、リボルバーはソウルバーナーの気持ちを汲み取って、その感情の爆発をその身に受け止めて納めるつもりだったみたいですね。

また、自らの正体を皆の前でカミングアウトするのも衝撃でした。

…それ程までにライトニングたちは驚異であり、残された時間も少ないって事なんだろうなぁ…。

ハノイの塔復活作戦!!

リボルバーの要請が、あのハノイの塔の再建だったのも驚きでしたね。

割とあっと言う間に再起動できてしまったので大変さはイマイチわかりませんでしたが、やっぱり遊作、ゴスガ、草薙の三人は凄腕って事なんでしょう。

…と言うか、これに関してはAI、不霊夢、アクアの協力がでかいのか。

ミラーリンクヴレインズへ、いざ!


▲イメチェンしたウィンディもお出迎え!

開幕戦は、ブルーエンジェルvsハルになるっぽいですね。

ボーマンの観察役として存在するハルですが、ここに来てどう掘り下げられるのか見ものです。

何だかんだで彼も特別な存在な気がするんですよねぇ…(本当にタダ造られただけの存在なのだろうか?)

あと、AIがロボッピに施した改造手術の実態も気になります…。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第83話感想】イレギュラー・ミーティング!仇を前に猛る尊!

程よく回想を挟みつつ、次なる展開に繋げる整理回でしたね。 山本先輩とヴレイブ・マックスは整理回用の便利装置としての安定感ありますねぇ(笑)。 遊戯王ヴレインズ第82話より画像引用 ©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テ […]

程よく回想を挟みつつ、次なる展開に繋げる整理回でしたね。

山本先輩とヴレイブ・マックスは整理回用の便利装置としての安定感ありますねぇ(笑)。

遊戯王ヴレインズ第82話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

大人気?ヴレイブマックスのMAX散歩!

スクープ不足から始めた新番組…視聴率は悪いらしいですが、1回くらいなら管理人は観てみたいです。

一応、色々工夫しようとした努力は感じられますが、幼稚園児に負けるヒーローでは絵になりませんな。

でも、そのデュエル風景も見てみたい(笑)。

ブラシェの敗北は、明日の我々の姿だ

「ブラッドシェパードのデュエルに落ち度はなかった!」

相手の強さを冷静に判断したリボルバーは、これ以上やつらに時間を与えるのは危険すぎるという結論に至り、敵の敵は味方理論でプレイメーカー,ソウルバーナー,ブルーメイデン,ゴーストガールの協力を仰ぎます。

…が、自らの過去を清算しきれていないソウルバーナーからすると、「はい。そうですか」と了承できる話では到底ありません。

………これは、デュエルの香り。

来週の放送は特番でお休みです

静まらない過去・自らの気持ちに決着をつけるにはデュエルしかない!

…これでこそ遊戯王・これぞデュエル脳!

仇を前にして昂る・荒ぶる…尊君、君はそれで良い…。

早く続きが観たいですが、残念ながら来週は特番でお休みです(;^ω^)ノまた再来週~

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第82話感想】死中に活、決死のネオ・ストームアクセス!万物を蹴散らす力の壁、顕現!

アースを含む、複数のAIとの同化を果たした鬼塚の実力は絶大!! 圧倒的な力とアンチスキルを前に絶体絶命のプレイメーカー&アイ。 このピンチを如何に乗り越えるのか?本能の先にあるものとは一体何なのか? 遊戯王ヴレインズ第8 […]

アースを含む、複数のAIとの同化を果たした鬼塚の実力は絶大!!

圧倒的な力とアンチスキルを前に絶体絶命のプレイメーカー&アイ。

このピンチを如何に乗り越えるのか?本能の先にあるものとは一体何なのか?

遊戯王ヴレインズ第82話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

絶対絶命のプレイメーカー!vs鬼塚終結!


▲リンクリボー根性の顔面受け

前人未到の領域に到達した鬼塚の実力は本物!

鬼塚のパワフルさにAIの綿密な計算の融合がこれほどまでの力を生み出すとは…。

ダイナレスラー関連のカードが強力ってのも勿論ありますが、それだけでは説明できない凄みが今の鬼塚からは感じられます。

……ヒールになる事を強いられた男の宿命。…少し悲しくもありますね。

無効・耐性祭り!ダイナカードどれも強烈!


▲ビッグバンテージさんピンチ!

《ダイナセンス》、《ダイナディシード》、《ダイナドメイン》と、数々の強力な「ダイナ」名称のカードが登場しましたが、中でも《ダイナディシード》のイラストは衝撃的でした。

《BKビッグバンテージ》さん…うしろうしろ!!

決死のネオ・ストームアクセス!その隠された効果とは?

スキル発動を無効にしてドローできる「アンチスキル」を逆手に取った《ドロー・ディスチャージ》!

モンスターをドローしていた場合、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与えるという捨て身コンボですが、それも《ダイナセンス》で無効にされてしまいます。

……万事休す。

…全員が敗北を覚悟したその時、戦場に起死回生の風が吹き荒れる!

実は「ネオ・ストームアクセス」にはもう一つの効果が存在したのだ!

このターン中に「ストーム・アクセス」でカードを手札に加えていない&LP100を条件に、「ネオストームアクセス」効果&1ドローという「アンチスキル」を逆にメタったピンポイントスキル(笑)。

プレイメーカー自体も知らなかったようですが、アイは忘れてたっぽいですね…()

ゲットした《ファイアウォール・X・ドラゴン》の効果で《ファイアウォール・ドラゴン》を蘇生!

鬼塚の効果無効や強制攻撃も何のその!最終的には高打点による鉄拳制裁こそが正義!!

最後の一撃は切ない:鬼塚散る

挫折の末に本能を捨てた者が、本能を信じた者に敗れる…(悲しみ)。

鬼塚の瞳に溢れた最後の涙、回想シーンも相まって結構ジーンときました。

自業自得って意見も勿論あるとは思いますが、ソウルバーナーが言う様に、彼もまた被害者なのかもしれませんね。

敗北時はアバターが捕縛システム代わりになるって…やば過ぎ!

いくらアバターとは言え、鬼塚さん心身ともに滅茶苦茶されてますね…。

SOL、ブラック企業過ぎるよ。

イレギュラー・ミーティングで説得なるか?

来週は、リボルバーを交えてイレギュラーミーティングが行われるそうです。

互いに説得モードに入るんでしょうけど、リボルバーさんは簡単にはなびかないだろうからなぁ…。

プレイメーカーとリボルバーはいつも通りだと思いますが、それ以外のメンバーがどんな反応なのか少し気になる所です。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第81話感想】たどり着いた頂、その先に道はあるのか?

AIとの同化という禁断の道を選んだ鬼塚。 確かにそれはある種の「頂」かもしれない。しかし、その先に道は果たしてあるのでしょうか? …決して満たされる事のない渇き…(酷だ)。 遊戯王ヴレインズ第81話より画像引用 ©高橋和 […]

AIとの同化という禁断の道を選んだ鬼塚。

確かにそれはある種の「頂」かもしれない。しかし、その先に道は果たしてあるのでしょうか?

…決して満たされる事のない渇き…(酷だ)。

遊戯王ヴレインズ第81話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

アースの反応!?その先に鬼塚!!


▲流石に逆恨みじゃないかね…

リンクヴレインズ内に突如現れる「アース」の反応。

僅かな期待を胸にその反応を追うプレイメーカー達ですが、その先にまっていたのは「鬼塚」でした。

以前よりも更にやつれた印象ですが、それには理由が…。

狂進化、そしてクリスタルハート


▲まさかのクリスタルハート!

ご覧の通り、「アース」の魂のカードである《クリスタル・ハート》を召喚する「鬼塚」。

「アース」の反応を追った先に「鬼塚」。「アース」のカードを「鬼塚」が使用する。

…要するに、解体した「アース」を「鬼塚」が取り込んだって事ですね(白目)。

《クリスタル・ハート》召喚の為に使用した《狂進化》の効果(種族変更)面白いなぁ…。

アンチスキルをどう攻略するのか!?

序盤から鬼塚にペースを握られてしまったプレイメーカー!

超絶スキルメタである「アンチスキル」もありますし、この状況をどう攻略するのか?

…本能の先にあるものとは一体何なのでしょうか?

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第80話感想】死闘ブラッドシェパード!リンクマジック破壊は想定済み?

ブラッドシェパードvsライトニング(光のイグニス)の続き。 リンクマジックの驚異を《キャプチャー・ドローン》によって対策突破したブラッドシェパードが、依然涼しい顔をし続けるライトニングの不気味さは健在。 デュエルの主導権 […]

ブラッドシェパードvsライトニング(光のイグニス)の続き。

リンクマジックの驚異を《キャプチャー・ドローン》によって対策突破したブラッドシェパードが、依然涼しい顔をし続けるライトニングの不気味さは健在。

デュエルの主導権を握るのはブラシェ…しかしこのデュエル何かが起こる!!

遊戯王ヴレインズ第80話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

ブラッドシェパードの猛攻!ドローン融合も飛び出す!


▲フォートレスドローン・ビーハイブ

《バトルドローン・ジェネラル》と《バトルドローン・バトルスナイパー》を主軸としたダイレクトアタック&バーン!

相変わらずの殺意マシマシ戦術に加え、専用融合《ドローン・フォース・フュージョン》による融合戦術まで飛び出しました。

息つく暇を与えぬ激しい攻め、隙を与えぬ鉄壁の守り…ブラシェ良いよね。

リンク、シンクロ、融合と使ったので、次回登場時は是非ともエクシーズしてもらいたいものです。

リンクマジック(裁きの矢)を絡めた全破壊…強烈でした


▲レガトゥス・レギオニス恰好良い

リンクマジックメタやダイレクトアタック&バーンで終始劣勢を強いられ続けたライトニングでしたが、最終的にはメタられた《裁きの矢》(リンクマジック)をコスト使用してブラシェの盤面を完全破壊!

「アルマートス・レギオー」リンクモンスターとリンク状態かつ《裁きの矢》の名称指定は確かに重いですけど、《天装騎兵マジカ・アルクム》の効果(魔法・罠・メインモンスターゾーンド全破壊)は強力ですね。

軍団テーマだけあって、効果も計略感あってカッコイイですね。レガトゥスに効果付与するのもイカしてました。

サブタイトルが泣かせますね

「賞金稼ぎの務め」ってサブタイトルが実際は「兄の務め」だった訳で…。

掘り下げられる程に好感度が上がって行くブラシェ、掘り下げられる程に好感度を下げて行く鬼塚、一体どこで道を違えたのか…(悲)。

来週は鬼塚さんが更にやつれて更なる境地に達するようです(白目)。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第79話感想】ライトニングによる芝刈り宣言!リンクマジックへの回答(対策)

数的不利を緩和する為にブラシェの処分を実行に移すライトニング。 最愛の母を植物状態にし、我が右腕を奪ったAI(イグニス)への復讐の刻来る! 全てを賭けた(意識データを含む)決死のデュエルが今始まる。 遊戯王ヴレインズ第7 […]

数的不利を緩和する為にブラシェの処分を実行に移すライトニング。

最愛の母を植物状態にし、我が右腕を奪ったAI(イグニス)への復讐の刻来る!

全てを賭けた(意識データを含む)決死のデュエルが今始まる。

遊戯王ヴレインズ第79話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

招き入れムーブから強烈なディス!

数が増えると厄介だから、とりあえず一番弱そうな奴から間引く事にしたわ。

……元々他者を蔑むオーラバリバリの嫌な奴でしたけど、ここまではっきり言われると流石に誰もブチギレですわ…。

特にAIに私怨剥き出しのブラシェさんには効果はばつぐんだ!

ライトニングの使用テーマは「天装騎兵(アルマートス)」

ライトニングの使用テーマは、「天装騎兵(アルマートス)」と呼ばれるローマ軍団をモチーフにしたようなテーマでした。

フィールド魔法が円形闘技場(コロッセオ)だったので最初はグラディエーター(剣闘士)をイメージしましたが、ケントゥリオ(百人隊長)とかデクリオン(これも階級)とか言ってたので、恐らくローマ軍団モチーフテーマだと思います。

フィールド魔法の効果で盤面にモンスターがガンガン並んで行くのは楽しそうですが、手札消費がスゲェ激しいのが気になりましたね…(OCGだとかなり魔改造されそう)。


▲ボーマン戦のバトルフィールドは彼の趣味確定か

リボルバーの助言でリンクマジック対策もバッチリ!

ギリギリまで引き付けてからの《スナッチ・ドローン》による妨害、お見事です。

「お前の助言など必要ない…」と言いつつも有益な情報は最大限活かす…それでこそブラシェ!

《スナッチ・ドローン》には、効果で破壊したカードと同名のカードの効果を無効化する永続効果があるようなので、これで《裁きの矢》は完全にシャットアウトできそうです(…破壊されない限り)。

ブラシェさんの死亡フラグが濃厚に…

かなり有利な流れを引き寄せている様に見えますが、序盤有利=まさかの大逆転がアニメのお約束ですからね…(超メタ発言)。

次回予告の内容的にもトンデモナイ一手を喰らいそうな予感がします。

……中断展開が無い限り、ブラシェの生命(意識データ)はかなり危うい気がしますね(ハラハラ)。

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第78話感想】リボルバー様による熱き勧誘!荒野を彷徨う孤高の一匹狼、ブラッドシェパード!

イグニス絶対倒すマン同盟を組むべく、健吾へと近づくリボルバー様。 リボルバー様による熱き勧誘デュエル(&攻略方レクチャー)の幕が開かれるッ! ミラフォ、筒に続くリボルバー様のビックリドッキリカードも登場します。 遊戯王ヴ […]

イグニス絶対倒すマン同盟を組むべく、健吾へと近づくリボルバー様。

リボルバー様による熱き勧誘デュエル(&攻略方レクチャー)の幕が開かれるッ!

ミラフォ、筒に続くリボルバー様のビックリドッキリカードも登場します。

遊戯王ヴレインズ第78話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

リボルバー様による熱き勧誘デュエル

▲ハノイの幹部二人に監視される健吾さん

ハノイの騎士のストーカー力(リサーチ力)半端ねぇ!

リボルバーとスペクターの組み合わせは結構ビジュアル的に目立つと思うんですが、そこはハノイの崇高なる力(隠密力)でバッチリカバー!

ネットでは万全な健吾さんもリアルでのセキュリティー管理は結構ざるっぽい?

SOLの真意を知り、身の振り方を考えるブラシェ

▲イグニス絶対倒すマン的には許されない話

イグニス抹殺が単なるデータ解析、しかもそれを元に更なるイグニスを創り出す事が目的って流石に笑えませんね。

これはイグニス絶対倒すマンである健吾さん的には許容しがたい事実でしょうね。

そろそろお兄様にも組織の末端以外の顔を見せてもらいたい所ですが…。

リボルバー様による対リンクマジックへのレクチャー(王宮の勅命)

▲魔法カードへの対処法その①

イグニスが使用するリンクマジックへの対象法として《王宮の勅命》をレクチャーするリボルバー様。

確かに《裁きの矢》の効果自体は無効に出来るでしょうけど、そもそもリンクマジックのリンクマーカーって効果なのだろうか?

しかも、レクチャーの最初の一つ目がいきなり《勅命》ってのが良いですね。

今までも《ミラフォ》や《魔法の筒》を実戦で使用してきた実績を持つリボルバー様ですが、ただ単に使っている訳でなく、ちゃんと目的や理念をもって運用しているのが素晴らしいです。

ブラシェとの戦いに関しても、肉を切らせて骨を断つ感じできちんと教えを与えるという無駄の無さ。…流石です。

あと、《DMZドラゴン》で装備カードを有効活用しながら連撃するの恰好良かったですね!

来週もまさかのブラシェ回

先週、今週とブラシェメインのエピソードが続いていますが、なんと来週もブラシェメイン回っぽいです。

ゴーストガールの協力要請をはねのけて光のイグニスのもとに直接対決を挑みに行くのでしょうか?

……そうなるとブラシェの生存率が格段に下がってしまいそうですが…果たして?

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-02-09)
売り上げランキング: 2

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話感想】相容れない兄妹!無限泡影からのマルチフェイカー強い(確信)

異母兄妹という複雑な関係を理由に相容れる事の無い二人の兄妹。 それぞれの想いを胸に、アカウントを賭けた死闘(PKデュエル)が今始まる。 遊戯王ヴレインズ第77話より画像引用 ©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東 […]

異母兄妹という複雑な関係を理由に相容れる事の無い二人の兄妹。

それぞれの想いを胸に、アカウントを賭けた死闘(PKデュエル)が今始まる。

遊戯王ヴレインズ第77話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

ブラッドシェパードvsゴーストガール(兄妹対決)

▲学生時代(?)のエマさんカワ(・∀・)イイ!!

健碁さんが父親を見かけたシーンなんですけど、あれってどういう状況なんですかね?

シチュエーション的に引っ越して風景みたいに見えたんですけど、自分たちを捨てた父親が住んでる家の隣に越してきたって流石にないよね…(笑)。

…というか、偶然で見かけるって凄い確率な気が…(まぁ良いか)。

《無限泡影》⇒《マルチフェイカー》の流れ!「オルタ―ガイスト」シンクロの姿も!?

▲リリースされると場に戻る!《へクスティア》との相性がやばい

《無限泡影》から《マルチフェイカー》のガチムーブで流石にワロタ!

流れる様に盤面構築した上に《オルタ―ガイスト・へクスティア》&新モンスター(シンクロ)《オルタ―ガイスト・ドラッグウィリオン》まで飛び出して、本当に驚きの連続でした。

リリースされると戻って来る「オルタ―ガイスト」モンスターは用途の幅が広そうです。

ブラッドシェパードも負けじと「ドローン」シンクロ!

エマさんのガチムーブを前に万事休すかと思えたブラッドシェパードですが、こちら側も負けじと新モンスター(シンクロ)《コマンドドローン・バトルスナイパー》を披露。

バトルフェイズ中に行われた速攻魔法シンクロ、攻撃無効からの効果発動、無効キャンセルからの、ダイレクトアタックetcetc、本当に濃いデュエルだったと思います。

ヴレインズの世界でのデュエルはガチムーブすると相手もそれに応えるかの如く強くなりますね(笑)。

非情になりきれないブラシェ

▲あの全力ムーブで負けたら流石にしゃーない

敗北したエマはアカウント抹消を覚悟。最後の言葉として兄に死んだ父の想いを伝える。

エマの言葉に絆されたのかどうかは不明ですが、アカウント消去せずにそのまま立ち去るブラッドシェパード。

復讐心を胸に冷酷を装っている彼ですが、やっぱりどこか非情になりきれない部分があるようですね…。

…ブラシェ…やっぱり良いキャラ。

美優とアクアの思いを受けて、決意を固める葵(ブルーメイデン誕生)

兄妹対決の裏で語られた美優(アクア)の記憶。

心を強く保つ為に葵ちゃんと同じ髪型にする美優ちゃんの心情……来るものがありますね。

またまた鴻上博士の罪状が増えてしまった…(;^ω^)

美優ちゃんとアクアの想いによって覚悟を決めたブルーガールは、新たな姿(戦闘モード)ブルーメイデンへと進化を遂げます。

今回のアバターは今まで以上に大人っぽい装いですね!

リボルバーによる熱き勧誘デュエル!!

来週はリボルバー様による熱き勧誘デュエルショー!

確かにブラシェを勧誘するのは理にかなってますけど、目的が同じだからといって懐柔されるほどブラシェは単純じゃない気がします。

…というか、そもそもブラシェはハノイの間者って線も考えてたんですけど、その線は消えたっぽいですね。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-02-09)
売り上げランキング: 2

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第76話感想】アクアオリジン判明!ゴーストガールとブラッドシェパードの真実

冒頭でアースが逆コンパイルされた事を知らされたアイとプレイメーカー。 人間側に付きたいと思うその反面、同胞を抹消されたことで募る人間への不信感。…アイや不霊夢はかなり不安定な心境でしょうね。 それはそうと了見くん普通にカ […]

冒頭でアースが逆コンパイルされた事を知らされたアイとプレイメーカー。

人間側に付きたいと思うその反面、同胞を抹消されたことで募る人間への不信感。…アイや不霊夢はかなり不安定な心境でしょうね。

それはそうと了見くん普通にカフェNagiの常連になってね?

遊戯王ヴレインズ第76話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

アクアのオリジンの正体・葵の過去

次回予告でアクアと葵の接点が示唆されていましたが、葵の初めての友達「美優」ちゃんこそがロスト事件の被害者で、そのオリジンこそがアクアって事でした。

アクアが美優の電脳ウイルスを除去しようとした際に、その記憶が逆流してきたというのは少し都合の良い展開かも知れませんが、これがあったからこそアクアの意志がかたまったと考えると自然な流れだと思います。

美優ちゃんをかばって嘘をついた葵ちゃん。その結果、大切な友達との大切な時間を失った二人。幼い二人にはとてもつらい記憶だったのでしょうね…。

電脳ウイルスに侵されし美優

美優を救い出す。…アクアと葵がパートナーになるきっかけとしては十分すぎる理由です。

理由が理由なだけにそろそろ遊作=プレイメーカーという事実を知る日も近いかも知れませんね(遊作側が気をある程度許しそう)。

エマさんと健碁さんが兄妹!?

ブラシェの追跡をまく為に一肌脱いだエマ姉さんでしたが、姉さんだと思ったらエマさんも妹だったという真実。

どうりで葵に優しくする訳だ…(ここら辺の含み本当にうまい)。

二人の関係の詳細はまだ不明ですが、両親が離婚して親権を取り合ったとかそういう感じですかね?

あとブラシェはゴスガが妹である事を知っているのかどうかも見ものです。流石に互いに気付いているとは思いますが、ブラシェ側が知らないパターンもそれはそれで悪くないです。

姉御肌だけど実は妹キャラ。エマさん欲張りすぎじゃないですかね?

そして健碁さんが不審者属性で兄キャラ…良いね。

ゴーストガールvsブラッドシェパードのPKデュエル!

PKデュエルか…

どっちも好きなキャラだから、ここでどちらかが脱落するなら少し残念な気もしますね((+_+))

遊戯王OCG デュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-02-09)
売り上げランキング: 2