ブログ引っ越し

皆さん こんにちは。ついにブログ引っ越しの準備ができました。まだデザインは確定していませんが近日中に完成予定です。今後の記事は全て新ブログで更新する予定です。これまで4年間アメーバブログで記事を更新してきましたが、皆さんの応援によってこれまで更新を続けることができました。本当に感謝しています。

 

新ブログはグーグルの”ブロガー”で作成しました。これまで以上のコンテンツを提供していく所存ですので、是非これからもご支援よろしくお願いいたします。

 

Reion

 

<新ブログ>

脱”GG NOOB”日記

http://masakanogg.blogspot.jp/

ブックマーク登録よろしくお願いします。

 

皆さん こんにちは。ついにブログ引っ越しの準備ができました。まだデザインは確定していませんが近日中に完成予定です。今後の記事は全て新ブログで更新する予定です。これまで4年間アメーバブログで記事を更新してきましたが、皆さんの応援によってこれまで更新を続けることができました。本当に感謝しています。

 

新ブログはグーグルの”ブロガー”で作成しました。これまで以上のコンテンツを提供していく所存ですので、是非これからもご支援よろしくお願いいたします。

 

Reion

 

<新ブログ>

脱”GG NOOB”日記

http://masakanogg.blogspot.jp/

ブックマーク登録よろしくお願いします。

 

デュエル・リンクス英語版実況動画#1~#2

デュエルリンクス英語版の実況動画です。実はブログ引っ越し記念の新企画だったんですが、引っ越しまで暫く時間がかかりそうなので先にこちらのブログで紹介することにしました。動画内では”まさかの龍蛇”とか名乗っていますが普通に私のことです。

 

とりあえず今回はパート1とパート2だけ!今後時間を見つけて続きも作成&アップロードしていきますよ( ー`дー´)ノ 動画編集しなくてもいいからさほど時間もかからないしエコだね!

デュエルリンクス英語版の実況動画です。実はブログ引っ越し記念の新企画だったんですが、引っ越しまで暫く時間がかかりそうなので先にこちらのブログで紹介することにしました。動画内では”まさかの龍蛇”とか名乗っていますが普通に私のことです。

 

とりあえず今回はパート1とパート2だけ!今後時間を見つけて続きも作成&アップロードしていきますよ( ー`дー´)ノ 動画編集しなくてもいいからさほど時間もかからないしエコだね!

ブログ移設予告

近日中にアメブロから別のブログサービスへの引っ越しを予定しています。引越し後もこのブログの記事は残しておく予定ですが、更新は全て新ブログで行います。

 

現在引っ越しに向けて新ブログの設定やデザインの調整など必要な作業を行っておりますのでもう少しお時間を頂くこととなります。また新ブログ作成までは当ブログの更新を基本的にストップさせていただきますのでご了承ください。

 

 

近日中にアメブロから別のブログサービスへの引っ越しを予定しています。引越し後もこのブログの記事は残しておく予定ですが、更新は全て新ブログで行います。

 

現在引っ越しに向けて新ブログの設定やデザインの調整など必要な作業を行っておりますのでもう少しお時間を頂くこととなります。また新ブログ作成までは当ブログの更新を基本的にストップさせていただきますのでご了承ください。

 

 

思考停止『十二獣』シリーズ2【方界十二獣】デッキ紹介/解説

安定性の『十二獣』と脳筋ワンキルの『方界』

 

現在のカードプールで何故ほとんどのデッキが『十二獣』を採用しているのか…。たった1体のモンスターから獣戦士族のサーチ、フリーチェーン除去効果持ちモンスターの召喚、別のランク4エクシーズモンスターの召喚が可能な『十二獣』。もちろん単純にカードパワーが高いという理由が最も合理的ですが、もともとエクシーズ召喚を使わないデッキにとっては別の召喚方法を確保するという点においてメリットがあり、事故が怖いデッキにとっては安定性を底上げできるというメリットがあります。

 

 

【方界】は脳筋ワンキルを得意とするデッキですが、『クリムゾンノヴァ』『デューザ』への依存度が高すぎて、安定度が低い/事故率が異常に高いという問題を抱えています。また【純方界】であればエクシーズ召喚が難しく、妨害札も積みにくいという欠点もあります。

 

正直『方界』と『十二獣』には種族的に何らシナジーがありませんが、『十二獣』の安定性/エクシーズ召喚性能を取り入れることで『方界』の事故リスクを減らしたのが【方界十二獣】です。つまり前回に引き続き思考停止で『十二獣』を取り入れたデッキ第二弾ということですね。

 

【方界十二獣】レシピ

 

 

■使用感

回し方で注意することはほとんどありません。『十二獣』で”いつもの”動きをしつつ、狙える時に『方界』要素でワンキルを叩き込めばOKです。ただし当然ながら【純方界】と比べて手札にクリムゾンノヴァ召喚条件の『方界』カード3種類を揃える難易度が上がっていますから、基本的にデューザを除く方界カードはクリムゾンノヴァのコスト用に温存する必要があります。

 

■【方界】デッキとの相違点

【方界】は基本的にクリムゾンノヴァによるワンキルを狙うデッキです。その為少しでもクリムゾンノヴァの召喚を狙いやすくするためにモンスターの多くを『方界』で揃えざるを得ないという特徴がありました。それ故に高い事故率を誇っていたわけですが、今回『十二獣』要素を入れるにあたって『方界』モンスターの枚数を可能な限り少なくしました。当然ながら『クリムゾンノヴァ』の召喚可能性を低くしているわけですから命取りとも捉えられますが、他方で大きな安定性を手に入れたことで事故リスクが大幅に減少しました。

 

つまり【方界】と【方界十二獣】の決定的な違いはワンキル重視か安定性重視かということになります。どちらが勝ちやすいか・・・という点については、現環境では後者だと思います。『ドランシア』という簡単な除去手段がある現環境では『ヴィジャム』の戦闘耐性など無きに等しいというのが現状です。妨害札を採用しにくく、フレシアのような制圧力の高いエクシーズモンスターでさえ出せない【方界】は正直厳しいでしょう。

 

Twitterボタン

安定性の『十二獣』と脳筋ワンキルの『方界』

 

現在のカードプールで何故ほとんどのデッキが『十二獣』を採用しているのか…。たった1体のモンスターから獣戦士族のサーチ、フリーチェーン除去効果持ちモンスターの召喚、別のランク4エクシーズモンスターの召喚が可能な『十二獣』。もちろん単純にカードパワーが高いという理由が最も合理的ですが、もともとエクシーズ召喚を使わないデッキにとっては別の召喚方法を確保するという点においてメリットがあり、事故が怖いデッキにとっては安定性を底上げできるというメリットがあります。

 

 

【方界】は脳筋ワンキルを得意とするデッキですが、『クリムゾンノヴァ』『デューザ』への依存度が高すぎて、安定度が低い/事故率が異常に高いという問題を抱えています。また【純方界】であればエクシーズ召喚が難しく、妨害札も積みにくいという欠点もあります。

 

正直『方界』と『十二獣』には種族的に何らシナジーがありませんが、『十二獣』の安定性/エクシーズ召喚性能を取り入れることで『方界』の事故リスクを減らしたのが【方界十二獣】です。つまり前回に引き続き思考停止で『十二獣』を取り入れたデッキ第二弾ということですね。

 

【方界十二獣】レシピ

 

 

■使用感

回し方で注意することはほとんどありません。『十二獣』で"いつもの"動きをしつつ、狙える時に『方界』要素でワンキルを叩き込めばOKです。ただし当然ながら【純方界】と比べて手札にクリムゾンノヴァ召喚条件の『方界』カード3種類を揃える難易度が上がっていますから、基本的にデューザを除く方界カードはクリムゾンノヴァのコスト用に温存する必要があります。

 

■【方界】デッキとの相違点

【方界】は基本的にクリムゾンノヴァによるワンキルを狙うデッキです。その為少しでもクリムゾンノヴァの召喚を狙いやすくするためにモンスターの多くを『方界』で揃えざるを得ないという特徴がありました。それ故に高い事故率を誇っていたわけですが、今回『十二獣』要素を入れるにあたって『方界』モンスターの枚数を可能な限り少なくしました。当然ながら『クリムゾンノヴァ』の召喚可能性を低くしているわけですから命取りとも捉えられますが、他方で大きな安定性を手に入れたことで事故リスクが大幅に減少しました。

 

つまり【方界】と【方界十二獣】の決定的な違いはワンキル重視か安定性重視かということになります。どちらが勝ちやすいか・・・という点については、現環境では後者だと思います。『ドランシア』という簡単な除去手段がある現環境では『ヴィジャム』の戦闘耐性など無きに等しいというのが現状です。妨害札を採用しにくく、フレシアのような制圧力の高いエクシーズモンスターでさえ出せない【方界】は正直厳しいでしょう。

 

Twitterボタン

【香港フード】超大手レストランチェーン-『大家樂』で肉食べる

<香港の人気レストラン『大家樂-Cafe De Coral』でステーキ食べる>

どうも YPGG管理人のReionです。LoLはシルバーまで戻したかったけど今シーズンはブロ3で終了。うん完全に下手くそですね。土日も少しランク回しましたが最終的に数試合連続で味方にAFK野郎引いてギブアップしました。次RPボーナスが来たらサブ垢育成するので心機一転頑張って、来季はシルバーで終わりたいと思います。今使ってるアカウントはスキン結構持ってるのでノーマル専用垢にでもする予定です。

 

今日の訪問店はチェーンレストラン『大家樂』です。香港在住の知り合いからは『美味しくない』『油っぽい』『ジャンキー』と酷評されまくりだったので足が進まなかったのですが、今日訪問予定だった店が閉まっていたので偶然近くにあった、というか香港の街中を歩いていればどこにでも見つけられる『大家樂』で夕飯を楽しむことにしました。

 

http://www.cafedecoralfastfood.com/

これが『大家樂』のホームページ。超騒がしいサイトなので音量注意です。

以前の記事で紹介したFairwoodと似た食堂スタイルの店舗です。入り口にメニューボードがあるので、食べたい物を決めたらレジで注文。レシートに受取番号が書いてあり、料理が出来上がったら電光掲示板で番号が知らされるので受け取りに行きます。今回対応してくださった店員の方は最低限の英語は使えるようで助かりましたが、広東語もしくは普通話しかわからない店員さんも多いようなので、その場合はメニューボードを指差すか、食べたいメニューの写真を撮って店員さんに見せると良いと思います。これは『大家樂』に限らず香港の飲食店で英語が通じない場合は最も有効な手段です。

 

 

今回頂いたのはビーフステーキセット(55香港ドル-1ドル14円換算で770円)です。ドリンク付き。1日の食費を70ドル以内に押さえている身分としてはかなり高価な夕食ですが、今日は昼食を安く済ませたので良しとしましょう。

 

ソースは2・3種類から選ぶことができますが私はペッパーソースにしました。香港のレストランで食べる牛肉はハズレが多いのですが、この牛肉は結構美味しかったです。パンは温めてあるのでバターがよく合います。野菜が少ないのは気になりますが誤差の範囲内。55ドルでこれほどのクオリティの料理を提供しているとは驚きました。是非また訪問したいと思います。『大家樂』は香港中どこでも見つけることができるので皆さんも機会があれば是非訪問してみてください。ごちそうさまでした。

 

Twitterボタン

<香港の人気レストラン『大家樂-Cafe De Coral』でステーキ食べる>

どうも YPGG管理人のReionです。LoLはシルバーまで戻したかったけど今シーズンはブロ3で終了。うん完全に下手くそですね。土日も少しランク回しましたが最終的に数試合連続で味方にAFK野郎引いてギブアップしました。次RPボーナスが来たらサブ垢育成するので心機一転頑張って、来季はシルバーで終わりたいと思います。今使ってるアカウントはスキン結構持ってるのでノーマル専用垢にでもする予定です。

 

今日の訪問店はチェーンレストラン『大家樂』です。香港在住の知り合いからは『美味しくない』『油っぽい』『ジャンキー』と酷評されまくりだったので足が進まなかったのですが、今日訪問予定だった店が閉まっていたので偶然近くにあった、というか香港の街中を歩いていればどこにでも見つけられる『大家樂』で夕飯を楽しむことにしました。

 

http://www.cafedecoralfastfood.com/

これが『大家樂』のホームページ。超騒がしいサイトなので音量注意です。

以前の記事で紹介したFairwoodと似た食堂スタイルの店舗です。入り口にメニューボードがあるので、食べたい物を決めたらレジで注文。レシートに受取番号が書いてあり、料理が出来上がったら電光掲示板で番号が知らされるので受け取りに行きます。今回対応してくださった店員の方は最低限の英語は使えるようで助かりましたが、広東語もしくは普通話しかわからない店員さんも多いようなので、その場合はメニューボードを指差すか、食べたいメニューの写真を撮って店員さんに見せると良いと思います。これは『大家樂』に限らず香港の飲食店で英語が通じない場合は最も有効な手段です。

 

 

今回頂いたのはビーフステーキセット(55香港ドル-1ドル14円換算で770円)です。ドリンク付き。1日の食費を70ドル以内に押さえている身分としてはかなり高価な夕食ですが、今日は昼食を安く済ませたので良しとしましょう。

 

ソースは2・3種類から選ぶことができますが私はペッパーソースにしました。香港のレストランで食べる牛肉はハズレが多いのですが、この牛肉は結構美味しかったです。パンは温めてあるのでバターがよく合います。野菜が少ないのは気になりますが誤差の範囲内。55ドルでこれほどのクオリティの料理を提供しているとは驚きました。是非また訪問したいと思います。『大家樂』は香港中どこでも見つけることができるので皆さんも機会があれば是非訪問してみてください。ごちそうさまでした。

 

Twitterボタン

【香港フード】留学生のお友達:IKEAでジャンクフードを食す

留学生の多くは半年、もしくは1年間のみの滞在なのであまり高価な物を買っても持ち帰れずに困るということがた多々あります。特に寝具は部屋に備え付けられていないことが多いので自分で購入しなければなりません。1年でサクッと処分できて機能性の高い商品を提供している家具ショップと言えば当然IKEAです。日本にいる間は1度も訪問したことがありませんでしたが、香港に来てからは頻繁にお世話になっています。特に土日はチョコやクッキーなど食料品のセールも行われるので大混雑です。

 

これが先日の昼食。ホットドッグとフローズンヨーグルトです。お値段は2つで250円ほど。かなりの満足感があり値段も安いので大変お勧めです。ただ土日に行くと混雑しまくりでテーブルを確保できないことがあるのでご注意を。ケチャップとマスタードは自分で必要な分だけをセルフサービスで使うことができます。これって日本のIKEAでもあるのかな??

 

Twitterボタン

留学生の多くは半年、もしくは1年間のみの滞在なのであまり高価な物を買っても持ち帰れずに困るということがた多々あります。特に寝具は部屋に備え付けられていないことが多いので自分で購入しなければなりません。1年でサクッと処分できて機能性の高い商品を提供している家具ショップと言えば当然IKEAです。日本にいる間は1度も訪問したことがありませんでしたが、香港に来てからは頻繁にお世話になっています。特に土日はチョコやクッキーなど食料品のセールも行われるので大混雑です。

 

これが先日の昼食。ホットドッグとフローズンヨーグルトです。お値段は2つで250円ほど。かなりの満足感があり値段も安いので大変お勧めです。ただ土日に行くと混雑しまくりでテーブルを確保できないことがあるのでご注意を。ケチャップとマスタードは自分で必要な分だけをセルフサービスで使うことができます。これって日本のIKEAでもあるのかな??

 

Twitterボタン

【香港フード】肉山盛りうまぁあああ

特に詳しく語る必要が無いだろうこのルックスの素晴らしさ。チキン&ライス30ドル(450円)前後だった気がする。肉もライスもかなりの量でめちゃくちゃうまい。三種類のソースを使い分けて頂きます。白はサワー系、緑はバジル系、赤はスパイシー系です。本当は色々なケバブやピザなどを提供しているお店なんですが、正直こっちのほうが肉山盛りだし安いし良いことだらけ。結構頻繁に通ってます。最近何故か肉の量が増えた。

特に詳しく語る必要が無いだろうこのルックスの素晴らしさ。チキン&ライス30ドル(450円)前後だった気がする。肉もライスもかなりの量でめちゃくちゃうまい。三種類のソースを使い分けて頂きます。白はサワー系、緑はバジル系、赤はスパイシー系です。本当は色々なケバブやピザなどを提供しているお店なんですが、正直こっちのほうが肉山盛りだし安いし良いことだらけ。結構頻繁に通ってます。最近何故か肉の量が増えた。

【月光十二獣】解説-もはや思考停止『十二獣』採用の時代か?

「モンスターが1体…来るぞ遊馬!!」

 

エクシーズ召喚の初登場は2011年。9期に入るまではエクシーズ召喚が長期に渡って環境を制圧した。これまで数々のエクシーズ召喚サポートや強力なエクシーズモンスターが登場する中でも、決して曲げられなかったコンセプト…それはアニメ遊戯王ゼアルで登場した『1体で2体分のエクシーズ素材となる』効果を持ったカード…しかし今それが現実に…

 

『十二獣1体でオーバーレイ!エクシーズ召喚!』

絶対おかしいだろこれ。サポートカードも使わずにモンスター1体でエクシーズ召喚とか意味わかんないし、エクシーズモンスターも効果控えめならともかくサーチ効果持ちとかフリーチェーン除去効果持ちとか意味分かんないだろ。

 

ただインフレやオワ王と呼ばれても(※呼びません)デュエリストは環境に順応して戦い続ける義務があります。しばらく遊戯王をプレイしていない間に登場したシリーズの中で、正直この【十二獣】が環境の「壊れ」を最も感じさせるカードでした。

 

ただし『十二獣』は主張パーツとして優れた性能を誇るシリーズであるため、ほとんどのデッキが『十二獣』を採用した混合デッキとなり、結果環境デッキ自体は多岐にわたるという面白い結果をもたらしました。

 

恐らく規制されることは間違いないとは思いますが、それまでの間はどんなデッキにも『十二獣』を取り込むことで安定性を向上させることが可能となりました。

 

『十二獣』はその並外れた汎用性の高さによって、ほとんど全てのデッキに無理なく採用することができると言えますが、その中でもやはり相性が良いのは獣戦士族のテーマです。現在の所はカードパワーの差によって獣戦士族テーマが環境に食い込んでいる例は少ないようですが、それでも普段使い用のデッキとしては十分楽しめるデッキ構築が可能です。

 

【月光十二獣】

 

これが今回作成した【月光十二獣】です。通常の【月光】デッキのモンスター数を調整して『十二獣』要素を追加した結果、極めて安定度の高いデッキが仕上がりました。

 

【月光】最大の弱点は素材調達の難しさ/ワンコン失敗時のリスク/手札事故などが挙げられます。『十二獣』要素の追加によって『月光』モンスターの新たなサーチ手段、『ドランシア』によるワンコン以外のプレッシャーが与えられた他、『フレシアの蠱惑魔』の採用が容易になるなど数々のメリットをもたらしました。

 

まだ20戦ほどしか使っていないので枚数調整については改善の余地があります。例えば『月光香』は腐ることもかなり多く、逆に『融合識別』は欲しい時に引けないもどかしさがあります。落とし穴系カードも4枚は過剰に思えますし、『十二獣ヴァイパー』は1枚減らして『十二獣の会局』と入れ替えたほうが良いかもしれません。『月光紅狐』も1枚採用したほうがよりワンコンを狙い易くなるかもしれません。

 

動きは非常に簡単で、『十二獣』のいつもの動きをしながら『月光』の融合素材を確保してワンコンで殴り倒します。『融合識別』の採用により強力な効果を持った『月光舞獅子姫』を簡単に出せるので火力としては十分でしょう。ただ天敵のクリスタルウィングへの回答が少ないというのが問題ですね。打点での突破は不可能なので空打ちを誘うしかありません。その分こちらの消費が多くなりますがやむを得ませんね、

 

Twitterボタン

「モンスターが1体…来るぞ遊馬!!」

 

エクシーズ召喚の初登場は2011年。9期に入るまではエクシーズ召喚が長期に渡って環境を制圧した。これまで数々のエクシーズ召喚サポートや強力なエクシーズモンスターが登場する中でも、決して曲げられなかったコンセプト…それはアニメ遊戯王ゼアルで登場した『1体で2体分のエクシーズ素材となる』効果を持ったカード…しかし今それが現実に…

 

『十二獣1体でオーバーレイ!エクシーズ召喚!』

絶対おかしいだろこれ。サポートカードも使わずにモンスター1体でエクシーズ召喚とか意味わかんないし、エクシーズモンスターも効果控えめならともかくサーチ効果持ちとかフリーチェーン除去効果持ちとか意味分かんないだろ。

 

ただインフレやオワ王と呼ばれても(※呼びません)デュエリストは環境に順応して戦い続ける義務があります。しばらく遊戯王をプレイしていない間に登場したシリーズの中で、正直この【十二獣】が環境の「壊れ」を最も感じさせるカードでした。

 

ただし『十二獣』は主張パーツとして優れた性能を誇るシリーズであるため、ほとんどのデッキが『十二獣』を採用した混合デッキとなり、結果環境デッキ自体は多岐にわたるという面白い結果をもたらしました。

 

恐らく規制されることは間違いないとは思いますが、それまでの間はどんなデッキにも『十二獣』を取り込むことで安定性を向上させることが可能となりました。

 

『十二獣』はその並外れた汎用性の高さによって、ほとんど全てのデッキに無理なく採用することができると言えますが、その中でもやはり相性が良いのは獣戦士族のテーマです。現在の所はカードパワーの差によって獣戦士族テーマが環境に食い込んでいる例は少ないようですが、それでも普段使い用のデッキとしては十分楽しめるデッキ構築が可能です。

 

【月光十二獣】

 

これが今回作成した【月光十二獣】です。通常の【月光】デッキのモンスター数を調整して『十二獣』要素を追加した結果、極めて安定度の高いデッキが仕上がりました。

 

【月光】最大の弱点は素材調達の難しさ/ワンコン失敗時のリスク/手札事故などが挙げられます。『十二獣』要素の追加によって『月光』モンスターの新たなサーチ手段、『ドランシア』によるワンコン以外のプレッシャーが与えられた他、『フレシアの蠱惑魔』の採用が容易になるなど数々のメリットをもたらしました。

 

まだ20戦ほどしか使っていないので枚数調整については改善の余地があります。例えば『月光香』は腐ることもかなり多く、逆に『融合識別』は欲しい時に引けないもどかしさがあります。落とし穴系カードも4枚は過剰に思えますし、『十二獣ヴァイパー』は1枚減らして『十二獣の会局』と入れ替えたほうが良いかもしれません。『月光紅狐』も1枚採用したほうがよりワンコンを狙い易くなるかもしれません。

 

動きは非常に簡単で、『十二獣』のいつもの動きをしながら『月光』の融合素材を確保してワンコンで殴り倒します。『融合識別』の採用により強力な効果を持った『月光舞獅子姫』を簡単に出せるので火力としては十分でしょう。ただ天敵のクリスタルウィングへの回答が少ないというのが問題ですね。打点での突破は不可能なので空打ちを誘うしかありません。その分こちらの消費が多くなりますがやむを得ませんね、

 

Twitterボタン

【花札衛】デッキ紹介&解説-これがエンジョイデュエルなんよおおおお

有言実行の鬼 YPGG管理人の”Reion”です。香港に来てからほとんど遊戯王をプレイしておらず、そろそろ脳内のカードプール更新しておく必要があるので昨日5時間ほどADSを回しました。その時に使っていた【花札衛】が個人的に良い感じに仕上がったので紹介&解説します。今回は時間の関係上で各カードの詳しい解説は省きますのでご了承を。

 

【花札衛-カーディアン】

 

■どんなデッキなの??

簡単にまとめるとモンスターを大量展開して大型モンスターのシンクロ召喚を狙うデッキです。シンクロモンスターである『五光』『雨四光』『猪鹿蝶』はそれぞれ5・4・3体の素材を要求する召喚条件の厳しいモンスターですが制圧力の高い効果を誇っており、『花札衛』及びサポートカードの効果を駆使してシンクロ召喚を狙います。

 

■どうやってシンクロ素材を確保するの??

『花札衛』シンクロモンスターを召喚するためには2つのステップを踏む必要があります。1つ目はモンスターを並べること。2つ目はレベルを調整。『花札衛』は基本的にレベルがバラバラであり、シンクロ召喚のためには全てのモンスターレベルを2に揃える必要があります。

 

・グループA

『桐』『竹』『芒』『柳』はそれぞれ上位札と下位札の2種類が存在。下位札は自身よりレベルの低い『花札衛』が居る時に手札から特殊召喚できる。上位札は下位札をリリースして手札から特殊召喚することができる。

 

・グループB

『猪』『鹿』『蝶』は自分フィールドの『花札衛』をリリースして手札から特殊召喚できる。

 

・グループC

『桜に幕』はデッキトップを確認してそれが『花札衛』なら特殊召喚できる。

 

殆どの『花札衛』は召喚/特殊召喚成功時にデッキの上からカードをドローして、それが『花札衛』であればキープ、そうでなければ墓地へ送る効果持ち。つまりデッキトップに『花札衛』が来れば来るほど連続展開が可能。特に『桜に幕』は単体での展開性能が高い。デッキトップは『花積み』や『札再生』で調整可能。

 

展開サポートとしては『花合わせ』でグループAの下位札を4体を簡単に展開可能。手札に『牡丹に蝶』か『柳に小野道風』を握っていれば即座に『雨四光』のシンクロが可能。『超こいこい』は運要素が強いものの少ないリスクで展開可能。『花積み』と組み合わせて確実に展開を狙うこともできるが、『竹』『桜に幕』などで連続展開を狙うほうが現実的。

 

チューナーは『柳に小野道風』と『牡丹に蝶』の2種類のみ。『小野道風』は『柳』を経由して出す必要があるため、リリースコストが緩い『牡丹に蝶』の方が使いやすい。どちらもシンクロ時に自身を含めた素材をレベル2にできる効果持ち。

 

■構築について

・『花合わせ』は優秀な展開手段だけど発動できない事故が結構多い。『芒』と『柳』である程度は回避できるもののフィールドにモンスターが2体いればその段階でアウトだし腐るリスクが結構高いと感じたため2枚のみ採用。3枚にしたい場合は『超こいこい』を1枚減らそう。

 

・モンスターの枚数は今のところこれがベストだと思ってる。『芒に月』は『桐と鳳凰』に変えても良いし、いっそのこと抜いても良い。『鹿』は採用してないし『猪』も1枚だけなので交換しても構わない。召喚条件もかぶってるからね。ただし打点は1000なので注意。

 

・最初の頃は『強欲で貪欲な壺』を採用することもあったけど、正直『花合わせ』事故の確率があがるし、使えるなら『花合わせ』は絶対に狙いたいから採用はありえないと思ってる。グループAの下位札を全て3枚積みなのは『花合わせ』を確実に使えるようにするため。

 

・『迷い風』はかなり好相性。その分だけ『花札衛』を増やしても構わないけど、行動阻害系カードが皆無なのは構築上大きな欠陥なので『迷い風』や『ブレイクスルースキル』など墓地でも発動できる系のカードが欲しい。

 

記事を読んでいただきありがとうございました

 

Twitterボタン

有言実行の鬼 YPGG管理人の”Reion”です。香港に来てからほとんど遊戯王をプレイしておらず、そろそろ脳内のカードプール更新しておく必要があるので昨日5時間ほどADSを回しました。その時に使っていた【花札衛】が個人的に良い感じに仕上がったので紹介&解説します。今回は時間の関係上で各カードの詳しい解説は省きますのでご了承を。

 

【花札衛-カーディアン】

 

■どんなデッキなの??

簡単にまとめるとモンスターを大量展開して大型モンスターのシンクロ召喚を狙うデッキです。シンクロモンスターである『五光』『雨四光』『猪鹿蝶』はそれぞれ5・4・3体の素材を要求する召喚条件の厳しいモンスターですが制圧力の高い効果を誇っており、『花札衛』及びサポートカードの効果を駆使してシンクロ召喚を狙います。

 

■どうやってシンクロ素材を確保するの??

『花札衛』シンクロモンスターを召喚するためには2つのステップを踏む必要があります。1つ目はモンスターを並べること。2つ目はレベルを調整。『花札衛』は基本的にレベルがバラバラであり、シンクロ召喚のためには全てのモンスターレベルを2に揃える必要があります。

 

・グループA

『桐』『竹』『芒』『柳』はそれぞれ上位札と下位札の2種類が存在。下位札は自身よりレベルの低い『花札衛』が居る時に手札から特殊召喚できる。上位札は下位札をリリースして手札から特殊召喚することができる。

 

・グループB

『猪』『鹿』『蝶』は自分フィールドの『花札衛』をリリースして手札から特殊召喚できる。

 

・グループC

『桜に幕』はデッキトップを確認してそれが『花札衛』なら特殊召喚できる。

 

殆どの『花札衛』は召喚/特殊召喚成功時にデッキの上からカードをドローして、それが『花札衛』であればキープ、そうでなければ墓地へ送る効果持ち。つまりデッキトップに『花札衛』が来れば来るほど連続展開が可能。特に『桜に幕』は単体での展開性能が高い。デッキトップは『花積み』や『札再生』で調整可能。

 

展開サポートとしては『花合わせ』でグループAの下位札を4体を簡単に展開可能。手札に『牡丹に蝶』か『柳に小野道風』を握っていれば即座に『雨四光』のシンクロが可能。『超こいこい』は運要素が強いものの少ないリスクで展開可能。『花積み』と組み合わせて確実に展開を狙うこともできるが、『竹』『桜に幕』などで連続展開を狙うほうが現実的。

 

チューナーは『柳に小野道風』と『牡丹に蝶』の2種類のみ。『小野道風』は『柳』を経由して出す必要があるため、リリースコストが緩い『牡丹に蝶』の方が使いやすい。どちらもシンクロ時に自身を含めた素材をレベル2にできる効果持ち。

 

■構築について

・『花合わせ』は優秀な展開手段だけど発動できない事故が結構多い。『芒』と『柳』である程度は回避できるもののフィールドにモンスターが2体いればその段階でアウトだし腐るリスクが結構高いと感じたため2枚のみ採用。3枚にしたい場合は『超こいこい』を1枚減らそう。

 

・モンスターの枚数は今のところこれがベストだと思ってる。『芒に月』は『桐と鳳凰』に変えても良いし、いっそのこと抜いても良い。『鹿』は採用してないし『猪』も1枚だけなので交換しても構わない。召喚条件もかぶってるからね。ただし打点は1000なので注意。

 

・最初の頃は『強欲で貪欲な壺』を採用することもあったけど、正直『花合わせ』事故の確率があがるし、使えるなら『花合わせ』は絶対に狙いたいから採用はありえないと思ってる。グループAの下位札を全て3枚積みなのは『花合わせ』を確実に使えるようにするため。

 

・『迷い風』はかなり好相性。その分だけ『花札衛』を増やしても構わないけど、行動阻害系カードが皆無なのは構築上大きな欠陥なので『迷い風』や『ブレイクスルースキル』など墓地でも発動できる系のカードが欲しい。

 

記事を読んでいただきありがとうございました

 

Twitterボタン

【香港フード】二郎インスパイア『混乱ラーメン』で混乱してきた

読者の皆さん こんにちは。1週間ぶりの更新ですね。昨日金曜日に全ての中間テスト、レポート及びプレゼンテーションが終了したので更新再開となります( ー`дー´)

 

英語でのテストやレポートに関しては日本でもあったので大した問題ではありませんでしたが、1番の問題は低すぎる英語能力で如何にプレゼンテーションを乗り切るかでした。そもそも人前で5分も英語で発表するのは高校の時のスピーチコンテスト以来。内容はよりアカデミックですし発表内容を話し合うミーティングですら英語力の低さを実感させられます。結果論としては問題なくプレゼンを成功させることができたわけですが、正直完全にグループメンバー依存だったと思います。リーダーシップを発揮してくれるメンバーの存在は偉大ですね。本当に助かりました。

 

あともう1点、流石に遊戯王ブログ名乗っておきながら食べ物ばかり紹介してるのは問題だと思ったので、現在少しづつ遊戯王のリハビリを行っています。1番の問題は9月以降に登場したカードの効果をほとんど覚えていないということ。正直超きついです。今はADSを使いながら少しづつカードの効果や動き方を覚えて、今月中には遊戯王記事掲載を再開したいなと思っています。また読者さんからの情報をもとに香港にある遊戯王の公認店も訪問しましたので、近いうちに記事にまとめたいと思います。

 

では今日のテーマは??実はカードショップがある『深水埗』付近に次郎インスパイアのラーメン屋さんがあるということで行ってまいりました。日本にいる時は『歴史を刻め』『天高く翔べ』『男は黙って前を行け』など様々な二郎系ラーメンに通っていました。正直学生の私としてはお手軽価格とは言えませんが、香港生活を始めてから既に2ヶ月が経過し、二郎系のボリュームが恋しくなったので奮発して行ってまいりました。

 

もうなんかTHE次郎系っていう感じの外観ですよね。店員さんは香港人の方ですが、メニューなどは全て日本語でも書かれており、オーダーシートに記入して手渡す形式なので言語に不安がある方でも問題なく訪問できると思います。

 

混乱ラーメン 野菜2倍 大/蒜油無し 75香港ドル=約1050円

 

<混乱要素>

『あれ??写真に乗ってたチャーシューがゼロ??載せ忘れか??』

『もやしだけじゃなくてキャベツも結構ある!』

『チャーシューが無いと思ったら野菜の下から超出てきた!』

『スープは味噌系 うまい!』

『麺は調理用の箸くらい太い。うどんみたい。食感最高!』

『野菜は三倍でも余裕』

 

混乱ラーメンという割には混乱要素は少なめでしたが、これなら是非日本にも店舗を構えてほしいと思うほどレベルの高いラーメンだったと思います。てかよく考えたらラーメンで1050円なんて日本に居る時は毎週消費してたね…。全然高くね~じゃん!!また”深水埗”まで行くことがあれば是非訪問したいと思います。ごちそうさまでした。

 

Twitterボタン

読者の皆さん こんにちは。1週間ぶりの更新ですね。昨日金曜日に全ての中間テスト、レポート及びプレゼンテーションが終了したので更新再開となります( ー`дー´)

 

英語でのテストやレポートに関しては日本でもあったので大した問題ではありませんでしたが、1番の問題は低すぎる英語能力で如何にプレゼンテーションを乗り切るかでした。そもそも人前で5分も英語で発表するのは高校の時のスピーチコンテスト以来。内容はよりアカデミックですし発表内容を話し合うミーティングですら英語力の低さを実感させられます。結果論としては問題なくプレゼンを成功させることができたわけですが、正直完全にグループメンバー依存だったと思います。リーダーシップを発揮してくれるメンバーの存在は偉大ですね。本当に助かりました。

 

あともう1点、流石に遊戯王ブログ名乗っておきながら食べ物ばかり紹介してるのは問題だと思ったので、現在少しづつ遊戯王のリハビリを行っています。1番の問題は9月以降に登場したカードの効果をほとんど覚えていないということ。正直超きついです。今はADSを使いながら少しづつカードの効果や動き方を覚えて、今月中には遊戯王記事掲載を再開したいなと思っています。また読者さんからの情報をもとに香港にある遊戯王の公認店も訪問しましたので、近いうちに記事にまとめたいと思います。

 

では今日のテーマは??実はカードショップがある『深水埗』付近に次郎インスパイアのラーメン屋さんがあるということで行ってまいりました。日本にいる時は『歴史を刻め』『天高く翔べ』『男は黙って前を行け』など様々な二郎系ラーメンに通っていました。正直学生の私としてはお手軽価格とは言えませんが、香港生活を始めてから既に2ヶ月が経過し、二郎系のボリュームが恋しくなったので奮発して行ってまいりました。

 

もうなんかTHE次郎系っていう感じの外観ですよね。店員さんは香港人の方ですが、メニューなどは全て日本語でも書かれており、オーダーシートに記入して手渡す形式なので言語に不安がある方でも問題なく訪問できると思います。

 

混乱ラーメン 野菜2倍 大/蒜油無し 75香港ドル=約1050円

 

<混乱要素>

『あれ??写真に乗ってたチャーシューがゼロ??載せ忘れか??』

『もやしだけじゃなくてキャベツも結構ある!』

『チャーシューが無いと思ったら野菜の下から超出てきた!』

『スープは味噌系 うまい!』

『麺は調理用の箸くらい太い。うどんみたい。食感最高!』

『野菜は三倍でも余裕』

 

混乱ラーメンという割には混乱要素は少なめでしたが、これなら是非日本にも店舗を構えてほしいと思うほどレベルの高いラーメンだったと思います。てかよく考えたらラーメンで1050円なんて日本に居る時は毎週消費してたね…。全然高くね~じゃん!!また”深水埗”まで行くことがあれば是非訪問したいと思います。ごちそうさまでした。

 

Twitterボタン