【遊戯王】10月からの新レギュレーションが発表されましたね。

ついに10月からの新レギュレーションが発表されましたね。最近、公式で夜の9時に発表があるのは、ショップの閉店時間も関係あるのかなと思いました。禁止アマゾネスの射手メガキャノン・ソルジャーサモン・ソーサレス ついにリンク初の禁止カードとして、サモン・ソーサレス…

ついに10月からの新レギュレーションが発表されましたね。

最近、公式で夜の9時に発表があるのは、ショップの閉店時間も関係あるのかなと

思いました。

禁止
アマゾネスの射手
メガキャノン・ソルジャー
サモン・ソーサレス

 ついにリンク初の禁止カードとして、サモン・ソーサレスが禁止になりましたね。

個人的には、召喚条件・テキストともにうまく調整されたカードだったと思ってい

ましたが、ハリファイバーオライオンSSの出しやすさから、展開の要となってしまい

残念でした。やはりFWDの主人公補正の前には、仕方ないって感じでした。

今回の禁止カードは、先行エクストラリンク・先行ワンキルを意識した規制だったと

思います。

制限
Emダメージ・ジャグラー
嵐征竜-テンペスト
トロイメア・ゴブリン
ヒーローアライブ
封印の黄金櫃

 制限は、なかなか面白い規制と緩和でしたね。征竜初の禁止解除となったテンペスト

ですが、様子見での緩和という印象を受けました。テンペストの活躍次第で徐々に緩和

されそうですね。しかし、動画で、カオス・ドラゴンのデッキを見るとダークマター

からテンペストとエクリプスを墓地に落とし、エクリプス効果レダメ除外、テンペスト

効果でエクリプス除外からのレダメ回収という動きを見ると征竜の緩和は、難しそうな

気がします。

 サンダー・ドラゴンでは、重要な封印の黄金櫃が無制限から制限カードになりました。

今回、環境デッキで、閃刀姫、オルターガイスト、サンダー・ドラゴンとすべてのデッキに

対して、規制が入りましたが、サンダー・ドラゴンだけは、他の2つのデッキと比べると

安定性に重要な黄金櫃を失い致命的なダメージを喰らってしまった印象です。

準制限
オルターガイスト・マルチフェイカー
ブリューナクの影霊衣
彼岸の旅人ダンテ
閃刀機-ウィドウアンカー
閃刀起動-エンゲージ
超融合
隣の芝刈り
真竜皇の復活
破壊輪

 閃刀姫は、アンカーが制限と予想していましたが、アンカーとエンゲージのどちらにも

規制が入りましたね。Twitterのツイートでは、あまり影響がないツイートを多く見かけま

したが今後のCSでの使用率が気になりますね。

 影霊衣がここ最近ずっと緩和され続けていて、ブリューナクの影霊衣の緩和は、

うれしいですね。さすがにユニコールの緩和は、難しいと思いますが、好きなテーマなの

で、また環境デッキとして使用できる日が楽しみです。

無制限
召喚師アレイスター
SPYRAL GEAR-ドローン
D-HERO ディスクガイ
イビリチュア・ガストクラーケ
エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ

 今回の無制限で、気になったカードは、イビリチュア・ガストクラーケです。

聖刻リチュアというデッキがあり、インゼクターと聖刻の環境のときに活躍したデッキで、

聖刻の効果を活かし、ガストクラーケでハンデスしつつ、トレミスM7で、

聖刻orガストクラーケを回収、トレミスM7を3体並べて、2700×3=8100でワンキル

という動きができるテーマでした。今は、リンクモンスター特殊召喚しないと

トレミスM7を複数並べることが難しいですが、儀式の準備や儀式植物があり、

ガストクラーケをサーチしやすいことから久しぶりに組んでみようかと思います。






【遊戯王】EXTRA PACK 2018が発売しました。

 今日は、EXTRA PACK 2018が発売しましたね。前回の記事で書きましたが、革命の鉄騎士、ユニティ・オブ・ドラゴンのレプリカを購入しました。世界大会のプロモは、中古でなかなか見つからないので、なるべく発売したときに集めるようにしており、いつかは、2012年のプロモを…

 今日はEXTRA PACK 2018が発売しましたね。

前回の記事で書きましたが、革命の鉄騎士、ユニティ・オブ・ドラゴンのレプリカを

購入しました。

世界大会のプロモは、中古でなかなか見つからないので、なるべく発売したときに

集めるようにしており、いつかは、2012年のプロモを手に入れたいと思っています。

 今回の
EXTRA PACK 2018の相場は、昨年と比較して全体的に安くなっている印象です。

昨年は、SPYRAL-ザ・ダブルヘリックスの封入率が低くく一枚あたり4~5000円に加え、

相方のサブテラーマリスの妖魔も2000円でしたが、今回の
EXTRA PACKは、

アドヴェンデット・セイヴァーが2000円、ユニティ・オブ・ドラゴンが1500円となっています。




 キメラテック・メガ・フリート・ドラゴンが、スーパーで収録されて集めやすくなったことも

あって
サイバーが組みやすくなり、エマージェンシー・サイバーも集めてデッキを

組みたいと思います。


 今回のEXTRA PACK 2018は、世界大会プロモを集めれば十分かと思っていましたが、

ヴェンデット・コアやヴェンデット・チャージが、不知火や他のアンデット族モンスターの

効果と
マッチしており、集めておきたいと思います。


ヴェンデット・コア
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

ヴェンデット・チャージ
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
アンデット族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を特殊召喚する。

 最近は、カードゲームユーザーがポケモンカードに集まっており、

シャドーバースやハースストーンなどのソシャゲに加え、娯楽が多いなか

紙のカードゲームが、またまだ注目されることに驚きました。

二人が集まってできることがメリットとなり、コミュニティが形成されるのが

紙のカードゲームの魅力だと感じますね。




【遊戯王】9月に入りましたね。新レギュレーションの発表のシーズン

 9月に入りました。新レギュレーションが発表される月ですね。来月にYCSも開催されることもあって、今回の発表は特に気になりますね。事前購入の閃刀姫デュエルセットで、ハヤテのシークレット使用が収録されることから今回の閃刀姫の規制は、ノータッチになると予想してい…

 9月に入りました。新レギュレーションが発表される月ですね。

来月にYCSも開催されることもあって、今回の発表は特に気になりますね。

事前購入の閃刀姫デュエルセットで、ハヤテのシークレット使用が収録されることから

今回の閃刀姫の規制は、ノータッチになると予想しています。また閃刀姫に規制が

入らなければ、オルターガイストやサンダー・ドラゴンの規制もノータッチではないかと

思います。規制が入るとすれば、エクストラリンクを狙いに行く過程で

必要なカードが規制されそうですね。


今月発売の商品
 今月は、EXTRA PACK 2018とSTRUCTURE DECK R- アンデットワールド -が

発売します。

 今回のEXTRA PACK2018は、ヴェンデットとF.Aが多く収録されます。

2017年世界大会の賞品の革命の鉄騎士、ユニティ・オブ・ドラゴンのレプリカが

収録されます。個人的にカードのデザインが好きなので、今回のレプリカは、

集めたいと思っています。

 ストラクチャーデッキRは、死霊王ドーハスーラが強力な効果をもつなか、

ここ最近、発売したデッキビルドパック・ヒドゥンサモナーズの魔妖や

Vジャンプに収録されたシノビネクロなどと組み合わせて強化できるのか楽しみです。









【遊戯王】YCSの詳細が発表されました

先日、YCSの詳細が発表されましたね。以前の記事で、YCSについての記事を書き、エクストラターン、デッキチェックなどによるタイムスケジュールの進行について心配していましたが、今回の発表では、予選1デュエル制 スイスドロー7回戦制限時間1デュエル25分ダブルエリミネー…

先日、YCSの詳細が発表されましたね。以前の記事で、YCSについての記事を

書き、エクストラターン、デッキチェックなどによるタイムスケジュールの進行に

ついて心配していましたが、今回の発表では、

予選
1デュエル制 スイスドロー7回戦

制限時間1デュエル25分

ダブルエリミネーション


となっています。海外のYCSでは、制限時間が過ぎた時点でライフポイントの差で

勝敗が決まり、先行での遅延などが問題視されていましたが、今回のYCSの予選では、

制限時間が過ぎた時点で引き分け(両者敗北)扱いとなり、先行での遅延が解消されて

います。加えて敗北扱いなので、両プレイヤーが勝つために心理的にプレイを早くする

こともメリットだと思います。

 環境についてですが、1デュエル制ということもあり、先行・後攻どちらとも

安定して動けるデッキかつ手札誘発を多く採用し、相手の妨害もできるデッキタイプが

必然的に多くなると考えらます。今期であれば閃刀姫が多くなりそうです。



【遊戯王】環境の変化 世界大会後の環境

世界大会も終わって、徐々にCSの開催数も増えてきました。世界大会後の環境ですが、オルターガイストの使用率がかなり増え、地域によっては、閃刀姫の使用率よりも多いところがあります。閃刀姫に対して、サンダードラゴンの使用率が増えてきたことを踏まえてオルターガイス…

世界大会も終わって、徐々にCSの開催数も増えてきました。

世界大会後の環境ですが、オルターガイストの使用率がかなり増え、

地域によっては、閃刀姫の使用率よりも多いところがあります。

閃刀姫に対して、サンダードラゴンの使用率が増えてきたことを踏まえて

オルターガイストの使用率が増えたことや先日の世界大会のイベントで

オルターガイストの使用率が高くこれまでオルターガイストを使用していなかった

プレイヤーが、オルターガイストを使い始めたことも影響していると考えています。

たんぽぽサンバの登場
 先日開催された四日市CSでは、たんぽぽサンバという新デッキが入賞しました。

展開は、これまでと同じトロイメアでのエクストラリンクを狙いに行くのですが、

剛鬼やABCなどと違い、1枚1枚の機能性を重視したカードを採用することで

事故率を減らし、空いたデッキの枚数で誘発の枚数を増やし安定性を高めた

デザインとなっています。

新制限発表までの1ヵ月の間で、よく対戦するテーマの1つになりそうです。







【遊戯王】世界大会を観戦 なつかしのメタビ

 8月に入ってから、風邪をひいてしまい1週間ほど寝込んでいました。Twitterのタイムラインを見ながら、気が付くと新弾デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズが発売していたり、世界大会も開催していて、話題がたくさんがありました。 さて今年の世界大会ですが、決勝ト…

 8月に入ってから、風邪をひいてしまい1週間ほど寝込んでいました。

Twitterのタイムラインを見ながら、気が付くと新弾デッキビルドパック 

ヒドゥン・サモナーズが発売していたり、世界大会も開催していて、

話題がたくさんがありました。

 さて今年の世界大会ですが、決勝トーナメントのデッキ分布が、

オルターガイスト、閃刀姫、トリックスター、剛鬼と4つのデッキが残り

閃刀姫が有利だと思っていため、驚きました。

 ここ数年の環境は、日本が先行発売しているカードを長く使用できる分、

日本に有利な環境が続いていましたが、2018年の環境は、ハリファイバー、

サモン・ソーサレスが禁止に加え、増殖するGの禁止などがあり、展開パターンや

手札誘発の採用・プレイの精度などから海外に近い環境で、海外勢が有利な環境だったと

感じました。個人的には、日本に有利な環境が続くことよりも他の海外ユーザーも

楽しめる環境になってほしいと思っていたので、よかったです。

 決勝戦は、サイバー・ドラゴン、ライオウ、御前試合、マインドクラッシュなど

シンクロ・エクシーズ環境時代に活躍したメタカードが、2018年世界大会の決勝で

使用され、活躍するとは思ってもいなかったので、かなりテンションが上がりました。

現環境の展開力が落ちて、またこれらのメタカードが使用できる機会がきてほしいと

思いました。












 

【遊戯王】YCSについて

 公式のツイートで、YCSについて少し発表があり、各会場約2000名、シングル戦(スイスドロー+決勝トナメ)、1日で決勝まで実施という内容でした。以前の開催日時の発表の時点で、土曜に東京、月曜に大阪という発表があり海外では、予選ラウンド+決勝ラウンドで2日間行うこ…

 公式のツイートで、YCSについて少し発表があり、

各会場約2000名、シングル戦(スイスドロー+決勝トナメ)、1日で決勝まで

実施という内容でした。

以前の開催日時の発表の時点で、土曜に東京、月曜に大阪という発表があり

海外では、予選ラウンド+決勝ラウンドで2日間行うことに対して、

日本の開催スケジュールに疑問を持っていたのですが、予想外のシングル戦でした。

 個人的に思ったのが約2000人で、シングル戦を1日で実施することが

ハードスケジュールなのではと感じました。

CSでも参加人数128名マッチ戦ですら、10時から1回戦を始めて終わるのが、

夜の8時・9時になります。2000人が参加するとなれば、対戦席を探すのにも

かなりの時間がかかり、対戦を始める前に準備やデッキチェック、

エクストラターンなどタイムスケジュールに支障をきたすことが考えられます。

また2000人規模となれば対戦回数も約10回戦は必要となります。

1日で予定を終わらせるとなると対戦時間40分ではなく、シングル戦で対戦時間が

半分の20分になると考えられ、対戦時間を意識したデッキ構築・環境になり、

日本の現環境とは違った環境になると予想しています。



 









【遊戯王】環境の変化 サンダー・ドラゴンが環境に登場

 新弾SOUL FUSIONが発売し、サンダー・ドラゴンが環境に登場しました。サンダー・ドラゴンの情報が、出始めてから、閃刀姫とのパワーパランスに注目していて、閃刀姫のサーチ力とサンダー・ドラゴンの制圧力のどちらが勝つのか気になっていましたが、メインの構築では、サン…

 新弾SOUL FUSIONが発売し、サンダー・ドラゴンが環境に登場しました。

サンダー・ドラゴンの情報が、出始めてから、閃刀姫とのパワーパランスに

注目していて、閃刀姫のサーチ力とサンダー・ドラゴンの制圧力の

どちらが勝つのか気になっていましたが、

メインの構築では、サンダー・ドラゴンの制圧力が上回っているようです。


 現在のサンダー・ドラゴンの展開パターンとしては、先行で、

超雷竜サンダー・ドラゴン×2、雷神龍サンダー・ドラゴンを並べて、

制圧するパターンです。

ミラーマッチでは、先行展開を突破するために

超融合やラー翼神竜ー球体形などの採用が見られます。



 今回新弾の発売で、サンダー・ドラゴンの登場後の環境の変化についてですが、

サンダー・ドラゴンは、閃刀姫に対して、かなりの強さを発揮するのですが、

サーチ手段が少なくデッキを経由して展開するオルターガイストに対しては、

かなり不利なデッキになります。そのため、ここ最近のCSのデッキ分布を

見てみると閃刀姫の使用率は、下がったものの、オルター・ガイストの使用率は

減っておらず、閃刀姫、オルターガイスト、サンダー・ドラゴンの3つの

デッキテーマが環境を争う形となっています。












【遊戯王】ついにYCSが日本に!!

 ついに日本にもYCSがやってきますね。数年前ぐらいから、ずっとやって欲しいと思っていたイベントがようやく来ました。うれしいー!! 日本での公式イベントは、選考会に加え、冬のコナミトーナメントぐらいでコナミトーナメントが始まったのは、2012年からですね。それま…

 ついに日本にもYCSがやってきますね。

数年前ぐらいから、ずっとやって欲しいと思っていたイベントが

ようやく来ました。うれしいー!!

 日本での公式イベントは、選考会に加え、冬のコナミトーナメントぐらいで

コナミトーナメントが始まったのは、2012年からですね。

それまでは、選考会1本だったので、なかなか全国各地のプレイヤーが集まって

イベントを行う機会がありませんでした。

YCSでは、海外の参加者を参考にすると1000名の参加がありますね。

参加者が、1000名を超えるイベントがくるのは、プレイヤーとして

かなりうれしいですね。

あとは、これまで、交流がなかった地方で活躍しているプレイヤーとの交流ができるように

なったりと楽しみですね。

すでにツイッターのタイムラインでは、以前の環境でやっていたプレイヤーが

復帰ワンチャンのツイートをよく見るので、YCSで夢の競演が見られるのも

楽しみです。





【遊戯王】今週は新弾SOUL FUSIONの発売です。

 今週は、新弾SOUL FUSIONの発売ですね。遊戯王OCG デュエルモンスターズ SOUL FUSION BOX [おもちゃ&ホビー] 新レギュレーションが、スタートしてから、閃刀姫の1強環境でした。最近では、閃刀姫の使用率がCSでも5割を超え、ミラーマッチの増加を意識して有効なメタカー…

 今週は、新弾SOUL FUSIONの発売ですね。


 新レギュレーションが、スタートしてから、閃刀姫の1強環境でした。

最近では、閃刀姫の使用率がCSでも5割を超え、ミラーマッチの増加を意識して

有効なメタカードである
相乗りのメイン採用の構築もみられ、

相乗りの買取金額も
高騰してきました。




 新弾では、サンダー・ドラゴンやカオスドラゴンの要である混源龍レヴィオニア

失楽の魔女など、環境に影響がありそうなカードが収録されているので、

新弾発売後の環境の変化が楽しみです。


 サンダー・ドラゴンの組むにあたって、スタートとなる太陽電池メンや

リンクモンスターとの組み合わせで、強力なコンボが狙える大狼雷鳴などが

注目されています。