幻想の見習い魔導師を入れた【帝】について

9/21発売の《幻想の見習い魔導師》を軸にした帝デッキです。

【モンスター】20
天帝従騎イデア 3
冥帝従騎エイドス 3
光帝クライス 3
D-HERO ディアボリックガイ 3
幻想の見習い魔導師 3
冥帝エレボス 2
天帝アイテール 3
【魔法】18
汎神の帝王 1
帝王…

9/21発売の《幻想の見習い魔導師》を軸にした帝デッキです。


【モンスター】20
天帝従騎イデア 3
冥帝従騎エイドス 3
光帝クライス 3
D-HERO ディアボリックガイ 3
幻想の見習い魔導師 3
冥帝エレボス 2
天帝アイテール 3
【魔法】18
汎神の帝王 1
帝王の深怨 3
帝王の凍気 1
帝王の烈旋 3
帝王の開岩 3
真帝王領域 1
闇の誘惑 3
ツインツイスター 2
おろかな埋葬 1
【罠】2
真源の帝王 2

【エクストラ】12
彼岸の巡礼者 ダンテ 1
No.61 ヴォルカザウルス 1
始祖の守護者ティラス 1
シャーク・フォートレス 1
アーティファクト-デュランダル 1
終焉の守護者アドレウス 1
永遠の淑女 ベアトリーチェ 1
セイクリッド・トレミスM7 1
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ 1
迅雷の騎士ガイアドラグーン 1
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー 1
神竜騎士フェルグラント 1


メインギミック

image


事故率の高い帝の初動を見習いちゃんに任せて誤魔化そうというコンセプトです。
見習いは手札を一枚捨てて自身を特殊召喚できる(召喚ルール効果)レベル6モンスターのため、超量士レッドレイヤーのようにリリース要員兼アドバンス要員として使えます。
気軽にアドバンスまで繋げることで、ご存知のとおりの開眼アイテールに持って行きましょう。

幻想の見習い魔導師について

ノーコストで特殊召喚できる超量士レッドレイヤーとの差別化をどうするかという点ですが、
・場にいても特殊召喚できる
・誘惑のコストにする
・6エクにつなぐ(⇔5エクにはならない)
・2800エイドスや4800エレボスを作る
これらに期待しています。

特に誘惑のコストになる点は今回一緒に採用しているD-HERO ディアボリックガイともマッチし、6エクおよびリリース要員というサブギミックとしては比較的優秀じゃないかと踏んでいます。
果たして跳ね上がるのはデッキの回転率か、事故率か。

2800エイドスはナチュルエクストリオやマジェスペクターユニコーンなどへの回答として有効で、見習いを持っているいないに関わらず、カードの存在そのものが相手には脅威となります。

採用カードについて

天帝従騎イデア 3
冥帝従騎エイドス 3
ヴェーラーいないので最大値を期待しましょう。

D-HERO ディアボリックガイ 3
今回のコンセプトにおいて唯一事故要員ですが、イデア、エイドス、見習い、烈旋、誘惑の計15枚で誤魔化せるので及第点でしょうか。領域アイテールとコンボして6エクを連打しましょう。

ツインツイスター 2
ディアボを捨てましょう

おろかな埋葬 1
ディアボを落としましょう


不採用カードについて

強欲で貪欲な壺
規制されるでしょ?(売っちゃった

連撃の帝王
怨邪帝ガイウス
環境次第で。基本はサイドでしょ?

ブラックマジシャン
見習いでサーチできるレベル7でギリギリ誘惑でも使えるため悩みました。
ただ開眼の起動に使うには見習い+もう一枚のリリース要員(エイドスなど)が必要であり、それなら最初からエイドス→見習いアドバンスでいいじゃんということで入れるメリットが見当たりませんでした。
レベル6か帝ステータスの同名モンスター出てくれないでしょうか。


こんなところです。
誰か強い人使ってください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

今こそ組みたいペンデュラムスクラップ

ペンデュラムの罠への弱さをスクラップチューナーでカバーすることを狙った、後攻型ワンショットデッキです。

デッキ枚数:41枚

【モンスター】20
スクラップ・ゴーレム 1
スクラップ・キマイラ 2
スクラップ・ビースト 2
スクラップ・ゴブリン 1
EMドクロバッ…

ペンデュラムの罠への弱さをスクラップチューナーでカバーすることを狙った、後攻型ワンショットデッキです。

デッキ枚数:41枚

【モンスター】20
スクラップ・ゴーレム 1
スクラップ・キマイラ 2
スクラップ・ビースト 2
スクラップ・ゴブリン 1
EMドクロバット・ジョーカー 1
竜穴の魔術師 2
竜脈の魔術師 2
慧眼の魔術師 1
賤竜の魔術師 1
ダイナミスト・ブラキオン 1
ダイナミスト・ケラトプス 1
ダイナミスト・プテラン 1
竜剣士ラスターP 1
竜剣士マスターP 1
エキセントリック・デーモン 2
【魔法】17
スクラップ・エリア 3
スクラップ・スコール 3
ペンデュラム・コール 1
ダイナミスト・チャージ 3
死者蘇生 1
サイクロン 2
ハーピィの羽根帚 1
予想GUY 3
【罠】4
神の通告 2
奈落の落とし穴 1
狡猾な落とし穴 1

【エクストラ】15
スクラップ・ツイン・ドラゴン 1
浮鵺城 1
スクラップ・ドラゴン 1
スターダスト・ドラゴン 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1
爆竜剣士イグニスターP 1
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン 1
剛竜剣士ダイナスターP 1
励輝士 ヴェルズビュート 1
鳥銃士カステル 1
昇竜剣士マジェスターP 1
フレシアの蟲惑魔 1
No.39 希望皇ホープ 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 1
No.61 ヴォルカザウルス 1



少し前までEM竜剣士の完全劣化であり使う気が起きませんでしたが、ようやくスクラップのアイデンティティを取り戻すことができました。
くたばれEM竜剣士(^-^)

基本的なコンセプトはスクラップシンクロやエキセントリックデーモンで後ろを退けてから一気にペンデュラム。
キルしきれない場合や先行時にはフレシアの蠱惑魔を立てて次ターンをしのぎ、シンクロ素材にしたことでエクストラに残っているPリソースを攻め手に使います。

特殊召喚カード+スクラップチューナーの初動が理想的で、ペンデュラム前にマストカウンターとなるシンクロ(スクラップドラゴン、イグニスターP等)を出せるかどうかが鍵となります。
そのため、その初動を成立させやすい構築方針を取っています。



ペンデュラムテーマについて

基本的にスクラップを使いたくて組んでいるデッキなので、ペンデュラムテーマとしての強さよりもスクラップとの相性に重きを置いています。


魔術師
慧眼を無料のシンクロ素材にしやすいことと、竜脈竜穴で前も後ろも解決できること、3〜7がペンデュラムできること、ペンデュラムコールの存在、とスクラップの相性だけでなく単体の強さも光ります。
眼差しからサーチする価値のあるドクロバットジョーカーを入れられる点も◯

・賤竜の魔術師 1
基本的に慧眼から出すときしか使わないので1枚。慧眼をシンクロに使った後、手札に戻して次ターンに備えることもできます。
エクストラに行った後は竜穴でしか出せませんが、ゴブリンとシンクロしてツインドラゴンになれるのは覚えておいて損がないです。

・竜脈の魔術師 2
このカードのおかげでマスターP1枚でも予想GUYを採用できたというありがたいステータスの持ち主。ラスターPに対応しているため2枚に。

・ペンデュラムコール
とにかくスケールを揃えないことには始動できないので、混ぜ物構築をしている中1枚で成立するカードは貴重です。
破壊されないスケールはスクラップドラゴンの破壊対象にできます。



ダイナミスト
テーマとしては微妙(失礼)ですがスクラップとはかなり相性が良いため、ペンデュラムテーマでありながら出張セットで使えます。

・ダイナミスト・チャージ 3
炎舞テンキのダイナミスト版。ターン1の永続効果として、エクストラに戻るダイナミストを強制効果で手札に戻します。
この永続効果が絡まないとダイナミストを採用している意味がないので3枚。

・ダイナミスト・ブラキオン 1
最高打点モンスターが相手の場にいると特殊召喚できる、サイバードラゴンのようなレベル5スケール6。ダイナミストチャージからサーチし、スクラップチューナーとシンクロさせた後、スケールに置くのが基本的な使い方です。
チューナーがいない場面では浮くためとりあえず1枚。

・ダイナミスト・ケラトプス 1
場がダイナミストだけのときにキザンになるレベル5スケール3。
ブラキオンと揃えば召喚権なしでランク5が立ちますが、チャージの効果を使えずにリソースを切らすため、ブラキオンでシンクロして罠を踏んだ後に狙いたいですね。
ピンポイントなところでは2100の打点要因として、予想GUY+ドクロバットなどからダイナスターを絡める場面で使います。
ダイナスター出してから、ケラトプス含む3体をペンデュラム、カステル効果からダイナスター効果、マスターPを蘇生して2000+2000+1950+2100=8050

・ダイナミスト・プテラン 1
ヘイタイガーのように、戦闘破壊に成功するとダイナミストカードをサーチするレベル4スケール3打点1800。
レベル5ダイナミストだけだとどうしてもレベルが合わない場面があるため、サーチ先として用意。

ダイナミストはスクラップとの親和性が高いため、スケールが揃わない場面でも腐りにくいのがポイントです。




スクラップカードについて

・スクラップ・ビースト 2
レベル4チューナー。あらゆるシンクロモンスターにアクセスします。こいつが来ないと始まらないですが複数欲しいカードでもないので2枚。

・スクラップ・ゴブリン 1
戦闘耐性のあるレベル3チューナー。ダイナミストブラキオンとならイグニスターPを含む8シンクロ、レベル4とならメテオバーストドラゴンにアクセスします。

・スクラップ・ゴーレム 1
・スクラップ・キマイラ 2
我らが相棒。前者はレベル5、後者はレベル4の吊り上げ効果持ち。キマイラは召喚時のみの効果なので、ペンデュラム前の罠を弾く目的など、スケールに依存しない使い方をしていきます。ゴーレムはスクラップドラゴンやツインドラゴンが破壊されたときに蘇生すれば何度でもシンクロし直せるため、ペンデュラムできる場面で早めに使い墓地へ送っておくと良いです。
いずれも墓地にチューナーを要求するため枚数は抑えめ。必要な時はスクラップスコールでサーチできます。




その他のカード

・予想GUY
コンセプトである、スクラップシンクロで罠を弾いてからペンデュラム、のお膳立てをするカードです。
ペンデュラムへの依存度を下げ、先攻後攻どちらでも強いため3枚採用。主にマスターPから、8シンクロやダイナスターに繋げにいきます。




使用感
後攻(=6枚スタート)であればだいたいペンデュラムまで届きますが、【オッドアイズ】などと比べエクストラに溜まるスピードが遅いので、チューナーを引けないと4エクに頼らざるを得ず、リソースを食いつぶして次第に苦しくなっていきます。

混ぜ物にしている宿命といいますか、やはり手札にムラが出やすいので、安定したペンデュラムギミックが必要になりそうです。とりあえず、予想GUY+スクラップビースト、そこからさらにペンデュラム、が出来れば十分なので、スケールを合わせられるEMインコーラスなどを入れるのも良いかもしれません。



収拾がつかなくなるので今回の記事は魔術師とダイナミストの出張レシピとしましたが、マジェスペクターラクーンとマジェスペクターユニコーンのセットも安定性の向上に繋がりそうですので試してみる価値ありです。

マジェスペクターラクーン+スクラップビースト+上スケール
ラクーン召喚でユニコーンサーチ、ユニコーンと上スケールをセッティング、ペンデュラムでスクラップビーストを特殊。シンクロメテオバーストドラゴン、効果でスケールのユニコーンを特殊。
先行展開に良さそうです。


それでは。

【デッキ解説】 EMスクラップ

お久しぶりです。トラスタです。エンタメイト混合型のスクラップを紹介します。書こう書こうと思っている間についに恐れている事態に陥ってしまったため、全く需要がなくなったことも感じつつ一応記事に残しておこうと思います。恐れている事態とは、SHVIに収録が決定したこ…


お久しぶりです。トラスタです。


エンタメイト混合型のスクラップを紹介します。


書こう書こうと思っている間についに恐れている事態に陥ってしまったため、
全く需要がなくなったことも感じつつ一応記事に残しておこうと思います。



恐れている事態とは、SHVIに収録が決定したこいつです↓


エンジェル・トランペッター
星4 地属性
植物族・チューナー
ATK/1900 DEF/1600


要は予想GUYで呼べ、殴れる汎用4チューナーですね。

環境で猛威をふるっている竜剣士EMにこいつが採用されるかは置いといて、
俺がEMスクラップで取ってきたプランはこいつのおかげで
竜剣士EMでふつーに行えるようになってしまいました。
コン○イふざけんな



まあまあそれは置いといて、EMスクラップのレシピをご覧ください



メインデッキ 42枚


モンスター 25


スクラップ・キマイラ 2
スクラップ・ビースト 3
スクラップ・ゴブリン 1
EMドクロバット・ジョーカー 3
EMペンデュラム・マジシャン 3
EMモンキーボード 3
EMギタートル 1
EMリザードロー 1
竜剣士ラスターP 2
竜剣士マスターP 1
竜魔王ベクターP 2
解放のアリアドネ 2
エキセントリックデーモン 1


魔法 10


スクラップ・エリア 2
竜呼相打つ 3
揺れる眼差し 3
ツインツイスター 2


罠 7


神の宣告 1
神の警告 1
神の通告 3
時空の落とし穴 1
狡猾な落とし穴 1



エクストラデッキ 15枚


スクラップ・ドラゴン 2
レッドデーモンズドラゴン・スカーライト 1
スターダスト・ドラゴン 1
爆竜剣士イグニスターP 1
ブラック・ローズ・ドラゴン 1
剛竜剣士ダイナスターP 1
昇竜剣士マジェスターP 1
鳥銃士カステル 1
希望皇ホープ 1
希望皇ホープザライトニング 1
外神ナイアルラ 1
外神アザトート 1
フレシアの蠱惑魔 1
深淵に潜むもの 1


ご想像の通りほとんどがEMに飲み込まれた名ばかりのスクラップデッキです。


このデッキで目指したプランは、「EMにはできないこと」でした。

スクラップには汎用4チューナーであるスクラップビーストがいるため、
エクストラデッキにリソースを蓄積できるペンデュラムモンスターとのシンクロ戦術は
スクラップ使いならだれもが一度考えることです。


以前ツイッターで紹介した「魔術師スクラップ」も慧眼との相性の良さを活かしたデッキでした。
(なお制限化により死亡)


EM、というか今やペンデュラムデッキの必須カードである「竜剣士ラスターP」は、
チューナーではありながら「竜剣士」モンスターの素材にしか使えないという縛りのおかげで、
幅広いシンクロ戦術には適しません。(まあイグニスターで十分なんですけど)


そこで目を付けたのが、この2枚です。


g6816922



スターダスト・ドラゴン
シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。



レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「レッド・デーモンズ・ドラゴン」として扱う。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の、このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ
特殊召喚された効果モンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊したモンスターの数×500ダメージを相手に与える。


スターダストドラゴンについては今さら説明不要と思いますが、
あらゆる破壊効果に対し、自身をリリースすることでその発動を無効化することができます。


そのメタ対象は幅広く、
・ラスターP
・ペンデュラムマジシャン
・エキセントリックデーモン
・イグニスターP
・揺れる眼差し
・ツインツイスター
・サイクロン
など、EMに標準搭載されているカードの多くを止めることができます。


といっても、戦闘においては打点2500のバニラモンスター。
そこで、アリアドネでサーチの効く神カウンター罠と一緒に構えることで、相手の突破口を封じます。


単純に、スタダ2伏せを構え、その中に眼差しやツイツイがあるだけでも、
自分は相手の動きに合わせて好きなタイミングで妨害を当てられ、
相手はスタダを処理するまでは眼差しやツイツイ、ラスターを起動できない、
これだけでも干渉力は非常に高いと考えます。



さてもう1枚。
スカーライトは、相手の全面をすべて退かした上で半分以上のライフを奪う可能性のある、返し札としては抜群な性能を誇ります。

今まではヴォルカザウルスよろしく、ダメージジャグラーの存在からリスクの固まりのようなカードでしたが、
今は何のリスクもなくガンガン効果を使っていくことができます。
ヴェーラーを食らっても、3000打点。イグニスターPも殴り倒せます。



***

スクラップをEMに預けること、それは単純にEMのパワーを借りたいという気持ちもありますが、
「竜呼相打つ」がシンクロ召喚のお膳立てとして最高クラスのカードであるためです。


例えば、先行を取った初手が

・スクラップビースト
・竜呼相打つ
・揺れる眼差し
・神の通告
・神の宣告

こんなしょっぱい感じだったとしても、この構築を取っていれば竜呼で出したマスターかベクターとスクラップビーストでスタダ3伏せを構えることができます。


シンクロの自由度は高いが展開力に乏しい、あるいは展開力のためにスクラップファクトリーのようなコンボカードを採用する必要がある、
そんなスクラップにとって、アド損せずにデッキからシンクロ素材を1体(潜在的に見ればエクストラに加わる2枚を含め3枚)リクルートできる竜呼相打つは、夢のようなカードです。

次のドローでドクロかモンキーを引いたらエクストラからまた2体出せるんですからね。このパワーを活かさない理由はありません。



そんな感じで結構な自信作デッキだったのですが、


エンジェル・トランペッター
星4 地属性
植物族・チューナー
ATK/1900 DEF/1600


こいつを最近はやりの予想GUY入りEMに組み込めば、実現できてしまうわけですねー。まさに無念。

さすがに今回紹介したプランを「EMスクラップ」という形で使うのは、スクラップという単なる自己要員を増やしただけの劣化デッキなのでもう使わないことにします。

というか、バニラチューナーが来てしまったのはスクラップのアイデンティティを脅かしていますね。一体どうしろと。




スクラップの未来はどっちだ。




最後までお読みくださりありがとうございました。

零式CSレポ

7/11に開催された零式CSに出てきました。いつもメンバーにおんぶにだっこなので、力を付けるために初の個人戦です。

48名スイスドロー(2敗で強制ドロップ)
予選4回戦
決勝トナメ3回戦

上位8名がトナメ進出なので、4-0の3人か3-1の9名のうち5人に入らないといけない…


7/11に開催された零式CSに出てきました。いつもメンバーにおんぶにだっこなので、力を付けるために初の個人戦です。

48名スイスドロー(2敗で強制ドロップ)
予選4回戦
決勝トナメ3回戦

上位8名がトナメ進出なので、4-0の3人か3-1の9名のうち5人に入らないといけないわけですね…これは初戦負けられない…(フラグ


使用デッキはシャドールスクラップです。
というか動きはほとんどシャドールなのでその点お見知り置きを。


1回戦
vs AF魔術師

○××

トナメ絶望の負け。1戦目は苦しみながらも後半なんとかテンポ握りゴリ押し、2,3戦目はワンショットでした。

一本目相手が先行で2伏せエンド。こちらはマスマティヘッジ融合が揃っていて悪くない手札。
ヒーロー読みだったのでモンスター引けてないならマスマティアタックからシェキナーガが安定かと思い、マスマティでリザード→ドラゴンで後ろを割りに行きます。
そこで割れたのがデスサイズ。あー。マスマティアタックも融合も封じられてしまいます。思えばこのときから既に敗色濃厚でした。
置いた激流はムーブメントで綺麗に割られます。ここのセットがモラルタ。おいおい純afじゃないだろうな…
相手はマスマティを殴り、一伏せ増やして終了。
手札の融合素材はヘッジとジュラゲドのみ。ミドラーシュへの脱出を嫌い、メイン2に融合したかったのでバトルフェイズに脱出でデスサイズを退けてからジュラゲドss。殴ったところに神智ベガルタでジュラゲドが殺されてしまいます。大人しくミドラにしてから殴れってことですね。罠の読み違いが酷い。
今だから考えられますが、そもそもマスマティ殴られるところに脱出あててシェキナーガに繋げたほうがよかったですね。ワンドローできるなら良いかとか考えちゃうんですよ…

モラルタとベガルタに殴られながら、返しにエキセンでモラルタを倒し、相手もモンスター引けないようで気づけばミドラーシュで制圧。
完全に純afだなと思ったところにドクロバット召喚からペンデュラムコール。でも残念ながら相克でミドラを倒すくらいしかできないようでした。
返しにスクラップビーストからツインドラゴン出して融合ミドラで蓋して勝ち。

二本目は相手が後攻選択。手札は融合影融合貪欲簡易シャドールビーストのお祭り騒ぎ。
まあaf型だしワンキルはねーだろと融合だけ伏せて終了。
相手が帚からドクロバット慧眼慧眼銭竜相克眼差し慧眼銭竜竜穴でワンキル。なにそれ。
無理矢理にでもミドラーシュ出しておくべきだったのだろうか…

三本目は後攻を選択し、相手がドクロバットで慧眼サーチしてエンド。こちらはブラホ終末ジュラゲドサイク眼差しとメタによった手札。
ブラホから終末ファルコンジュラゲドでライフを取り、さあここで昨夜抜いてしまったヴェルズナイトメアが必要になります。アークナイトにチェンジしてしまった自分を呪いながら3体並べたままお祈りエンド。
返し相手が慧眼慧眼、慧眼効果にチェーンして眼差し撃ったら相手もチェーンして眼差し。眼差しから慧眼回収し、手札から銭竜をセット。慧眼効果で竜穴セット。
ここで外したら負け…と思いながらサイクで竜穴を割ったら、さらに手札から竜穴。どうにも相手が強すぎる。
ウサギからオッドアイズバースト、幻想と繋げてフルパンの後ルーラーで終了。

反省するところが多い(^_^;)


2回戦
vs テラナイト
○×○

一本目相手がモンスター引けずに無難にミドラ立てて勝ち。

二本目は融合を引けずプトレマイオスダイヤで制圧。破壊輪で倒したもののライフを取られすぎて最後は下級に殴られて死亡。
破壊輪は後半に引くと使うの難しいですね。

三本目はエクシーズに罠当てながらドラゴンでビートして勝ち!

首の皮一枚つながります。


3回戦
vs 海皇
○○

一本目じゃんけん勝って後攻。相手が一伏せで終了。
こちらはリザード召喚からアタックで残り6200
相手のネプト召喚に激流を当ててリザードからドラゴン落とし後ろを破壊。裏も激流だったかな?
こちらの手札が簡易蘇生ファルコン。簡易ノーデンリザードで深淵、ノーデン切って効果発動。蘇生ノーデンドラゴン、手札のファルコン召喚
17+20+19+6でぴったり削って勝ち。

二本目はモンスターを引けず激流と手違いを置いて終了。相手のサイクで激流が割れ、パイク召喚龍騎切ったところに手違い発動するもののチェーンサイク。狙撃とディーヴァをサーチされる。
返しに蘇生で龍騎奪ってパイクをパンチ。相手のディーヴァにヴェーラーを当てて止まったところにやっと揃ったシャドールで融合。ミドラーシュで制圧に入ります。
最後はメガロにウサギ当ててミドラ超えられずに勝ち。

やっぱミドラが相性良いですね。


4回戦
vs 炎星
○○

一本目後攻選択。相手が先行でカーD2伏せしてきたのでこれは完全にAFだ!と思ったら次のターンテンキからユウシ回収してきました。そんな型もあるのか…。
ユウシにデモチェを当てながら、ミドラーシュへの罠を神宣でカバーして制圧勝ち。

二本目は相手が後攻を選択。
こちらはブレイズマンヘッジホッグ融合なしというハンドなので当然ブレイズマン召喚。そこにヴェーラーが当たります。サイチェン後も入るのか…と思いながら辛いエンド宣言。
後攻テンキからユウシ回収、ユウシでアタックしてきたところにヴェーラー。1伏せ追加して終了。
トップキマイラですが墓地にビーストはいません。てことでソルチャブレイズマンで融合回収してから、キマイラとエクシーズでビュート。抜けた罠は忘れました。ここでリソース断ち切れたのは悪くなかったかな。
返しにエンショウ槍アタックでビュートが倒されてテンキセット。テンキで再びユウシを回収されます。
こちらのドローがリザード。融合ヘッジリザードでファルコン回収ビースト1ドロー。ドローがブラホだったかな?エンショウ倒してファルコンセット。布陣を整えます。
相手は一伏せ追加するのみでエンド。後から聞いて分かりましたがテンスウを待っていたようですね。なるほど。
こちらはヴェーラーがあったのでユウシを誘うためファルコン反転ヘッジホッグ。ちまちまライフを奪います。
相手がユウシ召喚してバトルフェイズに入るところでヴェーラー。読み通りや〜と思ったらテンスウ発動から追加召喚。あれれ。ホープでミドラが倒されます。ライトニングにはならずにエンド。
ドローがシャドールフュージョン。さらに手札にシャドールフュージョン持ってたので場のヘッジとデッキのスクラップビーストでシェキナーガ。リザードを召喚し、シェキナーガアタックホープ効果を無効化してリザードでアタックして勝ち!!


結果3-1
やはりオポが足りず決勝トナメには行けませんでした。あと一歩で初のトナメだっただけに悔しいです。まあ初戦負けたらそんなもんですよね。


自省論兼ねて構築ふりかえり。

・スクラップキマイラ
手札墓地にビーストいればシンクロエクシーズの布石、いなければシェキナーガにすればいいので、デメリットよりもメリットが光りました。
ツインに拘らければぶっちゃけカメンレオンでもいいんじゃないですか。
ジュラゲドの関係で今回1枚にしましたがやっぱ2枚欲しいですね。

・スクラップビースト
ミドラーシュからツインドラゴンを出せるのが何よりのメリットです。あとは簡易融合、ソウルチャージが強く撃てるのも魅力ですね。
枚数は2枚か3枚が良さそうです。

・ジュラゲド
元々はミドラーシュの打点底上げが狙いでしたが、だいたい脱出で消えるので想定した場面が発生しませんでした。
またプトレマイオスがいない関係でメイン2のエクシーズも弱く、唯一終末と一緒に引いてヴェルズナイトメアになりたい場面がありましたが、それよりは2枚目のシャドールドラゴンや罠があるほうが強いと感じました。

・ブレイズマン
動き出すために融合とシャドール2枚の計3枚を要求するこのデッキにとって、ブレイズ+シャドールの2枚でアド損なく動けるこのカードは革命的な存在です。まあ今更なんでしょうが。理論的には魔術師相手にエグリスタも強いです。
個人的には影融合3接触1融合2ブレイズ1の計7枚体制でやっとストレスなく融合できるかなと感じました。

・月華竜、ブラックローズドラゴン
枠の関係上入れていなかったのですが、やはり欲しい場面は出て来ませんてんした。

・ノートゥング
これも枠の関係上入れてません。
今回は欲しい場面が来ませんでした。10マッチに一度くらい、ダイヤ相手に欲しい場面が発生します。

・アノマリリス
超融合が無いので入れてないのですが、手札に融合だらけで簡易融合引いたときに無理やりでもノーデンの融合先があると助かるなという場面が少なくありませんでした。
これを入れるとカステルビュートシェキナーガ2枚のうちどれかを諦めることになるので、なるべくなら入れない方向で頑張りたいです。


次こそ結果残せるように頑張ります。

スクラップがこの先生き残るには

辛い環境です。こんにちはトラップスタンです。

Twitterで普段から書いているようなことばかりですが、最近思うところを書き残していこうと思います

1.スクラップの個性
2.スクラップを使う上でのファクター
3.個人的なスクラップの構築履歴

1.スクラッ…



辛い環境です。こんにちはトラップスタンです。

Twitterで普段から書いているようなことばかりですが、最近思うところを書き残していこうと思います


1.スクラップの個性
2.スクラップを使う上でのファクター
3.個人的なスクラップの構築履歴



1.スクラップの個性


突然ですが、

スクラップを使い続けるメリットとは?

今ははっきり言ってありません(マジで
今使っている人はよほどスクラップが好きかスクラップしか使えないかのどちらかでしょう。ちなみに俺は後者です。ほかのデッキ使えまへん。

環境外でキメてやるぜ★みたいなアウトロな体勢で使ってる人もいるかもしれませんが、果たしてキメられるのか甚だ疑問です。俺はキメられませんでした★
同じパワー低いデッキでも、どうせならナチュルだとかメタ要素を積めるデッキにしたほうがチャンスあるのかなあと感じたり。まあ使ったことないですけど。


さてここまでは愚痴ですが、今回の話の核でもあります。
スクラップに限らず、デッキを一つ握るのであれば、それなりに納得のいく使う「理由」が欲しいところです。

スクラップが好きだからそれが理由だ!!弱いからってなんじゃ!!
これも多いに結構でしょう。俺だって好き以外に理由はありません。

ただ、この場での「理由」とは、ゲームプレイの中で合理的なメリットに繋がるものを指すことにします。
つまり、他のデッキよりアドバンテージを獲得することができたり、特定の動きによって難易度の高い回答を要求できること等です。

その視点で、
ではスクラップには何ができるのか?
ヒーローには出来ない、ネクロス、テラナイトにも出来ない、同じシンクロテーマである竜星にも出来ない、明確な個性が必要です。

だって同じことしかできないなら、わざわざパワー低いデッキを使う必要ないですもんね。俺はそう思います。


このような意味で、スクラップにしかできない事とは、俺はこの2枚のカードに尽きると思います。


image

スクラップツインドラゴン
星9/地属性/ドラゴン族/攻3000/守2200
「スクラップ」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚と相手フィールド上に存在するカード2枚を選択して発動する事ができる。選択した自分のカードを破壊し、選択した相手のカードを手札に戻す。
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

A14913_Z1

スクラップドラゴン
星8/地属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分及び相手フィールド上に存在するカードを1枚ずつ選択して発動する事ができる。選択したカードを破壊する。
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。


どちらも打点、除去力ともにハイスペックであり、破壊時の蘇生効果により、除去手段が限られます。その意味で、相手に要求する回答の難易度も申し分ありません。(ホープぅ?カステルぅ?なぁにそれぇ)

スクドラは出しやすく小回りの効くカードで、下級除去からバック破壊まで手広く仕事します。
ツインドラは相手の2枚のカードをバウンスするため、主に前面のエクシーズを退けたり、バックをまとめて戻すなどワンキルに貢献します。


ことツインドラに関してはスクラップチューナーでしか出せず、30打点で除去持ちというと汎用カードではエン魔竜くらいしか存在しません。
エン魔竜はノーコストの代わりに攻撃力制限、除去対象の制限を持つ面で、両者の住み分けはハッキリと出来ており、その意味でツインドラは「スクラップならでは」を体現しているカードと言えるでしょう。


余談になりますが、攻撃力0で戦闘破壊されないスクラップゴブリンや、特殊召喚時に自分の場のスクラップモンスター以外を全破壊するスクラップサーチャーを、スクラップゴーレムの効果で相手の場に出すコンボもスクラップ特有の動きとして存在します。
この動きを軸として構築される型も存在するようですが、個人的にはこれらはあくまで特定場面での突破手段の一つに過ぎず、スクラップの個性とは言えないという見解でこの場では進めます。





2.スクラップを使う上でのファクター

さて、スクラップドラゴンやツインドラゴンを個性に据えるなら、シンクロ素材の揃えやすさがデッキとしてマストな要件ですね。

20120704232116bd1

スクラップキマイラ
星4/地属性/獣族/攻1700/守 500
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたチューナー1体を選択して特殊召喚する事ができる。
このカードをシンクロ素材とする場合、「スクラップ」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できず、他のシンクロ素材モンスターは全て「スクラップ」と名のついたモンスターでなければならない。

card73709106_1

スクラップビースト
チューナー
星4/地属性/獣族/攻1600/守1300
フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。
このカードが「スクラップ」と名のついたカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、「スクラップ・ビースト」以外の自分の墓地に存在する「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。


墓地にビースト、手札にキマイラがいれば、アドバンテージを損なうことなくスクラップドラゴンを出すことができます。

スクラップビーストを墓地に落とす手段は以外と限られており、皮肉にも純構築であればあるほど、
・ハルベルト特殊からのビースト召喚→シンクロ
・ビースト召喚からのスクラップスコール→キマイラ回収
などといった手札ないし召喚権の消費に頼ることが多く、ここをどう上手くやるかが他テーマとの混合構築を取る上での腕の見せ所でもあります。

image

スクラップスコール
速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「スクラップ」と名のついた
モンスター1体を選択して発動する。
自分のデッキから「スクラップ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、カードを1枚ドローする。その後、選択したモンスターを破壊する。


さて、上記の二枚だけではツインドラゴンを出すことができません。
そこで必要となるのが、スクラップゴーレムです。

023

スクラップゴーレム
星5/地属性/岩石族/攻2300/守1400
1ターンに1度、自分の墓地に存在するレベル4以下の「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択し、自分または相手フィールド上に特殊召喚する事ができる。


レベル5にしてしまったのが時代遅れ感を拭えないカードですが、そのおかげで同名縛りなく1ターンに何度でも効果を使うことができ、ビーストを釣り上げてツインドラゴンを出すことができます。

また、スクラップドラゴンやツインドラゴンが相手により破壊された場合の蘇生効果が活きるのはこのカードが墓地にいてこそであり、再度ビーストを釣り上げることで2体目のツインドラゴンや浮鵺城を出すことができます。

極めて扱いが難しいのにも関わらずスクラップファクトリーのリリースをプレイヤーが待ち望んだ理由はこのカードのためであり、他にも手札から切るための手札抹殺や召魔装着を入れている構築も多いことから、いかにこのカードを墓地に置いておくことが強力かが伺えます。

image

スクラップファクトリー
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上の「スクラップ」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
また、フィールド上に表側表示で存在する「スクラップ」と名のついたモンスターがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、自分はデッキから「スクラップ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。「スクラップ・ファクトリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


***

ここまでに挙げたカードにより、ある程度「スクラップらしさ」を持つデッキは組むことができます。
あとはどこまで「スクラップ」というカード名に拘るか。
残念ながらBFやテラナイトのようにテーマ内のカードで固めるほどに強くなるタイプのテーマではありません。サポートのなかで強力と言えるのはスクラップスコールくらいであり、余ったスロットは汎用モンスターなどに頼らざるを得ないところがあります。

数少ないCS入賞経験のあるスクラップデッキはいずれもライオウやサイバードラゴンを入れた昔ながらのメタビート型です。
プレイヤーが都度都度独自な構築を作っては崩し頭を悩ませているのも、強い(=環境への対応力が高い)スクラップの構築がメタビート型以外提示されていないからであり、その意味で未完成のテーマと言えます。





3.個人的なスクラップの構築履歴

最後になりますが、俺がこれまでに作っては崩してきた(爆笑)スクラップのデッキタイプをいくつか紹介して、この記事を終えようと思います。何かのヒントになればいいのですが…


・純スクラップ

AF先史遺産が流行した頃に使用。AFに対してスクラップが好相性な点と、スクラップファクトリーのリリースが同じパックであったことが使用理由です。この頃はみんなファクトリーを採用していたと思います。

どこまで行っても最後に立ち戻るのはこのデッキタイプであり、ハルベルトやジュラゲド、トリッククラウンなどのリリースにより純構築の中でも幅を持たせられるようになってきた印象があります。

血の代償、レドックスの禁止により展開力が著しく低下したほか、地属性に縛る理由がグランソイルくらいになり方向性を見失いかけているのが現状です。


・ハルベルトリオンスクラップ

シャドール黎明期の頃に使用。
純構築とメタビート型を足して2で割った感じで、先行でも後攻でもアドバンテージを獲得できることをテーマに構築しました。当時はテラナイトも多く、いかにして後攻ハルベルトトリオンでデネブを叩いてからラプソディで除外するかという動きに拘っていたような気もします。
当時のシャドールにはそこそこ強かったのですが、神の現し身との接触のリリースによりハルベルトや奈落が機能しなくなったため解散。


・カオススクラップ

セプスロシャドール環境にて使用。
当時はセプスロを止めるモンスターがライオウくらいしかなく、ショックルーラーモン宣言や魔法宣言により一瞬で詰みに持って行かれる場面も少なくなったため、回答としてスクラップと親和性の高い白黒竜と邪帝ガイウスを採用。ライオウとガイウスの強さは想像以上でした。
白黒竜の爆発力の代償として事故率が高く、ガイウスに頼りっぱなしな点も当時の自分としては気に入らず解散。


・竜星スクラップ

セプスロ環境〜クリフォート台頭頃にて使用。
セプスロの回答として激流葬を強く撃てるデッキを模索していたほか、シュンゲイビーストで簡単に出すショウフクの強さに着目しました。
竜星との相性は上々で、スクラップスコールに竜星の具象化が反応します。また、構築後に編み出したビシキドゥローレンによるスキルドレインのバウンス→キマイラ効果→スキドレ再セットのコンボは対応力が高く自信作でした。
どうしてもスクラップモンスターが減るため、親和性を持たせるためのスクラップスコールが腐りやすくなった点と、スキルドレインをもっと強く撃てるクリフォートの台頭により立場が辛くなり解散。


・オノマトスクラップ

スクラップお遊び編①。ネクロス黎明期にて使用。
ネクロスには勝てないと踏んで前から気になっていた構築で遊ぼうと組んだのがこれ。
オノマト要素としてハルベルトの代わりとなるドドドバスターと、直接攻撃に反応して手札から出せるガガガガードナーを採用して、展開力補助に。ドドドを切って2ドローできるドドドドローによって回転力を高め、最後はグランソイルでフィニッシュというコンセプトです。カードカーDを入れていることからもいかにネクロスを捨てていたかが分かります。
気になる方は以前の専用記事があるのでどうぞ。


・ぶっころスクラップ

スクラップお遊び編②。2015年初頭〜3月頃まで使用。
友人が組んだ罠0、デステニードロー、融合解除による高速回転を実現したブン回しヒーローに惚れ込み、同じ動きをしようと作ったのがこれ。
スクラップゴーレム→XXセイバーガトムズの擁立に懸けており、レドックス、死者蘇生、ソウルチャージ、シンクロキャンセルでの蘇生により浮鵺城を連打して相手のハンドを刈り取る展開や、手札抹殺や断殺でデッキを回転させてグランソイルでワンキルするなど、スクラップでできる強い動きをふんだんに取り込んだ構築です。
今となっては罠を0にする必要もなかったかなと思いながら、レドックスの禁止をもって一旦崩しました。


・蛮族スクラップ

スクラップお遊び編③。2015年4月召魔装着のリリースをもって使用開始。
レベル5戦士族のチューナーであるスクラップソルジャーと、召魔装着から出せる魔装戦士ヴァンドラを蛮族の狂宴により並べ、ランク5エクシーズやアルティマヤツィオルキンを出そうという構築。
手札を切って発動する召魔装着は場面によって強くも弱くもなり、モンスターの数を増やせばその分罠が薄くなるというジレンマを抱えながら、なかなか大会レベルにまでは練り込めず止まっている状況。ヒーローが減れば多少マシになるかもしれませんね。


・魔装スクラップ

2015年4月召魔装着のリリースから少しだけ使用。
テラフォーミングをスクラップファクトリーと共用できる召魔装着に注目し、ドラゴディウスと共に採用。
戦士族魔法使い族ドラゴン族の攻守が300ポイントアップするため、ハルベルトやカイクウがかなり強くなる点も魅力でした。
構築の仕方によるとは思いますが、展開すればするほど手札が減ることや、魔装と相性の良いカードがいずれもスクラップに直接活かされるものではなく、どうにもクラウンブレードの劣化というイメージを拭えないまま、大会でぼこぼこにされたのを機に解散。
もう少し練れるとは思います。


・シャドールスクラップ

2015年4月から使用中。
ネフィリムの禁止からシャドールのメタが減少したことと、ミドラーシュの緩和によりビーストとシンクロしてツインドラにしやすくなった点に注目しました。
スクラップ要素はゴーレムキマイラビースト程度に収めて、融合でうまくビーストを墓地に送りながらキマイラビーストでスクドラを出す形です。
単体のカードパワーをシャドールに頼り、地属性要素をスクラップで補填することで両者にメリットのある構築にしたいなあと進めています。



そろそろ制限改定なので、とりあえずヒーローとネクロスが消えるといいですね!!!
それでは。

【デッキ解説】スクラップ(オノマト連携型)

オノマト連携を採用したスクラップを紹介します。個人的なブームが来ているので、飽きないうちに語ろうと思います。0.凡例NS 通常召喚SS 特殊召喚1.コンセプトオノマト連携 および ドドドドローの高いデッキ圧縮性、手札交換性に着目しました。アドバンテージの損失…

LVAL-JP067



オノマト連携を採用したスクラップを紹介します。
個人的なブームが来ているので、飽きないうちに語ろうと思います。



0.凡例

NS 通常召喚
SS 特殊召喚



1.コンセプト

オノマト連携 および ドドドドローの高いデッキ圧縮性、手札交換性に着目しました。
アドバンテージの損失を抑えながら手札と墓地を揃えていき、
スクラップキマイラ、スクラップゴーレムのカードパワーを爆発させることをゴールとしています。

実際大会で使ってみましたが、想像以上に戦えたので、スクラップにとって無理のない構築なんだと思います。
何よりたっぷりサーチ&ドロー、手札誘発での奇襲性、相手のバックがなければ割とワンキルするなど、かなり楽しく使える構築になっています。
最近の混ぜ物スクラップの中ではなかなかのお気に入りです。



2.サンプルレシピ

計41枚

モンスター 16枚

地霊神グランソイル
巌征竜レドックス
スクラップゴーレム
スクラップキマイラ 2枚
スクラップビースト 2枚
スクラップオルトロス
スクラップゴブリン
ドドドバスター  3枚
ガガガガードナー 2枚
カードカーD  2枚

魔法 21枚

スクラップエリア 2枚
スクラップスコール 3枚
スクラップファクトリー 2枚
オノマト連携  3枚
ドドドドロー  3枚
死者蘇生
ソウルチャージ
簡易融合
ハーピィの羽箒
サイクロン  3枚
月の書

罠 4枚

スキルプリズナー
虚無空間
デモンズチェーン 2枚



3.採用カードについて

説明が必要そうなところを説明します。


スクラップキマイラ

好きです。時代遅れのデメリットモンスターですがビーストさえ落ちていれば強いです。
今回の構築はビーストを墓地へ落とす手段が多いため3枚でもいいのですが、
気に入られているのか2枚でも十分初手に来るのでとりあえず2枚にしておきました。
気に入られなくなった場合には3枚にしてあげましょう。


スクラップゴーレム

状況により神にも紙にもなる、非常にじゃじゃ馬なカードです。
とはいえファクトリー採用の唯一の理由となるカードであるため、上手く使えば壊れカードに化けます。
一度手札に来るとファクトリーのうまみが激減するため、2枚でもいいと思います。
グランソイルを採用して枠が足りないことと、事故の懸念から1枚にしました。


スクラップファクトリー

それほどこのカードに依存していないことと、複数重なるとかなり弱いカードであるため、2枚にしています。
ゴーレムが1枚ならこちらは多くて2枚です。ドローできる機会が多いため1枚でも十分かもしれません。
また、2014/1~はクリフォート対策のラグナゼロの的となるため(まあくらっても1:1交換ですが)、
ゴーレムを出した後は速やかにスクドラで破壊する場合も少なくありません。


スクラップオルトロス

事故の怖いカードですが、ファクトリー発動のために1枚入れておきたいところです。
スコール3枚に加えてオルトロスとエリアの計6枚で、初手からのファクトリー発動の機会を増やせます。
2枚は無いと思います。


ドドドバスター

サイドラ効果持ちのレベル6・19打点です。
サイドラ効果でSSするとレベル4になります。
ハルベルトほどの派手さはないものの、一度使ってみるとかなり使いやすいカードであることに気付けます。
本来ならば必須カードであるハルベルトの枠をこいつに割き、ビーストとのシンクロ、ドドドドローのコスト、と柔軟に使用していきます。

事故の怖さがあるため、ドロー以外にハルベルトにはない利点を活かしたいところです。
・バスターAをSS、リリースしてバスターBをアドバンス召喚、6エクシーズでトレミスなど
・リリーサーやミドラーシュ、ダークロウなど制圧モンスターに対する帝王の烈旋
・ライオウへの回答


ガガガガードナー

オノマト連携のお相手として一番汎用性の高いカードを採用しました。
ビーストやゴブリンをディスカードしながら、防御と展開を同時にこなします。
守備力2000のため、下級の攻撃に対してはバトルフェーダーと同じような運用が可能です。
あるいは、捨てたいカードがある場合には敢えて攻撃表示で出すなど、駆け引きを楽しめるカードでもあります。

単にスクラップチューナーを捨てるだけの使い方では少々物足りないのですが、
カードカーDやグランソイルと組み合わせると手札・墓地の質向上にかなり貢献します。

先行でオノマト連携→カードカーDでエンド
攻撃に対しSS、倒される場合には効果発動して手札6枚のうちからディスカード
次ターンキマイラNSからレベル4を3体並べたり、ゴーレムを引いてしまった場合にはリリースしたり、
動けない場合には次も壁にしたり、あえてカステルを使わせる・・・など


カードカーD

一般的には、テンポ・ライフアドバンテージの代わりに1枚を獲得するカードですが、ガガガガードナーの防御によりこのデッキでは強欲な壺になります。
・・とは少し言い過ぎですが、最近はやや遅の環境ということもあり、遅さは全く気になりませんでした。
3枚だと少し重たいので、2枚でなんとか初手に持ってきたい感じです。まあ3でもいいと思いますが。枠だけ。


地霊神グランソイル

採用モンスターがすべて地属性であり、オノマト連携、ガードナー、カーD、スコールにより墓地速度も速いため、引ければ出す機会は多いです。
出ればほとんどの場合ワンショットキルとなります。
安定感を求めるなら抜くのもいいかもしれませんが、工場入れている時点で安定感なんて捨てましょう。
シャドールやクリフォートに対する一撃必殺の1枚となるため、2枚にしてもいいくらいだと思っています。


オノマト連携

ドドドドローがある以上、一番優先するテーマはドドドだと思っています。
ゴゴゴはジャイアントがキマイラと同じ吊上げ持ちなのですが、さすがに召喚権が足りなそうです。
ガガガはシスターからのリベンジ、ボルトなど幅を持たせることもできそうですが、やはり召喚権が足りなそうなのでガードナーにしました。
新規カードに期待。


月の書

リリーサー、ダークロウ、ミドラーシュ、影依融合のケアカードです。主に影依融合のために入れました。
先日先行ダークロウされて詰みかけたのですが、これとバスターがあったおかげでなんとかなりました。
世間的な評価はブラックホールより月の書でしょうが、スクラップ的にはファクトリーのトリガーになるためブラホも悪くないと思います。
破壊輪なんかも出てきたので、この辺は入替用のスロットでしょう。


スキルプリズナー

スクラップにおける必須カードです。
高打点に叩かれるのはあきらめるとして、スクドラの対処札であるカステル、アークナイト、アーカイブを潰します。
特にランク4デッキに対してはスクドラ墓地ゴーレムの盤面にこれを組み合わせると、突破できなくなります。

地味ながら汎用性が高く、ヴェーラーやシャドールドラゴンのバック破壊にも有効です。
ネクロスには効きません。


デモンズチェーン

メイン罠4枚という構築で、安定性を求めるとこのカードに軍配があがります。
スクドラとの相性の良さは言うまでもないですが、ネクロス、クリフォート、シャドール等どの環境デッキに対しても最低限は仕事します。


虚無空間

非常に使いづらいです。破壊しまくるスクラップとはあまり相性が良くないと思っています。
採用の理由は閃光竜を他より出しやすく、うまく回せば相手に詰みパターンを渡せることがあるからです。
また、影依融合と儀式のどちらもケアできるカードがこれしかないため、そのための使い捨て気分で使うといい感じです。



4.エクストラ、サイドデッキ

サイドは友人に教えてもらったカードが多いこともあり当分伏せておきたいので、ご了承ください。

エクストラは必須枠だけ。
ツインドラ、スクドラ2、トレミス、ノーデンは必須です。

あとは適当にランク4を突っ込めばいいと思います。ランク6は2枚に増やしてもいいかもしれません。



5.戦術

意図的ではないのですが、「序盤からそこそこ戦えるラヴァル」という例えが似合う戦術のデッキになっていました。
ラヴァルで言う爆発が、このデッキで言うところのファクトリー、レドックス、グランソイル、蘇生、簡易融合にあたります。
ガードナーとゴブリンのおかげで、罠の薄さの割に防御力が高いため、その間にキーカードを揃えて勝つパターンが多い気がしています。

基本的にはハルベルト型スクラップと大きく変わりません。
バスターSSビーストNSシンクロスクドラ、
次ターンにキマイラNSからスクドラで相手のリソースを削りつつ回答にカステルを要求する戦い方がオーソドックスです。

ソイルを引けた場合には、チェインを作り、ファクトリーなんて捨ててさっさとゴーレムを墓地に落とします。
キマイラNSビーストSSスクドラ、バックを破壊し、グランソイルSSゴーレムSSゴブリンサンドバックで7900ダメージです。
100足りないのが笑えますがさすがに5体墓地に落ちてる頃にはワンパン位は通っています。
相手が8000の場合には素直にもう1体スクドラかツインドラを出し、相手をどけてやれば8400以上になります。

また、ハルベルト型でも同じですが、バスターSSキマイラNSビーストSSスクドラ、キマイラ破壊してファクトリー発動ゴーレムSS、
ゴーレムでビーストSSツインドラ、レドックス効果ゴーレムSSで8100です。


見ていただいた通り、ソイヤさえいれば相手の強モンスターをすり抜けながら8000近くのダメージを叩き出せるため、多少の事故と引き換えに
ソイヤ2枚投入は悪くないと思います。2枚あれば、初手のソイヤを気兼ねなくオノマト連携のコストにすることもできますしね。
このあたりはもう少しソイヤと相談して練ってみようと思います。


6.大会の展望

なかなかおさまりよく構築することができました。スクラップに慣れているプレイヤーであれば、フリーでそこそこ勝てるはずです。
では大会でどこまで戦えるか。環境デッキへの立ち振る舞いを書いていきます。


・ネクロス

かなり厳しいです。リリーサーで詰む上に、何を出してもトリシューラであっさり壊滅します。あまり勝った記憶がありません。
手札を0にすることは構築上かなり難しいので、サイチェンで有効罠を増やすしかありません。
ご存じの方もいるかと思いますが、前環境は私はスクラップを捨ててアーティファクトを使っていました。
つまりそういうことです(おい


・クリフォート

スキルドレインが辛いですが、そのためのメインサイク3枚なので、引ければ十分戦えます。
クリフォートの耐性があまり気にならないのがスクラップの利点であり、正規召喚のやつもツールもスクドラで破壊できます。
エイリアスだけはどうしても無理なので、速攻でラグナゼロを立てて何もさせないのが正解です。
サイドにラグナをもう1枚入れてもいいかと思っています。
スキドレがどうしても割れないときにはオルトロスの自壊効果を踏み倒してレベル8にしたり、バスターSSゴブリンNSでツインドラを出して頑張ります。


・シャドール

スクドラを唯一倒せるネフィリムと、詰みとなるミドラーシュが制限なので、かなり戦えるようになりました。
かなりプレイングでのカバーが必要になりますが、こちらと変わらないくらい相手もしんどそうです。

まず死デッキが採用されている場合は、それ1枚で壊滅します。(今はあまりないか?)
オノマト連携に合わせられるとまずいので、使うタイミングは気をつけないといけません。
通常のスクラップだと詰まされるミドラーシュには、ガードナーを出して耐えてから次ターンでシンクロして叩けばOKです。
影依融合は絶対に撃たせてはいけないので、スクドラはさっさと自壊させてガードナーで耐える、次ターン殴ってまた自壊させる・・
という悲しいプレイングで進めることになります。
反転させる前にスクドラで破壊しまくれば結構なんとかなったりします。
とにかく早くネフィリムを使わせましょう。シェキナーガは全くキツくありません。


・ヒーロー

ダークロウをいかに速攻で倒すか、正直初手の運ゲー感が強いです。
幸いドドドバスターSSに加えガードナーNSで、除外されても痛くない2体でエクシーズを出すことはできます。
先にスクドラを立てた場合には、カステル、アークナイト、アブゼロ等の除去が飛んできます。
アブゼロはそれほど辛くないので、カステルアークナイトをメインの罠で防御できるかどうかです。
デッキパワーは敵いませんが、ヒーローはスタミナがあまりないのでスクドラゴブリンの展開でかなり頑張れます。

基本的に後攻を取りたいデッキですが、ヒーロー相手なら先行のほうが良さげです。ドロー・サーチカード11枚入ってますから。


・ダークマター竜

ガードナーでワンキルは防止できます。そこから返しビュートでなんとかなることも・・?
罠が薄いためあまり勝てないと思いますが、ジャンドとかと同じく初手で勝つか負けるかの勝負なので、
あまりこのデッキのためにサイドボードを食うのもどうかなと思っています。
専用メタカードはもう少しシェアを占めてからでいいかと。

とにかく、圧倒的にネクロスが無理です。相手がよほど事故るかスクラップをなめてくれないと勝てないです。
店舗代表などネクロスのシェアが多そうな舞台では鉄壁を採用するのもいいかもしれませんね。



7.質問など

質問等あればコメント欄にいただければここに追記していきます。
また、スクラップと相性のよさそうなカードの紹介も大歓迎です。
ともに強いスクラップを作りましょう。


ところでオノマト連携イラストめっちゃいいですね。スーレア魔法好きです。


アーティファクト・メタゲーム

みなさんこんにちは。トラスタです。

ネクロス暗黒期と謳われ、プレイヤーの遊戯離れが進んでいますね。

たしかにネクロス以外がとことん否定されてるので厳しい環境ですが、辞めるほどかー?っていうのが個人的な見解です。

好きなデッキで勝てないとか、アド…

movement


みなさんこんにちは。トラスタです。

ネクロス暗黒期と謳われ、プレイヤーの遊戯離れが進んでいますね。

たしかにネクロス以外がとことん否定されてるので厳しい環境ですが、辞めるほどかー?っていうのが個人的な見解です。

好きなデッキで勝てないとか、アドの概念がおかしいとか、リリーサーへの回答が無いとか言われてますが、いつも通りの遊戯王って感じですw 個人的にはインゼク期のほうがキツかった。まだ始めたてだったというのもありあの速度にはついていけませんでした。

まあ辞める人は、どちらかというと環境の変化の速さのほうに不満があるみたいですね。それはわかる。
3枚征竜時代から神智モラルタが登場してきたのがわずか9ヶ月前のことと聞いてマジでびっくりしましたw
シャドールですら4〜10月の半年しか環境取れなかったと。

でも征竜時代みたいに一年以上一強というのにもみんな文句垂れてるし、結局無い物ねだりですよ。
好きなデッキを持てばもっと楽しいのに。
ゲームなんだからもっと気楽に行きましょう。


環境の判定がスクラップにとって◎なのか○なのか×なのかの指針しかない俺にとってはあまり関係のない話でした(エヘ)
ちなみに今は×です。
シャドール期はプレイングで賄えたので○
AFOP期は◎でしたね。あのときは楽しかった。

最近の環境の傾向というのが、
トップが墓地利用、エクストラ否定(シャドールやネクロスなど)に対し、メタ側が除外、バウンス(ヒーロー、クリフォートなど)という風に感じていて、どっちに転んでもスクラップにキツイカードばかりなのが厳しいところです。マジでバウンスのカードは増えすぎだと思う。


どこまで導入部にするかを決めてなかった

グダグダになりましたが、最近は勝ちたい欲求が強く出ているので、スクラップはタンスにしまってアーティファクトを使ってます。
今は環境4,5番手という感じでしょうか?

単純なデッキパワーで言えば、ネクロスにもクリフォートにもシャドールにもヒーローにも到底及ばないデッキだと思います。モラルタが一枚なのはさすがにねえ(^_^;)デスサイズは刺さらないし。
ただ、そこにライオウとハンドが混ざるだけで一気に万能になる構築の自由度が気に入って、使い始めました。

各デッキに対する勝率は上々という感じです。
11月はいっぱい公認出たんですが、振り返ってみるとこんな感じでした↓

全部アーティファクト

11/03 2回戦負け (1-1)
11/08 2位 (3-1)
11/16 優勝 (4-0)
11/20 2位 (2-1)
11/30 優勝 (4-0)

ネクロス 4-2
クリフォート 5-0
ヒーロー 2-0
妖仙獣 1-0
マドルチェ 2-0
AF 0-1

14-3-0


12月入って最初の大会は見事に0-2しましたけどねw綺麗にまとまってる11月で一回締めさせてくださいw

ネクロスに対してはいかに蓋をできるか、これ以外の策はありません。展開力のないこのデッキには、一度盤面を突破されると返す力は持ってないです。
そのためのライオウ3手違い2ロンギヌスミラフォデモチェ…。
これらが引けた試合は勝ってます。引けなかったか大嵐食らった試合は負けです。あとは伏せが弱いときの月の書もキツイかな。

正直いってネクロスはほっとけばそのうち環境から姿を消すデッキなので、あまり深く考えてないですwリリーサーとかゲームにならない展開も多いですしね。

どちらかというと、規制が一切かからなそうなクリフォートが問題。
11月はすべて勝利していますが、ETやEDで勝った試合も少なくなく、クリフォートが少しAFを意識し出すと全く勝てなくなるんじゃないかと思っています。

メインはかなりクリフォートに寄せてます。
ライオウ3
ファイア2
アイス2

ムーブ3
サイク2
ダブサイ1
貪欲で無欲な壺1

手違い2
奈落2
ミラフォ2

ダブサイはネクロスが消え次第3に戻したいです。ダブサイが一番強いのに…
貪欲で無欲な壺は、ファイアアイス+モラルタなどを戻すことで2ドローできる、このデッキにおける貴重なアドバンテージ源です。HATに標準搭載されていないのが不思議。

こんだけ寄せれば勝てんだろwって感じですが、実際は

ライオウ→スキドレ
ハンド→マドルチェナイツ
手違い→ゲノム
AF全般→聖杯

と、クリフォート側もメインから対策札をかなり持っており、こちらは上記のカード+ムーブメント神智などで早めに罠を消費させておかないと、尻すぼみに辛くなります。
こっちはドローフェイズ以外にカード増えないのに、相手は毎ターンツールゲノムペンデュラムで+3とかしてくるんですから。せっかくの奈落をエイリアスするのやめてください(^_^;)

2戦目以降に先行でアーカイブ転身とかも辛いですね。アイスファイアの自爆ができず、2ドローでマドルチェなんかを引かれるともう無理です。

ってことで、勝てているのは初手にライオウ奈落ムーブが整いつつ大嵐を喰らわなかったとか、かなり運がいいだけだと思ってます(^_^;)

多分ダブサイ3に戻せればもう少し楽になるはず。ツールもスキドレも3枚しかありません。それなら6枚以上用意すればいい話です。


ヒーローは…ねえ(^_^;)
ミラフォと神智で頑張るしかないです。これもライオウゲーですね。引けなければ負けだと思います。


ヴェルズは当たったことないですがファイアハンドしか回答がないのでキツイんだろうなあ…と思ってます。一応オネストや月書アンドミラフォみたいな荒技もあるか。


ミラーはカードカーDを入れてる構築の方が勝ちます(適当


こわくまプレマが欲しいので、あと1ヶ月は勝利に拘って使い続けようと思います。まあそれを抜きにしても、楽しいですよアーティファクト。相手としっかり駆け引きができるデッキだと思ってます。

ジャンフェスでは新構築のフルKILLなスクラップを使おうと思います(笑)シンクロキャンセル買わなきゃね。

それではまた。

【竜星】ジョクト+ソウルチャージの回しかた15パターン

みなさん、こんにちは。世界大会はHAT対IFということでなかなか盛り上がりましたね!にしてもソウルチャージのぶっ壊れ解決力ときたら・・・あれだけ劣勢なIFを1枚からソリティアさせたのはさすがにまずかった気もしますねということで、今回は竜星にてソウルチャー…



みなさん、こんにちは。


世界大会はHAT対IFということでなかなか盛り上がりましたね!
にしてもソウルチャージのぶっ壊れ解決力ときたら・・・あれだけ劣勢なIFを1枚からソリティアさせたのはさすがにまずかった気もしますね


ということで、今回は竜星にてソウルチャージをフル活用した動きをたっぷりと紹介したいと思います。
元々自分のためのメモとしてまとめていたものなので、あまり見やすいとは言えないかもしれませんが・・

完全なガチプレイヤー向けの記事なので、面白さは皆無ですがご了承ください。


多彩なシンクロ展開が魅力である竜星ですが、特に虹光の宣告者を使いこなすことが、シャドールなどの現環境テーマに対する回答であると思います。
低ステータスですが、地竜星ヘイカンによる戦闘耐性付与により、突破不可能なメタモンスターに化けます。


モンスター効果まとめ

トウテツ  ★5 コントロール奪取耐性
シュンゲイ ★4 攻守500UP
ヘイカン  ★3 戦闘破壊耐性
ビシキ   ★2 罠耐性
ホロウ   ★1 魔法耐性(今回は採用見送り)


闇竜星-ジョクト
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/幻竜族/攻   0/守2000
「闇竜星-ジョクト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「闇竜星-ジョクト」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、手札の「竜星」カード2枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから攻撃力0と守備力0の「竜星」モンスターを1体ずつ特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。


光竜星-リフン
チューナー・効果モンスター
星1/光属性/幻竜族/攻   0/守   0
「光竜星-リフン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。


輝竜星-ショウフク
シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2300/守2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、
フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。


虹光の宣告者
シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。



それでは、どうぞ。



<基本方針>
先行でアドバンテージを稼ぎつつ、戦闘耐性を持った虹光の宣告者を出す動きを理想形とする。


<基本手札>
ジョクト+ソウルチャージ+竜星2枚+α


<凡例>

使用モンスターを下記のとおり記す。
枚数はデッキへの投入枚数

トウテツ2枚 : 魔
シュンゲイ3枚: 炎
ヘイカン2枚 : 地
ビシキ3枚  : 水
ジョクト3枚 : 闇
リフン3枚  : 光

ショウフク2枚  : 輝
ガイザー2枚   : 邪
ライブラリアン: 図書
虹光の宣告者 : 虹
スターダストドラゴン:星屑


--------


<トウテツルート>

無題11

基本:
ハンド4枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
虹光(戦闘耐性)
ビシキ(自由)


派生パターン:

ハンド5枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
星屑(レベル6にヴァルカン以外を入れればベエルゼも可)



捨て札にトウテツが含まれる場合、ソウルチャージで無理なくガイザー→ショウフクの流れができるため、
虹光を出しつつ3ドローまで(ほぼ)持っていける。


ルートA
トウテツ+トウテツ

フィールド     (墓地)
闇         (魔魔)
闇 光 地     (魔魔)
図書 光      (魔魔闇地)

ソウルチャージ
図書 光 魔 魔 闇(地)

図書 光 邪 魔  (魔闇地)
1ドロー
図書 輝 魔    (邪光魔闇地)
1ドロー

ショウフク効果
トツテツとヘイカンをチェンジ
ヘイカンSS
トウテツ効果ビシキSS
リフン効果自身SS 

図書 輝 地 水 光(邪光魔魔闇)
図書 輝 虹 水  (邪光魔魔闇地光)
1ドロー

ハンド4枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
虹光(戦闘耐性)
ビシキ(自由)


ルートB
トウテツ+シュンゲイ

ルートAのショウフク破壊対象をシュンゲイに変えるだけ。


ルートC
トウテツ+ヘイカン

ルートAのショウフク破壊対象をヘイカンに変えるだけ。


ルートD
トウテツ+ビシキ

ルートAのショウフク破壊対象をビシキに変えるだけ。


ルートE
トウテツ+ジョクト

パターン1
ルートAのショウフク破壊対象をジョクトに変えるだけ。
(ただしリクルートなし)

パターン2
フィールド     (墓地)
闇         (魔闇)
闇 光 地     (魔闇)
図書 光      (魔闇闇地)

ソウルチャージ
図書 光 魔 闇 地(闇)

図書 邪 光 地  (魔闇闇)
1ドロー
図書 輝 地    (邪魔闇闇光)
1ドロー

ショウフク効果
ヘイカンとジョクトをチェンジ
ジョクトSS
ヘイカン効果トウテツSS
リフン効果自身SS 

図書 輝 魔 闇 光(邪魔闇地)
図書 輝 邪 光  (邪魔魔闇闇地)
1ドロー

図書 輝 星屑
1ドロー

初手ハンド5枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
星屑(レベル6にヴァルカン以外を入れればベエルゼも可)


ルートF
トウテツ+リフン

パターン1
ルートAのショウフク破壊対象をリフンに変えるだけ。
(ただしリクルートなし)

パターン2
フィールド     (墓地)
闇         (魔光)
闇 光 地     (魔光)
図書 光      (魔光闇地)

ソウルチャージ
図書光 魔闇地   (光)

図書邪 光地    (光魔闇)
1ドロー
図書輝 地     (光光魔闇邪)
1ドロー

ショウフク効果
地と闇をチェンジ
地効果魔SS
リフン効果自身SS 

図書 輝 魔 闇 光
図書 輝 邪 光
1ドロー

図書 輝 星屑
1ドロー

初手ハンド5枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
星屑(レベル6にヴァルカン以外を入れればベエルゼも可)



<シュンゲイルート>

無題12


基本:
ハンド3枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
ショウフク
虹光(戦闘耐性)


派生パターン:
ハンド4枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
ショウフク
虹光(戦闘耐性)


ルートG
シュンゲイ+シュンゲイ

フィールド     (墓地)
闇         (炎炎)
闇 魔 光     (炎炎)
邪 光       (魔闇炎炎)
輝         (邪魔闇炎炎)

輝効果
自分とシュンゲイをチェンジ
シュンゲイSS
リフン効果自身SS

炎 光       (輝邪魔闇炎)
図書        (輝邪魔闇炎炎(光は除外))

ソウルチャージ
図書 輝 邪 魔  (闇炎炎)

輝効果
トウテツとシュンゲイをチェンジ
シュンゲイSS
トウテツ効果リフンSS

図書 輝 邪 炎 光(魔闇炎)
図書 輝 輝2 炎 (魔闇炎邪光)
1ドロー

輝2効果
シュンゲイとリフンをチェンジ
リフンSS
シュンゲイ効果ヘイカンSS

図書 輝 輝 光 地(魔闇炎炎邪)
図書 輝 輝 虹  (魔闇炎炎邪光地)
1ドロー

ハンド3枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
ショウフク
虹光(戦闘耐性)


ルートH
シュンゲイ+ヘイカン

ルートGのソウルチャージ対象をトウテツ→ヘイカンに変えるだけ。
ヘイカンを先に出しておかないと虹が出せなくなってしまう


ルートI
シュンゲイ+ビシキ

ルートGと同一


ルートJ
シュンゲイ+ジョクト

ルートGと同一


ルートK
シュンゲイ+リフン

リフンが墓地に残るため、基本の動き+1ドローできる。
ショウフクガイザーをフルで使ってしまうので万が一返されると厳しくなりそう。
(無理だと思うけど)

フィールド     (墓地)
闇         (炎光)
闇 魔 光     (炎光)
邪 光       (魔闇炎光)
輝         (邪魔闇炎光光)

輝効果
自分とシュンゲイをチェンジ
シュンゲイSS
リフン1効果自身SS

炎光1       (輝邪魔闇光2)
図書        (輝邪魔闇光2炎(光1は除外))

ソウルチャージ
図書 輝 邪 魔 闇(炎光)
図書 輝 邪 邪2 (魔闇炎光)
1ドロー

輝効果
ガイザー1とリフンをチェンジ
リフンSS
ガイザー効果ビシキSS

図書 輝 邪 光 水(邪魔闇炎)
図書 輝 輝2 水 (邪邪2魔闇炎光)
1ドロー

輝2効果
ビシキとリフンをチェンジ
リフンSS
ビシキ効果ヘイカンSS

図書 輝 輝 光 地(邪邪2魔闇炎水)
図書 輝 輝 虹  (邪邪2魔闇炎水光地)
1ドロー

ハンド4枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
ショウフク
虹光(戦闘耐性)



<ヘイカンルート>

無題13


基本:
ハンド4
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
虹光(戦闘耐性)


派生パターン:
ハンド4枚
ライブラ(30打点)
ショウフク(戦闘耐性)
スターダスト


ヘイカン以下をコストにする場合には、レベルが合わないためかなり無理をした展開となる。
3ドローかつ虹のルートは、ガイザー2体とショウフク1体の消費が必要。

ルートL
ヘイカン+ヘイカン

フィールド     (墓地)
闇         (地地)
闇 魔 光     (地地)
邪 光       (魔闇地地)
輝         (邪魔闇光地地)

ソウルチャージ
輝 邪 闇 地 光 (魔地)
輝 図書 邪 光  (魔闇地地)
輝効果
ガイザーとジョクトをチェンジ
ジョクトSS
ガイザー効果トウテツSS

輝 図書 魔 闇 光(邪魔地地)
輝 図書 邪 光  (邪魔魔闇地地)
1ドロー

輝 図書 輝    (邪邪魔魔闇地地光)
1ドロー

輝効果
自分とヘイカンをチェンジ
ヘイカンSS
リフン効果自身SS

図書 輝 光 地  (輝邪邪魔魔闇地)
図書 輝 虹    (輝邪邪魔魔闇地地(光は除外))
1ドロー

ハンド4枚
ライブラ(戦闘耐性)
ショウフク
虹光(戦闘耐性)


フィールド     (墓地)
闇         (地地)
闇 炎 光     (地地)
図書 闇      (光炎地地)

ソウルチャージ
図書 炎 地 地 闇(光)
図書 輝 炎    (地地闇光)
1ドロー

輝効果
シュンゲイとジョクトをチェンジ
ジョクトSS
シュンゲイ効果トウテツSS
リフン効果自身SS

図書 輝 魔 闇 光(地地炎)
図書 輝 邪 光  (魔闇地地炎)
1ドロー

図書 輝 星屑   (邪魔闇地地炎(光は除外))
1ドロー

ハンド4枚
ライブラ(30打点)
ショウフク(戦闘耐性)
スターダスト


ルートM
ヘイカン+ビシキ

ルートLと同じ


ルートN
ヘイカン+ジョクト

ルートLと同じ


ルートO
ヘイカン+リフン

ルートLと同じ


<ビシキルート>
<ジョクトルート>
<リフンルート>

いずれもアドバンテージを取り戻せないため、やめましょう(挫折)




------------------


いやーつかれましたw
ソルチャが生きている間しか使えない情報ですが、ぜひ有益に使ってやってください。

間違いや、もっと良い回しかたがある、という場合にはぜひ教えてください。


それでは。




お久しぶりです【大会レポ】

※本記事は、神速さんのブログ「むしのいどころ」のタッチを真似させていただきました( ^ω^)竜星で大会出たい( ^ω^)今日アキバ大会ある?缶詰さん「16時から非公認あるで」( ^ω^) じゃ15:50待ち合わせね缶詰さん「急やなw」( ^ω^)じゃ、決勝で会お…

無題10



※本記事は、神速さんのブログ「むしのいどころ」のタッチを真似させていただきました


( ^ω^)竜星で大会出たい

( ^ω^)今日アキバ大会ある?

缶詰さん「16時から非公認あるで」

( ^ω^) じゃ15:50待ち合わせね

缶詰さん「急やなw」


( ^ω^)じゃ、決勝で会おうね

缶詰さん「 おう」


確定三回戦になりまーす

( ^ω^)全勝2人か

( ^ω^) まあヴェルズに当たらなきゃなんとかなる



一回戦

相手「 後攻で」

( ^ω^) やな予感…

( ^ω^)リフン強化蘇生サイク伏せエンド

( ^ω^) キツイけどメイン2ガイザー行けるな…


相手「ナイショ強化蘇生」

(;^ω^)あう


相手「 ハルベルトアタック」

(;^ω^)血まみれ

( ^ω^) トウテツ


相手「 メイン2ラビット」

(;^ω^)引き強くねえか

相手「 オピオン2伏せエンド」

( ^ω^) サイク神宣 よし


( ^ω^) トウテツアタック

( ^ω^) ビシキセットエンド

(;^ω^)罠引かねえ


相手「 オピオントウテツアタック」

( ^ω^) チェーンリフン

( ^ω^) リフンヘイカンss

相手「エンドで」


( ^ω^) シュンゲイ召喚

相手「はい」

( ^ω^) リフンヘイカンシンクロ 虹

相手「はい」


( ^ω^)


( ^ω^) ビュート

相手「 ああ…」


( ^ω^)ビシキでトウテツss

( ^ω^)エンドで


相手「 ダムド」


( ^ω^)


相手「 ケルキオンからオピオン」


( ^ω^)


( ^ω^)


負け



( ^ω^)先行で

( ^ω^) ビシキ強化蘇生サイク伏せエンド


(;^ω^) こりゃ負けだな


相手「 カストルヘリオ」

相手「 パンチ」

( ^ω^)反射

相手「メイン2カステラ」

( ^ω^) ですよねー

相手「なんか伏せてエンド」


( ^ω^) リフンセット

(;^ω^) オピオン来たら詰み


相手「 オピオン」

( ^ω^) こりゃいかん

相手「 オピオンパンチ」

( ^ω^) シュンゲイss

相手「エンドで」


( ^ω^) シュンゲイ召喚


( ^ω^)ビュート

相手「 ぐわあああ」


( ^ω^)脆いなー


( ^ω^) あっ相手モンスター切れた


( ^ω^) パンチパンチ


( ^ω^) なんか勝った



 サイチェン中にEDへ

( ^ω^)警告もソルチャもいらね


 ジャンケンぽん!

(;^ω^)また負け…


相手「先行で」

( ^ω^) おっオピオン立てる気だな

( ^ω^)頼むからモンスター来いよ

( ^ω^)激流 激流 スキドレ ヘイカン リフン


相手「 ・・・モンスターセット2伏せエンド」


( ^ω^) よし

( ^ω^) ドローヘイカン

( ^ω^) モンスターセット3伏せエンド


( ^ω^) ハルベルトさえなきゃ…


相手「ハルベルト召喚」


( ^ω^) 激流!

相手「マクロコスモス」


( ^ω^)

( ^ω^)激流!(2枚目

相手「マクロコスモス(2枚目」


( ^ω^)

( ^ω^) ちょ

( ^ω^) リフン除外

相手「2伏せエンド」

(;^ω^)奈落幽閉なら負けだな…


( ^ω^)


( ^ω^)ヘイカンパンチ


相手「負けで」


( ^ω^)…


(;^ω^)勝っちゃった


相手「 いやー後攻取ればよかったわー」

( ^ω^) ハルベルトいるしね

相手「竜星はねばっこいっすね」

( ^ω^) ビュート止まったら負けてますけどね




 では二回戦ー

 トラップスタンさんと缶詰さんー

!!


( ^ω^) 身内潰し合いかー

( ^ω^)本気でいくよー


缶詰さん「後攻で」

( ^ω^) じゃんけん弱…


( ^ω^)ジョクトビシキトウテツ輝跡サイク


(;^ω^)引きつえー

( ^ω^) ジョクト効果

缶詰さん「Gヴェーラーなし」


( ^ω^) リフンヘイカンシンクロ虹輝跡リフン以外戻し2ドロー2伏せエンド


(;^ω^) デッキ割れてるとはいえちょっとズルかったか?


缶詰さん「これはダメだろ・・(絶望」


缶詰さん「…2伏せエンドで」


( ^ω^) おっ事故ったか

( ^ω^) ビシキセットエンド


(;^ω^) こんなときにアタッカーが…


缶詰さん「ヘッジホッグセットエンド」

( ^ω^) ジャンクロン召喚リフンssビシキとシンクロアルマデス

缶詰さん「 げげ」

( ^ω^) アルマデスパンチ

缶詰さん「 ヘジホ効果使えない…」

( ^ω^)しかも除外です


缶詰さん「 これはサレ」

( ^ω^) あざす



サイチェンポポイ

缶詰さん「 マスマティシャン!」

( ^ω^)チェーン異次元グランド!


( ^ω^)シュンゲイアタック!


缶詰さん「シャドールフュージョン!」

( ^ω^)

缶詰さん「 開闢!」


( ^ω^)


(;^ω^)あ、圧死負け




ED入ってくださーい

( ^ω^) またかよ

( ^ω^) みんな殴ってくれないから長引くんだよなあ

( ^ω^)竜星のそういうとこが好きだけど


 じゃんけんぽん!


(;^ω^)また負け


缶詰さん「後攻で」

( ^ω^) そりゃそうだろ

(;^ω^) フュージョン接触でダブルパンチされたら負けだぞ


( ^ω^)先行~

( ^ω^)ジョクト リフン ビシキ トウテツ 奈落


( ^ω^)


( ^ω^)…


( ^ω^)これはアイツの出番ですわ…


( ^ω^)ジョクト効果リフンシュンゲイssシンクロベエルゼ


( ^ω^)戦闘効果破壊罠受けない35打点っす

缶詰さん「 え、それ倒せなくね?」


( ^ω^)

( ^ω^)シャドールドラゴンで死ぬよ(親切



缶詰さん「モンス伏せ2伏せエンド!」

( ^ω^)うーんあのモンスターなんだろう

( ^ω^)落ち影もあると・・


( ^ω^)ドロー強脱

(;^ω^)アタッカー来てれば勝ちなのになあ


( ^ω^)ベエルゼパンチ

缶詰さん「ヘジホ融合回収」

(;^ω^)ですよねー


( ^ω^)リフン伏せエンド

缶詰さん「デッキ融合ネフィリム」


( ^ω^)ウス


( ^ω^)奈落

缶詰さん「接触」


( ^ω^)


( ^ω^)


缶詰さん「もっかいネフィ 融合回収」


(;^ω^)きもすぎんだろ


缶詰さん「ヘジホ効果ドラゴンサーチ」

(;^ω^) 余計なこと言うんじゃなかった

缶詰さん「モンスターセットエンド」


はい3ターン終わったのでサドンデスにしてくださいー

おいおい竜星とシャドールだぜ

ベエルゼって強いの?


( ^ω^)(シャドール相手ならな)

( ^ω^)落ち影警戒すると脱出撃てないな・・

( ^ω^)ネフィ倒してもまた接触か・・

( ^ω^)ドラゴンは処理できないから殴っとくしかないかな


( ^ω^)ベエルゼで伏せにアタック

缶詰さん「ドラゴン ベエルゼバウンス」

( ^ω^)デッキ融合防いだからOKじゃね


缶詰さん「ネフィリムで伏せにパンチ」

( ^ω^)ビシキ効果ジョクト

缶詰さん「これはジリ貧ですわ・・」

( ^ω^)(ミドラ出せないっぽいな)

( ^ω^)(お互い下級立てると死にかねないしね)


数ターン、互いに罠を使い切り、膠着状態が続いた・・・
当然ライフ変動は0

缶詰さん
伏せなし
守備モンスター1 ネフィリム

トラスタ
伏せ 脱出
モンスなし

( ^ω^)ドロー聖槍


( ^ω^)


( ^ω^)ウス


(;^ω^)モンスセット伏せ1でエンドで

缶詰さん「ネフィリム伏せパンチ」

( ^ω^)ヘイカン効果

( ^ω^)チェーンリフン

( ^ω^)ジョクトでシュンゲイSS

缶詰さん「バック置いてエンド」

( ^ω^)あれが強脱だと負けなんだよなあ・・

( ^ω^)奈落なら・・・

( ^ω^)メイン2終了時

( ^ω^)シュンゲイ効果

缶詰さん「はい」

( ^ω^)シンクロアルマデス

缶詰さん「はい」

( ^ω^)ドロー (わすれた)

( ^ω^)スタンバイ

缶詰さん「はい」


( ^ω^)


( ^ω^)メイン

缶詰さん「はい」


( ^ω^)


( ^ω^)バトルフェイズ

缶詰さん「はい」


( ^ω^)アルマデスでネフィにアタック


缶詰さん「こいつ28?」

( ^ω^)シュンゲイで28ですね

缶詰さん「効果使えないから同士討ちかー」

( ^ω^)あ、ダメステ

缶詰さん「えっ」


( ^ω^)聖槍ネフィ

缶詰さん「えっ」

7200
VS
8000


( ^ω^)

( ^ω^)俺の勝ち


缶詰さん「あつかった」

( ^ω^)あつかったね






3回戦ー


( ^ω^)クリフォートとやってみたいな

じゃんけんぽん

( ^ω^)今日は勝てないらしい

相手「先行で」

( ^ω^)ハンド ビシキスキドレスキドレ激流奈落

相手「おろまいデネブ」

( ^ω^)はい

相手「アルタイルデネブ エクシーズチェイン」

( ^ω^)圧縮?

相手「墓地落としセプター」

( ^ω^)ウス

相手「ソウルチャージ」

( ^ω^)

相手「セプター効果」

( ^ω^)

相手「チェーンスローネ」

相手「ルーラー魔法宣言2伏せエンド」


( ^ω^)きもすぎる

( ^ω^)ドローサイク

( ^ω^)シャドールと思わせるしかないな・・

( ^ω^)ビシキセット

( ^ω^)4伏せエンド

相手「ルーラー罠宣言」

( ^ω^)スキドレ

相手「スキドレ・・・?」

相手「チェーンサイク」

( ^ω^)チェーンスキドレ

相手「・・はい」

相手「チェインでアタック」

相手「宣言時脱出伏せモンスター」

( ^ω^)おいおい

( ^ω^)残り3900

相手「2伏せエンド」

( ^ω^)伏せ引きすぎなんだよなあ

( ^ω^)ドロー 忘れた

( ^ω^)サイク 奈落破壊

( ^ω^)うーん

( ^ω^)ビシキセットエンド

相手「ドロー」

相手「大嵐」

( ^ω^)

相手「チェーン脱出伏せモンスター」

( ^ω^)

( ^ω^)



( ^ω^)負け



( ^ω^)先行で

( ^ω^)スキドレ奈落ジョクトセットエンド

相手「2伏せエンドで」

( ^ω^)ドロー 竜星


( ^ω^)ジョクト効果シュンゲイビシキ ショウフク

相手「お」

( ^ω^)伏せ2枚デッキバウンスで

相手「つえー」


( ^ω^)ダイレクト

( ^ω^)久々に決まった これはいけそう

相手「ドロー」

相手「大嵐」


( ^ω^)


(;^ω^)


( ^ω^)チェーンなし

相手「セプター チェーンスローネ」

(;; ^ω^)

相手「ルーラーモンスター宣言」




( ^ω^)圧死



そんなこんなで

非公認 使用竜星
1.ヴェルズ ×○ET○
2.セプスロシャドール ○×ET○
3.セプスロテラナイト ××

4位でした


みなさま、お久しぶりです。

管理人のトラップスタンです。

更新が、というかブログを放置して申し訳ありませんでした。



【竜星スクラップ】で結構いい感じの構築を完成させまして、
それ以来竜星が気に入ってしばらく使ってます。

スクラップはどうしても今のシャドールに勝てないので、少しだけお休みです。
最近は蛮族型とかワンキル特化型とか、ADSでめちゃめちゃに回してます。
自分の好きなスクラップの型が、昔のヒロビみたいにバック厚くしたメタビみたいな形なんですが、
今の環境は1ターン何もせずに相手に渡すと+4とか+5とか平気でやってくる連中ばっかなのでどうにも苦しいですね。
速度を上げないととても無理です。
そして速度を上げると脆いので、全然安定した勝ちが見えてこないという、悪循環ですね。

正直デッキパワーが違いすぎて、何か抜本的な改革を起こさないと大会で勝たせてやるのは厳しそう・・・めげずに色んな構築を煮詰めてみます。


竜星はシンクロテーマってところと、自分からはどうにも動きづらい不器用さが好きですね。
ルートがいっぱいあるので、自分の力で勝たせてやれるって感覚があって。
やっぱ自分は環境デッキぶん回すのはあんま好きになれないです。



またCSに出たい。
遊戯王をまともにやれなくなる前になんとかスクラップをduelentranceに載せてやりたいです。
とりあえず、先行でワイゼル出せば割と強いんじゃね?と思われるのでちょっと試してみます。事故率が・・



こんな調子ですが、たまにお付き合いいただければ幸いです。


ではまた。


おわび

みなさん、こんばんは。
管理人のトラップスタンです。

ご無沙汰してまして申し訳ありません。
そして、こんな放置された原っぱにいつもお越しいただいている皆様、ありがとうございます。そしてすいません。

最近は仕事の関係で全然更新する暇がなく、時間を見つ…

みなさん、こんばんは。
管理人のトラップスタンです。

ご無沙汰してまして申し訳ありません。
そして、こんな放置された原っぱにいつもお越しいただいている皆様、ありがとうございます。そしてすいません。


最近は仕事の関係で全然更新する暇がなく、時間を見つけてはなんとか第一線の遊戯王環境に食らいついていっている感じです。
ブログよりも個人的な遊びの時間を優先している結果がこの放置っぷりです。

とりあえず、遊戯王はやってるので、近いうちに更新できると思います。
先日大会にてとっても熱いデュエルを繰り広げたので、そのレポくらいは残しておきたいと思っています。

時期がきたら更新するので、どうか月一、年一にでも思い出していただけたら幸いです。


本当に、いつもお越しいただいている皆様には心から感謝しています。とても嬉しいです。

これからも、よろしくお願いします。


管理人